入院退院患者数のカウントの仕方がわかりません。

再入院(継続入院)の場合は除外することになると思うのですが

たとえば
1か月以内の再入院については除外するのですよね・・・?
化学療法の場合は・・・?
新病名が有る場合はどうなるのか・・・?

など要注意の点が有れば教えていただきたいのですが・・・。

また
赤本などでそういったことについての詳しく書かれた部分があれば
教えていただきたいのですが・・・。

よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

細かい算定方法を記すと、以下のとおりです。


いずれにしても、通達(元々のものと改正後のものと、両方とも見ないとダメです)が根拠になっていますから、回答1でアドバイスを差しあげたようにしっかりと把握・理解なさって下さいね。

==========

基本診療料の施設基準等
(厚生労働省告示第62号/平成20年3月5日)
http://www.mhlw.go.jp/topics/2008/03/dl/tp0305-1 …

(改正後)基本診療料の施設基準等
(厚生労働省告示第72号/平成22年3月5日)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoke …

上記告示の「別表第二」で「平均在院日数の計算対象としない患者」が次のように定められています。

【 別表第二 平均在院日数の計算対象としない患者 】

一 精神科身体合併症管理加算を算定する患者
二 児童・思春期精神科入院医療管理加算を算定する患者
三 救命救急入院料(広範囲熱傷特定集中治療管理料に限る。)を算定する患者
四 特定集中治療室管理料(広範囲熱傷特定集中治療管理料に限る。)を算定する患者
五 新生児特定集中治療室管理料を算定する患者
六 総合周産期特定集中治療室管理料を算定する患者
七 新生児治療回復室入院医療管理料を算定する患者
八 一類感染症患者入院医療管理料を算定する患者
九 特殊疾患入院医療管理料を算定する患者
十 回復期リハビリテーション病棟入院料を算定する患者
十一 亜急性期入院医療管理料を算定する患者
十二 特殊疾患病棟入院料を算定する患者
十三 緩和ケア病棟入院料を算定する患者
十四 精神科救急入院料を算定する患者
十五 精神科救急・合併症入院料を算定する患者
十六 精神科急性期治療病棟入院料を算定する患者
十七 精神療養病棟入院料を算定する患者
十八 一般病棟に入院した日から起算して九十日を超えて入院している患者であって、医科点数表第1章第2部第1節一般病棟入院基本料の注5に規定する厚生労働大臣の定める状態等にあるもの
十九 認知症治療病棟入院料を算定している患者
二十 短期滞在手術基本料1を算定している患者

==========

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて
(厚生労働省通達/平成22年3月5日/保医発0305第2号)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoke …

上記通達のPDFファイルの6頁目に「平均在院日数の算定方法」が次のように定められています。

【 平均在院日数の算定方法 】


入院基本料等の施設基準に係る平均在院日数の算定は、次の式による。
<1>に掲げる数 ÷ <2>に掲げる数

<1>当該病棟における直近3か月間の在院患者延日数
<2>(当該病棟における当該3か月間の新入棟患者数+当該病棟における当該3か月間の新退棟患者数)/2
なお、小数点以下は切り上げる。


上記算定式において、在院患者とは、毎日24時現在当該病棟に在院中の患者をいい、当該病棟に入院してその日のうちに退院又は死亡した者を含むものである。なお、患者が当該病棟から他の病棟へ移動したときは、当該移動した日は当該病棟における入院日として在院患者延日数に含める。


上記算定式において、新入棟患者数とは、当該3か月間に新たに当該病棟に入院した患者の数(以下「新入院患者」という。)及び他の病棟から当該病棟に移動した患者数の合計をいうが、当該入院における1回目の当該病棟への入棟のみを数え、再入棟は数えない。
また、病棟種別の異なる病棟が2つ以上ある場合において、当該2以上の病棟間を同一の患者が移動した場合は、1回目の入棟のみを新入棟患者として数える。
当該3か月以前から当該病棟に入院していた患者は、新入棟患者数には算入しない。
当該病院を退院後、当該病棟に再入院した患者は、新入院患者として取り扱う。


上記算定式において、新退棟患者数とは、当該3か月間に当該病棟から退院(死亡を含む。)した患者数と当該病棟から他の病棟に移動した患者数をいう。ただし、当該入院における1回目の当該病棟からの退棟のみを数え、再退棟は数えないこととする。
病棟種別の異なる病棟が2以上ある場合において、当該2以上の病棟間を同一の患者が移動した場合は、1回目の退棟のみを新退棟患者として数えるものとする。


