この度の地震で働いてるビルに何カ所も亀裂が入りました。
今直してるのですが、どのような効果があるのか教えて下さい。

亀裂が入って強度が落ちたと思うのですが、これをすることによって強度が元にもどるのでしょうか?
それともこれ以上亀裂が広がらないように応急処置的なものでしょうか?

「コンクリート造の外壁亀裂」の質問画像

A 回答 (5件)

ANo2です。

 一応、1級建築士でコンクリート診断士の資格も持っています。

ひび割れを放置すると雨水が侵入し、鉄筋の発錆やコンクリートの中性化を促進させます。つまりコンクリートの劣化が早まりますので、ひび割れは補修すべき劣化現象です。これだけならひび割れの表面だけ塞げば補修できます。では、なぜ注入によりコンクリートの内部までひび割れを埋める必要があるのか。これはコンクリート構造物としての強度を回復させるためです。コンクリートの引っ張り強度は圧縮強度の1/10しかありません。つまり引っ張りに弱いのです。ひび割れは、各種力が加わった結果、コンクリートの引っ張り強度を上回り、ひび割れが生じます。このひぴわれに接着剤を注入して、コンクリート同士を接着させることにより、コンクリート構造物の強度を回復させています。元の構造物の持つ力以上には回復しないので、補強工事ではなく、補修工事といえます。そのせいで、ひび割れへの注入を軽視する人がいますが、地震に対して注入工事は有効です。

地震をエネルギーとして考えると、建物は地震時には地震エネルギーを吸収する必要があります。揺れによる運動エネルギーと部分的な破壊エネルギーに通常は変わります。ひび割れは破壊エネルギーの結果生じます。

ひび割れをそのまま放置すると、再度地震が起きた際には、前回の地震でひび割れが吸収した破壊エネルギーを吸収できないため、前回の地震以上の被害が生じます。ひび割れを補修してあれば、前回程度の地震ならまたひび割れ程度の被害で納まるでしょう。(内部が壊れていない前提ですが)

>亀裂が入って強度が落ちたと思うのですが、これをすることによって強度が元にもどるのでしょうか

適切な施工が行われていれば、おおよそ戻ります。どんな事象でも100%は無いです。
    • good
    • 0

今行われている工事が、恒久なのか暫定なのかその工事を設計した人に聞かないとわかりません。

倒壊の恐れがあるなら、工事以前に立ち入り禁止にするので、恐らく問題無いのでしょう。
一般的な鉄筋コンクリートの建物は、ラーメン構造と言われる梁と柱で構造を支える作りなので、これさえ損傷無ければ、窓の角に斜めにひび(クラック)が入ったり、柱の回りに柱に沿ってクラックが入っても、クラックは完全には直りませんが、構造的には大丈夫です。
補修はエポキシ樹脂などの接着剤をクラックに注入して割れたコンクリートをくっ付けて耐力を回復したり、クラックに沿ってV型にカットしてシールで埋めて、雨水が染みて壁の内部の鉄筋が錆びないために行われます。
    • good
    • 0

私の専門分野です。


明らかに、エポキシ樹脂の低圧注入工事です。
キレツの線にそって、Vカットをして、クイックメンダーでシールをして、エポキシ樹脂を注入しているのが、わかります。
雨水が入らない様に、応急処置でしかありません。
まして、Vカットした場合は、後々すぐ横にひび割れが起こります、これは、エポキシ樹脂の収縮によるものです。
私は、今はVカットは致しません。
約25年以上、何百棟もの施工実績からの経験です。
本来は、エポキシ樹脂を注入してから、さらに、コンクリートの補強工事をするのが一番です。
補強方法は色々有ります。
が、お金が掛かるので、ビルのオーナーは、そこまでやらないでしょう。
    • good
    • 0

エポキシ樹脂の注入工法のようですね。



耐久性・防水性の確保のために行います。

水が入らないように、コンクリートの劣化を防ぐために行います。またひび割れで離れたコンクリート同士をまた接着することになりますので、建物としての強度も回復させます。強度が元にもどると言われれば、おおよそもどります。
    • good
    • 0

