よくアメリカは日本と違って市場への介入が積極的ではないと聞きます。
例えば、日本では金融危機が起こった際に政府と日銀が市場介入をしますよね?公定歩合操作、公開市場操作等々
アメリカは先のリーマン・ショックにみるに市場に政府が責任を持つというか、市場は市場で好きにやらせる傾向がありますよね?
なんでですか?ブラック・マンデーやブラック・サーズデーにおいても政府が事前に市場の状況から、何んらかの対応をしていれば、そこまでの被害を及ぼさないのでは?
アメリカ政府の市場への介入が消極的な理由を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

米株式に関しては、サーキットブレイカーという有効な制度もあり、時々発動されていますね。



日本の外貨準備高 > 米国の外貨準備高は御存じの事と思います。
さらに、外貨準備高から介入として利用する額の割合も、日本>米国ですから、米国の介入回数や介入額は日本より少なくなるのは必然でもあります。

もっとも、米国はもともとドル安容認ですから、為替介入も日本ほど必要にはなりません。
輸出入における貿易の項目額の割合も日本とは逆ですし、個人資産の投資割合、投資に対する考え方なども日本とは逆の傾向にあります。

資産経済の被害として、個人の一部・中小企業は甚大な被害として目立ち話題となりますが、
実際には資金が全て消えているわけではなく、逆に大きな利益とした企業もあり、あくまで他所に流れただけですから、米国自体の実体経済としてはそれほど甚大ではありません。

今の日本もそうですが、莫大な額の被害が出たように見えても(そのように政府が発表したり、報道されても、)
実際には日本政府には充分に外貨準備もありますし、膨大な額の無駄な経費や、いざとなったらいくらでも発行できる国債もあります。

日本でも米国でも、政府が為替や物資等に介入する時は、実体経済に対しての被害想定が要介入となった時だけですから、米国の介入の必要性は日本より低いものと思います。

米国では、日本の為替介入を、中国の元安での日本の貿易対策だと批判がされています。
日本が介入すれば米国の対中国(対アジア)貿易が不利になるのですから、当然と言えば当然ですね。
米国は、できれば日本との協調介入でなく、対抗的な介入をしたほうが得になりますが、それでは対日本、対中国との為替問題が生じますから、簡単には介入できません。

米国の介入をするには、中国の元安を考慮しないわけにはいきませんし、
対アジアだけでなく対欧州も、基軸通貨としての為替操作批判を考慮すると難しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座いました。
アメリカにはそれだけの体力とシステムがあるということですね。

お礼日時:2011/05/01 01:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカの州地図は?

アメリカの州地図を探しています。
できれば、gifで白地図がいいのですが、jpgでもかまいません。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

下記ページのものはいかがでしょうか。(JPG)
http://geography.about.com/library/blank/blxusa.htm
他にも探せばあるかも知れません。
http://www7.ocn.ne.jp/~w246/newpage5.htm

参考URL:http://geography.about.com/library/blank/,http://www7.ocn.ne.jp/~w246/newpage5.htm

Q政府の市場介入の度合いをしらべるのにはどのような経済指標を利用したらよ

政府の市場介入の度合いをしらべるのにはどのような経済指標を利用したらよいでしょうか?

Aベストアンサー

財務省が発表している外国為替平衡操作で確認できます.
http://www.mof.go.jp/1c021.htm

Qアメリカの住所、場所、州などを知りたい

アメリカに友人(日本人)がおり、何回か電話などがありますが
手紙などのやり取りがありますが、アメリカの地図を見ても正確な場所、州などがはっきりしません。

   Canterbury Dr Sykesville.MD

とありますが、地図上の場所、州の名前など略されているのをしりたいと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アメリカ(というか世界の多くの国)の住所の記載は、
ストリート名(道路名)
市町村名,州名,郵便番号
国名
の順です。