「基本診療料の施設基準等」の別表第二に規定する入院患者(注:既に記したとおり)は1の<1>及び<2>から除く。
  
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!
畑違いの者でどこを見ればよいのかと・・・。
教えていただきました資料参考に勉強させていただきます!感謝

お礼日時:2011/05/09 12:19

根拠通達を把握されたほうが良いと思います(頻繁に改正されます)。


厚生労働省の「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」(平成22年3月5日/保医発0305第2号)という通達が根拠です。
この通達に基づいて、参考URL(PDFファイルです)の6頁目にあるように、平均在院日数の算定方法が細かく定められています(細かい内容なので、ここではひとつひとつお答えしません)。
したがって、この通達から理解されるようにしたほうが良いと思います。

その他、診療報酬に関しては、下記のURLを参照して下さい。
実に細かい通達がたくさんあり、難解ですから、正直うんざりされるとは思います。
しかし、診療報酬請求事務の基本になるものばかりですから、ご面倒でもしっかり把握されたほうが良いでしょう。
いわゆる赤本などの書籍による学習でも良いとは思いますが、厚生労働省のサイトで最新の通達などを把握することこそがとても大事です。改廃が激しいため、書籍の内容が通用しなくなってしまうからです。

診療報酬に関して
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoke …
 

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoke …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

何度もありがとうございました。
厚生省ページでも探してみましたがどこに掲載されているのか
たどり着けずでしたので
助かりました!!

はじめての質問で、質問ページにもたどり着けずお礼の書き込み方も遅くなり
失礼いたしました。

今後ともよろしくお願いします!

お礼日時:2011/05/09 12:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「在院患者延日数」とは、どうやって算出するのでしょうか? 

「在院患者延日数」とは、どうやって算出するのでしょうか? 

 
施設管理課から病院管理課に7月に異動になる予定です。
連休中に、病院管理の勉強をしています。
 
平均在院日数の計算を行う算定式で「直近3ヶ月の在院患者延日数」と言う項目があります。
「新入棟患者数」「新退棟患者数」は、毎日データが入力されていて「患者数」がわかるのですが、
「在院患者延日数」の「延日数」の算出式がわかりません。

病院管理関係者の方、医療事務関係者の方、どうぞ、ご教示をお願いいたします。

Aベストアンサー

10名が一日入院したら延べ日数10日です

Q入院基本料【1日看護配置数】の算出方法(二交代勤務)

一般病棟(病院)一日二交代勤務で、
看護職員の4週間の勤務実績が下記の場合、

病院一般病棟
一日二交代勤務-----日勤帯8時間、夜勤帯16時間
日数---------------28
届出区分-----------n:1 (7:1、10:1、13:1など)
1日平均入院患者数--- A
月延べ勤務時間数---- C

『入院基本料の施設基準等に係る届出添付書類』に記入する数値、
【1日看護配置数】、【月平均1日当たり看護配置数】の
算出方法はそれぞれ下記(1)、(2)で正しいでしょうか?
【注意】一日3交代でなく一日2交代勤務です。

【1日看護配置数】------ (A/n)×2、小数以下切り上げ-----------------(1)
【月平均1日当たり看護配置数】--- C/(日数*12[h])---------------------(2)

一日3交代勤務(日勤帯8時間、準夜帯8時間、深夜帯8時間)の場合、
下記(3)、(4)で算出していると思います。

【1日看護配置数】------ (A/n)×3、小数以下切り上げ-----------------(3)
【月平均1日当たり看護配置数】--- C/(日数*8[h]) ---------------------(4)

あるいは、【1日看護配置数】(1)(3)の式の(A/n)に掛ける2とか3の数は、
一日の交代制の数だと考えていいでしょうかという質問です。
つまり、2交代制、3交代制、4交代制なら、それぞれ、
(A/n)×2、(A/n)×3、(A/n)×4 が【1日看護配置数】となる。

特に、2交代あるいは変則2交代で実際に、
『入院基本料の施設基準等に係る届出添付書類』の提出実績のある方に
回答いただけるとうれしいです。

一般病棟(病院)一日二交代勤務で、
看護職員の4週間の勤務実績が下記の場合、

病院一般病棟
一日二交代勤務-----日勤帯8時間、夜勤帯16時間
日数---------------28
届出区分-----------n:1 (7:1、10:1、13:1など)
1日平均入院患者数--- A
月延べ勤務時間数---- C

『入院基本料の施設基準等に係る届出添付書類』に記入する数値、
【1日看護配置数】、【月平均1日当たり看護配置数】の
算出方法はそれぞれ下記(1)、(2)で正しいでしょうか?
【注意】一日3交代でなく一日2交代勤務です。

...続きを読む

Aベストアンサー

計算してみました。
確かにおっしゃるとおりでした。
3交代制を基本としているため表現をそのようにする方がわかりやすいと厚生労働省が考えた産物でしょうか?

