こんにちは。

平成18年車でHIDのライトの車に乗っております。

昨日の夜運転したところ、左のライトが点いていないのを発見しました。
最後にライトの点灯を確認したのは金曜の夜で、間違いなく点いていたので、土日月の3日間のうちに何かあったか、もしくは寿命による消灯かだと思うのですが・・・

ここ3日間の行動ですが、
土曜日はタイヤ交換を行いました。その際車体に衝撃を与えたりはしてません。極々普通のタイヤ交換でした。
日曜日は昼間に運転しましたが、どこかに接触するなどライト不点灯に影響するような事象はありませんでした。
月曜日ですが、アライメント調整をするためにショップに1日車を預けました。
アライメント調整は特に電気関係に手を付けたりはしないと思いますが、なぜかエアコン設定温度やその他情報を表示するインフォメーションパネルがリセットされていました。(バッテリーを外したりするとリセットされます)

で、ショップの帰りにライトが点いてないことに気づきました。
ショップはすでに閉店後だったので、今日なにか電気関係に手を付けたのか聞いてみようと思っていますが、
今回のこのケースはショップの過失の可能性はあるものでしょうか?

HIDの故障は球交換だけでも1万円近く、他の原因だと数万円かかることもあるので、非常に困っています。
アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

やっぱり原因が分かんないと…お店が悪いのか、寿命なのか判断出来ないですよね。



ただ寿命にしては、タイミングが良すぎるというか…お店側が悪い気がします。


まず電気関係がリセットされてしまったお店で…バルブの左右入れ替えをしてもらいましょ!

適当に…このお店に出してから、不点灯になったんだって言えば多分無料でやってくれますよ!

点かない方のバルブが、入れ替えて点けば…バルブは悪くないってことで。


とりあえずHIDの配線を全てチェックしてもらいます。

接触不良の所があると、片目になったこともありましたので…

間違いなければバッテリーが怪しいですね…

電気の容量が足りなくても、片目になったこともありましたので…



バルブ入れ替えで点かなければ…バルブが悪い。

ってことで寿命です。



バラスト、バルブが悪ければ、寿命と考えるしかないですよね…


原因も分からないのでは、お金の無駄になってしまうので…
確認だけでもしてもらった方が良いですね!
    • good
    • 0

こんにちわ!



不点灯に関してはバルブの寿命かと思います。
バラストはそう簡単には壊れないと思います。
自分の使用している市光のHIDKITはかれこれ10年選手です。(2セット使ってます)
今までバルブは各1回づつ交換してます。切れる(不点灯)寸前は点滅や色味が赤くなっていました。
皆さんが書き込みしている様に、左右入れ替えが王道です。
車種が書いて無いので分かりませんが、最低限トルクスが有れば外せると思います。(トルクスを使わない車もあります)やってみて下さい。

バッテリーが取り外されたかもしれない件ですが、恐らくあげてしまったのでは無いかと思います。
アライメントは調整時にブレーキロック(ブレーキペダルを専用アタッチメントで踏んだ状態にします)するのですが、
当然ブレーキランプは点灯しますのでヒューズを抜いて点灯しない様にします。
推測ですが、ヒューズを抜き忘れて上げてしまったのではないでしょうか?
上げてしまった場合お客様に報告しなければなりません。
しかし、そうなるとバッテリーを弁償しなければならなくなるかもしれません。
利益を考えるとブースターでエンジンをかけてありがとう御座いました!って感じですかね?
お店に言っても「分かりません」か「覚えがありません」と言われるかと・・・。

余談ですが、HIDバルブは某オークションで買われては如何ですか?
自分は市光純正があまりにも高価(1個2万円)なので大陸製に逃げました^^;
2個SETで3000円位でお好きなケルビンの物が買えます。
耐久性が懸念されると思いますが、もう3年使ってますのでコスパは最高です。

この回答への補足

今ショップから連絡きました。

やはりご指摘のとおり、「わかりません」の一点張りでした。
アライメント調整で電気関係に手を付けることはないのでと話すばかりで・・・。
こちらとしても原因はわからないので、一旦電話は切りました。
でも何もないのにリセットがかかるわけはないわけで・・・

