ミツバチはローヤルゼリーを分泌して、それを餌にして育てられたミツバチがローヤルゼリーの中に含まれる成分によって女王蜂になると記事で読んだんですが、他の種の蜂ではどのように女王蜂が生まれるんでしょうか?
遺伝的なことでしょうか?

回答よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

こんばんは、



その話の元ネタはこの論文ですよね。
Nutritional Control of Reproductive Status in Honeybees via DNA Methylation
http://www.sciencemag.org/content/319/5871/1827. …

これを引用している論文をざっと見てみましたが、別種のハチの話はないっぽいです。
まあ、見落としてなければですが。
ようするに、まだ研究されてないからわからない、ということだと思います。
私が見落としてなければですが(大切なことなので2回いいます)。

そもそも女王蜂が生まれるハチといいますと、社会性のハチですよね。
するとミツバチ科の一部とスズメバチ科(アシナガバチ含む)の仲間くらいですよね。
これらは割と近縁ですし、仕組みも似たようなものなのではないでしょうか?
女王を作る仕組みが独立して何回も進化したと考えるより、一回起こってそれから種分化したと考えるほうが自然な気がします。
専門でないので詳しくわかりませんが……。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
他の種のことは分かっていないとは予想外でした。

お礼日時:2011/04/27 21:20

No.2です。



>>他の種のことは分かっていないとは予想外でした。
"女王"という制度があるのは、社会性のハチである、ミツバチ、マルハナバチ、スズメバチ、アシナガバチと名のつくハチだけです。
これらのハチは、雌の幼虫はすべて女王になる可能性があるけど、食べ物などによって女王になるか否かが決まる、という点では一致していたはずです。
私がわからない、といったのは、他の種のハチでローヤルゼリーによる脱メチル化によって女王が作られると確かめたという論文はなかった、といういみです。

女王が突然死んでしまった場合どうなるか、などはミツバチとその他のハチではいろいろ違いがありますが、ここに書ききれないので省略。
wikiを読むといいですよ。

上記以外のハチは社会性の巣をつくりません。
クマバチの雌は単独で巣をつくり、1度に八個くらいの卵を産み育てるようです。
ドロバチの仲間は蜜をためた泥の小部屋を作り、卵を産んでふたをしたら子の世話をせずに飛び立ってしまいます。
トックリバチやベッコウバチなどの狩人蜂の仲間は獲物を殺さずに麻痺させ、獲物は生きたまま幼虫に食べられることで有名ですが、獲物をため込んで巣にふたをした後は子の世話はしません。
コマユバチなどの寄生性のハチは獲物に卵を産んだらそれっきりです。
青虫を育てて蝶にしようと思ったら、黄色い小さな繭がいっぱいできて青虫が死んでしまったことはありませんか?
あれはアオムシコマユバチという小さなハチのせいです。

アリの仲間も多くが社会性ですが、中には特定の女王がいないアミメアリや、羽化した後にゲマと呼ばれる体の一部を他の女王に噛み切られなければ女王、噛み切られてしまったら働きアリになるという変わったアリもいます。
全く別系統の虫ですが、シロアリも社会性で女王がいますね。
ただし、最初の女王のほかにも副女王が複数いたりします。
シロアリは不完全変態の昆虫で、卵がかえった幼虫は6回脱皮するまでの間幼若ホルモンが低濃度のまま維持されるとニンフという将来の王・女王候補に成長しますが、ここから働きアリや兵隊アリに戻ってしまうものもいます。
結構複雑で面白いですよ。
    • good
    • 0

 私は遡って読み直しに行って回答するということをしないもので、見つけたら吉日。

記憶ですが、回答してしまいます。もしかしたら、アリの説明を間違って記憶しているのかもしれません(記憶に寄れば、蜂とアリは同類)。全然違う話を間違って覚えているのかも知れません。回答の呼び水くらいに思って下さい。

 さて、先日、ミツバチの女王を作るタンパク質だったかが見つかったというニュースがでましたね。記憶によればミツバチ以外も同様です。

 ハチは女王蜂と雄蜂が空中で交尾して、女王はその瞬間に大量の精子を受け取ってすこしずつ受精させながら子を産み、働き蜂として成長させ、巣を大きくしていきます。 王は一時期にしか出現しませんし、出現しても他の巣へ移動することもありませんので、女王は一度交尾したら、精子がなくなるごとに雄と交尾するということはありません。

