入院退院患者数のカウントの仕方がわかりません。

再入院(継続入院)の場合は除外することになると思うのですが

たとえば
1か月以内の再入院については除外するのですよね・・・?
化学療法の場合は・・・?
新病名が有る場合はどうなるのか・・・?

など要注意の点が有れば教えていただきたいのですが・・・。

また
赤本などでそういったことについての詳しく書かれた部分があれば
教えていただきたいのですが・・・。

よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

細かい算定方法を記すと、以下のとおりです。


いずれにしても、通達(元々のものと改正後のものと、両方とも見ないとダメです)が根拠になっていますから、回答1でアドバイスを差しあげたようにしっかりと把握・理解なさって下さいね。

==========

基本診療料の施設基準等
(厚生労働省告示第62号/平成20年3月5日)
http://www.mhlw.go.jp/topics/2008/03/dl/tp0305-1 …

(改正後)基本診療料の施設基準等
(厚生労働省告示第72号/平成22年3月5日)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoke …

上記告示の「別表第二」で「平均在院日数の計算対象としない患者」が次のように定められています。

【 別表第二 平均在院日数の計算対象としない患者 】

一 精神科身体合併症管理加算を算定する患者
二 児童・思春期精神科入院医療管理加算を算定する患者
三 救命救急入院料(広範囲熱傷特定集中治療管理料に限る。)を算定する患者
四 特定集中治療室管理料(広範囲熱傷特定集中治療管理料に限る。)を算定する患者
五 新生児特定集中治療室管理料を算定する患者
六 総合周産期特定集中治療室管理料を算定する患者
七 新生児治療回復室入院医療管理料を算定する患者
八 一類感染症患者入院医療管理料を算定する患者
九 特殊疾患入院医療管理料を算定する患者
十 回復期リハビリテーション病棟入院料を算定する患者
十一 亜急性期入院医療管理料を算定する患者
十二 特殊疾患病棟入院料を算定する患者
十三 緩和ケア病棟入院料を算定する患者
十四 精神科救急入院料を算定する患者
十五 精神科救急・合併症入院料を算定する患者
十六 精神科急性期治療病棟入院料を算定する患者
十七 精神療養病棟入院料を算定する患者
十八 一般病棟に入院した日から起算して九十日を超えて入院している患者であって、医科点数表第1章第2部第1節一般病棟入院基本料の注5に規定する厚生労働大臣の定める状態等にあるもの
十九 認知症治療病棟入院料を算定している患者
二十 短期滞在手術基本料1を算定している患者

==========

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて
(厚生労働省通達/平成22年3月5日/保医発0305第2号)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoke …

上記通達のPDFファイルの6頁目に「平均在院日数の算定方法」が次のように定められています。

【 平均在院日数の算定方法 】


入院基本料等の施設基準に係る平均在院日数の算定は、次の式による。
<1>に掲げる数 ÷ <2>に掲げる数

<1>当該病棟における直近3か月間の在院患者延日数
<2>(当該病棟における当該3か月間の新入棟患者数+当該病棟における当該3か月間の新退棟患者数)/2
なお、小数点以下は切り上げる。


上記算定式において、在院患者とは、毎日24時現在当該病棟に在院中の患者をいい、当該病棟に入院してその日のうちに退院又は死亡した者を含むものである。なお、患者が当該病棟から他の病棟へ移動したときは、当該移動した日は当該病棟における入院日として在院患者延日数に含める。


上記算定式において、新入棟患者数とは、当該3か月間に新たに当該病棟に入院した患者の数(以下「新入院患者」という。)及び他の病棟から当該病棟に移動した患者数の合計をいうが、当該入院における1回目の当該病棟への入棟のみを数え、再入棟は数えない。
また、病棟種別の異なる病棟が2つ以上ある場合において、当該2以上の病棟間を同一の患者が移動した場合は、1回目の入棟のみを新入棟患者として数える。
当該3か月以前から当該病棟に入院していた患者は、新入棟患者数には算入しない。
当該病院を退院後、当該病棟に再入院した患者は、新入院患者として取り扱う。


上記算定式において、新退棟患者数とは、当該3か月間に当該病棟から退院(死亡を含む。)した患者数と当該病棟から他の病棟に移動した患者数をいう。ただし、当該入院における1回目の当該病棟からの退棟のみを数え、再退棟は数えないこととする。
病棟種別の異なる病棟が2以上ある場合において、当該2以上の病棟間を同一の患者が移動した場合は、1回目の退棟のみを新退棟患者として数えるものとする。


