小さな会社で経理をしております
よろしくお願いいたします

昨年から雇用保険料の対象者ができ、下記のような仕訳をしてきました

【1】納付時(一括)
(借)法定福利費×××/
(貸)現金預金×××

【2】給与支払時
(借)給与×××/
(貸)現金預金×××
(貸)法定福利費×××
※社会保険等の記載は省略とします

4月からの入社でしたが、雇用保険加入の是非が遅れたため
4・5月分の雇用保険料は納付の後である6月にに遡って徴収しました
なので【2】の仕訳ができました

ただ、3月末、年度が変わり、法定福利費の残はゼロに戻りましたので
今年度の労働保険料を納付するまで、今までの【2】の通りにすると
貸方にだけ法定福利費があがることになります

しかし、もう少ししたら、また今年度の労働保険料を納付することになるので
それまでは貸方だけになってしまっても構わないのでしょうか

それとも、いったん預かり金のような科目に入れておき、
納付後に振り替えるような処理の方が良いのでしょうか

初心者のため、すみませんがご教示をお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

失礼ですが理解しましたか?

    • good
    • 0

#1です。

給与支給日の仕訳に誤りがあります。訂正します。


【誤】
普通預金1,984,000


【正】
普通預金1,988,000


です。
    • good
    • 0

こんにちは。

労働保険料の仕訳はやっかいですね。

>いったん預かり金のような科目に入れておき、納付後に振り替えるような処理の方が良いのでしょうか

はい。それが会計上、正しい処理です。

以下、3月決算の会社の労働保険料の仕訳の事例を書きます(雇用保険料のみ)。


◇4月の給与支給日
〔借方〕給与手当2,000,000/〔貸方〕普通預金1,984,000
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕預り金12,000
〔借方〕法定福利費18,000/〔貸方〕未払費用18,000
※預り金は従業員負担の雇用保険料。法定福利費は会社負担の雇用保険料。

◇第1回概算労働保険料の5月納付日
〔借方〕仮払労働保険料122,000/〔貸方〕普通預金122,000
※「仮払労働保険料」は「仮払金」でも良い。「仮払法定福利費」でも良い。

◇5月の給与支給日
〔借方〕給与手当2,000,000/〔貸方〕普通預金1,984,000
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕預り金12,000
〔借方〕法定福利費18,000/〔貸方〕未払費用18,000


(中略)


◇翌年3月の給与支給日
〔借方〕給与手当2,000,000/〔貸方〕普通預金1,984,000
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕預り金12,000
〔借方〕法定福利費18,000/〔貸方〕未払費用18,000


◆(決算仕訳)翌年3月31日
〔借方〕未払費用216,000/〔貸方〕仮払労働保険料366,000
〔借方〕預り金 144,000/
〔借方〕法定福利費6,000/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hinodeさん
お礼が遅くなりすみませんでした

昨年の開始時点で私も預かり金などを立てた方が良いのではと思っていましたが、
グループ会社では費用から直接引くようなやり方をしていると聞き、
自分もそのようにしていました

また、会計処理の方法を変えてよいのかも悩んでいます

もう少し考えたいと思います
どうもありがとうございました

お礼日時:2011/04/27 17:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労働保険申告書の修正方法について

今年、初めて労働保険申告書を作成し、提出入金しました。
後で気づいたのですが、65歳以上は免除になるようですね。
当社には昭和18年2月生まれの人が1名います。
問題点は
(1)高齢者と気づかず申告書は高齢者0となっています。
(2)現在も本人の給与から雇用保険料を引いています。
★申告書の修正の仕方
★本人にはどこまでさかのぼって返還すればいいのでしょうか。
ミスに気づいてから落ち着きません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

労働保険年度の初日(4月1日)において、満64歳以上の高年齢労働者については雇用保険料は事業主、高年齢労働者とも免除されます。

昭和18年2月生まれの人は、平成19年2月で満64歳ですから、昨年度の確定申告に遡って修正する必要があります。

★申告書の修正の仕方
修正申告用の用紙として特別なものはなく普通の書式を使うようです。労働保険監督署で事情を話して用紙を受け取り、その際記入上の留意点など聞かれてはどうでしょうか。