日本のように、~県~市~町1丁目2-3
の、1丁目2-3にあたる部分がなく、
外国の場合は、
「~通りの番目」という表記ですね。「~通り」だけでよい場合も多いです。

そして、略称も多く使います。
Canterbury Dr
Sykesville, MD
を略称使わずに、正確に書くなら、
DrがDriveの略、MDがMarylandの略なので、下のようになります。
canterbury Drive
Sykesville, Maryland

その他も多く使われる略として、方角
W West
N North
は特によく略されます。

ですから今回の例で、一般的な書き方は
Canterbury Dr 1234
Sykesville, MD, Zip Code
United States
になりますね。 

州の場所と名前の一覧はこちらで参照できます。
http://allabout.co.jp/gm/gc/59737/

地図上の場所は、Google Mapで検索すれば、
だいたいの位置はわかります。

アメリカ(というか世界の多くの国)の住所の記載は、
ストリート名(道路名)
市町村名,州名,郵便番号
国名
の順です。

日本のように、~県~市~町1丁目2-3
の、1丁目2-3にあたる部分がなく、
外国の場合は、
「~通りの番目」という表記ですね。「~通り」だけでよい場合も多いです。

そして、略称も多く使います。
Canterbury Dr
Sykesville, MD
を略称使わずに、正確に書くなら、
DrがDriveの略、MDがMarylandの略なので、下のようになります。
canterbury Drive
Sykesville, Maryland

その他も多...続きを読む

Q9/15の為替介入で米ドルに日本政府が介入して、米ドルに対して円安にな

9/15の為替介入で米ドルに日本政府が介入して、米ドルに対して円安になりましたが、
他通貨でも円安になっています。
http://www.moneypartners.co.jp/market/
なぜ、他通貨も連動して円安になるのでしょうか?
ご教授頂ければ幸いですm(_ _)mペコリ

Aベストアンサー

他通貨にも介入したので
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6187521.html

Qオハイオ州はアメリカ中西部ですか?

オハイオ州はアメリカ中西部ですか?

くだらない質問ですみません。

オハイオ州は、例えばブログ村などのカテゴリでは中西部に入っています。
私はアメリカ合衆国の地図をどう見ても、東部もしくは中東部という表現になると思うのですが、
何か特別?な見方というか、分け方があるのでしょうか。
ずっと気になっています。よろしければ教えてください。

Aベストアンサー

全然くだらない質問ではありませんよ。
アメリカの区分けをする際の重要な概念ですからね。

>私はアメリカ合衆国の地図をどう見ても、東部もしくは中東部という表現になると思うのですが
地理的な位置関係は問題ではありません。
重要なのは歴史的にどう扱われてきたかということです。

歴史的には、独立時の13州(東海岸沿いに広がっているヴァージニアなどの州です)を東部、ニューヨーク以北(マサチューセッツなど)をニューイングランド、東部より西は「西部」と「南部」(ミシシッピ川以東ケンタッキー州以南の諸州)と分けて呼ばれてきています。
そのうちのオハイオ、インディアナ、イリノイ、ミズーリなど比較的東部に近いので「中西部」と呼んでいます。

英語で言えば、the Mid-Westです。

本格的な西部(the West)は、ミシシッピ川よりかなり西に寄った地域を指します。西海岸沿いのワシントン、オレゴン、カリフォルニアはもちろんのこと、ネバダ、コロラド、ニューメキシコ、ワイオミング、テキサスなども西部です。

英語版のウィキペディア中に、the Mid-Western という形容詞が使われています。
「中西部にある」という意味の形容詞です。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Ohio

全然くだらない質問ではありませんよ。
アメリカの区分けをする際の重要な概念ですからね。

>私はアメリカ合衆国の地図をどう見ても、東部もしくは中東部という表現になると思うのですが
地理的な位置関係は問題ではありません。
重要なのは歴史的にどう扱われてきたかということです。

歴史的には、独立時の13州(東海岸沿いに広がっているヴァージニアなどの州です)を東部、ニューヨーク以北(マサチューセッツなど)をニューイングランド、東部より西は「西部」と「南部」(ミシシッピ川以東ケンタッキー...続きを読む

Q国家VS市場 結局政府は市場に対抗できない?