どうしようもないことですが、何か納得がいかないですね。。。

補足日時:2011/04/26 13:32
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

バッテリーの件はなるほどと思いました。
その可能性がありますね。
となると、ライトの不点灯とは全く無関係のことですよね。

ただ、バッテリーって上がってしまうと寿命が縮んだり、不具合の元になったりしないものでしょうか・・・?
パナソニックの比較的良いバッテリーを積んだので、寿命が短くなったりすると悲しいです。

お礼日時:2011/04/26 13:17

>ライトのスイッチを入れると、一瞬だけピカピカッと点滅し、点かなくなります。


これはバーナーというよりはバラストが怪しいですかね・・・?

バラスト・バーナー・電圧不足が考えられますが、可能性が高いのがバラスト・電圧不足・バーナーの順ですかね。取りあえず左右入れ替えしてみて、報告お願いします。

タイヤ周りのセンサーのショートを防ぐのにバッテリー外した?
それとも作業中バッテリーを上げてしまった?
一度そのお店に電話して作業内容を聞いてみてはいかがでしょうか。作業中にトラブルがあったとしたら本当の事教えてくれないとは思いますけど。

私も以前エアーサス壊された経験がありますから。
エアーサスのコンプレッサー入れたままジャッキアップして高い位置から一気に下に落とされ全て壊れました、ですが業者はそんな事では壊れない寿命だの一点張り。あげくエアーサスうちでは直せないから他に行けってね。
    • good
    • 0

バラストでしょう。


もう寿命の筈です。

左右入れ替えて症状の引っ越しを確認してみて下さい。

お店は関係ないですよ。

単なる偶然です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
まずはバーナーの交換から手を付けてみたいと思います。

私も恐らく偶然だろうとは思いましたが、なぜか電気関係のリセットがかかっていたので気になりました。
アライメント調整する際にも電気関係に手を付けるケースってあるんでしょうかね・・・?

お礼日時:2011/04/26 09:56

取り合えず、バーナーを左右入れ替えてみましょう。


そうすればバーナーかバラスとどちらに原因があるか分ります。

入れ替えても左が点かないのならバラスとあるいはヒューズ。
右が点かなくなればバーナーの寿命ですね。

この回答への補足

あ、今思い出しましたが、
ライトのスイッチを入れると、一瞬だけピカピカッと点滅し、点かなくなります。
これはバーナーというよりはバラストが怪しいですかね・・・?
バーナーであれば全く反応しなくなっても良さそうな気がするので。
接触不良という可能性もあるのかな・・・

補足日時:2011/04/26 09:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
バーナーの交換ですめばいいのですが・・・
バラストもいってたらちょっと参りますね。。。

お礼日時:2011/04/26 09:54

只の偶然でしょ


例えバッテリー外してもHIDには関係ないから
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHIDの故障箇所について

ヤフオクで「信玄」っという35w H4 HI/LO HIDを購入いたしました。

一週間前に取り付けその時は普通に使えていたのですが本日使用しようとしたところロービームは点灯しますがハイビームは点灯しなくなりました。

しかしパッシングはしっかりできるためどこが壊れているのかがわかりません。

皆様のご経験からバラストやらどこがが故障しているかわかる方はいらっしゃいますでしょうか?

Aベストアンサー

 取り付けた当初は問題なくHiビームが使用できていたのでしょうか。商品購入後、一度もHiビームでの点灯動作が確認できていない場合は、商品の初期不良の可能性も考えられます。

 また、パッシングは出来ているとありますが、そのパッシング動作の時にHiビーム側の配光パターンできちんと点灯していますでしょうか。車種によってはパッシング時にHiビームとLowビームの両方点灯する可能性がありますので、パッシング時にLowビーム側の配光で点灯していないかを、建物の壁やブロック壁などの平たい物に向けてパッシングをしてみて、パッシングの時にヘッドライトの光がHiビームの配光で照射しているかどうかをご確認ください。
※パッシング操作を行う前に一度ライトスイッチを回してLowビームを点灯してLowビーム側の配光パターン(カットライン)を覚えておいて、ライトスイッチをOFFに戻した後でパッシング操作を行って確認してください。

