ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

ついているものをたまに見かけます。
ドロップ部分にもブレーキがついていると思うのですが、ワイヤーの仕組みはどうなっているのでしょうか?

ツーリング、街乗り仕様のロードバイクについているんですか?

A 回答 (3件)

最近のモノであれば


セーフティーレバーが一般的かと思います。
http://www.cb-asahi.co.jp/item/03/00/item1057670 …
このレバーは、本来ずっとつながっているアウターケーブル部を切り、
その途中に付けるインラインのレバーになりますので、
メインのドロップレバーを動作させるときには押し付けられるので
ほとんど動きませんが、ワイヤーの途中を引っ張ってやる格好で動かします。

当然そのときにはメインレバーの中のワイヤーも押し付けられるので緩みますが、
内部の遊び空間に押し付けられるだけで、メインレバー自体は
ほとんど動きません。=中でワイヤーが動いていますけどね。

ツーリング仕様や町乗り仕様というより、
初心者仕様です。
=ハンドル部に何かを積載しようとすると結構邪魔になるモノです。
ブラケットを握ることに慣れ、きちんと常時メインレバーで乗車するようになると
邪魔になる代物です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
 

ブラケットを普段から持つ方が安全な気がしますが、MTBとクロスバイクしか乗ったことのない僕にはわかりません・・・

お礼日時:2011/05/01 20:48

補助ブレーキレバーあるいはセーフティレバーと呼ばれるもので 入門用のロードバイクなどに着いています。

不要なら取り外すことは可能です(その際は ワイヤーのアウターを交換)。町中をゆっくり走る場合などは姿勢を起こしてブレーキの作動をさせることが出来るので便利に感じる人も居ます。
作動に関してちょっと間違ったコメントが付いていますが ワイヤーを途中で引くのではなくて、アウターをブレーキ側に押しつけてブレーキを作動させます。なのでこの補助ブレーキレバーとブレーキの間のアウターは硬くしっかりしたものである必要があります。ここが経年劣化、あるいはMTB用の柔らかいアウター使用などで硬さが不足するとブレーキの効きが悪くなって危険です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

巡航時に使用するようですね。

結構斜度のある坂道でおじさんがフラット部分を持って登っていましたが、ブラケットより楽なのでしょうか?

ありがとうございました!

お礼日時:2011/05/01 20:50

最近はあまり見ないと思いますが、セーフティレバーのことですか?


そうであるならば、ストレート部のレバーを引くと、ドロップ部のレバーを引くようになっているんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

仕組みがわかりません(@_@;)
でも、セーフティーレバー、という名前なら、調べますので、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 22:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロードレーサーはなぜフロントトリプルが少ないのか?

ずっとMTBを通勤とシングルトラックで使用しておりましたが、最近古いロードバイクを手に入れて乗っています。MTBにスリックタイヤでも充分に舗装路を早く走れると思っておりましたが、ロードのスピードに驚いています。
ところで、MTBではフロント3枚が標準ですが、ロードではフロントダブルが標準でしかも52-39あたりの歯数が標準で平地は当然早く走れるのですが、ちょっとした坂道だとかなりきついのですが、皆様このような歯数で普通に走っているのでしょうか?コンパクトクランクが最近人気とのことですが、それでも自分としてはまだまだきついように感じますが、なぜロードバイクではフロント3枚を使用することが少ないのでしょうか?見た目がかっこ悪いというのは理解できますが、そのほかに何か理由があるのでしょうか?諸先輩方のご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、ロードバイクはコースの状況に応じてこまめにアウターからインナーにインナーからアウターにチェンジします。
元々がレース機材として発展してきただけに、シフトチェンジの正確性が重視されています。

私はコンパクトクランクを愛用しているけれど、よっぽどの急坂でない限り、これで十分だと思ってます。
登り方はマウンテンバイクみたいにゆっくりとしたペダリングで上っていくのでなく出来るだけ早い回転力で勢いよく上っていきます。
マウンテンバイクみたいに車体重量があるわけでないから大抵、これで上れますよ~~。
つらければダンシングで上ればいいし。

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報