国家VS市場、という、評論家みたいな人たちが好んで議論するテーマですが、リーマン・ショック以降、それまで大勢だった市場至上主義みたいな論説がややなりを潜め、 国家の役割が重要、みたいな議論が高まっているような気がしていたのですが、社会の実態はどうでしょうか?

著名エコノミスト、中原圭介氏の新刊を読み、イタリアやスペインの経済危機もヘッジファンドがかなり意図的に引き起こしている、と知って、ちょっと怖い気がしました。

やはりリーマン・ショックの反動で一時的に上記のような論調が出ているだけで、現代社会のすう勢は、結局市場(というか大手の金融関係の企業群)が決定しているんじゃないでしょうか?

私も金融機関の詳しいことは全然分かりませんが、専門家の話を聞いている限り、金融機関が何か経済問題を起こしたとしても政府はその問題をカバーするスピードが追いつかないんじゃないか、と思うんです。
民主主義は一見妥当なシステムのようですが、結論を下すまでに時間がかかりますし、結局その時の政局によって、最も賢明な政策が実行されるとは限りません。

結局金融機関が今の世界ではトップの力を保持し続けてるんじゃないですか?

国家対市場と考えると複雑な気分になるのですが、国家が権威主義的になったり世界各地でナショナリズムがやたら成長するのはイヤなんで、そこは国際交流みたいな意味でも、市場に分があっていいのかな?と思うんですが、かといって大手金融機関が力を持ちすぎた社会というのも、格差が広がりますし、色々な国の経済を不安定にする恐れがありますし、やはりいびつだと思います。

結局、世界はどういう統治システムが理想的なんでしょうか?

国家VS市場、という、評論家みたいな人たちが好んで議論するテーマですが、リーマン・ショック以降、それまで大勢だった市場至上主義みたいな論説がややなりを潜め、 国家の役割が重要、みたいな議論が高まっているような気がしていたのですが、社会の実態はどうでしょうか?

著名エコノミスト、中原圭介氏の新刊を読み、イタリアやスペインの経済危機もヘッジファンドがかなり意図的に引き起こしている、と知って、ちょっと怖い気がしました。

やはりリーマン・ショックの反動で一時的に上記のような論調が出て...続きを読む

Aベストアンサー

補足いただきありがとうございます。
反感を買うような書き方をしたので無視されると思っていました。

>全体的にかなり偏りのある文章だと思ったのですが、どうでしょうか?

はい、ご質問のなかで市場に対する考え方が偏っていると思えたので極端な書き方をしてみました。
特に「ヘッジファンド」→「不当な利益」→「悪者」的な単純な論法にうんざりしていたこともあります。
失礼致しました。

>>イタリアやスペインの経済危機もヘッジファンドがかなり意図的に引き起こしている
>>現代社会のすう勢は、結局市場(というか大手の金融関係の企業群)が決定しているんじゃないでしょうか?
>>金融機関の詳しいことは全然分かりませんが、
>>専門家の話を聞いている限り、
>>結局金融機関が今の世界ではトップの力を保持し続けてるんじゃないですか?

『「絶対収益を目指す」ということ 』
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1876.html

>国の財政が健全で経済もしっかりしていたら、というのがまさに理想論なんじゃないですか?
>欧州金融安定基金というところは4400億ユーロ持っているらしいですが、イタリア、スペインが危機に陥ったら、2~2.5兆のユーロが必要とされるらしいですよ。
>まずギリシャ問題の時点でECBがいくら買い支えても問題は解決しなかったんですよね?