 H4タイプのバルブ(バーナー)の場合、一般的にはバーナー(←点灯する部品≒ガラス管部分)は一つでシェード(傘)の切り欠き部分に対するバーナーのスライド動作や、バーナー自体の首振り動作によってHiビームに切り替えていると思います。Lowビーム時には正常に点灯していてHiビームにした途端に消灯してしまうようでしたら、バルブ側というよりもHi/Lowを切り替えているリレー(またはリレーレスキットの部品)の故障またはリレー配線のショートまたはアース不良、もしくは車両側の故障ではないかと想像します。

 バルブに繋がる3本の配線の内、太い2本はバラストからの高電圧が掛かっているケーブルなのですが、もうひとつの細いコードが繋がっている小さなコネクタ(配線は2本あると思います)があると思います。この配線に12Vが通電する事によって、バーナー部分を動かしたりしてHiビームに切り替えていますので、このコードがどこか途中で2本の配線同士や周りの車体金属部分とショートしていなかご確認ください。
※このHi/Low切り替え用コードにはヘッドライト消灯時やLowビーム点灯動作時には通電されていないと思います。

 バッテリーのプラス端子に直接繋ぐ「リレー配線キット」という部品が付属している商品の場合はリレー本体の故障、またはリレー配線のショートやアース回路の断線またはアースの接触不良などが考えられます。(リレーが付属している商品の場合、アース端子が左右のバラストに繋がるコネクタ部分とリレー本体に繋がるコネクタ部分の合計3箇所ある場合がありますので念のため全てのアース端子の部分を確認してください。)

 リレーレスタイプの場合は、リレーレスキット(車両ハーネス側のヘッドライト配線のコネクタとHIDキットのバラストとの間に繋がっている部品で、「コントロールユニット」と呼称されているかもしれません)が故障している事が考えられます。片方側だけに異常が発生している状態でしたら、左右のリレーレスキットを入れ替えてみて症状が変化しないかを確認してみてください。

 左右両方のHIDキットの各コネクタ接続部分を(念のため全て)取り外して、純正のハロゲン電球に戻してみて、同じようにHiビーム側だけが点灯しないようでしたら車両側の故障の可能性が高いです。
※ライトスイッチや車両側のヘッドライト用リレー回路、または車両ハーネスやヒューズなど。(←車種によっては、Hiビーム用とLowビーム用のヒューズが別々になっている可能性があります)

 取り付けた当初は問題なくHiビームが使用できていたのでしょうか。商品購入後、一度もHiビームでの点灯動作が確認できていない場合は、商品の初期不良の可能性も考えられます。

 また、パッシングは出来ているとありますが、そのパッシング動作の時にHiビーム側の配光パターンできちんと点灯していますでしょうか。車種によってはパッシング時にHiビームとLowビームの両方点灯する可能性がありますので、パッシング時にLowビーム側の配光で点灯していないかを、建物の壁やブロック壁などの平たい物に向けて...続きを読む

QHIDランプ(ディスチャージ)の寿命は??

ホンダのディスチャージライト搭載車に乗っています。この程、このライトが切れてしまいました。
3年ちょっと(走行距離5万キロ程)で切れてしまいましたが、このディスチャージライトについてちょっと質問があります(下記)。

・平均的な寿命はどの程度なのででしょうか?
・振動が多いと寿命が短くなんるのでしょうか?
(私の車はサス交換して、ノーマル車より振動が多いので。。)
・点灯/消灯を繰り返す回数が多いとよくない?
・交換するのにどの程度の費用がかかるのでしょうか?(この手のライトはかなり高そうに思うので。。)