「基本診療料の施設基準等」の別表第二に規定する入院患者(注:既に記したとおり)は1の<1>及び<2>から除く。
  
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!
畑違いの者でどこを見ればよいのかと・・・。
教えていただきました資料参考に勉強させていただきます!感謝

お礼日時:2011/05/09 12:19

根拠通達を把握されたほうが良いと思います(頻繁に改正されます)。


厚生労働省の「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」(平成22年3月5日/保医発0305第2号)という通達が根拠です。
この通達に基づいて、参考URL(PDFファイルです)の6頁目にあるように、平均在院日数の算定方法が細かく定められています(細かい内容なので、ここではひとつひとつお答えしません)。
したがって、この通達から理解されるようにしたほうが良いと思います。

その他、診療報酬に関しては、下記のURLを参照して下さい。
実に細かい通達がたくさんあり、難解ですから、正直うんざりされるとは思います。
しかし、診療報酬請求事務の基本になるものばかりですから、ご面倒でもしっかり把握されたほうが良いでしょう。
いわゆる赤本などの書籍による学習でも良いとは思いますが、厚生労働省のサイトで最新の通達などを把握することこそがとても大事です。改廃が激しいため、書籍の内容が通用しなくなってしまうからです。

診療報酬に関して
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoke …
 

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoke …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

何度もありがとうございました。
厚生省ページでも探してみましたがどこに掲載されているのか
たどり着けずでしたので
助かりました!!

はじめての質問で、質問ページにもたどり着けずお礼の書き込み方も遅くなり
失礼いたしました。

今後ともよろしくお願いします!

お礼日時:2011/05/09 12:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電卓で日数ボタンがなくても日数計算できますか?

私の持っている電卓は SHAP製 EL-VN82 と Canon製 HS-2200A なのですが、日数計算するためのボタンがないのです。

試験で使うためには 使い慣れているCanonのを持って行きたいのですが、基本、日数計算ボタンが付いていないと 電卓は答えを出してくれないモノなのでしょうか?

*計算したい例として・・・
 ① ×3年5月24日から×3年10月31日までの日数は何日ですか
 ② ×1年7月1日から×1年9月15日までの日数は何日ですか

Aベストアンサー

> 日数計算ボタンが付いていないと 電卓は答えを出してくれないモノなのでしょうか?

出してくれません。
計算するには、月ごとの日にちとか、うるう年のうるう日とかが頭に入ってないと難しいです。
質問の例では、うるう年関係なさそうですが。

> ① ×3年5月24日から×3年10月31日までの日数は何日ですか

×は何でしょう?平成とかの年号?2013年の"201"の部分?
うるう日をまたぐ場合は、これもハッキリさせないと計算不能です。

5月24日から5月31日まで、7日。
6月~9月の月の日にちは、30日、31日、31日、30日。
10月31日までの31日。
合わせて、7+30+31+31+30+31=160日とか。

Q教員免許状の再発行の手続き

 私は高校の工業の教員免許を持っているのですが、免許状をなくしたようです。先日、大学の非常勤講師をしてほしいとの話がありました。今回はこの免許状は必要ないかも知れません。必要な時すぐ提示できるように手元に置いておきたいのです。
 免許状の再発行の部署と手続き方法を教えて下さい。ちなみに私は東京都で約30年前取得しました。

Aベストアンサー

教員免許状の再発行は原則として行われません。
免許状の原本がない状態で免許を所持していることを証明するためには、「教育職員免許状授与証明書」の交付を受けることになります。

参考URL:http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/pickup/p_gakko/shokumen/index.htm

QDATEDIF関数と普通の引き算による日数計算

7月25日(セルA1)から7月1日(セルB1)までの日数を計算する場合、B1-A1で日数は出てくるようなんですが、例えば月を跨いだ場合、誤差は出てくるのでしょうか?(閏年や、月ごとの総日数の違いなどにより)

日数計算の場合、DATEDIF関数というものもあるようなのですが、これを使うと日数がマイナスになってしまう場合、エラーになってしまうようです。

後者の方が正確であるならば、DATEDIF関数を使いたいんですが、その場合、引き算の結果がプラスになる場合、マイナスになる場合が混在しているデータで使用する場合、どのような計算式を入力すればよいのかが分かりません。

どなたか御存知の方、よろしくお願いします。
ちなみに、単なる引き算で誤差がでないようでしたら、引き算で処理したいと思っています。

Aベストアンサー

用途によりますが、単純な日数計算なら基本的には誤差は出ないと思いますよ。
Excel内では、1900年1月1日を1として、1日ごとに1増える計算になっていますので。
ようするに、数字同士の引き算ですからね。

閏年は計算に入っていますし、月ごとの総日数も関係ないですし。

DATEDIFを使うなら、IF関数で大きさを比べて使ってみてはいかがでしょうか?

