ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

小さな会社で経理をしております
よろしくお願いいたします

昨年から雇用保険料の対象者ができ、下記のような仕訳をしてきました

【1】納付時(一括)
(借)法定福利費×××/
(貸)現金預金×××

【2】給与支払時
(借)給与×××/
(貸)現金預金×××
(貸)法定福利費×××
※社会保険等の記載は省略とします

4月からの入社でしたが、雇用保険加入の是非が遅れたため
4・5月分の雇用保険料は納付の後である6月にに遡って徴収しました
なので【2】の仕訳ができました

ただ、3月末、年度が変わり、法定福利費の残はゼロに戻りましたので
今年度の労働保険料を納付するまで、今までの【2】の通りにすると
貸方にだけ法定福利費があがることになります

しかし、もう少ししたら、また今年度の労働保険料を納付することになるので
それまでは貸方だけになってしまっても構わないのでしょうか

それとも、いったん預かり金のような科目に入れておき、
納付後に振り替えるような処理の方が良いのでしょうか

初心者のため、すみませんがご教示をお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

失礼ですが理解しましたか?

    • good
    • 0

#1です。

給与支給日の仕訳に誤りがあります。訂正します。


【誤】
普通預金1,984,000


【正】
普通預金1,988,000


です。
    • good
    • 0

こんにちは。

労働保険料の仕訳はやっかいですね。

>いったん預かり金のような科目に入れておき、納付後に振り替えるような処理の方が良いのでしょうか

はい。それが会計上、正しい処理です。

以下、3月決算の会社の労働保険料の仕訳の事例を書きます(雇用保険料のみ)。


◇4月の給与支給日
〔借方〕給与手当2,000,000/〔貸方〕普通預金1,984,000
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕預り金12,000
〔借方〕法定福利費18,000/〔貸方〕未払費用18,000
※預り金は従業員負担の雇用保険料。法定福利費は会社負担の雇用保険料。

◇第1回概算労働保険料の5月納付日
〔借方〕仮払労働保険料122,000/〔貸方〕普通預金122,000
※「仮払労働保険料」は「仮払金」でも良い。「仮払法定福利費」でも良い。

◇5月の給与支給日
〔借方〕給与手当2,000,000/〔貸方〕普通預金1,984,000
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕預り金12,000
〔借方〕法定福利費18,000/〔貸方〕未払費用18,000


(中略)


◇翌年3月の給与支給日
〔借方〕給与手当2,000,000/〔貸方〕普通預金1,984,000
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕預り金12,000
〔借方〕法定福利費18,000/〔貸方〕未払費用18,000


◆(決算仕訳)翌年3月31日
〔借方〕未払費用216,000/〔貸方〕仮払労働保険料366,000
〔借方〕預り金 144,000/
〔借方〕法定福利費6,000/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

hinodeさん
お礼が遅くなりすみませんでした

昨年の開始時点で私も預かり金などを立てた方が良いのではと思っていましたが、
グループ会社では費用から直接引くようなやり方をしていると聞き、
自分もそのようにしていました

また、会計処理の方法を変えてよいのかも悩んでいます

もう少し考えたいと思います
どうもありがとうございました

お礼日時:2011/04/27 17:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定労働保険料の仕訳を教えてください

労働保険料を昨年5月・9月・12月に支払いました。このときは概算なので仮払いにしました。今年6月に昨年の確定保険料通知が届きました。このときの仕訳は確定保険料の金額を法定福利費にして仮払金を振り返れば良いのでしょうか?概算と確定には差額がありますが、この金額は翌年の概算金額に加算または減額されるので関係ないのでしょうか? 