Q特別入院基本料ってなんですか?

どのようなときに算定できるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

看護師も足りない、平均入院日数も満たせない…。
というとても病院としてはやってられないような最低ランクの点数です。そうなれば病棟廃止にする方が現実的ですね。

Q入院日数に、退院した日を含むことは妥当なのでしょうか?

妻が出産のため入院しているのですが、
入院案内の入院費に関する項目へ、下記のような記載がありました。
「入院日及び退院日は、医療法により入退院の時間に関わらず、それぞれ一日分として計算されます」

入院日はともかく、退院日を1日と数えるのは腑に落ちません。
ネットで調べた限りではありますが、医療法にそのような記載があるように思えませんでした。
これは、法律・世間一般的に妥当なのでしょうか?
どなたか詳しい方、ご回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

入院日数には退院日が含まれます。これは医療事務の日本共通のきまりごとです。

医療法ではなく厚生労働省から出される医科診療報酬点数表及び関連通知で決められています。ですから全国一律で適用されます。
病院の方は「細かいことを言っても分かってもらえないから」と思って、これらの諸通知も含めて「医療法」という言い方をされたのではないでしょうか。

Q医療法における標準の医師数の計算式

“医療法における標準の医師数の計算式”を探しているのですがどうしても見つかりません。どなたかわかる方おりますでしょうか(^_^;)

Aベストアンサー

一般的に外来患者数、入院患者数とも1年平均で1日あたりの患者数です。※開院後1年未満、あるいは開院時の算定を除く。
ただし、一般病院と大学病院あるいは特定機能病院等では医師必要数の算定方法が違います。所轄の社会保険事務局(医療課)に聞くのが一番早いと思います。

Qエクセルの関数(日数の平均の出し方)

初心者です。
統計を取っていましたが、エクセルを使った平均日数の出し方がわかりません。
データは
0日1件、1日17件、2日4件、3日8件、4日2件、5日1件、6日2件、7日5件、8日3件、9日1件、10日1件、13日1件、14日1件、16日1件、21日1件、25日1件
です。
何を使ったらいいか、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。こんにちは。

補足からですと、データの構造は

名前   入院日  手術日  日数
Aさん  8/1  8/1  0日
Bさん  8/2  8/3  1日
Cさん  8/3  8/5  2日
Dさん  8/4  8/7  3日

となっているんでしょうか?(勝手に想像しました。)

もし私の想像どおりであれば、

=AVERAGE(日数列)

とすれば、平均日数が算出できます。

「日数列」のところは、「(」を入力した後、日数をドラッグ(マウスの左ボタンを押したまま移動)させると入力できます。(私の例の場合0日から3日)
日数の範囲をドラッグにより指定した後「)」を入力してください。

Q高額療養費の多数該当のカウント方法について

こんにちは。
高額療養費の多数該当のカウント方法がよく分からないので、教えてください。

1年間に3回以上高額療養費の支給を受けている場合は、4回目からは自己負担限度額が軽減されますが、そのカウント方法について、教えてください。

1~3回目までは、80,100円+(医療費-267,000円)×1%
4回目~は、44,400円

仮に、
2012年1月、2月、3月に10万円の医療費がかかり、『80,100円+(医療費-267,000円)×1%』
の負担に該当したとします。
そしてその後、2012年12月に5万円の医療費がかかった場合、4回目となり、44,400円の負担ということになると思うのですが、、、

(1)翌月の2013年1月も、5万円の医療費がかかった場合、どうなりますか?
直近12ヵ月と考えると、2012年2~3月の2回と、12月の1回なので、2013年1月は4回目ということになりますが、12月は『44,400円』の負担です。『44,400円』の負担も1回分としてカウントしていいのでしょうか?

(2)(1)の答えが、《『44,400円』も1回分としてカウントして良い》だとしたら、
『44,400円』ではなく、『80,100円+(医療費-267,000円)×1%』に戻るタイミングは、丸々12ヶ月この制度を使わなかった場合と考えてよろしいでしょうか?