★本人にはどこまでさかのぼって返還すればいいのでしょうか。
平成19年4月分に遡って返還することになります。

Q労働保険料納付時の仕訳

個人事業主です。労働保険料の概算保険料を支払い前年の確定保険料の精算したいのですが…

概算保険料については事業主負担分は福利厚生費、被保険者負担分は立替金として処理し給料支払時に取り崩していますが、立替金に残高が1,611円あります。

また、申告済概算保険料が確定保険料を超えたため充当額が7,638円でました。

これらの精算処理方法、または仕訳がよくわかりません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

立替金は単純に、現預金の戻しでよいと思いますが
 現預金/立替金

Q労働保険申告書資料について

17年4月から雇用保険の徴収方法が変わりました(保険料額表の廃止)。
これにより、今年作成する「労働保険申告書資料」のフォームや書き方が変更になる可能性はありますか?
また、変更になるか否かを確認する機関はどこになるのでしょうか?

Aベストアンサー

雇用保険の徴収方法は確かに、今後は一般保険料額表を使わずに、給与の総支給額に直接保険料率をかけて算出する方法に統一されました。しかしそれは「個人からの保険料の徴収の仕方」の話であって、会社としての労働保険料の申告書の書き方には何の関係もありません。今までどおりの書き方でいいです。ちなみに管轄は地方の労働局内にある「徴収室」というところです。

Q充当金取崩しによる納付、損金経理による納付の違いを教えて下さい

充当金取崩しによる納付とは、前期に払っていない前期の法人税を今期に支払う時に該当。
(前期が終わらないと決算が出来ないので、前期に前期の確定した法人税は払えない)

損金経理による納付とは、預金利息の源泉徴収税の様に今期の利益に今期税を支払った場合に該当。

この認識で合っていますでしょうか?

Aベストアンサー

>「預金利息に対する源泉徴収された税」には源泉所得税の他に、都道府県民税の利子割もあります。これも「法人税等」で勘定した場合、「充当金取崩しによる納付」③に記載、ただし38の金額には含めないという事で良いでしょうか。

ご認識のとおりです。ご質問のケースの場合、都道府県民税の利子割は、その他の損金不算入欄でなく利子割欄で処理します。

Q労働保険の確定保険料申告書について

労働保険の確定保険料申告書には、「常時使用労働者数」・「雇用保険被保険者数」・「免除対象高年齢労働者数」として、それぞれの年間平均人数を記載すると思います。この平均人数に端数が生じた場合(10.6人など)には、どのように処理すれば良いのでしょうか?切捨て、切り上げ、四捨五入のどれで処理すれば良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確定保険料申告書の、「常時使用労働者数」・「雇用保険被保険者数」・「免除対象高年齢労働者数」における、1人未満の端数は切り捨てることに決まっています。

Q決算時の消費税の仕訳と納付の仕訳について

決算時の消費税の仕訳と納付の仕訳について
早速ですがよろしくお願いいたします。
消費税の仕訳は下記のもので間違いないでしょうか?

決算時
仮受消費税 10000 仮払消費税 5000
            未払消費税 4000
            雑収入   1000端数処理
納付時
未払消費税 4000 現金 4000

今回で消費税仕訳が初めてなもので少し自信なくてお聞きいたしました。
間違ってたら教えてください。

それと、ここからが本当にわからないんですが未払消費税で出て納付したものは
経費にならないのでしょうか?
当方は弥生会計を使用してて、損益計算書を開いて見ると当期純利益金額のところが
仕訳しても、変わらずの金額なので、これで合っているのか悩んでます。

それとネットで仕訳の事を調べていたら租税公課の勘定科目が使われているのを見ますが
実際はどうなのでしょうか?

僕の認識してる上記の仕訳に租税公課の欄が入るのでしょうか?