Q最小定理での回路計算

図の問題で赤丸でかこった部分がわかりません。

p=e^2/(R+2r+r^2/R)から
説明文「分母はR*r^2/R=r^2(一定)となるので、最小定理よりR=r2/R,つまりR=rのとき最小となる」と記載され答えまでつづいていきます。

わからないのはp=e^2/(R+2r+r^2/R)の分母からなぜ R*r^2/R=r^2(一定) がでてくるのか?なにが一定なのか?です。

分母を最小にすると結果電力が最大になるのはわかりますが途中がなぜそうなるのかわからず悩んでいます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>(1.分母が最小となるということを前提として分母からx・yを探すのが最小の定理を使う定石ですか?)

この問題の場合はそうです。
分母を最小とすることで、最大の電力を求めようとしているからです。
ただ、個人的には、微分を使って解くほうがわかりやすく思えます。微分を用いている書籍も多くありますね。


>(2.項とは+ もしくは-でつながれた塊のことですか?)

そうです。


>(3.R=r^2がどうしてR=rですか?R+r^2/Rの形をx+yと見立ててR=rというのですか?)

いえ、R=r^2ではなくて、R=r^2/R です。
両辺にRをかけて、R^2=r^2 より、R=rです。


>(4.最小値に貢献しなくても2rを数式から省いたら感覚的におかしくなるように思えるのですが。)

2rを省略するのは、最小定理で、R=rを求めるときだけで、電力Pを求めるときは、もちろん省きません。

Qエクセルでの経過日数計算

エクセルで経過日数計算に「DATEDIF」関数を使用しています。
「DATEDIF」関数では、経過の年数のみとか日数のみでの表示になりますが、
それを「○年○ケ月と○日」と計算させるにはどのようにすれば
良いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。maruru01です。

「0年」や「0ヶ月」や「0日」を表示させない方法を。

=TEXT(DATEDIF(A1,B1,"Y"),"0年;;")&TEXT(DATEDIF(A1,B1,"YM"),"0ヶ月;;")&TEXT(DATEDIF(A1,B1,"MD"),"0日;;")

ちなみに、日数の「MD」には計算間違いが生じる場合がありますので注意して下さい。
(以下の「DATEDIF 疑惑」を参照)

http://hp.vector.co.jp/authors/VA016119/kitan01.html#2

参考URL:http://hp.vector.co.jp/authors/VA016119/kitan01.html#2

Q教職課程の再履修は可能?

先日、大学の教職課程を辞めました。

辞める際、すでに決まっていた実習予定校にも報告・謝罪をしに行ったところ、「もし実習以外の単位を全部取れていて、将来もう一度先生になりたいと思うことがあったら、そのときは受け入れても構わない」と言われました。

事情があっての辞退だったのでとても嬉しい一言でしたが、実際のところ、大学のほうへは「教職実習の辞退」=「教職課程の辞退」と取り扱われ、手続きの際に「教職は取らないということね」と確認されています(もちろん、その後上記のような希望の一言があるとは知りませんので、「はい」と答えました)。

また、教職課程を辞退したその時点で、学科科目に関して2つだけ未履修でした。
未履修だった科目は、教職課程を取っていなくても履修することはできる科目です。

私は手続き上のことがよく分からないのですが、もし今年度、未履修の科目を2つとも履修して単位を取得したら、本当に将来その気になったときに実習して教員になることができるのでしょうか?そのときの手続きは、どんな風になるのですか?
それとも、大学で辞退すると宣言した以上、これから科目を取っても取らなくても、教職を取りたければイチからやり直すしかないのでしょうか?
あるいは、未履修の科目を取らずに卒業した場合、あとからその科目+実習だけというようなことも可能なのでしょうか?