質問が分かりにくくて、申し訳ありません。
60代の母が、外来で抗がん治療をしており、現在、多数該当で『44,400円』の負担なのですが、どのタイミングで、『80,100円+(医療費-267,000円)×1%』に戻るのかが分からないため、不安です。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。
高額療養費の多数該当のカウント方法がよく分からないので、教えてください。

1年間に3回以上高額療養費の支給を受けている場合は、4回目からは自己負担限度額が軽減されますが、そのカウント方法について、教えてください。

1~3回目までは、80,100円+(医療費-267,000円)×1%
4回目~は、44,400円

仮に、
2012年1月、2月、3月に10万円の医療費がかかり、『80,100円+(医療費-267,000円)×1%』
の負担に該当したとします。
そしてその後、2012年12月に5万円の医療費がかかった場合、4回目とな...続きを読む

Aベストアンサー

回答2・回答3を書かせていただいた者です。
たいへん参考になるサイト(参考URL)が見つかりましたので、そちらを参考にしながら、もう1度丁寧に見てゆきたいと思います。

さて。
公的医療保険の医療費の自己負担は、通常、3割ですね。
したがって、まず、「仮に、2012年1月、2月、3月に10万円の医療費がかかり‥‥」とご質問に書かれている箇所は、正しくは「(高額療養費制度を用いないとすると)2012年1月、2月、3月に33万3334円の自己負担がかかり‥‥」となります(但し、以下の「注」のとおり、端数処理は無視)。
また、2012年12月などその他の月についても、正しくは同じ書き方です。
なぜなら、計算式を考えてみても、「医療費」と書いたときは、どう考えても26万7000円を超えていなければならないためです。

まず、2012年12月について(★)。
当月である2012年12月を含めて、2012年1月から2012年12月までの直近12か月を見てゆきます。
ご質問の例では、「高額療養費に該当する月」の自己負担上限額は、以下のようになります。
(注:実際には端数処理などがありますが、無視して、計算式どおりに算出しています。)

◯ 2012年1月
 1回目 80,100円 +(333,334円 - 267,000円)×1% ≒ 80,763円
 高額療養費 = 333,334円 - 80,763円 = 252,571円
◯ 2012年2月
 2回目 同上
◯ 2012年3月
 3回目 同上
◯ 2012年12月(★)
 4回目 ここで多数該当 = 80,763円 ⇒ 44,400円
 高額療養費 = 333,334円 - 44,400円 = 288,934円

以降、直近12か月(当月を含む。以下同じ。)を、その月その月ごとに追ってゆきます(◆)。

ご質問の(1)は「2013年1月にも33万3334円の自己負担がかかった」という仮定です。
当月である2013年1月を含めて、2011年2月から2013年1月までの直近12か月を見てゆきます。
★のことを踏まえていただき、次のようになります。

◯ 2012年2月
 1回目 80,100円 +(333,334円 - 267,000円)×1% ≒ 80,763円
 高額療養費 = 333,334円 - 80,763円 = 252,571円
◯ 2012年3月
 2回目 同上
◯ 2012年12月(★)
 3回目 44,400円
◯ 2013年1月(★)
 4回目 ここで多数該当 = 80,763円 ⇒ 44,400円
 高額療養費 = 333,334円 - 44,400円 = 288,934円

つまり、ご質問の(2)の前段については「YES」です。
2012年12月については自己負担上限額の軽減(44,400円に)を受けてはいるものの「高額療養費に該当する月」であったことには間違いないので、直近12か月を見るときの1回にカウントするわけですね。
したがって、4回目の「高額療養費に該当する月」である2013年1月については、多数該当ということになります。

それでは、さらに、2013年3月が「高額療養費に該当する月」だったら?
2012年2月は該当しなかった、としてみましょう。
すると、当月である2013年3月を含めて、2012年4月から2013年3月までの12か月を直近12か月として見るので、次のようになります。
◆で言わんとしていることは、そういうことです。
(ここが、一見とてもわかりにくいのですよね‥‥。)

◯ 2012年12月(★)
 1回目 44,400円
 高額療養費 = 333,334円 - 44,400円 = 288,934円
◯ 2013年1月(★)
 2回目 同上
◯ 2013年3月【特に注意が必要!】
 3回目 ⇒ ここがミソ!
 ここでは、多数該当にならない(直近12か月の「高額療養費に該当する月」としてはまだ3回目だから)
 高額療養費 = 333,334円 - 44,400円 = 288,934円