素人で説明ベタですがよろしくご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

消費税納税額が経費になるのは税込経理を採用している場合に限られます。仮受消費税・仮払消費税の計上があるということは税抜経理であるということであり、税込経理の場合と異なり、税抜経理の場合には、納付税額は経費ではありません。
税込経理の場合には売上にかかる消費税も含めて収益になりますが(例えば売上高31,500,000円)、税抜き経理の場合には消費税は預り金と考えますから収益ではありません(同じ例だと売上高30,000,000円+仮受消費税1,500,000円)から、税込経理に比べて税抜経理の場合にはそもそもの利益が消費税分だけ少なく計算されます(仮受消費税は損益の科目ではないため)。
消費税の納税の際には、預り金である消費税を国に納めるだけですから、損益とは関係ないということになります。

http://www.shohi.com/toku/toku02.html
http://allabout.co.jp/career/accounting/closeup/CU20080926A/

Q労働保険概算確定保険料申告書について

いつもお世話になっております。

さっそくですが、平成20年分の労働保険概算確定保険料申告書の控えを提出するよう顧問税理士さんに言われました。
私は昨年の9月に入社しまして、11月頃から経理等担当し始めた新人です。
どのような書類なのか、いつ届くものなのか、全くわかりません。
インターネットでも調べましたがよく分からないです。
税理士さんに聞いてもどのような書類なのか分からないのです。
どなたか教えていただけますでしょうか・・

分かりづらい質問で申し訳ありません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

社会保険労務士の資格者です。

一応警告です。
> 弊社では税理士の先生がその手続きを代行してくださっているようなので・・・
 過去に税理士会は、『社会保険労務士法で社会保険労務士のみがおこなえると定めた業務も自分たちは行える』と勝手に表明し、管轄省庁を巻き込んだトラブルとなりました。正確な線引きは出来ませんでしたが、少なくとも、労働保険の計算及び手続きは税務業務に付随する行為でないため、税理士の資格では労働保険に関する手続きの一切を行えません。http://www.sr-osaka.jp/nise/page06.html
 ですので、その税理士事務所に社会保険労務士の資格者が居るか、その税理士事務所が「労働組合」としての認可を受けていない限り、このままでは法律違反を犯している事になります。御社のコンプライアンスが問題となりますので、その点を十分ご理解の上、税理士の先生とお付き合い下さい。
例えば、法を遵守している真面目な税理士事務所はこんな風にHPを作っています。
http://www.yosimoto-tax.com/labor/
http://horiguchi-acc.com/

では、本題。
> 控えが足りないと言われたのですが、控えも今月届くものなのでしょうか。。。
資格者としてではなく、実務に携わっている者としての立場で書きますが、その税理士さん、大丈夫ですか?
別の方も書いていますが、用紙自体は渡した封筒の中の申告用紙(3枚綴り)の2枚目です。別便で届くモノではありません。

 尚、今年から申告期限が「6月1日~7月10日」に変更となりましたので、2番さまの回答(後半部分)はチョット勘違いさせる内容ですね。

社会保険労務士の資格者です。

一応警告です。
> 弊社では税理士の先生がその手続きを代行してくださっているようなので・・・
 過去に税理士会は、『社会保険労務士法で社会保険労務士のみがおこなえると定めた業務も自分たちは行える』と勝手に表明し、管轄省庁を巻き込んだトラブルとなりました。正確な線引きは出来ませんでしたが、少なくとも、労働保険の計算及び手続きは税務業務に付随する行為でないため、税理士の資格では労働保険に関する手続きの一切を行えません。http://www.sr-osaka.jp/nise/p...続きを読む

Q労働保険料の仕訳について

建設業の事務をしています。

労働保険料の仕訳についてですが、5月に通知書がきた際の内訳は下記の通りです。

16年度確定保険料 300,000
申告済概算保険料 1,670,000
差引額 -1,370,000

17年度概算保険料 1,370,000

16年度の確定保険料が少なかったため、申告済概算保険料との差額が17年度の概算保険料となり、還付も納付もないプラスマイナス0でした。

この場合の仕訳は何もしなくてよいのでしょうか?

通常ですと決算期が12月なので、平成17年の完成工事分の一括有期事業の労災保険料を計算し、法定福利費/未払金として仕訳し、この未払金の残高は次年度確定保険料が決まったときに前払費用と相殺していましたが、このような仕訳はおかしいのでしょうか?

Aベストアンサー

発生主義の観点からは仕訳すべきでしょうね。
還付として前期の法定福利費を減らし、当期は当期で前払いを立てて。
ただし、前期の帳簿がしまっているのなら、前期損益修正か何かになってしまうでしょうね。

まあ、これも原則論なので、仕訳なしも許容されるかと思われます。

Q労働保険 年度更新の申告書提出について

お世話になります。

労働保険の年度更新申告書についてなのですが、
銀行で処理をしようと思っているのですが、調べると

「 ただし、金融機関で手続きする場合は、
 監督署や労働局の受付印をもらうことはできません。」

というような文言を見つけました。

受付印をもらわないと何か不都合があるのでしょうか?
保険料を計算して、銀行で納付するだけでは駄目ですか?

恐らく初歩的な内容と思われるのですが、無知ですいません・・・
誰かお詳しい方、ご教示頂けますと助かります。

Aベストアンサー

期限納付ができない場合や管理担当者が異なる場合には、不都合がありますでしょう。

期限納付はできないが、申告は期限内に行うということであれば、金融機関は納付が伴わなければ扱うことができないため、申告すらできません。

私は年1回のことですので、申告のみを労働基準監督署、納付のみ金融機関としています。

Q労働保険料納付の分割

零細企業で会計を担当するものです。疑問な点があり質問させていただきます。
労働保険料納付につき、地元の民主商工会に事務を委託しており3分割
で納付しております。
この場合、第1期(5月)、第2期(9月)、第3期(12月)それぞれは1年(度)間の
どの期間に対応するのでしょうか?
金額が均等ということもないので何か決まりがあるのかなと思い、
質問させていただきました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あの~年の為に最初に書きますが、分割納付の場合の納期限は法律上は
 第1期→ 5/20
 第2期→ 8/31(今年は日曜日だったから実際は9/1)
 第3期→11/30(同じ理由で実際は12/1)
> どの期間に対応するのでしょうか?
年間(4月~翌年3月)の概算給与総額に対する概算保険料を分割しているだけですが、無理に当て嵌めれば
 第1期→ 4月~7月分を5月20までに納付
 第2期→ 8月~11月分を8月31日までに納付
 第3期→12月~翌3月分を11月末までに納付
このようになります。

> 金額が均等ということもないので何か決まりがあるのかなと思い、
第1期分は
 当期の概算保険料÷3+前期概算保険料の精算差額+アスベストに対する分+端数(第2期及び第3期の切捨て分)
第2期及び第3期は
 当期の概算保険料÷3[円未満切捨て]
このようになります。
ですから、当期の概算労働保険料が仮に47万円(内、アスベスト分が1万円)で、ほかの事は一切考えないとすると
 (47万円-アスベスト1万円)÷3=153,333円と余り1円
よって、
第1期は
 153,333+10,000+1=163,334円
第2期及び第3期は
 153,333円
です。
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/rousai/rousai02.html

あの~年の為に最初に書きますが、分割納付の場合の納期限は法律上は
 第1期→ 5/20
 第2期→ 8/31(今年は日曜日だったから実際は9/1)
 第3期→11/30(同じ理由で実際は12/1)
> どの期間に対応するのでしょうか?
年間(4月~翌年3月)の概算給与総額に対する概算保険料を分割しているだけですが、無理に当て嵌めれば
 第1期→ 4月~7月分を5月20までに納付
 第2期→ 8月~11月分を8月31日までに納付
 第3期→12月~翌3月分を11月末までに納付
このようになります。
...続きを読む


人気Q&Aランキング