事情が事情なので、もし将来教員になれる可能性が残されるなら、残しておきたいと思います。
しかし、未履修だった科目のうちの1つが今年度ほかの受けてみたい講義と同じ時間です。しかもそれが明日なのです。
いくら単位を取っても無意味であるなら、教職と関係ない講義のほうを取ってみたいと思い、悩んでいます。
このあたりの手続きや法律がどのようになっているのか、教えてください。

ちなみに教職課程を取らなくても大学自体は卒業できる学科です。

先日、大学の教職課程を辞めました。

辞める際、すでに決まっていた実習予定校にも報告・謝罪をしに行ったところ、「もし実習以外の単位を全部取れていて、将来もう一度先生になりたいと思うことがあったら、そのときは受け入れても構わない」と言われました。

事情があっての辞退だったのでとても嬉しい一言でしたが、実際のところ、大学のほうへは「教職実習の辞退」=「教職課程の辞退」と取り扱われ、手続きの際に「教職は取らないということね」と確認されています(もちろん、その後上記のような希望...続きを読む

Aベストアンサー

教職課程の履修単位は教員免許状取得に必要な単位を取る枠組みです。教育実習等の単位を欠いている場合は後に取得して、取得した大学や機関で単位取得証明書をとり教員免許申請を都道府県教委にすることになります。取得単位に有効期限は確かなかったと思います。要件を整えて申請することで免許状は発行されます。

卒業単位は学士の認定をして卒業するための枠組みです。大学の学部学科ごとに必修と選択必修で決められています。余分を取るのは自由です。未履修が免許に必要な単位か卒業に必要な単位かを確認してください。

教員志望を諦めないのなら少しでも免許に必要な単位をそろえるのが順当でしょう。履修要項を読めばそのあたりは書いてあると思いますが、よく分からないのなら学生課等に出向いて尋ねるのが一番です。

Q4年ごとの平均日数が365.2424日と計算したのは誰?

ユリウス暦の4年ごとの平均日数は365.25日ですが
グレゴリオ暦で4年ごとの平均日数は365.2424日ですね。

この4年ごとの平均日数が365.2424日というのは
いつ、誰によって計算されたものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 
 計算法
 
誤:グレゴリオ暦の4年ごとの平均日数は365.2424日
正:グレゴリオ暦の400年ごとの平均日数は 365.2425日
(365*400)+100-3 = 146097 … 146097/400 = 365.2425
 
 ユリウス暦の4年ごとの平均日数は365.25日
(365*4)+1 = 1461 … 1461/4 = 365.25
 未来の新暦として、つぎの計算法が予告されています。
 
 ギリシャ暦(24000228)東方新暦(28000228)の平均日数は365.242日
単位:(365* 900)+225- 7 = 328718 … 328718/900 = 365.242222222222
周期:(365*3600)+900-28 =1314872 … 1314872/3600 = 365.242222222222
 
 計算者
 
── ローマ教皇グレゴリウス13世が1579年にシルレト枢機卿を中心と
する委員会を発足、アロイシウス・リリウスや数学者クリストファー・
クラヴィウスらが完成した。── 『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
 Sosigenes,     BC-00‥‥‥ Egypt Alexandria BC-00‥‥‥ ? /[1/4]
 Clavius, Christopher 15380325 Duitch       16120212 73 /[97/400]
 Milankovitch, Milutin18790528 Croatia Jugoslavija 19581212 79 /[218/900]
 
/1923 東方新暦(28000229実施)制定/1930 地球の軌道面の変化と歳
差運動、地軸の傾斜角で氷河期を説明した物理学者“ミランコビッチ説”。

 既出回答(質問者:pkm35143さん)では、つぎのように説明しました。
 
 地球の公転周期は、ユリウス暦(365.25)グレゴリオ暦(365.2425)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4655672.html
 此而不決 ~ 果てしない疑問 ~
 

 
 計算法
 
誤:グレゴリオ暦の4年ごとの平均日数は365.2424日
正:グレゴリオ暦の400年ごとの平均日数は 365.2425日
(365*400)+100-3 = 146097 … 146097/400 = 365.2425
 
 ユリウス暦の4年ごとの平均日数は365.25日
(365*4)+1 = 1461 … 1461/4 = 365.25
 未来の新暦として、つぎの計算法が予告されています。
 
 ギリシャ暦(24000228)東方新暦(28000228)の平均日数は365.242日
単位:(365* 900)+225- 7 = 328718 … 328718/900 = 365.242222222222
周期:(365*3600)+900-...続きを読む

Q運転免許取消処分後の再取得について教えてください。

運転免許取消処分後の再取得について教えてください。

普通車(中型8tまで)の運転免許取消処分を受けて、欠格期間が明けるまでに半年をきりました。
普通車の運転免許再取得時に受けなければいけない取消処分者講習には仮免許の取得が必要ということですので、教習所に行こうと考えています。
ですが、せっかく教習所に行くのでスキルアップもかねて中型・大型免許を取得しようかと考えています。
そこで質問ですが、
私の場合は中型・大型免許を取得するには
教習所で卒業⇒取消処分者講習⇒欠格期間満了後試験場で学科試験
という形で免許を再取得できるんでしょうか?