要は、「自己負担上限額が軽減された月」であっても、その軽減には関係なく、「高額療養費に該当する月」だったのかどうかだけを問題にしてカウントして下さい。
その上で、直近12か月を見てゆき、その12か月の中に4回目となる月があったとしたら、そこが「多数該当」として「自己負担上限額が軽減された月」になるというわけです。

言い替えれば、まずは直近12か月を見たときに『80,100円 +(医療費 - 267,000円)× 1%』が3回ないといけない」という認識でOKです。
なぜなら、そういった月が「高額療養費に該当する月」だからです。
但し、わかりにくくなってしまうので、この12か月の中に実際に「自己負担上限が軽減された月」があるのかどうかは、いったん無視して考えて下さい。
その上で、4回目の月が12か月以内に出てきたら、その月は「多数該当」になります。
ここで初めて、「その月(4回目とする多数該当の月)は自己負担上限額が軽減されるんだなー!」とわかります。

と、ここまで書くと、さすがに【特に注意が必要!】と書いた理由もおわかりいただけると思います。
それにしても、毎月毎月見るわけですから、なんともややこしいですね‥‥。
 

参考URL:http://araki-sr.com/announce_3258.html

回答2・回答3を書かせていただいた者です。
たいへん参考になるサイト(参考URL)が見つかりましたので、そちらを参考にしながら、もう1度丁寧に見てゆきたいと思います。

さて。
公的医療保険の医療費の自己負担は、通常、3割ですね。
したがって、まず、「仮に、2012年1月、2月、3月に10万円の医療費がかかり‥‥」とご質問に書かれている箇所は、正しくは「(高額療養費制度を用いないとすると)2012年1月、2月、3月に33万3334円の自己負担がかかり‥‥」となります(但し、以下の「...続きを読む

Q平均在院日数について教えて下さい

医療機関に勤めるものですが、平均在院日数について教えて下さい!
例えば、Aさんが4月29日~5月3日まで入院、Bさんが5月1日~5日まで、Cさんが2日~4日まで入院した場合、5月の平均在院日数は何日でしょうか。

在院患者延べ数は、5月1日が二人、2日が三人…これを5日まで足していき、11人。新入院+退院は5人、という考え方であっていますか。

どなたか分かりやすくご教示下さい!

Aベストアンサー

在院患者延数とは、毎日24時に在院していた患者の延数です。

つまり、ある期間のそれぞれの日の24時に在院していたのが
合計何人いたのか、
ということであり、その日に退院した人は、数えません。
なので、当然ですが、日帰り入院もカウントされません。

平均在院日数とは、
年間在院患者延数÷(1/2×(年間新入患者+年間退院患者数))
という計算をします。

このような統計は、長期の計算をしてこそ意味があるので、
数日間の延数や平均を求めても意味がありません。

Q療養病棟と回復期リハビリテーション病床の違い

病院に勤務しています。

回復期リハビリテーション病床と療養病床との違いがいまいちわかりません。
どなたか教えていただけますか?

Aベストアンサー

田舎リハ医です

回復期病床は症状の回復が目的の病床です
よって全身状態が安定している患者が対象です
最大限でも脳血管疾患の場合180日
(整形外科疾患ではもっと短い)
症状の回復が止まればもっと早く転院になります
多めのリハが保険上認められています
それ以外の治療は全部包括払いです

療養病床は療養,長期の生活が目的です
機能維持目的の多少のリハは行います
医療型と介護型があり,治療の必要が有る症状が有る場合は前者
無い場合は後者,というのが原則です
介護型療養病床は2012年までに廃止
医療型療養病床も12万床~18万床程度に削減
というのが政府の方針です 大混乱が予想される
というか すでに行き所の無い患者が回復期病院に溢れてます
http://www.urban.ne.jp/home/haruki3/ryouyousakugen.html

QCRPの適応疾患について質問です。

CRPの適応疾患について質問です。
レセプト審査の仕事をしているのですが、CRPが算定されている場合、適応疾患としてはどのようなものがあるのでしょうか。
手持ちの資料では、炎症、感染が関係しているものとあるのですが、具体的な病名が書かれていないもので・・・。
幅広く使われる検査なのでしょうが、一例で構わないので、例えば糖尿病とか何か外傷があればよいとか、挙げていただけたらと思います。
ちなみに、高血圧症のみの病名のレセプトは査定されました。

Aベストアンサー

通常は、なんらかの細菌の感染症
悪性腫瘍、虚血性心疾患、膠原病でもokだったと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング