結婚後、夫からセックスレスになったり、それ以上に、既婚男性の浮気や風俗など、
とても多いですね。

結婚とは、「禁欲生活の連続」という、男性側の意見も読み、ハッとしました。

妻以外の女性に欲情しても、建前上は、実行に移すわけにはいかないですものね、
不貞行為になっちゃいますから。 独身なら、いくらでも実行できるのに。

結婚によって、安定したセックスパートナーを得ることはできるのに、同時に
禁欲生活を強いられることにもなるわけですね。。

女性には、後半の感覚、他の男性に禁欲してます、、はありませんので。

だったら、男性にとって、結婚って、窮屈で不便、不自然ではないですか?
こと、セックスに関して、ですが。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 うーん、難しいですね。

ありえない好条件を考えてみます。

 もし、容姿・性格等で自分好みの女性(奥さん以外)が股を開いて誘ってくれて、手を出したら社会的・人道的に問題になるはずなのに、相手がもの凄くいい人で後腐れなくお金もかからない・・・こんな相手が何人もいたら、禁欲生活の連続かどうか・・・下品ですが(笑)そういうことですよね。

 うーん、条件が良過ぎて想像できなくなっちゃいました(笑)。だって、そんな好都合な条件はなくて、必ずどっかで縛られるんですよ。風俗なら病気や金がかかるってリスクありますし、素人だと後腐れなく愛情感じるには無理がありますし、そもそもモテません(笑)。だから禁欲生活の連続とか考えたことはないです。

 なんというか、甲斐性にもよると思うんですよね。例えばですが、街を歩いてておいしそうなレストランとかあっても、自分の財布でムリならどうやっても食べる気にならないじゃないですか?そしたら、それを禁欲とは考えないですよね。「あー無理無理」で済むことです。でも、立ち食いそばや牛丼屋なら、簡単につまみ食いできます。

 うちの嫁さんは、油や肉を受け付けない体なので、我が家では野菜ばかりの食事しか出ません。こればかりだと滅入るので外食したくなります。性生活も一緒かも知れません。淡白な性生活ばかりだと外食したくなるということ。これは浮気なんでしょうか(笑)。人によっては食事だけでも浮気されたと傷つくかも知れません。「私が一生懸命作ってるのに、私の作ったものは嫌で外で食べるですって!?」って。人によっては体の浮気をしても許してくれるかも知れませんね。「私だけじゃ満足できないなら、外でもご自由にどうぞ。でも私のこともちゃんと大切にしてね。」って。

 だから、難しいんです、欲求や禁欲について考えるのは。自分でこうやって考えてきて、書いたもの読んでも意味わからないですもん(笑)読み直して変なのわかってるんですが、そのまま投稿しますね。

 結局のところ、相性と適当なさじ加減だと思ってます。嫁さんはそれら多くを満たせる人です。だから一緒になりました。嫁さんが好きだから、嫁さん以外としてしまうと、起きる面倒が嫌だし、嫁さんを失うことになるのも嫌だし、だから嫁さん以外を見たくないんです。嫁さんに問題があるとしたら、刺激がなくなることなんです。毎食同じものを同じ環境で同じ食器で食べたら誰でも飽きます。変化つけてたら白米は一生食べられます。そこだけ注意していたらいいと思うんです。甘いですかね。
 私にとって、つまみ食いはすけべサイトくらいです。このくらいのつまみ食いは許してもらえてます(笑)。これすら浮気だと認定する女性もいるでしょう?これを許されないと、確かに窮屈で不便で不自然になっちゃうと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>だから、難しいんです、欲求や禁欲について考えるのは。自分でこうやって考えてきて、書いたもの読んでも意味わからないですもん(笑)

私も意味わからないけど(笑)、面白いです。

>容姿・性格等で自分好みの女性(奥さん以外)が股を開いて誘ってくれて・・・
相手がもの凄くいい人で後腐れなくお金もかからない

これって、男性にとっては、>ありえない好条件、好都合?なのに、これをそのまま、男女入れ替えて、
そんな男性がそんな状態で誘ってきたら、女性にとって好条件(笑)でなく、ただの変態ですものね。

もう、「性」に関しては、男女で全く違うものですね。

>自分の財布でムリならどうやっても食べる気にならないじゃないですか?そしたら、それを禁欲とは考えないですよね。「あー無理無理」で済むことです。

これ、凄く面白いです。「あー無理無理」って思えば、禁欲じゃないですね。

>結局のところ、相性と適当なさじ加減だと思ってます。

相性と適当なさじ加減・・・これ、ホントそうですね!