ご存知の方おりましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

寿命に関しては点灯/消灯の繰り返しが一番大きく影響するでしょう。HIDは通常の電球と異なり放電灯なので、電流を流すことによって発熱し発光するフィラメントはありません。キセノンガスなどを封入したガラス管内に置かれた電極に高電圧を掛けて放電させる事により、ガス自体を発光させています。カメラのストロボのような構造です。このランプを点灯させるのには両端の電極に高電圧を掛けるだけではだめで、点灯の最初にきっかけとなるさらに高い電圧を掛けてやる必要があり、イグナイタと呼ばれる回路から10000V以上の高電圧を瞬間的に発生させることで行っています。この瞬間ランプに定格を超える電流がごく短時間ですが流れることになり、ランプの寿命を短くします。

もちろん機械のことですから振動の多い環境というのは好ましいことではないのですが、通常のハロゲンランプなどに比べると機械的な振動には強いといえるでしょう。

価格についてはランプ自体の不良であるか点灯回路の不良であるかが判らないとなんともいえませんが、一度サービス工場で点検、見積もりをもらってはいかがでしょう。

おまけ、HIDに限らずハロゲンランプなどでも、頻繁な点灯/消灯は寿命を縮めます。どちらも点灯初期の過渡電流(サージなどとも呼びます)により点灯初期には定格を超える電流が流れるためです。HIDでは上記のような理由から過渡電流が発生しますが、ハロゲンランプでは、フィラメント冷えている状態では電気抵抗が小さく(一般に金属は高温になる程電流を流しにくくなります)点灯して温度が安定した状態よりずっと多くの電流が流れます。電球の定格は点灯して安定した状態での電流を元に設計されていますので、低温時には定格を超えてしまうのです。ハロゲンランプの断芯(球切れ)が点灯と同時に起きるのもこのためです。この傾向はフィラメントが高温になる(明るい)電球ほど顕著になります。

寿命に関しては点灯/消灯の繰り返しが一番大きく影響するでしょう。HIDは通常の電球と異なり放電灯なので、電流を流すことによって発熱し発光するフィラメントはありません。キセノンガスなどを封入したガラス管内に置かれた電極に高電圧を掛けて放電させる事により、ガス自体を発光させています。カメラのストロボのような構造です。このランプを点灯させるのには両端の電極に高電圧を掛けるだけではだめで、点灯の最初にきっかけとなるさらに高い電圧を掛けてやる必要があり、イグナイタと呼ばれる回路から1...続きを読む

QHIDライトが頻繁に消えたりします

現在02'フィットに乗ってます。
当時のフィットには、純正ディスチャージヘッドライトがなかったので、MEGATEC製のHIDを装着しました(7500kの)。
そこまではいいのですが、買ってから半年くらいで、たまに右のヘッドライトだけが消えてしまう現象が起きてしまうことがわかりました。説明書には「安全回路が動いたため、製品に問題はない」とありました。まぁ確かに、一旦ライトを切って、再度付ければライトはまた点灯するので、仕方ないと割り切って今まで使っていました。

それが今日、頻繁にライトが消えるようになり(ちょっとした振動でも消える有様)、OFF、ONを繰り返しても点灯しなくなりだしました(まれに点灯するので、バーナーが切れたわけではなさそうです)。
説明書を読むと、安全回路の作動=バラストにあるということがわかりましたが、バラストって何なのか、よくわかりません。メーカーに問い合わせようにも、このメーカー(メガテック)、すでに事業を撤退したと噂で聞きました。装着したときはディーラーで10万を超す料金で付けてもらったのにこの仕打ち・・・両方に騙された気がします。

それはさておき、お聞きしたいのは、こういう場合、バラストを交換すれば直るのかどうかということです。
消えるのは右のライトのみで、左のライトは消えることはありません。

あと、メーカーがない以上、交換は無理そうなので、もしよろしかったら、フィット(純正のHIDは使えないそうなので)に使える他メーカーのHIDライトで、オススメのがあったら教えてください。できるだけ事業撤退しそうにない、人気のあるメーカーのものを(笑)

現在02'フィットに乗ってます。
当時のフィットには、純正ディスチャージヘッドライトがなかったので、MEGATEC製のHIDを装着しました(7500kの)。
そこまではいいのですが、買ってから半年くらいで、たまに右のヘッドライトだけが消えてしまう現象が起きてしまうことがわかりました。説明書には「安全回路が動いたため、製品に問題はない」とありました。まぁ確かに、一旦ライトを切って、再度付ければライトはまた点灯するので、仕方ないと割り切って今まで使っていました。