中型・大型免許を再取得する際に受ける取消処分者講習にも仮免許は必要ですか?

よろしくお教えください。

Aベストアンサー

>せっかく教習所に行くのでスキルアップもかねて中型・大型免許を取得しようかと考えています。
>私の場合は中型・大型免許を取得するには
>教習所で卒業⇒取消処分者講習⇒欠格期間満了後試験場で学科試験という形で免許を再取得できるんでしょうか?
>中型・大型免許を再取得する際に受ける取消処分者講習にも仮免許は必要ですか?

私の時は、大型に戻さなければならなかったのですが、最初から大型は受けられませんので、
大型特殊を取ってから大型をとりました。
運転の期間は実績という形で残っていますが、結局無免許から教習所に行くという形になります。
ただ運転の実績は残っていますので、免許を取得した時点で実績は戻ってきます。
ですから大型は無免許時には受けられませんので4輪の免許でしたら普通か大型特殊を
最初に取る必要があります。
大型を取れば普通車には乗れますので、私は大型特殊を取りました。
取り消し講習は受けていなければ免許自体を受けることが出来ませんので
仮免許の試験前に受けておく必要があります。

Qエクセル 日数計算 特定の日だけカウントしない方法

お尋ねします。

稼働日日数の計算をしたいと思っています。

ただし、土曜日は営業日なので、
日曜日と祝日だけを除いた日数の計算をしたいのです。

例)  12/23~1/15 の 日曜と特定の休日(12/29~1/5)除いた日数の計算

networkday等つかうと、土曜日も休日となってしまうため、困っています。

どなたか知恵を貸してくださいませんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

A1セルに開始日、B1セルに終了日が入力され、特定の休日に「休日リスト」と名前が付けられているなら(あるいはそのセル範囲を絶対参照)、以下の式で日曜と休日を除外した期間の日数が求められます。

=SUMPRODUCT((WEEKDAY(A1+ROW($A$1:$A$300)-1)>1)*(A1+ROW($A$1:$A$300)-1<=B1)*(COUNTIF(休日データ,A1+ROW($A$1:$A$300)-1)=0))

上記の式は300日後までの数式になっていますので、その期間を超える場合などは適宜数値を変更してください。

Q教員免許が失効しました。再交付の手順はどうしたらいいのでしょう?

2年前の10月、公立高校の常勤講師をしていましたが、事情により懲戒免職となってしまいました。同時に教員免許も失効となったのですが、3年経つと再交付されるということを聞きました。これは本当なのでしょうか?また、どのような手順で再交付されるのでしょうか。どうか、お教えください。教育現場への復帰ということも考えております。どうぞお願いいたします。

Aベストアンサー

 #1の方がおっしゃる通り、再び授与されるかどうかは、懲戒免職処分となったその「事情」によりますが、法律上は可能です。

 教育職員免許法の第五条五項です。これは平成十四年の中教審答申によるもので、ここには、「第十条第一項第二号に該当すること(公立校における懲戒処分)により免許状がその効力を失い、当該失効の日から三年を経過しない者」には教員免許を授与しない、とあります。つまり、三年を経過していれば再び教育職員免許の授与を受けることは可能です。

 再び授与されるには、新規授与と同じ形式の手続きを免許授与の権限者に願い出なければなりません。
 実務は都道府県教育委員会が行いますので、まずは都道府県教育委員会の事務局へ確認を取るのが良いです。電話でいいです。最初に取った人に「教育職員免許担当をお願いします」と言ってつないでもらってください。
 つないでもらったら、「平成○年○月○日に、××による懲戒免職処分のため、□□県教育委員会へ教育職員免許(高等学校○種○○科)の返納を行ったが、平成○年○月○日をもって三年を経過したので、再び免許授与の申請を行いたい。どうすればよいか」と口頭で告げれば相当の手続きを教えてくれるでしょう。

 とにかく、教育委員会に確認を取ってください。

 #1の方がおっしゃる通り、再び授与されるかどうかは、懲戒免職処分となったその「事情」によりますが、法律上は可能です。

 教育職員免許法の第五条五項です。これは平成十四年の中教審答申によるもので、ここには、「第十条第一項第二号に該当すること(公立校における懲戒処分)により免許状がその効力を失い、当該失効の日から三年を経過しない者」には教員免許を授与しない、とあります。つまり、三年を経過していれば再び教育職員免許の授与を受けることは可能です。

 再び授与されるには、新規...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報