仕事で長距離の移動が必要な場合、前泊が必要になるようなことがありそれが
会社で決められた年間休日にあたってしまう場合があります。そして、その休日
に勝手に予定を入れられてしまうことがあります。社員への断りもなしに、毎度
毎度こんなことをされてしまっては、年間休日という会社で決められた休日が実
体を伴わない定義になってしまうと思います。しかし、一方で、会社で働く以上
は休日出勤などで休みの日(年間休日)に働くことがあることもまた事実です。
(今回は、単身赴任者の帰省などは除く、という前提でお願いします)

1.年間休日を移動日にするというのは、事実上の休日出勤と思えてなりません。
しかし、過去に知り合いから聞きかじったところでは休日出勤や残業扱いになら
ず、休日の取られ損だと聞いたことがあります。法的にはどういう扱いになるの
ですか?

2.安易に、かつ、勝手に休み日を移動日にさせられたくないという思いもあれ
ば、一方である程度は仕方ないかなという思いもあります。このように、年間休
日を移動日に充てるような業務日程を会社が決める場合、法的に何か定義がある
のでしょうか?例えば、日数や回数の上限設定など。
 極端な例として、毎週末、移動日に充てられてしまうような業務命令であって
も合法ということなのでしょうか?

3.年間休日の中でも法定休日とそれ以外の休日があります。法定休日か否かに
よる扱いの違いはありますか?

4.年間休日を移動日にする場合、むやみにいれることは違法なのではないかと
思います。おそらく、何等かの「妥当性な理由」は必要なのではないかと思いま
す。この理由の妥当性について、法的な定義は何かありますか?「月曜日の朝一
番に顧客訪問」などがあると思いますが、他に実例などありますか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

休日 会社」に関するQ&A: 会社の休日が…

A 回答 (2件)

たとえば、移動において客先に渡す、それもおいそれと手放せない「貴重品」をもっていけ、といった業務が付随しないかぎり、勤務日前の休日を利用した単なる移動は、勤務にあたりません。

ただし休日であっても到着後仕事に着手した段階で、そこからは勤務時間になりますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kgrjyさん、ありがとうございます。

休日が移動でつぶれても働いたことにはならないんですね。

お礼日時:2011/04/26 23:00

下記参照



質問は移動時間は、労働時間となりません。
会社に寄って移動した場合は、労働時間に該当します。

参考URL:http://www.soumunomori.com/column/article/atc-10 …

この回答への補足

akak71さん、ありがとうございます。

ご紹介いただいたURLは、出勤日(平日)の早朝や夜の移動と読めますが、休日でも同じなのでしょうか?出勤日であれば、当然、通勤しますので通勤時間の延長という考え方もわかります。

しかし、最初から会社のカレンダーで休日と決められている日は通勤しないわけですが、それも通勤時間の延長として捉えしまうということなのでしょうか?

補足日時:2011/04/26 19:31
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカの共和党の、トランプ大統領は、今までのアメリカの北朝鮮政策は間違いだったと、はっきりと今まで

アメリカの共和党の、トランプ大統領は、今までのアメリカの北朝鮮政策は間違いだったと、はっきりと今までの政策を否定しています。

その中には、同じ共和党のブッシュ大統領の政策も含まれます。アメリカの場合、共和党と民主党が交互に政権を担当してきたから当然です。

自民党も、はっきりと、今までの歴代の自民党の政策は間違いだったと言うべきです。アメリカ大統領にできた事が、なぜ、出来ないのでしょうか?

他の政党のせいにするべきではありません。責任をとらず、逃げ回っていて、どうするのでしょうか?

Aベストアンサー

自民党にどんな対北朝鮮政策をしてほしかったのでしょう?

Q売買の目的物が原始的不能の場合と売買の目的物に瑕疵がある場合の違い

売買の目的物が原始的不能の場合と売買の目的物に瑕疵がある場合の違い
先日、ある試験でこんな問題がでました。

XはYに対して400万円の一時金の支払いを給付内容とする債権Aを有している。
Xは甲に対してこの債権Aを代金350万円で譲渡した。
甲がYに対して債権Aの履行(400万円の支払い)を要求したところ、
譲渡時の前にYからXに400万円の支払いがなされており、
その債権Aは既に消滅していた。
この場合に、Yから支払いを拒まれた甲がXに対して支払った
350万円を回収するために民法上どんな手段をとることができるか。

私は、X及び甲間の売買の目的物である債権Aに瑕疵があったのだから、
甲はXとの契約を解除できる(民570条)。契約を解除すると双方に
現状回復義務が生じるから(545条)、解除後にこの545条によって
450万円の回収ができると答えたのですが、模範解答は次のようなものでした。

X及び甲間の債権譲渡契約は、契約の時点で金銭債権Aが存在しなかったから
「原始的不能であって契約は無効」であり、不当利得として(民703条)
450万円の回収ができる。

この「原始的不能であって契約は無効」という考え方は
初めて知ったのですが、条文以外を別の法理を根拠とするものなのでしょうか。
570条→545条という理屈が当てはまる場合と
原始的不能であって契約は無効→不当利得という理屈が当てはまる場合の
違いはどう判断すれば良いでしょうか。
まとまりない質問で申し訳ございませんが、どなたかご教示ください。

売買の目的物が原始的不能の場合と売買の目的物に瑕疵がある場合の違い
先日、ある試験でこんな問題がでました。

XはYに対して400万円の一時金の支払いを給付内容とする債権Aを有している。
Xは甲に対してこの債権Aを代金350万円で譲渡した。
甲がYに対して債権Aの履行(400万円の支払い)を要求したところ、
譲渡時の前にYからXに400万円の支払いがなされており、
その債権Aは既に消滅していた。
この場合に、Yから支払いを拒まれた甲がXに対して支払った
350万円を回収するために民...続きを読む

Aベストアンサー

570条は、売主の瑕疵担保責任を定めた規定ですが、
同条を含む売主の担保責任は、
売買契約を代表とする有償契約の特殊性にかんがみ、
契約法の一般原則を修正したものです。

したがって、契約の原始的不能は無効という契約法の一般原則と、
瑕疵担保責任との違いの判断基準が何かといえば、
有償契約かどうかという話になります。

では、ご質問の問題では、有償契約たる債権売買なので、
質問者の答え通り、瑕疵担保の話になるかというと、それも違います。
売買の目的物が存在するものの、その瑕疵により価値が低い場合に、
等価的均衡を保つべく売主に課されるのが瑕疵担保責任なのであり、
売買の目的物がそもそも存在しない場合には、その瑕疵もあり得ず、
瑕疵担保責任が出てくる余地もないからです。
言うなれば、目的物がないことは、「瑕疵」以前の問題なのです。

なお、原始的全部不能による契約の無効の典型例として、
別荘の売買契約を締結したところ、その前日に別荘が落雷で全焼していた場合、
というのがありますので、これと同様に考えればよいのではないかと思います。

最後に、厳しいとは思いますが、あえて一言。
原始的不能の契約は無効、というのは、
契約の有効要件という、契約法の超基本中の基本の話であり、
どんな基本書にも絶対に書いてあることですので、
まずはその点をしっかり確認することをお奨めします。
基本をないがしろにして理屈だけ覚えても意味がありませんから。

570条は、売主の瑕疵担保責任を定めた規定ですが、
同条を含む売主の担保責任は、
売買契約を代表とする有償契約の特殊性にかんがみ、
契約法の一般原則を修正したものです。

したがって、契約の原始的不能は無効という契約法の一般原則と、
瑕疵担保責任との違いの判断基準が何かといえば、
有償契約かどうかという話になります。

では、ご質問の問題では、有償契約たる債権売買なので、
質問者の答え通り、瑕疵担保の話になるかというと、それも違います。
売買の目的物が存在するものの、その瑕疵により価...続きを読む

Qアメリカのオレンジ政策、ドイツの3B政策とは

アメリカのオレンジ政策、ドイツの3B政策とはなんでしょうか????

Aベストアンサー

アメリカのオレンジ政策というより、オレンジプランと言うべきです。
これはアメリカの対日作戦のひとつで、アジアに進出しようとするアメリカにとって日本帝國は邪魔なので、早めに叩き潰そうというものです。
その方法として、多数の戦艦を保有して太平洋を押し渡り、日本の連合艦隊と雌雄を決せんと企図したものです。
これは、日本の真珠湾攻撃により太平洋艦隊が壊滅したため、一旦頓挫しましたが、のちに航空母艦等の活用と、より大規模になった艦隊により、日本を破っています。
ドイツの3B政策とは、ベルリン、ビザンチン、バクダットを鉄道で結び、またそのためにドイツから中東に抜ける地域に勢力を伸張しようとしたものです。
これは、イギリスのカイロ・ケープタウン・カルカッタを海路で結ぶ3C政策をを脅かすものであり、第一次世界大戦の原因のひとつです。

Q出張-休日の移動は振替休日になるのか

お世話になります。このカテゴリーで正しいでしょうか?
質問はタイトルの通りです。休日に出張で移動する場合(次の日の会議に備えての単なる移動です)、振替休日に該当するのでしょうか? うちは外資の会社で、本社では、単なる移動だけの場合、振替休日の対象にはならない、と定められています。

これは社内規則として扱ってよいのか、日本では労働法等で何か決まりがあるのか、ご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

都の基準局に聞きました。
当方は金融機関で人事担当ですが、金曜日に重要顧客データを持って都内から出発。日曜移動月曜朝一番から勤務、日曜の宿泊ホテルは会社指定の条件の場合、当然に日曜日は休日勤務になるとの見解だそうです。
ただし土曜日はグレーゾーンで組合との話し合いや、手当てでカバーしている事例もあるらしいのですが、原則はあくまで休日勤務に該当するそうです。
例外は、会社の指定しない宿泊で、書類も持たず、始まる前までに目的地に行きなさいと言うような場合は、労働者の自由を阻害しないことになるので、手当てのみでokかつ休日勤務にはならないそうです。
つまり、会社が何らかの労働者の自由を束縛する事があれば、ただちに、勤務していると解釈すべきとのことです。ご参考までに。下記当て電話で問いあせたら如何ですか・匿名も可能とのことです。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/general/sosiki/chihou/ichiran/tokyo.html

Q現アメリカ大統領のドナルド・トランプについて、皆さんが思う良い政策と悪い政策は何ですか?

現アメリカ大統領のドナルド・トランプについて、皆さんが思う良い政策と悪い政策は何ですか?

Aベストアンサー

今までの政治は、偽善的で、弱者とか少数者ばかり
にスポットを当ててきました。

肝心の、社会の中心となって働き、納税して
国家を支えている人間の利益を等閑視して
きました。

そうした人間に光を当てたのがトランプさんです。

Q所定休日に休日出勤した場合の賃金に関して

こんにちは。
「所定休日に休日出勤した場合の賃金」に関して伺います。

法定休日以外で、会社が独自に定めている休日(所定休日)に
出勤した場合の賃金について調べてみると、

「所定休日に出勤しても、法定休日ではないので割増賃金はもらえない。
しかし週40時間を超えていたらその分は時間外労働としての手当を貰える」

との内容が多いです。
それは分かったのですが、私が知りたいのは、

「所定休日」に出勤したとき
”割増された賃金”は貰えないとして、
また時間外労働にもならないとして、
”通常割合”の賃金をもらう権利はあるのでしょうか?

ということです。

もし貰えるのだとすれば、月給制である私の場合
日割り計算などの金額で貰えることになるのでしょうか?