>嫁さんはそれら多くを満たせる人です。だから一緒になりました。嫁さんが好きだから、嫁さん以外としてしまうと、起きる面倒が嫌だし、嫁さんを失うことになるのも嫌だし、だから嫁さん以外を見たくないんです。

いいですねえ! 結局、奥さんを思う気持ちとのバランスですね。

すけべサイトでつまみ食いをガマンしてくれるなら、どうぞどうぞって感じです(笑)

お礼日時:2011/04/27 23:16

zuzu122455さん、こんばんは。



まだ締め切っていらっしゃいませんでしたので、いただいた「回答へのお礼」に対する感想や補足的なことを書かせていただきますね。

>古来、男性の結婚動機は、好きな女を手に入れるため、セックスに応じてもらうため、だったでしょうね。でもそれは、完全に、過去の(遺)物となりましたね。
>婚前セックスや、処女性の価値観は、もう50年も前とは完全に覆った感ですね。

はい、「婚前セックスや、処女性の価値観」といったところで、もともとそれ自体で自律的な価値を持っていたわけではなく、われわれの遠い祖先が平和で安定的な現実生活を実現するために必要性を感じたからこそ、生み出されたものにすぎませんからね。
その意味では、高精度の避妊手段が普及するにつれ、「婚前セックスや、処女性の価値観」などが真っ先に「過去の(遺)物」になったのは、良くも悪くも当然のことでしょうね。

>どうなんでしょうね、婚外セックスは昔からあって、むしろ「男の甲斐性」みたいな、社会的にも今より認められて、多かったのではないでしょうか?

それは、婚外セックスに応じる女性の多くが、私のように「甲斐性」のない恐妻家の男よりも、やはり社会的に活躍し、周囲の人望も厚い、その意味では「甲斐性」のある男性の方をよりお好みになるからとしか説明しようがないと思います。

>むしろ、西欧文化の影響で、婚外セックスに厳しい社会になったのではないでしょうか?

はい、性・セックスに関する規制が厳しくなったのは、やはり明治維新になって流入してきた、当時の先進国のキリスト教道徳の影響が大きかったようです。
後進国たる日本は、混浴も性的な放縦さも後進国の負の遺産ということで、徹底的に取り締まろうとしたわけです。

>夫族にとっては今でも、プロではなく素人の若い女性との婚外セックスとなると、「高嶺の花」という感覚みたいですね。女性(妻)としては、ただのオネーチャン(下品で失礼!)を「高嶺の花」と崇めてるのが、ムカつくし(笑)、バッカじゃない?と思うんですよね。

通常の男女関係においては、女性が男性に対して性的に禁欲(拒否)を課すことで、平穏さが保たれているからこそ、男性の方が女性よりも性欲を抑圧された状態に置かれていることになりますよね。
この限りにおいて、男性は普段から旺盛な性欲・セックス欲を内在させることになり、これが男性の性行動を根本的に規定しているのではないでしょうか。
こういう男性の性行動が、女性の側からすれば、どんなに「バッカじゃない?」としか思われないにせよ。

>でも、浮気や風俗を敢行しないのは、恐妻家だから、というより、やはり、妻を愛してるから、妻を傷つけたくないから、妻との関係を失うかもしれないリスクは避けたいから、と言ってほしいし、偽善者でなくとも、本当にそういう理由でしない男性もいますよね。

私の場合、たとえ口先だけにせよ、妻には「オレほど真面目で、誠実な愛妻家はいない!」と繰り返し言い聞かせているのですが、その度に妻から返ってくるのは、「それよりも給料を上げてもらってちょうだい!」という、「甲斐性」のない愚夫への不平不満ばかりですよ。
なお、友人や同僚を見る限り、偽善者を除けば、恐妻家と愛妻家との違いは紙一重だと思いますよ。

>でも、女性たちは、その反動や仕返しをし始めてると思います。
>現に、今の40代以下の既婚カップルは、男女の浮気率でもかなり女性が増えてる実感がします。

はい、その意味でも、現代の若者は、婚姻制度に則って生活することが必ずしも幸福な人生を約束してくれるわけではないという《現実》に気づくべきでしょうね。
確かに、男女が世俗的、常識的な意味での幸福を実現したければ、まだ現行の婚姻制度にもそれなりの利用価値が残っているとは思いますが、婚姻制度にこういうマニュアル的なもの以上の価値や意義を期待するとすれば、それはあまりにも他律的な生き方だと言わざるを得ませんよね。

>私も10才若かったら、確実に婚外セックスに踏み切ったと思いますから(-_-;)笑

いや、昔から「思い立ったが吉日」と言われてきたぐらいですから、今からでも決して遅くはないと思いますよ。
ただし、「婚外セックス」を敢行するに際しては、長い目で自分の将来を見据え、あくまでも冷静沈着に損得計算をし、決して後悔することにならないように留意することが最も大切なのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kadowakiさん、こんばんわ。

再回答ありがとうございます。
はい、締め切ってなかったのは、やはり、>私も10才若かったら・・・を最後に締め切るのが、我ながら情けなく、気が引けてました(-_-;)

それと、もう締め切ってあったのですが、たまたま覗いた性のカテで、「愛のあるセックスとは?」での
kadowakiさんの回答に大変感銘を受け、考えさせられたところでした。

やはり、結婚という制度を考えるとき、愛とセックスは切り離せないものですね。

>「愛のある(ない)セックス」があるのではなく、強いていえば、「愛のある(ない)男女のセックス」

正にその通りですね。


>「愛」とは他人とGIVE=TAKEの関係で結ばれることと言えるのではないでしょうか。

ふーむ、まだよくわかりません。。

>セックス欲では、男女が互いに自分の欲望を貪ることがそのまま相手の求めるところになるから、つまり、セックスにおいてだけ、男女はGIVE=TAKEという奇蹟を実現できるからこそ、

なるほど~!!膝を打つほど納得です。セックスだけはそうですね。GIVE=TAKEというか、TAKE(自分の欲望を貪ること)がそのまま、give(相手の求めるところ、すなわち相手に与えること)となる、奇跡を実現できる、ということですね。

>われわれはセックスによって、男女の協同の営為によって《愛》の奥義に肉薄できるのではないでしょうか。

そうなんですね。愛する男女がセックスを重ねることによって《愛》の奥義に肉薄できるのでしょうね。

恥を忍び、私事で懺悔させていただきますが、
私は、残念ながら夫を愛することができなかったので、いくらセックスをしても、《愛》の奥義を知る由もないはずでした。

>偽善者を除けば、恐妻家と愛妻家との違いは紙一重

確かに、愛妻家でも実は恐妻家という人は多いですね。妻一筋というには、男性には恐妻家の裏付けが必要なのでしょうか(笑)
うちの場合、夫は極端な恐妻家です。これは、結婚前からの関係が基本にあるような気がします。でも妻一筋どころか堂々と女遊びします。他の誰に対しても強気な夫ですが、私に対してだけ弱いです。これを私は、一種の愛とカン違いしてました。

>「思い立ったが吉日」

ハハハ、そうですね!でも、こればかりは相手があることなのでなかなか・・・

>長い目で自分の将来を見据え、あくまでも冷静沈着に損得計算をし、

私は、「結婚生活」でも、「婚外セックス」であれ、損得計算というのができない性格みたいです。
お金も贅沢も興味ないし、得=幸せでも、損=不幸でもなく、損得という概念がありません。
やっぱりバカなんでしょうね。。

お礼日時:2011/05/06 23:52

zuzu122455さん、こんばんは。



興味深い、しかし重要な問題提起をなさいましたね。

>男性にとって結婚とは?

結論から先に申し上げますと、結婚しないと女性はセックスに応じてくれなかったからというのが、男性の結婚の根本動機だったのではないでしょうか。
これは、私がそう思うといった問題ではなく、セックス以外のことなら、たとえば女性と親しく付き合ったり、女性に身の回りの世話をしてもらったりするだけなら、必ずしも結婚しなくとも可能だったと言えますよね。

ところが、セックスだけは、ほかならぬ女性の方が法律婚の手続きを経ない限り、男性の求めに断固応じようとしなかったから、男性が合法的にセックスしたければ結婚するしかなかったわけで、この限りにおいて、愛情を注いだ一人の女性(妻)とセックスすることだけは社会や法律が容認してくれたわけです。
それは、ほかでもなく、セックスが女性の妊娠する可能性を孕んだ行為だと弁えていたからですよね。

その意味では、より精度の高い避妊手段が開発され、男女の間に普及するに従い、婚前セックスや婚外セックスを受け容れる女性が徐々に増えてきたのは、その善し悪しはともかく、当然のことでもありますよね。
こうして、男性は結婚しなくとも、昔なら結婚しないとできなかったセックスにありつけるようになり、かつては高嶺の花だった、妻以外の女性と婚外セックスもできるようになったのではないでしょうか。