それが今日、頻...続きを読む

Aベストアンサー

別メーカですが同じような経験があります
私の場合バラストをタイラップ等で固定していたのですがこれがきちんと固定されていなかったので安全装置が働いて点灯しなくなることがありました
金属製ステー等を使ってボルト固定しましたら今のところ症状は出ません

一度固定状況を見てみるとよいですね
ぶら下がっているのでししたら言語道断です

QHIDが点灯する時としない時が・・・

私の車のヘッドライトには、純正のHIDが装備されています。

それが、最近になって片側だけが点灯する時としない時が出てくるようになりました。

点灯する時は、消灯するまで点灯しています。(数時間単位では乗っていないので分かりません。)
点灯しない時は、ON/OFFをカチャカチャやっていれば点灯します。

1年ほど前、バーナーは交換したばかり(PHILIPS製)なので、玉切れということはないと思うのです。
(玉切れしたら、二度と点灯しないと思いますし。)

これはバラストの方の故障でしょうか?他に原因として考えられることはあるでしょうか?

ちなみに、念のため車についてですが、H14.12のスバル インプレッサ です。
ヘッドライトユニットに関しては、自分でいじった事はなく、前述のバーナー交換時もカーショップに取り付けを依頼しておりました。

以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

(1)高圧側の配線をシャーシーから完全に浮かせて試してみる。
(2)高圧配線をシャーシーに近づけて点灯する、シャーシーとの間にコロナ状の放電あれば被覆の絶縁の耐圧劣化が考えられる(静電容量を通して若干の放電はあり得る)。
(3)配線自体の導通(例 切れかかっている)、点灯の最初は通常の数倍の電流が流れるため、数十本の線のうち1,2本だけ繋がっている様なとき、偶然他の線が接触していれば点灯、以後安定すれば電流は数分の一で事足りるため点灯続ける。
先ずは配線の状況の確認をお勧めします。
バラスト交換はそれからでも遅くありません。
注 バラストは可能な限りバーナーの近くに設置することです。

QHID消えるのはバラストとバーナーどちらの故障?

バイクに中華製の35Wで3000kのHIDを付けています。
取り付けて1年くらい、実働時間にして500時間くらいでしょうか。

ここ数日、走行中にいきなり消灯します。
一度スイッチを切って入れなおすと再び点灯します。
その後、またすぐに消えるときもあれば、1時間以上平気のときもあります。

ちょっと調べたところによると、バーナーの寿命の場合、徐々に光量が落ちて赤っぽく色が変わるとありました。
残念なことに、予備はないので四輪車のように入れ替えて実験もできません。

1つしかない状態でバラストの故障か、バーナーの故障か特定する手段はありますでしょうか?
セットは高いので、壊れているほうだけ単品で買いたいと思っています。

Aベストアンサー

HIDのバナーは85Vで点灯しています。
ただし85Vを接続しただけでは点灯しません。
点灯開始には2万Vの高圧パルスを印加する必要があります。
高圧パルスは点灯のため電源スイッチを入れて数秒間だけ作動します。
いったん消灯すると、電源スイッチの入れなおしが必要なのはこのためです。
バラストからバナーへの配線の内部心線の断線(被覆で保持されているため接触通電はしている)でもそんな症状が出ます、もちろん他の部分の配線でも同じ症状になります。
バラストの故障というより定格の不安定はありえます。
それとバナー35Wでも85Vに昇圧インバーターの効率よくて80%程度とみて、バラストへの供給電力は約44Wになります、あと付けの場合そのあたりに問題があるときも考えられます。
バナーはガラスを電極が貫通する部分の気密破壊があります、普通は一旦消灯すると再点灯しませんが(内部に酸化金属の白濁付着)、ごくまれにひびは入っているが気密が保たれているときもあります、使用に伴う熱膨張の影響で早晩お釈迦になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報