 


強度上の問題が無いので雨水が入らないようにヒビを塞ぐ恒久処置もあります。
阪神大震災の時も同じ処置をし、16年経ったいまもそのままです。
でも、正しくは専門家に聞いてください。
 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新築の外壁の塗装が希望の色と違う!塗り替え費用でもめてます・・・。

今回新築して、外壁の色を見てびっくり!!見本の色よりかなり暗く
希望の外壁の色ではありませんでした。
見本の色はピンクがかった明るい色なのに、実際の外壁の色は
暗い色だったんです。見本の色と違うので塗り直しを訴えたら、
費用の三分の一の17万を請求されました。
見本の色と違う色だからそんなの納得いかない!と住宅メーカーに
言ったんですが、見本の色と塗料の色番号は同じなので当社のミスでは
ないみたいなこと言うんです。
こちらは見本の色が外壁の色になると思って、その見本の色を選んだのに、
実際に塗ったら光の当り具合もありこんな色になるんです、とふざけた
事を言います。だったら前もって見本の色と実際塗った色は、どのように
異なりますなどという必要があると思うのです。
そういう一言もなく客が選んだ見本の色と塗料の色が同じ番号だから
塗りなおしは折半なんて、納得いきません。
その事を何度も言うんですが、本来なら25万払ってもらわなくては
いけない所、17万で良いですみたいな流れにしようとして、まったく
頭にきます。
このような場合、費用をこちらが出す必要があるのですか?
どなたか教えて下さい。

今回新築して、外壁の色を見てびっくり!!見本の色よりかなり暗く
希望の外壁の色ではありませんでした。
見本の色はピンクがかった明るい色なのに、実際の外壁の色は
暗い色だったんです。見本の色と違うので塗り直しを訴えたら、
費用の三分の一の17万を請求されました。
見本の色と違う色だからそんなの納得いかない!と住宅メーカーに
言ったんですが、見本の色と塗料の色番号は同じなので当社のミスでは
ないみたいなこと言うんです。
こちらは見本の色が外壁の色になると思って、その見本の色を選...続きを読む

Aベストアンサー

業者さんにもこの色でいいですねと確認しなかった落ち度はありますが
どんな理由であれ工事を履行してしまうと、どう見てもまったく違う色ならともかくあのような色でと言う発注の仕方にも落ち度があり、少なくともその系統の色であれば難しいかと思います。
お願いした色の色番等がわかればよかったのですが業者側があのような色を努力して探しましたと言われれば終わりです。
(実際建ってる家はその業者さんが建てた家じゃないんですよね?)
工事自体が手抜きと言うわけではなく主観の問題で、履行してしまった以上プロ任せでの契約として成り立ってしまったことになるかと思います。
現実的には言い分はわかりますが、法律上の解釈は難しいのではないでしょうか?
逆に言えばあの色とまったく同じ色で、と注文したとしたら業者さんも同じ色は色番がわからないとわかりませんと答えていたと思います。
塗料の種類にもよりますが外壁塗料なので多分業者さんは自社取り扱い塗料メーカーの色見本で一番近い色を選んだのではないでしょうか?
お願いした色の塗料メーカーの色番がわからない以上、その業者さんが扱っている塗料メーカーの色見本で現物に近い色を探すより他ありません。
確かに日塗工の色見本ではいろんな色を選択できますが、外壁塗料の場合はセット注文となるので追加発注の場合のロット違いや段取り等の関係もありお任せの場合はやはりその業者さんの扱っている塗料メーカーの色番の中から選ぶ形になってしまうと思います。
文面では業者さんも落ち度をみとめているようなのと塗装工事として受けているのではなく新築工事の塗装なので後々のこともあり譲歩しているのではないでしょうか。
あと今回の問題とは関係ないですが、希望色がどの程度の色なのかわかりませんが基本的に外壁塗料には明るいピンク系は向きません。ピンク系の赤は塗料の顔料(有機系)が紫外線に弱くすぐに色あせて変色してしまいます。
なので塗料メーカーの外壁見本帳は赤系でも錆色を使い、そのため地味な色(無機系顔料)ばかりで鮮やかな色をあまりそろえないのです。