このこととヘッジファンドとの関連性が今ひとつ分かりませんのでお答えしようがありません。。

>ロスチャイルド云々という話は今でも多少興味はありますが、ここでそういうことを念頭に置いたわけではありません。
>野村とか、シティと聞いて、次の瞬間ロスチャイルド!と連想する人は世間にもあまりいないと思います。

私もそう思います。
「陰謀論は昔からありますね。」と言いたかっただけです。

>理想の世界が思考停止で生きていける世界とはとても思えませんよ。

理想の世界を知らないので「格差」や「経済の不安定さ」「市場対国家の闘争」などなど「一切の心配や不安がなくなった世界」ぐらいの意味で皮肉も込めて「思考停止」と書きました。

お目汚し失礼致しました。

補足いただきありがとうございます。
反感を買うような書き方をしたので無視されると思っていました。

>全体的にかなり偏りのある文章だと思ったのですが、どうでしょうか?

はい、ご質問のなかで市場に対する考え方が偏っていると思えたので極端な書き方をしてみました。
特に「ヘッジファンド」→「不当な利益」→「悪者」的な単純な論法にうんざりしていたこともあります。
失礼致しました。

>>イタリアやスペインの経済危機もヘッジファンドがかなり意図的に引き起こしている
>>現代社会のすう勢は、結局市...続きを読む

Qアメリカ国内の時差の境界線が州の内部を通っているのは何故ですか?

先日、アメリカの地図を眺めていたら、時差の境界線がオーストラリアのように州の境界線と必ずしも一致していないことが分かりました。
大昔に国内の時差の境界線を決める時点で、何故州ごとで厳密に区切ろうとしなかったのでしょうか?州の内部で時差が有ると何かと不便なこともあると思うのですが…。
せいかくなところが分かる方は教えて下さい。

Aベストアンサー

>何かと不便

逆です。生活の便利さ考えれば地域標準時、夏時間です。
日本だって北海道と沖縄、東京では明石と時間感覚違います。政治的には一つが有利です。
中国は国土広いのに一つです。日本人で中国悪く言うのに「縁辺の住民は迷惑」としたり顔で言うのいるが、北海道の人にすれば日本標準時は東京の都合の時間というでしょう。明石と東京ならまだ我慢できる範囲だ。

米国は4つの標準時あり(アラスカハワイ時もある)、時差境界は州と一致しない。CityやTownが決める。採用するのは生活に便利な(便利と思う)標準時です。
州または郡がそれぞれ決めるが一つの州に2つ時間(別の標準時採用)ある。時差境界越えると時間かわります。米国(連邦)の州は一つの国です。
アイダホ、テキサス、インディアナは東と西、北と南で標準時違います。
夏時間もすべての州が採用するわけではない。テキサス州には夏時間ないが先住民の自治政府は夏時間採用する。夏時間採用しない州はまだあったか。
カナダも大まかには州境が標準時の境だが、時差境界は州境と別にある。6標準時ある。

インディアナ州は複雑で東部時間帯(ニューヨークと同じ)だが、東部大西洋時間採用州では西端です。南北に長い。(北海道は明るいが沖縄(明石)は暗いみたいな朝)
92郡のうち北西部の10郡は中部時間帯(シカゴと同じ)。地理的に西の南西部5郡は中部時間帯。南東部2郡はオハイオ州シンシナティ(東部時間)にあわせ、ケンタッキー州ルイビルと接する南部3郡はルイビル時間に合わせる。
残る72郡は夏時間採用しない。夏時間採用すれば1時間食い違うことなくなるので便利という声は議会で出るが、あの町に行くときは時計直す住民は現状でいいといいます。自治です。

>何かと不便

逆です。生活の便利さ考えれば地域標準時、夏時間です。
日本だって北海道と沖縄、東京では明石と時間感覚違います。政治的には一つが有利です。
中国は国土広いのに一つです。日本人で中国悪く言うのに「縁辺の住民は迷惑」としたり顔で言うのいるが、北海道の人にすれば日本標準時は東京の都合の時間というでしょう。明石と東京ならまだ我慢できる範囲だ。

米国は4つの標準時あり(アラスカハワイ時もある)、時差境界は州と一致しない。CityやTownが決める。採用するのは生活に便利な(便...続きを読む

Q政府・日銀は“断固たる介入”で1兆円以上のお金を出して(どんな風にして

政府・日銀は“断固たる介入”で1兆円以上のお金を出して(どんな風にして出したのか知りませんが)、ドルを買いました。
しかし、いずれ円安(ドル高)が酷くなればドルを買って円を売ると思うですが、その損失は国民負担になるのでしょうか?

Aベストアンサー

過去に行われた為替介入により100兆ものドルが積み上がっており、また同時に円高は進みつづけて来たことから日本は30兆以上の含み損を抱えています。要するに現時点までに30兆円を捨てた事になり、その資金は日本の国民負担となっております。

為替介入資金は国債発行と似た仕組みで資金調達おり、一般マスコミ流で言えば「将来世代の国民から借金をして、値下がりが続く米ドルを買っている」ということになります。

また、今後もドルの大幅増刷を続けられる事を米国中央銀行が公言しておりますので、今後もドル安は続くと共に同時に為替介入による損出数兆円規模で増えて行くことに成ります。

Qアメリカの南部地方って具体的には何州のこと?

タイトル通りなのですが、アメリカの南部地方とは、具体的には何州のことを言うのでしょうか?

一つだけ南部地方だと分かっている州があって、それはケンタッキー州なのですけど、ここって地図で見るとけっこう北の方にありますよね。日本人の私が考える「南部」というと、どうしても沖縄とか小笠原諸島とか、宮崎、高知なんかを思い浮かべてしまいますが、どうしてあのような北の地方でも南部というのでしょうか?

また、フロリダ州はあんなに南部にあるのに南部地方には含まれないと聞きました。その理由も知りたいです。

ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

Gです。 3日間のセミナーから完全に開放されました。 <g> まだ締め切っていないようですので丁度そのときに南部の人間に聞くことが出来ましたので書かせてもらいますね。

このセミナーの中にミシシッピ育ちでテネシーで仕事をしているある程度の地位の人ですが、彼らにはとってメリーランド、デラウエア、ウエストバージニアは南部に絶対に入れないと主張していました。 

東部を分けなくてはいけない区別の仕方としてであれば(下に書いた、「単に全州を適当に区切った場合(会社や団体などで)に起こるものです」)多分これらを入れることになるだろうけど「南部」としてのSouthern Statesには入るわけはない、と説明しています。 私も同感です。

つまり、日本の南関東は南部ではない、ということと同じですね。

同時にイリノイ・インディアナ・ケンタッキーの境などに行けばもう南部の訛りが普通の英語のとなっています。 しかし、これらのイリノイ・インディアナは広い意味での南部には入りませんね。 なぜか、と言うと縦に長く殆ど部分が中西部と言われる部分に入ってしまうからであるわけです。

つまり、州ではなく郡で区別をするとこれらの一部は南部に属する可能性が大きくなるわけです。

ではなぜ、West Virginiaが南部に入らない時があるかと言うと南北戦争が関わっているわけですね。

West Virginiaは本来市民の力では属する州から独立するという事が法律で出来なかったところにリンカーンが認めた州なのです。 もちろん、バージニア州から独立するときに州が持っていた負債の一部を払う羽目ににもなりましたが。

よって南部の人たちから見ると(古い考えですが)ウエストバージニアは南部ではないと言う人たちが南部にはいるわけです。

200年の歴史しかないアメリカではアメリカ歴史の授業は必須であるわけですが、インターネットにのっている国勢調査が使う区別よりもこのように歴史的区別の方が授業で教わるわけですね。 日本史を一年かけてやるのとアメリカ史を半年でやるのとを比べるとどれだけ詳しく習うかがお分かりだと思います。 (私にとってこの科目が一番の苦痛でしたーーー量が多すぎる~! <g>) これでなぜ、ウエストバージニアが南北戦争を基にした「南部」から除かれていると言う事がお分かりになればうれしいです。