Aベストアンサー

説明文よりは、ご質問文に沿った形で(私の知っている)労働保険関係の仕訳を書いたほうがご理解しやすいと思います。
実際と比較してみてください。

X1年度[事業初年度]
 ・概算保険料100千円<分割なし。労災35千円。雇用65千円>を納付
  仮払金(または前払費用)100 / 現預金 100
X2年度
 ・確定保険料は114千円<労災40千円。雇用74千円>であった。
  なお、労働者から預っていた雇用保険料は30千円である。
   法定福利費 84 / 仮払金 100
   預かり金  30 / 未払金  14
 ・概算保険料を確定保険料と同額で計上
   仮払金 114 / 未払金 114
   [この時点で未払金は128になっている]
 ・概算保険料第1期分(=114÷3+14)を納付
   未払金 52 /現預金 52
 ・概算保険料第2期分を納付
   未払金 38/ 現預金 38
 ・概算保険料第3期分を納付
   未払金 38/ 現預金 38
X3年度
 ・確定保険料は102千円<労災38千円。雇用64千円>であった。
  なお、労働者から預っていた雇用保険料は26千円である。
   法定福利費 88 / 仮払金 114
   預かり金  26 / 
 ・概算保険料を確定保険料と同額で計上
   仮払金 102 / 未払金  90
         / 法定福利費 12
 ・概算保険料第1期分(=102÷3-12)を納付
   未払金 22 /現預金 22
 
  

説明文よりは、ご質問文に沿った形で(私の知っている)労働保険関係の仕訳を書いたほうがご理解しやすいと思います。
実際と比較してみてください。

X1年度[事業初年度]
 ・概算保険料100千円<分割なし。労災35千円。雇用65千円>を納付
  仮払金(または前払費用)100 / 現預金 100
X2年度
 ・確定保険料は114千円<労災40千円。雇用74千円>であった。
  なお、労働者から預っていた雇用保険料は30千円である。
   法定福利費 84 / 仮払金 100
   預かり金  30 / 未払...続きを読む

Q社会保険、労働保険の仕訳

こんにちは。
労働保険料と社会保険料を支払ったときの仕訳はどのようになるのでしょうか??

新入社員で経理を担当しているため、前期の仕訳を見たり、先輩に聞いて処理をしています。

●前期
・社会保険料
法定福利費 ××× /普通預金 ×××

・労働保険料
法定福利費 ××× /普通預金 ×××

●今期(これは先輩に聞いて仕訳をしました)
・社会保険料
預り金 ××× /普通預金 ×××
保険料 ××× /

・労働保険料
法定福利費 ×××/普通預金


となっていました。どうして前期と今期が違うのか??
ネットで調べた結果、
・社会保険料
預り金 ×××   /普通預金 ×××
法定福利費 ××× /

・労働保険料
法定福利費 ×××/普通預金

なのかなぁ~?と思っています。
先輩は出社していないし、正しい仕訳かどうか不安なのでこちらに質問させていただきました。
正しい仕訳おしえてくださいm(__)m

ちなみに、給与の支払い処理では
未払金 ××× /預り金 ×××
で処理しています。

よろしくお願いしますm(__)m

こんにちは。
労働保険料と社会保険料を支払ったときの仕訳はどのようになるのでしょうか??

新入社員で経理を担当しているため、前期の仕訳を見たり、先輩に聞いて処理をしています。

●前期
・社会保険料
法定福利費 ××× /普通預金 ×××

・労働保険料
法定福利費 ××× /普通預金 ×××

●今期(これは先輩に聞いて仕訳をしました)
・社会保険料
預り金 ××× /普通預金 ×××
保険料 ××× /

・労働保険料
法定福利費 ×××/普通預金


となっていました。どうして前期と今期が...続きを読む

Aベストアンサー

正しい仕訳は

・社会保険料
   預り金 ×××   /普通預金 ×××
   法定福利費 ××× 
  
・労働保険料
   法定福利費 ×××/普通預金

企業によっては 法定福利費を明確にするためにさらに補助科目を
使う場合もあります。その場合は
 法定福利費(社会保険料)
 法定福利費(労働保険料)
 とする場合もあります。


人気Q&Aランキング