業者さんにもこの色でいいですねと確認しなかった落ち度はありますが
どんな理由であれ工事を履行してしまうと、どう見てもまったく違う色ならともかくあのような色でと言う発注の仕方にも落ち度があり、少なくともその系統の色であれば難しいかと思います。
お願いした色の色番等がわかればよかったのですが業者側があのような色を努力して探しましたと言われれば終わりです。
(実際建ってる家はその業者さんが建てた家じゃないんですよね?)
工事自体が手抜きと言うわけではなく主観の問題で、履行してし...続きを読む

Q耐震基準以前のビルの地震による亀裂について

昭和48年に建てられた鉄骨鉄筋コンクリート造一部RC造(12階建て地下1階)のビルが、今回の地震で亀裂がたくさん入りました。

1階から8階までの階段の周りの壁が特にひどく横に何本も亀裂が入っています。窓の周りのコンクリートもはがれ落ちているところがあります。

現在はコーティングして補修して周りの壁と同じ色で分からないように塗るようです。

先日の地震で(東京都)このようなビルは沢山あるのでしょうか。
次回に起こった地震で、ニュージーランドのように、この建物が崩壊する危険性はないのでしょうか。

このビルの1室で仕事をしているのですが、よろしくアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

再で恐縮です。みてないのにあれこれ言うのは良くないでしょうが、昭和48年ごろというと1981新耐震の前の改正の1971年改正よりは後の建物だということです。ここからはみてないので一般的なお話しです。

今の建物に比べて床スラブも薄いし、(12センチのところが多い)
柱も細いだけでなく帯筋の間隔が今の倍くらいもあります。つまりは、柱の持ちこたえ度は悪い。
床スラブが薄いということは水平剛性も今より弱いんです。
建物もよく利用されているようで一番大敵である炭酸ガス発生も多かったかもしれません。
横に入ったクラックは外力によるので地震によることは間違いありませんが、それと同時にそのひびの入り方はコンクリートが健常な状態とはいえない可能性があると考えました。
今の建物より弱いのは確実なので損傷が生じればさらに危険を想定するのは順当な判断だと思っています。

さて、NZは地震国と言っても建築士が設計する義務が発生したのはごく最近だそうです。
古いものをいいものだと言ってDIYして使うのが主流だとか。
また、あの問題のビルも日本の建築士がニュースでざっと見ても性能が全く違うのはわかります。

しかし、同じようには崩れなくても同じころの建物が阪神大震災の際、柱の割れだけで済めばいいですが、短柱破壊して中層階のクラッシュが起きた例もあります。つまり5階建てで2階だけクシャっといったりした事例です。
その事例はまだ部分クラッシュしても柱に荷重を伝え続けたようで数階の床抜けを起こすような事例にはなっていなかったようです。

現代建築で雑壁に入るクラックならそう問題はない可能性が高いですが、その当時の建物は構造壁以外は窓と腰壁のくみあわせで、短柱破壊しやすいデザインが多いです。あくまで多いということで全部ではありません。

賃貸であれば、オーナーが補修を続けても危険と判断されなければ退去命令は出ませんし、検査によって危険であり退去命令がでればオーナーは収入源を失い、入居者には立ち退き料も出ません。検査に合格しても補修代と検査料がオーナーの負担になります。なので、検査が必要でも、建物所有者が果たしてやるかなと。

オーナーが今回補修するということなら、検査を入れる気はないので、オーナーが建物をあきらめないということです。つまりは営業補償や立ち退き料を請求できるチャンスは今後しばらくないと思います。どちらにしろ立ち退き料がでないなら、突然の退去が必要になるよりは今のうちに引越して突然の退去によるアクシデントを回避するほうがビジネスとしては有効であると考える次第です。