 時々、子が処女女王になり童貞王になり、巣を飛び出して空中で他の巣出身の王や処女女王と交尾して・・・ というのを繰り返します。王は交尾後(交尾しなくても)すべて亡くなるようです。

 アリだと、女王は交尾後羽根が落ちて飛べなくなるので地中へ、ということになるのですが。まあアリはさておき、働き蜂と新しい女王、王蜂は、父も母もまったく同じですから、遺伝的違いは小さいということです。ちなみに、働き蜂の性別は、すべて♀です。

 ではなぜ、働き蜂になったり女王、王になったりするのか、正確には分かっていません。上記の通り、人間にとって家畜同然のミツバチでさえ、やっと糸口をつかんだ程度ですから。まあ、ある説では、♀として活動するのを、女王が出すフェロモンが抑圧しているため働き蜂になると言われていますね。そして、時期が来ると、女王のその抑圧フェロモンに変化が生じるためだとか。あるいは、働き蜂がなぜか幼虫に動物性タンパク質を与える場合があって、それをもらった蜂が女王や王になるのだ、とか言われているようです。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
余談も勉強になりました。

お礼日時:2011/04/27 21:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女王蜂と働き蜂の関係

女王蜂と働き蜂の関係について分からないことがあったので質問します


女王蜂は巣を形成し、産卵や幼虫の世話をしますよね。

そのおかげで、幼虫は成虫になることが出来ます。

その成虫にはオスとメスがいると思うのですが、そのメスの全てが

女王蜂になるのではなく、働き蜂にもなると聞いたことがあります。



そこで質問なのですが、女王蜂とはメスの蜂の中で

遺伝的な要因により産卵能力を持つことが出来た蜂のことを指すのでしょうか?

とすると、働き蜂のメスは、メスなのに産卵能力を持たないことになるのでしょうか?

また、オスの蜂は全て働き蜂ということになるのでしょうか?


拙い質問ですので暇な時に答えて下さい(笑)

Aベストアンサー

遺伝的には, 女王蜂は (自分が生まれた巣の) 他の働き蜂と同じです. ただ, どのメスも最初はローヤルゼリーを与えられるのですが, 女王になる幼虫だけはその後もずっとローヤルゼリーだけで育ちます.

また, 女王蜂は女王物質を出して他のメスが卵を産むことを抑制します. したがって女王蜂がいなくなると (女王物質が切れるので) 働き蜂であっても卵を産むことがあります. ただし, 女王蜂と違って働き蜂は交尾していないので「働き蜂が産んだ卵」は無精卵であり, 自動的にオス蜂になります.

逆に, 女王蜂がいる間は基本的に新しい女王蜂を育てることはない (これも女王物質の効果) のですが, 女王蜂がいなくなると「今育てている幼虫」の中から代役を立てることがあります. この代役が成功して新しい女王蜂になれば (そしてオス蜂と交尾すれば), その女王蜂が新たに自分の子供 (それまでの働き蜂から見れば姪) を産み始めることになります.

で女王蜂がいなくなりかつ「今育てている幼虫」もいないとどうなるかというと, オス蜂が増えるのですがオス蜂は一切働かない (本気で何もしない) ので, その巣は早晩滅ぶことになります.

遺伝的には, 女王蜂は (自分が生まれた巣の) 他の働き蜂と同じです. ただ, どのメスも最初はローヤルゼリーを与えられるのですが, 女王になる幼虫だけはその後もずっとローヤルゼリーだけで育ちます.

また, 女王蜂は女王物質を出して他のメスが卵を産むことを抑制します. したがって女王蜂がいなくなると (女王物質が切れるので) 働き蜂であっても卵を産むことがあります. ただし, 女王蜂と違って働き蜂は交尾していないので「働き蜂が産んだ卵」は無精卵であり, 自動的にオス蜂になります.

逆に, 女王蜂がいる...続きを読む

Q酵母のタンパク質 分泌・非分泌型の見分け方

全ゲノムの情報が公表されている酵母(Saccharomyces Cerevisiae)ですが、あるタンパク質が細胞外に分泌されるか否かはどうやったら判別可能でしょうか??

タンパクのアミノ酸配列、塩基配列の情報はあるのですがそこから判断できますか??