Aベストアンサー

雇用契約に従って
契約した日にしか賃金を支払う要件にはなっていないので
労働契約に国民の祝日が含まれていないのなら
当然、その日に対してはその日の分の賃金は支払わなければなりませんよ。
割増するかは別問題です。
残業も同じです。
完全月給制であれば残業代を支払わなくてもいいということにはなりません。
契約した所定労働日数、所定労働時間に対する賃金であって
それ以外の労働に対してはその分の支払いが必要です。
法的根拠といっても
完全月給制の場合に所定労働時間外の賃金を支払わなくていいという
規定がないので排除する要件にあたらないというだけです。
通常は欠勤や遅刻に対する控除は行われませんが
それを禁止している条文もないので
完全月給であっても遅刻や欠勤の控除はできます。

Qアメリカ大統領選での対日政策、対中政策 

アメリカ大統領選で、対日政策は票にむすびつかないけど、対中国政策は票につながるとテレビでいってましたが、なぜ対中国政策は票につながるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・人口が日本の10倍以上いるから
対イタリア政策よりも対アフリカ政策の方が注目を集めます。
対スペイン政策よりも対ラテンアメリカ政策の方が注目を集めます。
人口多い地域は重要だけど、ただし必ずしも親近感を
抱いているというわけでもありません。

・貿易摩擦問題
20~15年前は日本への貿易摩擦が深刻で、
日本に圧力をかけるべきだという世論が強かったのですが、
今日では中国との貿易摩擦が問題になっています。
人民元切り上げの圧力をかけるべきだとか、
中国に市場開放を迫るべきとかいった、
対中要求が支持を集める傾向があります。
日本との貿易摩擦の方は、赤字がなくなったわけでもないのですが、
何故かほとんど忘れ去られたようです。

・ライバル意識
40~20年前はソ連がアメリカの覇権に挑戦すると考えられていました。
20~15年前は日本がアメリカの覇権に挑戦すると考えられていました。
今日では中国がアメリカの覇権に挑戦すると考えられているようです。
10年後はまた欧州連合やインドに変わっているかもしれませんが、
ともかくライバルの存在がアメリカのアイデンティティを刺激するようです。

・経済成長率
日本や欧州は、経済成長率がアメリカよりも大分低く、
人口も減少に向かってきています。
一方で中国は経済成長率が抜きんでて高いです。
(貧しいからという部分も大きいけれど)
中国の経済成長が持続すれば、長期的に見て
極めて巨大な存在になりうるという予想が、
中国の存在感を際立たせていると考えられます。

・世界外交のキープレイヤー
冷戦後、イラク戦争の単独主義で揺らいできている
世界外交の方針をどうやっていくかを論じるときに、
何かとアメリカと反目することの多い大国である
中国の存在を抜きにしては語れないわけです。

・人権問題
アメリカでは日本とはまた異なる形で、
中国の一党独裁やチベットなどの政治問題への関心が高いです。
日本の人権の方は、そんなに問題が大きいと
考えられているわけではないので、関心が高くないようです。

・環境問題
中国のエネルギー消費量の伸びは著しく、
地球温暖化の問題では、中国の対処が
世界的な重要性を持つことが確実となっています。

・巨大市場
13億人市場は、多くの多国籍企業にとって命運を分ける地域です。
多国籍企業の間では、中国との関係悪化は避けたく、
ライバル企業に先んじて中国市場のシェアを握りたい思惑があります。

・アメリカの中華系人口
360万人位いて、日系人口よりも多いです。
団結力も強く、エリート人材もかなり存在します。
ただし、台湾系も多く、大陸中国の方とは限りませんが。

・オリンピックの年
なんとなく中国問題への関心が高まる時期なのかもしれません。

なお、日本のマスメディアにおいて、アメリカの中国重視が
どうかとかいわれているのはジャーナリズムに脚色されており、
当事者の思惑とは隔たりが大きいように思われます。
日本で中国贔屓とか日本贔屓とか言われている人物の実際の発言・行動は、
日本のメディアが報道しているような内容とはかなり異なります。
中国好きだが日本好きだとか、中国に抗議するが日本にも抗議するとか、
中国にも日本にも無関心という人も多いわけです。

・人口が日本の10倍以上いるから
対イタリア政策よりも対アフリカ政策の方が注目を集めます。
対スペイン政策よりも対ラテンアメリカ政策の方が注目を集めます。
人口多い地域は重要だけど、ただし必ずしも親近感を
抱いているというわけでもありません。