再で恐縮です。みてないのにあれこれ言うのは良くないでしょうが、昭和48年ごろというと1981新耐震の前の改正の1971年改正よりは後の建物だということです。ここからはみてないので一般的なお話しです。

今の建物に比べて床スラブも薄いし、(12センチのところが多い)
柱も細いだけでなく帯筋の間隔が今の倍くらいもあります。つまりは、柱の持ちこたえ度は悪い。
床スラブが薄いということは水平剛性も今より弱いんです。
建物もよく利用されているようで一番大敵である炭酸ガス発生も多かったかもしれませ...続きを読む

Q外壁塗装の色

今度外壁と屋根の塗装をします。
色あせが目立ちにくい色、目立ちやすい色ってあるんでしょうか。
ちなみに外壁はシリコン系、屋根はフッ素系で塗装します。

Aベストアンサー

中間色が良いです。主張が少ない分、目立ちません
原色や濃い色、派手な色は、汚れや色落ちが目立ちます

Qプレストレスコンクリート造とプレキャトコンクリート造

プレストレスコンクリート造とプレキャトコンクリート造の
違いを教えてください。お願いします。

建築について学んでいる高専1年生です。

Aベストアンサー

両者は名前は似ており、PCと表記されることから混同されることもありますが、全くの別物です(はっきり区別した場合はプレストレストをPCsとかPs、プレキャストはPCaと表記します)

プレキャストはコンクリート部材をあらかじめつくっておいて組み立てる施工法に関するもので、1種のプレハブ工法です。
プレキャスト製品は工場で生産することが多いですが、大規模な現場では現場に製作場をつくって、そこで部材をつくってから組み立てる場合もあります。

利点としては、工場製品なので品質が一定すること、作業のしやすい場所で作業できること、また通常同じ規格の部材をつくりますので、型枠が再利用しやすいなどの利点があります。

プレストレストコンクリートは、構造上の問題です。
鉄筋コンクリートは鉄筋でひびわれを負担しているとはいえ、コンクリートはひび割れに弱い部材です。そこで、鉄筋や鋼線、またはFRPなどの線材を引っ張ることにより、コンクリートにあらかじめ圧縮力を加えて引っ張り力の発生を防ぐ方法です。
引っ張り力を与えるのは、コンクリートを打つ前に与えておく方法(プレテンション)と、コンクリートが固まってから引っ張る方法(ポストテンション)があります。

大まかにまとめると、両者の違いというのは、プレキャストは施工方法上のことで、プレストレストは構造上の方法だということで、元々同じ次元で使われる用語ではないです。
だから#1さんがいわれるように両方の方法が使用されている製品もあります。

なお、高専生ということなので、専門用語に不慣れと思いますが、#1さんの回答にある用語(ボックスカルバートなど)は土木の方で使われる専門用語(プレストレスは土木の方が盛んに使われています)ですので、この用語はわからなくても気にしなくてよいと思います(建築と土木だと同じ用語に対しても意味合いが異なることもあります)。

両者は名前は似ており、PCと表記されることから混同されることもありますが、全くの別物です(はっきり区別した場合はプレストレストをPCsとかPs、プレキャストはPCaと表記します)

プレキャストはコンクリート部材をあらかじめつくっておいて組み立てる施工法に関するもので、1種のプレハブ工法です。
プレキャスト製品は工場で生産することが多いですが、大規模な現場では現場に製作場をつくって、そこで部材をつくってから組み立てる場合もあります。

利点としては、工場製品なので品質が一...続きを読む

Qリフォーム 外壁&屋根の色

今度外壁&屋根の塗り替えをする予定なのですが、色で悩んでいます。

現在は、屋根が黒、外壁がグレー、雨どい&サッシが黒です。

家族の意見は、「今度はブラウン系にしようよ」と言っています。
雨どい&サッシが黒に、ブラウン系の屋根と外壁でもバランスは悪くないでしょうか。

Aベストアンサー

塗装屋です。
下記の内容は個人的意見ですので、あくまで参考程度にしてください。
雨樋、サッシが黒の場合、外壁の色で合う色は、

白、グレイ、クリーム、ベージュ、こげ茶です。もちろんブラウン系も入ります。

逆に合わない色は、薄いピンク系、薄いグリーン系、青系です。

屋根はオーソドックスなら、やはり黒です。

雨樋、サッシ黒、外壁ベージュ、屋根黒なら間違いない組み合わせです。

屋根をブラウン系にすると、屋根が少し軽い感じになります。

日本ペイントの屋根色で、トリノブラウン(こげ茶)と言う色が私は好きでよく使います。

屋根の黒が強すぎて嫌という人には、やわらかな仕上がりになるトリノブラウンをお勧めします。

この屋根色も、大体の暖色系の外壁色に合います。

100色入りの色紙を買ってきて、色を組み合わせてみると、好きな色が分かると思います。

色紙で屋根の形に切ったり、雨樋やサッシも色紙で作れますので・・・。

試してみてください。

Q木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造

木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造等というのはどの構造部分までが、木造、鉄骨、鉄筋コンクリートなのでしょうか?
主要構造部分のうち、骨組みと言われるものに限定しているのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には基礎部分はコンクリート造です。

基礎から上の土台となる部分からが木か鉄骨かによって分類されると思います。

鉄筋コンクリート造については基礎と一体で作られますね

リフォームや加重などの関係で木と鉄骨を組み合わせる場合などがありますが、質問文にあるように主要構造物に何を使うかで分けられると思います。
その場合には木造一部軽量鉄骨住宅などの表現ですね

Q外壁の色について

外壁の色でご意見お願いします。
うちは南側が道路で西東はまったく外壁が見えなくて、北は駐車場なので外壁が見えます。
例えば北から見ると水色の家。南側(玄関)から見ると白い家とかは
変でしょうか?

Aベストアンサー

追加です。
例えば「水色」とおっしゃっても、かなり明るいもの、蛍光的な要素のあるもの、くすんだものまであります。面的に展開した場合、想像と異なることはあります。塗るのか、サイディング等を使うのかもわからないのですが、色見本やサンプルの小判のみの判断では難しいこともあります。
色により対面する家の窓への映りが異なります。同じ明るい色でも白は許容できてもピンクは難しいと思うように、水色でも彩度によって違ってくるのではないでしょうか。
東西は見えないのならそれほど気にすることはないと思いますが。

Qコンクリートブロック造で小さな家を造りたいのですが?

コンクリートブロック造の家は丈夫で、価格も安くできると聞きました。北陸地方に住んでいますが、木造の会社がほとんどで、コンクリート造に実績のある建設会社もRCがほとんどです。20坪程の家をコンクリートブロック造で建てたいのですが、どこかに建築例がないものでしょうか? また、いくらぐらいでできるのでしょうか? 

Aベストアンサー

「メーソンリー」で検索すると建築例や専門業者がヒットします。
おそらく#2さんがイメージしているコンクリートブロックではないブロックを使用して建てます。壁式RCと同等の耐震性がありますので、木造や鉄骨造の建物より耐震性能はあります。
また、一般のRC造と同じようにウレタン断熱を行えば、断熱性も確保できます。納まりも壁式RCと同じです。
仕上げの程度によりますが、コストは普通のRCよりは安いでしょうが、鉄骨造や木造よりは高いと思います。
造り方にノウハウが必要です。工務店ならどこでもできるものでもありません。十分に業者の実績など調査する必要があると思います。

Q新築の外壁色!