Aベストアンサー

PSORT WWW Server
ここで、どこに局在するかのプロバビリティイーを出してくれます。あとはデーターベースによっては記載があると思いますが、、

参考URL:http://psort.hgc.jp/

Q女王蜂について

ミツバチはローヤルゼリーを分泌して、それを餌にして育てられたミツバチがローヤルゼリーの中に含まれる成分によって女王蜂になると記事で読んだんですが、他の種の蜂ではどのように女王蜂が生まれるんでしょうか?
遺伝的なことでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、

その話の元ネタはこの論文ですよね。
Nutritional Control of Reproductive Status in Honeybees via DNA Methylation
http://www.sciencemag.org/content/319/5871/1827.short

これを引用している論文をざっと見てみましたが、別種のハチの話はないっぽいです。
まあ、見落としてなければですが。
ようするに、まだ研究されてないからわからない、ということだと思います。
私が見落としてなければですが(大切なことなので2回いいます)。

そもそも女王蜂が生まれるハチといいますと、社会性のハチですよね。
するとミツバチ科の一部とスズメバチ科(アシナガバチ含む)の仲間くらいですよね。
これらは割と近縁ですし、仕組みも似たようなものなのではないでしょうか?
女王を作る仕組みが独立して何回も進化したと考えるより、一回起こってそれから種分化したと考えるほうが自然な気がします。
専門でないので詳しくわかりませんが……。

Qメラトニンの分泌。あるものを合成して分泌?

メラトニンの分泌。あるものを合成して分泌?
メラトニンというホルモンは、脳の松果体から分泌されると聞きました。
ここまでには疑問は無いのですが、気になるのは
「分泌」とはどういう現象なのかということです。
「脳から送り出される」ではなく「分泌」という言葉を使うのは、「それまでなかったものを作る」という意味合いがあるのかな、と思います。
その場合、メラトニンはどの様に作成されるんでしょうか?
体に本来ある、何かしらを合成させて作り出しているんでしょうか。
前提として、健康なヒトにおける疑問です。
回答について、完全な正解は求めません。
つまり、専門家が見たらどこかで引っかかってしまうような表現でも、
分かりやすければ良いという事です。
ヒトの体の仕組みについて、素人にも良くわかるように説明して頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

分泌とは、細胞内などから体内や体外に放出されることです。
単に出てくるだけじゃなく、放出されることで何らかの効果が発生することを言うように思います。
必要な時に合成して放出されるケースもありますが、貯蔵しているものを放出するケースもあります。


メラトニンはアミノ酸の一つである、トリプトファンから合成されます。
トリプトファン⇒5-ヒドロキシトリプトファン⇒セロトニン⇒N-アセチルセロトニン⇒メラトニン

トリプトファンは体内で合成のできない必須アミノ酸なので、食事から摂取しています。

Q女王蜂の毒の使い方と、謎の「アルカリ腺」とは

毒を持つ生物に関する本を読んでいます。アシナガバチの項目のところで、働き蜂と女王蜂の毒針の図示がしてあり、

◎ 女王ハチは酸性の液を出す腺が毒嚢(のう)とつながっています。またアルカリ性の液を出す腺もあります。しかし毒針が見当たりません。

◎ 一方働き蜂には、毒針は方形板で固定。アルカリ性の液と腺が見当たりません。

そこで質問です。
(1)女王蜂のみにある「アルカリ性の液」とはなんのためにあるのでしょうか?
(2)女王蜂に毒針がないのはなぜでしょうか?毒針はないのに毒嚢があるってどういうことですか?どうやって相手に注入するのでしょうか?

Aベストアンサー

専門家がお答えになる前に一応の知識だけ。
働き蜂の針と女王蜂の産卵管は相同器官です。つまり生まれたときは同じもの、発生の段階で女王蜂として選ばれた雌蜂に、例えば蜜蜂のローヤルゼリーに相当するものが与えられ、針は産卵管になり毒嚢は形だけになります。

Q植物の種を試験管の中で育てる時の 透明のゼリーのような物体

植物の種を試験管の中で育てる時、
透明のゼリーのような物体に 種を入れて
育てていますよね?

あの透明のゼリーは 普通の寒天やゼラチンなのでしょうか??