・貿易摩擦問題
20~15年前は日本への貿易摩擦が深刻で、
日本に圧力をかけるべきだという世論が強かったのですが、
今日では中国との貿易摩擦が問題になっています。
人民元切り上げの圧力をかけるべきだとか、
中国に市場開放を迫るべきとかい...続きを読む

QHPや、テレビの画像のロゴ、画像使用の法的許容範囲について

HPや、ゲーム、テレビの画像やロゴ。いろいろありますが、これは、無断使用してはいけないのでしょうか?

使用例としては、個人的に、
特製(手製)T-シャツをつくったり、特製うちわを作ったりです。
なお、販売する予定は一切ありません。

また、この商品を販売した場合、訴えられる可能性と、損害賠償金は請求されますか?


そして、昨今の同人ショップ(虎の穴・アニメイト)などで良く見かけるのですが、明らかに不正に使っている?
(絵をそのまま使っていなくても、あまりに良く似ている絵)は違法ではないのでしょうか?ロゴも叱り。

違法と言われてやめればO.K.なのでしょうか?それとも、賠償金などを支払わなくてはならなくなるのでしょうか?
この辺が良く分かりません。
沢山売れて、その後に賠償金なんていって利益を横取りされたらたまりません。

誰か、著作権と、賠償問題に詳しい方教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ロゴが登録商標であれば、商品として販売することが商標権の侵害に当たるおそれがあります。

また、画像については、著作物である場合が多いと思われるので、私的使用の範囲を超えた利用は、著作権の侵害に当たるおそれがあります。
許諾を取らずにこのような行為を行った者に対して、著作権者は、損害賠償の請求、利用の差し止めの請求を行うことができます。
さらに、著作権者が告訴すれば、刑事罰を受ける可能性もあります。(現に同人誌について告訴され逮捕されたた例があります)

やめれば済むか、賠償金を支払うことになるかは、著作権者の判断次第です(訴訟を行って元がとれるかどうか、ということ等を勘案するものと思われます)。
著作物を利用する商品は、著作権者の許諾を得て、使用料を支払って、作成・販売するのが本筋です。

Qアメリカの超低金利政策とは?

アメリカの超低金利政策とは具体的にどのような政策のことをいうのでしょうか?
またそれは、円高ドル安とどのような関係があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

超低金利と円高ドル安は順番を逆にすると理解しやすいです。

その昔、元々は工業国であったアメリカは日本などの追い上げで工業が成り立たなくなって、次なる産業として金融での立国を目指したわけです。しかし、その金融産業もリーマンショックで崩壊してしまい、途方にくれたのです。でも、食べていかないといけないので、再び輸出を増やしてお金を稼ごうとしているのです。しかし、単にモノを売ろうと思っても売れないので、政策的にドルを思いっきり安くして、輸出をしやすくしているのです。
これで結果的に円高ドル安になっているのです。

で、どうやってドル安にするかですが、これにはドル紙幣を思いっきり刷って、通貨量を増やすのが一番効果的であり、アメリカはQE1,2とこれまでにない金融緩和を実施しているわけです。金融緩和のためには金利をできるだけ安くしてドル紙幣を世の中にばら撒かないといけないので、超低金利にしているわけです。

Q著作権の許容範囲は?

敬老会の案内状を作成しています。
壁紙などをダウンロードできる、個人のホームページから画像を拝借したいんですが、
〈画像は個人的な範囲で使用して下さい。〉とあります。
金銭貰って作成するわけではないし、見るのは10人ぐらいです。
大丈夫ですよね?。

Aベストアンサー

こんにちはm(__)m

管理者御本人にメールなどで
こういうモノに使いたいけど良いですか?と
お伺いを立てれば大抵の人は嫌とは言いませんが

著作権はその著作を利益に結びつけなくても
個人の使用の範囲から逸脱すると適用の恐れがあります
大丈夫だとは思いますが
許可を得た方がすっきりするでしょ?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報