新築を購入したのですが棟上も終わり
外壁の色を決める時期が来て外壁メーカーの色見本を
見ているのですが見本が小さくてイメージがまったく
わきません。

工務店によると大きな面に塗ると少し明るくなるとの事
ですがゼンゼン想像できません。

と言う事で同じ製品を使用した施工済みの住宅街(開発地区)
を見学したいと思っております。
どなた様かお知りの方おられましたらお教え下さい。

当方、大阪南部在住ですが車で2時間程度の範囲までなら
見学に行きたいと思っております。
宜しくお願いします。

使用の外壁材(色)は
アイカ工業
   ジョリパット
   カラーシステム
   スタイルa
と言う色見本です!

Aベストアンサー

説明不足でしたが、私の家は二色塗りで単純に上下の塗り分けではなく縦横に少し複雑に入り組んでおります。
当初塗り分けは6対4ぐらいで6割の方にベージュ系の色に
4割をグレー系(レンガとコンクリートの雰囲気)
にしようかと考えていました。

ハイ、なるほど、感じがわかりました。
実際には、廻りの感じや、バランス、好みなども取り入れて決めればいいと思います。
私のは、参考程度にしていただければと思います。

入り組んでいるというところでいろいろ組み合わせができそうですが、やっぱり、グラデーションで配色されるのが安定感があるのと、はっきりした色でも違和感もなく、高級感を得ることができると思います。



以下の色に合う色と一番お勧めの組み合わせ教えて頂けますか?
   (6)  対  (4)
  6011  と 5026 または 4027 2027 
  6008  と 4037か4038 または 3004 
  4027  と 3027 2027
  4026  と 5026 3026

6対4という感じで書かれていますが、入り組んでいる壁を、うまく利用して、3色など使ってもいいと思います。

 
他にも30才半ば夫婦が住む家の似合う色でお勧めの組み合わせ
あればお教え願いますか?
時間があれば回答お願いします。

あと、たぶん、ベージュがすきと思われます。
私の組み合わせを利用してあとは、何とか風というような、イメージがあるものが表現できればと思います。
たとえば、メキシカン風とか、フランス風とか、色の組み合わせだけで表現できますから、楽しいと思いますよ。
6008と4038など、けっこうメキシカンかなというイメージで選択してみました。
ますます、迷ってしまわれそうな感じですが、いかがでしょうか。(質問ではないです、ハイ)

説明不足でしたが、私の家は二色塗りで単純に上下の塗り分けではなく縦横に少し複雑に入り組んでおります。
当初塗り分けは6対4ぐらいで6割の方にベージュ系の色に
4割をグレー系(レンガとコンクリートの雰囲気)
にしようかと考えていました。

ハイ、なるほど、感じがわかりました。
実際には、廻りの感じや、バランス、好みなども取り入れて決めればいいと思います。
私のは、参考程度にしていただければと思います。

入り組んでいるというところでいろいろ組み合わせができそうですが、やっぱり、グ...続きを読む

QW造、S造、RC造、SRC造の定義

W造、S造、RC造、SRC造の定義はどこで規定されているのでしょうか?

Aベストアンサー

W造 : 木造 W=Woodの略 木造一般住居など。
S造 : 鉄骨造 S=Steelの略 賃貸アパートの一部、スレート葺き工場建屋などの軽鉄骨構造や、高層マンションの重鉄骨構造など。 
RC造 : 鉄筋コンクリート造 RC=Reinforced Concreteの略 一般的なビルディング、学校の校舎など
SRC造 : 鉄骨鉄筋コンクリート造 SRC=Steel Reinforced Concreteの略 超高層ビルなど。頑丈だがコスト高。

ってのは、既にご存知なんですよね。

思いますに、建築工法を発明したのは、世界中の設計士、建築家、建設会社であり、名称も名は体をあらわすような、平易な単語で示されたのではないでしょうか。
そして、その数多くの工法から、流行り廃れが生まれ、デファクトスタンダード(事実上の標準)な工法に整理されていき、ひいては、建築基準法の中で工法を示す言葉が使用され、総合して定義となったのではないでしょうか。

ご質問の趣旨に答えるなら、「建築基準法にその言葉が定義されている」では、ダメでしょうか?。


人気Q&Aランキング