なお。ウエストバージニアはアメリカで一番移民(ヨーロッパ・アジアからの)や黒人の少ない州として知られています。 つまり、「南部の標準英語」が根強く残っている州としても知られています。

アメリカでのSouthern Statesを南部の人から見た感覚を書かせてもらいました。

では、またの機会に

Gです。 3日間のセミナーから完全に開放されました。 <g> まだ締め切っていないようですので丁度そのときに南部の人間に聞くことが出来ましたので書かせてもらいますね。

このセミナーの中にミシシッピ育ちでテネシーで仕事をしているある程度の地位の人ですが、彼らにはとってメリーランド、デラウエア、ウエストバージニアは南部に絶対に入れないと主張していました。 

東部を分けなくてはいけない区別の仕方としてであれば(下に書いた、「単に全州を適当に区切った場合(会社や団体などで)に起...続きを読む

Q日銀の市場介入資金

最近、経済に興味を持ったものです。

過度な円高の場合、日銀が為替介入すると思いますが、この原資について少し調べると、短期国債を発行するということですが、日銀が国債を発行できるでしょうか?

また、為替介入の場合は国債を発行して賄うとして、国債の金利が上昇の対応した市場介入の場合は、もちろん国債を原資にできないので、この場合はどのように原資を調達するのでしょうか?

僕の考えでは、金利上昇を抑えるためには市場に流通する国債の量を減らせばいいので、日銀がお金を刷って買えばいいのではと思います。でもこれではインフレの恐れがありますが、現状のデフレ化では、問題ないのではないかと思います。むしろデフレ下の今こそ、日銀がお金を刷って、市場から国債を買い上げることで、政府の国債発行高を減らせるのでは?と思いますが、いかがでしょうか。
(国際的には批判を浴びるかもしれませんが)

様々質問しましたがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>日銀が国債を発行できるでしょうか?

政府が発行して、日銀や証券会社、銀行、保険会社が買っているものです。

FBといいます。個人が普段買う国債とは根本的に違います。

>どのように原資を調達するのでしょうか?

もともと、財務省の外国為替資金特別会計の資金が用意されています。

>日銀がお金を刷って、市場から国債を買い上げることで、政府の国債発行高を減らせるのでは?と思いますが、いかがでしょうか。

すでに日銀は、2008年から毎年、国債を買い上げ額を伸ばしていますよ。

国債は外国人投資家が8~9%、約80兆円分が外国人保有です。

これまでは国債の金利は日銀が管理できるレベルでしたが、これほどまでに外国人の保有率が上がってくれば、外国人が日本国債の金利を変動させているといっても過言ではなくなってしまいます。

これを一気に日銀が買い取り、外国人が手放したらどうなるでしょう?

発行高は一気に減るでしょうが、日本国の一般会計に近い80兆円が日本国内に流通すれば、ジンバブエのようなハイパーインフレになるでしょう。

外国為替(対円)が大変動しますから、国際的な批判だけではすまないでしょうね。輸出入企業は大パニックです。

>日銀が国債を発行できるでしょうか?

政府が発行して、日銀や証券会社、銀行、保険会社が買っているものです。

FBといいます。個人が普段買う国債とは根本的に違います。

>どのように原資を調達するのでしょうか?

もともと、財務省の外国為替資金特別会計の資金が用意されています。

>日銀がお金を刷って、市場から国債を買い上げることで、政府の国債発行高を減らせるのでは?と思いますが、いかがでしょうか。

すでに日銀は、2008年から毎年、国債を買い上げ額を伸ばしていますよ。

国債は外国...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報