Aベストアンサー

バイオテクノロジーで行われる植物の組織培養は一般的には植物の成長に必要な成分を含んだ液を寒天で固めたものを使用します。

質問者さんの仰っているその透明のゼリー状のものはほぼ間違いなく寒天だと思います。

参考URL:http://www.chuogakuin-h.ed.jp/bio/baichi1.htm

Q蜂は女王蜂以外は交尾しないのでしょうか?全員のオス

蜂は女王蜂以外は交尾しないのでしょうか?全員のオスと一人でセックスしてるのですか?それとも特定のイケメンオス蜂としか交尾しないのでしょうか?働き蜂はオスだけですか?メスの働き蜂っていないのですか?働き蜂は一生交尾せずに童貞のまま死んでいくのでしょうか?

Aベストアンサー

「女王蜂」がいるような社会的なハチだと, 巣にいるのは女王蜂も働き蜂も含めて基本的にはメスだけで, ハチの巣にオスがいるのは特殊な状況に限られます.

なお, 働き蜂は交尾しません (女王蜂は数匹のオスと交尾するようだ). そして, 女王蜂は交尾したオスの精子を蓄えておくことができるので, 産卵をはじめたあとは交尾しません.

Qこの蜂はなんという蜂でしょうか

この蜂が毎日2、3匹家の中にいて困っています。

窓を閉めた部屋の中に気がつくといることもあるので、どうやら家の中の隙間からでてきているようです。(一度天井の隙間に入っていくのも確認しました。)

攻撃してくる様子はなく、窓の周辺で外に出たそうにぶんぶんしています。

大きさは2センチほどです。

身体は細身で、全体に黒っぽい印象です。

どんな蜂なのか教えていただければと思っています。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ドロバチの一種で 「 フカイドロバチ 」 といいます。

添付されている写真は、フカイドロバチの特徴を良く捉えて写されていると思います。

●フカイドロバチ
http://www.hegurinosato.sakura.ne.jp/2bangura/vi_hachi/fukaidorobachi.htm
http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/seibutsugazou/makushi.html
http://www.ffpri.affrc.go.jp/labs/seibut/bamboohymeno/species/rhynchium-quinquecinctum/0027.html
<特徴> 体色は黒色で、腹部第1-2背板後半および第3節以降が黄褐色。

Q女王ありや女王蜂は誰の子を産むんですか。

女王アリや女王蜂はたくさんの卵を産むために一体どんなオスと交尾をするんですか。その辺の兵隊アリ等とこうびするんでしょうか。また女王アリはどうやってうまれるんですか。

Aベストアンサー

高校の時にきいた話だと、ミツバチは遺伝子型が単相(n)だそうです。「無性生殖」でメスの遺伝子だけもった子が生まれてくるんではないでしょうか。
 スズメバチなどはどうか知らないのですが、わざわざ「ミツバチ」としてあるからには、ミツバチが特別で、スズメバチなどは有性生殖で(2n)なのかもしれません。
 ミツバチの、働きバチと女王バチの違いは、育てられる環境(食べ物と居住空間)の違いで、生まれた卵自体に区別はないそうです。

 アリも種類があるのですが、たぶん、みんな有性生殖でしょう。巣の中にわずかのオス蟻がいて、交尾して次の子を作っているアリもいます。アリの寿命も種類によって違いますが、働きアリはだんだんへって行くので、卵は産みつづけないと巣が維持できません。
 なお、兵隊アリ、兵隊バチは、みんなメスです。(「みつばちマーヤ」の絵はまちがい)

 ちなみに、シロアリはアリでないので、アリと異なり、一対のメスとオスが巣を作って交尾し続ける生活をおくります。働きアリや兵隊アリにも、メスオスいるはずです。

Qあの蜂はなんという蜂なのでしょう?

玄関に蜂が死んでいました。
身体が細長く、針が身体ほどの長さ。
手足もものすごく長くて、全長は10cm近くありました。

関西から関東へ越してきて3年・・・。
あんな蜂は生まれてはじめて見ました。

蜂に詳しい方、これだけの情報しかないのですが、何という蜂かわかりませんか?

Aベストアンサー

「針」が長く、体も細長いということで、アメバチ、オナガバチの仲間だと思いますがいかがでしょうか。寄生性のハチです。全国にいるんですけどね(笑)

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~yokoi/musi/kago31.htm, http://www.fsm.affrc.go.jp/Joho/68/p2.html


人気Q&Aランキング