>結婚後、夫からセックスレスになったり、それ以上に、既婚男性の浮気や風俗など、とても多いですね。

いや、統計的なデータによると、現実には妻側セックスレスの比率の方が高いのですよ。
ただし、妻側レスは夫がうんと妻に愛情を注ぎ、妻の信頼を回復するだけで大いに改善され得るとすれば、夫側レスというのは、妻に性的に反応しない、欲情しないことでもあるだけに、より深刻な問題だと思われます。

もし、男性の性欲・セックス欲が、女性からセックス拒否・禁欲を課せられることで育成され、鍛えられ、蓄積される性質の欲求だとすれば、夫とセックスしたい妻は夫にセックスを求めてはならないという、なんとも逆説的な難題と取り組まざるを得ないことになりますから。

一方、「既婚男性の浮気や風俗」については、女性と違い、セックスで妊娠する側の《性》でない男性には、一人の女性とだけセックスしなければならないいかなる理由もないですよね。
それ以前に、男性は恒常的に女性からセックス拒否・禁欲を課せられている以上、セックスの好機が訪れれば、その貴重な機会を逃すまいとするのは、よほど女性からモテ、セックスに飽食している男性を除いて、ごく当然なことだと思います。
もちろん、実際に「浮気や風俗」を敢行するかどうかとなると、夫婦間の力関係が大きく影響しますが。(私のような恐妻家には浮気できる男性が羨ましい!)

>だったら、男性にとって、結婚って、窮屈で不便、不自然ではないですか?
>こと、セックスに関して、ですが。。

でも、昔の男性に限れば、たとえ私のようにイケメンでもなければ、人見知りで、口下手で、女性を口説くのが下手な男でも、結婚すれば、確実に一人の女性(妻)とのセックス権は約束されたわけですから、「結婚って」本当にありがたかったと思いますよ。
ところが、昔と違い、婚前・婚外セックスが普及しつつある現在、zuzu122455さんがおっしゃるように、結婚して妻としかセックスできないとなると、男性も「結婚って、窮屈で不便、不自然」としか感じなくなったとしても、ある意味当然ですよね。

ということで、これは真面目に申し上げますが、女性を妊娠の不安から解放し、女性の自由意思によるセックスを可能にしたはずの高精度の避妊手段が、実は、同時に男性の身勝手で危険な性欲・セックス欲をも解放する、あるいは結婚前にセックスに飽食し、結婚後のセックスレス、婚外セックスに流れる男性を生み出す根本要因になっているような気がしてなりません。

その意味では、現行の婚姻制度と現代の男女の性意識や性行動の実態とはすでに大きく乖離し、今まさに、どなたもそうと気づかないだけで、これまで当然視していた婚姻制度が緩慢に、しかし着実に崩壊しつつあるのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kadowakiさん、こんばんわ。

回答ありがとうございます。
お礼が大変遅くなってしまい、すみません。

>興味深い、しかし重要な問題提起・・・

はい、そもそも以前に、kadowakiさんの回答を読んで、確かに、愛・結婚・セックスはセットではない、セットで考えることが無理なのでは、と思うようになったからです。

今回の回答も、なるほど!と思うことばかりですが、でも敢えて、女性として反論もさせてください^^;

古来、男性の結婚動機は、好きな女を手に入れるため、セックスに応じてもらうため、だったでしょうね。でもそれは、完全に、過去の(遺)物となりましたね。
婚前セックスや、処女性の価値観は、もう50年も前とは完全に覆った感ですね。

勿論、今でも若い未婚の女性にとって、望まぬ妊娠は”恐怖”ですけど。

婚前ではなく婚外セックスに関しては、今でもタブーですね。
というか、どうなんでしょうね、婚外セックスは昔からあって、むしろ「男の甲斐性」みたいな、社会的にも今より認められて、多かったのではないでしょうか?
むしろ、西欧文化の影響で、婚外セックスに厳しい社会になったのではないでしょうか?

しかし、夫族にとっては今でも、プロではなく素人の若い女性との婚外セックスとなると、「高嶺の花」という感覚みたいですね。女性(妻)としては、ただのオネーチャン(下品で失礼!)を「高嶺の花」と崇めてるのが、ムカつくし(笑)、バッカじゃない?と思うんですよね。

>セックスで妊娠する側の《性》でない男性には、一人の女性とだけセックスしなければならないいかなる理由もないですよね

そうでしょうか、、理由はないかもしれませんが、また、沢山の女性とセックスしなければならない理由もないですよね。それでも、男性が相手を選ばず、生理的に欲情することはよく理解はできます。
でも、浮気や風俗を敢行しないのは、恐妻家だから、というより、やはり、妻を愛してるから、妻を傷つけたくないから、妻との関係を失うかもしれないリスクは避けたいから、と言ってほしいし、偽善者でなくとも、本当にそういう理由でしない男性もいますよね。

>女性を妊娠の不安から解放し、女性の自由意思によるセックスを可能にしたはずの高精度の避妊手段が、実は、同時に男性の身勝手で危険な性欲・セックス欲をも解放する、あるいは結婚前にセックスに飽食し、結婚後のセックスレス、婚外セックスに流れる男性を生み出す根本要因になっているような気がしてなりません。

これは本当にその通りだと思います。でも、女性たちは、その反動や仕返しをし始めてると思います。
現に、今の40代以下の既婚カップルは、男女の浮気率でもかなり女性が増えてる実感がします。
私も10才若かったら、確実に婚外セックスに踏み切ったと思いますから(-_-;)笑

とても納得しながら、支離滅裂なお礼になり、すみませんm(__)m

お礼日時:2011/04/29 02:54

こういったHPを見ていると、男はみんな「浮気」をするし、「勝手」だしと思いたくもなりますが、世の中男はゴマンといます。


ここに相談してくる人は、その中のわずかな「不幸せ」な結婚をした人たちでしょう。

で、それを見て「男は・・・」と決め付けると、間違いが出てくると思いますよ。

ま、それは別として、結婚すると男は性欲が解放されますね。いつでも処理することが出来るわけですから。独身だと、いろんな女性と・・・ですが、そのテーブルに着くまでに大変な努力が必要になってきます。その点、妻帯者だと目の合図だけでOKです。

昔、仲間と温泉に出かけるとき、妻から「お父さん、家にあるものは買わなくていいよ」と、言われたものです。(^。^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私も、まさかの夫の風俗を知らずにいたら、このHPを見ることもなかったと思います。
でも、男性の性に関しては、あまりにも無知過ぎたと、今更後悔ですが。。

>結婚すると男は性欲が解放されますね。

その考え、いいですねえ! 「解放」ですね!
そうですよねえ、性欲が解放され、>目の合図だけでOK

sannriさまみたいな方こそ、結婚して女性を幸せにする方、奥様も幸せですね。。 

お礼日時:2011/04/26 19:29

>結婚とは、「禁欲生活の連続」



えーっと、、、
なんかちょっと意味が違う気がする。

禁欲といっても、人間の欲求ってエッチの事ばかりじゃないですよ。
食欲、睡眠欲に物欲。
そういうのを総合して禁欲生活だというのではないかと、、、
別に男がみんな性欲が有り余っているわけではなく、性的に淡白な男も結構多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>禁欲といっても、人間の欲求ってエッチの事ばかりじゃないですよ。
>別に男がみんな性欲が有り余っているわけではなく、性的に淡白な男も結構多いです。

ホント!そうですよね。
私の周りがエロオヤジばかりなもので、、(笑)

お礼日時:2011/04/26 19:08

はい、セックスに関しては窮屈です。

しかしながら妻とのセックスを十二分に自由に謳歌することでセックスの自由をエンジョイすることも可能です。何しろ妻である以上、彼女が嫌がらない限り、何をやってもOKですから。妻はいつも自宅にいるので一番便利で経済的なセックスパートナーであることは間違いないでしょうから、結婚のメリットもあると思います。
妻がセックスに積極的で自由ならば禁欲的生活には陥らないと思います。でもつまみ食いは正直したくなるものですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>妻とのセックスを十二分に自由に謳歌すること、が

>セックスの自由をエンジョイすること・・・になる。

magnoriaxさま、まさに私の理想の応え、理想の夫像です!

不自由、ではなく、自由と言われる、、羨ましいです。

お礼日時:2011/04/26 19:05

だったら、男性にとって、結婚って、窮屈で不便、不自然ではないですか?


おっしゃる とうり
世の末 (結婚したら)
人生終わりだね。
と 言いたいが 貴方子育て した事ある、 イヌ、もネコもサルも
子孫を、残すため生まれて来るのよ。理屈抜きで自然な事 です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

昔から、「結婚は人生の墓場」と言いますものね(笑)

>と 言いたいが 貴方子育て した事ある、・・・理屈抜きで自然な事 です。

haruimihitomiさま、女性から見て、素晴らしいです。

お礼日時:2011/04/26 18:56

セックスだけに限っていえば、窮屈かもしれませんね。

でもそれは結婚に限ったことではないんじゃないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

結婚に限らず、愛する人(決まったパートナー)がいて、その女性に誠実であろうとすれば、
セックスに限っては窮屈かもしれませんね。

お礼日時:2011/04/26 18:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング