我が社の社長についての相談です。

若いころからの無理がたたり、現在76歳にして、糖尿病外来に通っています。
毎日、インシュリンの注射もかかせない様です。

頭脳明晰な方で、プライドもある様で、自分でインシュリンの量や食事内容を変えてしまい、
先日は、低血糖でフラフラになってしまいました。

心筋梗塞の疑いありとの事で、先日MRA検査を受診

造影剤を投与して、さらに詳しく調べたいとの病院側からの説明に、「造影剤の副作用で
腎臓が損傷し透析を受ける羽目になるので、絶対に撮らない」と言い張っております。

私の単純な疑問なのですが、糖尿病治療を受けていて、クレアチンの数値が少々高めの人が
造影剤を服用して、画像診断を行った場合、どのくらいの割合で、透析クラスの腎臓損傷が
発症するのでしょうか?

そんなに劇薬なら、本来造影剤服用は余程の事がなければ、認可されないのでは?と感じてしまうのですが?

ご教示頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

意味 下肢」に関するQ&A: 下肢消失と言われたのですが、どうゆう意味でしょうか?糖尿持ちです。知識なく、すいません。

A 回答 (4件)

Cr 2~3くらいの人で、造影後はさほど悪くなかったですが、半年後には透析になった人は何人か経験しています。

一般には造影剤による腎障害は一過性といわれていますが、経験的には造影をしてから悪くなるスピートが早くなる人がいます。先日も術前のCr 2くらいで、下肢のPTAを造影剤10ml使用して、ほとんど、体表エコーでした人が半年後、腎不全による肺水腫で入院となりました。
造影剤を使用しないMRAでの心臓の評価はいいかげんなので無理して造影剤を使用する必要はないかと思います。まずは、心筋シンチや負荷心エコーをするほうがいいかと思います。
    • good
    • 3

私の場合は、脳梗塞でしたが、CTでの造影剤使用の際、脳神経外科医は、何回も、血清クレアチニン検査をしていました 術前の1.20が術

後1.50になり、それから5年で2.04ですから、造影剤撮影の引き金は、どうも?疑っています=それに変わる方法が本当にないことを確認しましょう 質問者の患者は、確実に、糖尿病腎症が進行中?(クレアチニン BUN UA K 尿蛋白が書いていないので)と思うので慎重にやりましょう 透析になると週3回1回5時間はベッドに梗塞されるので社長業はムリになります
    • good
    • 0

誤解されやすい表現でした。

一過性という意味は、一ヶ月以内に悪くならなければ、造影剤による腎障害はないと判断できる..とされているけれども、遅発性の腎障害が経験的にはあると私は思っているという意味です。
    • good
    • 0

クレアチニンの値(正確にはeGFRの値)と年齢によってどの程度の危険性があるのかという目安があります。

ガイドラインとして作成されたものです。
それに当てはめて判断されます。

透析をしていない程度の腎機能であればクレアチニン値で~1前半(施設によって判断基準が異なります)程度なら検査を行っても問題ないでしょう。

造影剤の副作用は腎障害だけではありません。アレルギーでショックをおこしたりする場合もあります。(極稀に)
大抵は発赤、吐き気、嘔吐が多いと思います。(造影検査前に食止めする理由の一つです。)

担当医師とよく相談してこの程度の腎機能だから大丈夫、とか多少のリスクがある、とか
しっかり説明を受けてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のお返事恐縮です。ありがとうございます。
本人がとにかく造影剤=透析と思いこみ、透析するならそのまま死んだ方がマシだ~なんて言っております。
担当医師との意思疎通もうまくいってない様な気も致します。
(カテーテルやりたくって仕方ない!みたいですが、患者談なので、真相はわかりません)
腎臓の状態も含めて相談して検査した方が良いですね。
重ねてありがとうございました。

お礼日時:2011/04/26 14:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 腎臓損傷<外傷>の症状や原因・診断と治療方法

    腎臓損傷とはどんな外傷か  腎臓は後腹膜腔(こうふくまくくう)に位置し、両下部肋骨、骨盤、後側方は厚い筋肉群により囲まれているため、いずれの方向からの外力によっても損傷を受けにくい臓器です。  かつては、腎臓は2つ存在することから安易に腎臓摘出術が行われていましたが、今日では片側の腎臓の損傷であってもできるだけ腎臓を温存する治療法が選択されるようになってきています。 原因は何か  日本では、ほかの臓...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q造影剤は腎臓に負担をかけるのでしょうか?

TVで「造影剤は腎臓に負担をかける」と言ってた人がいるのですが(お医者さまではありません)

本当でしょうか?

昨年泌尿器科で造影剤を使った検査をしましたが、そのような説明は聞いた事がありません。

Aベストアンサー

そのとおりです。
ただし、正常な腎機能であれば問題ありません。
100m走も心臓や肺、筋肉には負担をかけますが、正常な人なら問題なくこなせます。
これと似たような感じですね。

泌尿器科で使用する造影剤ならば、ヨード造影剤だと思います。使用後に水分摂取を多めにし、早くかつしっかりと尿中に排泄すればより良いです。今後の参考としてください。

QCTの造影剤の健康への影響について

直接血液に入れられる造影剤ですが、その化学成分らは全身隅々まで届く血液に混ざったら、脳や心臓など臓器へのどういう悪い影響を心配されますか(想像してもぞっとするが)?最後腎臓によって浄化されますが、かなりの負担でそれによって腎臓の機能を低下されてしまう可能性がないでしょうか?

造影剤は使用する際患者のサインを必要とするほど危険も伴い、受ける側にとって安易に受けるより、そのメリットとデメリットを比較して決めるべきでしょうか?

造影剤の使われた方の経験談も聞きたいです。

Aベストアンサー

>会社健診の粗略な結果を見て、造影剤の使えるかどう判断できるでしょうか?
血液検査でクレアチニンの値があれば,概ね判断できます。
クレアチニン値と性別,年齢で腎機能を見積もって造影剤使用の可否を決めるのが,現在の主流ですので。


>これは所謂アレルギー体質というものでしょうか?

必ずしもアレルギー体質と言い切れないように思います。


>ちなみにその金銭的な負担というのが、大体いくら位なるでしょうか?
各施設や条件でいろいろ異なりますが,単純CTだと3割負担で約5-6000円くらい。2回目に改めて造影CTを取ると3割負担で約7-8000円程度でしょうか。情報量が減ること,時間的ロスはお金で換算するのは難しいです。

Q腎臓が悪いが心臓カテーテル検査に代わる検査は?

私の父(60代)のことです。昨日胸が苦しいと救急車で運ばれ心不全といわれました。今は容態も落ち着いているのですが、問題があります。それは、父は以前から腎臓が悪く今は人工透析まではいってませんが、お医者様の話では「心臓の検査のために(心臓カテーテル検査)造影剤を使うと腎臓に負担がかかって、腎臓の悪い父はおそらく人工透析になってしまう」とのことでした。遅かれ早かれ人工透析は避けられない父ですが、本人も家族も1年でも2年でも長く自分の腎臓をもたせてやりたいと思っていて正直迷っています。そこで教えていただきたいのですが、腎臓になるべく負担のかからない、心臓カテーテル検査以外の検査方法はありませんでしょうか?もしあれば、父は名古屋市在住ですのでその近辺の検査可能な病院を教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、普通は心筋シンチという検査をお勧めしますが、胸が苦しい状態では困難かもしれません。心臓MRIならば造影剤を一切使用しないので安全です。ただし、フィリップス社製の最新のMRI(1.5テスラでいいですが)が必要です。これ以外の機種では心臓の動きはわかりますが心臓を栄養する血管(冠動脈)まではわかりません。名古屋だともしかすると藤田保健衛生大学にあるかもしれません。
なお、もし狭窄部位があれば名古屋徳州会病院に角辻先生が時々いらっしゃるようですので、受診されたらいいかと思います。角辻先生は造影剤を10~20mlという超少量で治療できる先生です。ただし、ここには心臓MRIはないようです。心臓CTはカテーテル検査より造影剤を使うので避けれたら避けたほうがいいです。

Q冠動脈バイパス手術の略語を教えてください

先日、冠動脈バイパス手術を受けました。
先生から頂いた手術計画書で6箇所バイパスをつけることは解りましたが、つける箇所が略語が多くその他が解りません。解る方教えていただけますか

CABG6枝(RITA-LAD,LITA-#12OM,LRA-HL,RGEA-#4AV,SVG-#4PD,SVG-D1)
術後CAGでRGEA-#4AVがflow competition

Aベストアンサー

下記HPが理解しやすい?

RITA、LITA、GEAは動脈の末梢側のみ、はがして冠動脈に縫い付けます。
SVGやLRAは、ごそっと丸ごと血管を取り出して、一方は上行大動脈に、片方は冠動脈に縫い付けます。

参考URL:http://www.sakai-iin.com/image/CAG.pdf

Q人工透析せずに何日間生きられますか

現在透析してます。合併症なども酷く、改善の見込みもありません。無能な医者にお世辞を言うのも疲れました。実際透析せずに何日ほど生きられますか?また尿毒症で意識障害になる前はかなり苦しみますか?個人差はあると思いますが、一般論でいいので教えてください。これは自殺ではありません。病死または自然死です。主治医も無駄な医療費かけずに死んだほうが良いといっています。その通りだと思います。

Aベストアンサー

はやければ、数時間から、2-3日でしょう。

通常健康体の人でも、自信などで、者に挟まって、出られない場合、24じかん、48時間、72時間、96時間が、目安です。貴方の場合、腎臓が機能せず、尿が作れない、意識混濁は、早いと思います。

Q造影剤の使用は、何故危険な副作用が多いのでしょうか?

Gd造影脳MRIを撮るかもしれません。

造影剤の副作用が非常に危険らしくて、ものすごく心配です。

実際、ショック死した方もみえるらしいです。

何故、造影剤は危険な副作用が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

 現在はパッチテストの有効性は否定されていると思います(パッチテストで造影剤アレルギーの発生を予測することはできません)。したがって、検査前にパッチテストを行っている病院は少ないと思います。

 造影剤アレルギーを事前に予測する方法は、残念ながら現在のところありません。これまで造影剤を使って無事に検査してきた人でも、何回めかにアレルギーを起こしてしまったという例が最近では報告されているようです。

 造影剤アレルギーは、軽いものでは一時的な蕁麻疹、嘔気・嘔吐を起こしたりします。重篤なものでは血圧低下によるショック状態にまでなり、危険な状態になることもあります。

 アレルギーが起こる頻度としては、私の病院の造影剤使用承諾書によれば、軽いものから重いものまで全て含めると1~3%程度、重篤なアレルギーについては0.01~0.04%の頻度と書かれています(したがって私は患者さんにそのように説明しています)。

 これを多いとみるか少ないと見るかは人それぞれかと思いますが、印象としてはほとんどの人は無事に何事も無く検査を終えられていると思います。

 究極的なことを言えば、検査は強制ではありませんから、あまり不安が強いようであればやる必要はないと思います。(治療に支障はでるかもしれませんが)。

 検査をすることによるメリットとデメリット(今回は造影剤アレルギー)についてよく主治医の先生と話し合われて納得された上で(覚悟を決めた上で?)検査を受けられるのが宜しいかと思います。

 現在はパッチテストの有効性は否定されていると思います(パッチテストで造影剤アレルギーの発生を予測することはできません)。したがって、検査前にパッチテストを行っている病院は少ないと思います。

 造影剤アレルギーを事前に予測する方法は、残念ながら現在のところありません。これまで造影剤を使って無事に検査してきた人でも、何回めかにアレルギーを起こしてしまったという例が最近では報告されているようです。

 造影剤アレルギーは、軽いものでは一時的な蕁麻疹、嘔気・嘔吐を起こしたりし...続きを読む

Q造影剤が使えない人は検査や治療はできないのでしょうか?

数年前、脳腫瘍の疑いで倒れ、造影剤を使用した途端、
死にかけ、以来、検査も治療も受けることが
出来でませんでした。

今回、目に障害が出て、検査しようとしたところ
造影剤のアレルギーなのであまりにもリスクが
大きすぎるという事で検査中止になりました。

今回、脳腫瘍のせいで眼に問題があるのかも
わからず、何の原因もわからずとても
不安な状態です。

今、かかっている病院は大きな病院です。
造影剤を使わずに検査する方法はないのでしょうか・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大半が非IgE性のアナフィラクトイド反応なので、プレドニン50mgを投与前13,7.1時間前投与し...という方法を紹介している本(レジデントのためのアレルギー疾患診療マニュアル:岡田正人著)があります。我々も過去の検査で発疹、発赤程度ですと術前にステロイドを静注して行いますが、今のところはそれで問題は起こっていません。
ただ、もちろん、最悪の事態は覚悟する必要はあります。
また、裏技としてカテーテル検査の場合でもMRI用の造影剤でする場合もあります。病院の持ち出しで薄いのでやりにくのはやりにくいですが、どうしてもという時はそうしています(あくまで裏技です)。

Qクレアチニンの数値が上がってきました!改善には?

50歳台前半の女性です。人間ドックで少しずつクレアチニンの数値が上がって今回ついに0.8になりました。飲酒、喫煙せず甘いお菓子が好きな以外は至って健康的な食事をしています。体重も標準より少なめで、コレステロールも正常です。ただし家族が病人だらけで仕事も忙しく気の抜けない忙しい毎日で、疲労感と闘いながら過ごしております。父は透析治療を受けており、自分までそうなるとお手上げです。とても不安です。このような中でクレアチニンの数値改善のためにできることがあれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今尿たんぱくが出ていなければ心配しないでください.クレアチニンが上がってきて問題になるのは2を超えた時でしょう.(年齢に応じてeGFRというのが計算できます.50を切れば約半分の腎機能ということです.お医者さんに聞けば計算してくれます.)透析をするクレアチニンは糖尿病による腎不全なら8くらい,糖尿病がなければ10ですから0.8は全く心配いりません.2を超えると腎機能は約1/2になり,残った半分で倍働かなければならず,さらに1/3になれば3倍働かなくてはならず,3→4→5と上がっていくイメージです.尿たんぱく(-)で糖尿病がなく暴飲暴食がなければ心配いりません.腎機能を悪くするのは実は初期は脱水で水分不足です.かぜで熱をだしたなんていうのも含まれます.クレアチニンが正常値を超えてたんぱく尿があれば,たんぱく制限が必要になります.栄養指導のできる病院でお話を聞いてくればすっきり解決しますよ.

Q急性心筋梗塞・心不全・腎不全で重症と診断されました

私の父親(68歳)が4日前の朝方、激しい胸痛と呼吸困難を訴え、救急車で運ばれました。急性心筋梗塞と診断され、緊急カテーテル手術を行い、成功し、現在は落ち着いてきた状況です。診断は「二枝同時閉塞の急性心筋梗塞・急性心不全・急性腎不全・肺水腫」で「重症」と診断されました。
いろいろな情報を見ると、様態が急変し亡くなるということもあるとのことで、とても心配です。できるだけ私のわかる範囲で情報を書きますので、ご専門の方、もしくは同じような経験をされた方がおられましたら、ご回答いただければ幸いです。素人なので、専門家の方からは言葉の表現がおかしいところがあると思いますが、どうぞご容赦ください。

まずは、既往歴を書きます。父親は、糖尿病を患っていました。今年に入り、三大合併症を医師に指摘されました。高血圧・不整脈もあります。
また、今年に入り大腸に初期のガンが見つかり、今年2月に開腹手術をしました。糖尿病で傷がなかなか治らず、また退院直後に腸閉塞を起こし、結果70日間の入院をしました。予後は、良好でした。
そして、今年の8月に網膜症からくる眼底出血を起こし、入院し手術を行いました。こちらも無事に成功し、予後も良好で、視力も元に戻りました。今は通院でもともとあった白内障のレーザー治療が終わろうとしているところでした。

そんな矢先に、今回の心筋梗塞がおきました。発作を起こす1週間前から、「風邪気味、胸の辺りがゼエゼエする、肩が凝る」と言っており、発作の3日前くらいから朝方に寝転んでいると息苦しいといい、椅子に座っていたそうです。ドクターの話では、明らかな前兆であり、早く来ればここまでならなかった、といわれました。今後の見通しとして、24時間・48時間・72時間・1週間というところを抜ければ救命率は高まると言われ、1週間以内にはICUを出て一般病棟にうつり、心臓リハビリテーションをしていくが、このときに発作を起こしてしまうこともある、と言われました。
入院した日の状態は、全身が浮腫み、肩や足が痛いと言っていましたが、意識ははっきりしていました。肺に水が溜まっていて、レントゲンでは真っ白だと言われました。血液をさらさらにする薬を入れていることで腎臓に負担をかけてしまっているため、翌日から4日目まで一時的に人工透析を行ないました。また、3日目には、アルブミン(たんぱく質といわれました)を投与しました。4日目には人工呼吸器(とても圧の高いもの)から、普通(?)の酸素吸入器になりました。
現在の父親の様子は、浮腫みもほぼなくなり、身体のあちこちに痛みやだるさはあるものの(腕や足を揉んでくれといいます)、本人も良くなってきている感じがするとのことで、家のことや農作物、友人との約束などいろいろと気にしているくらいの余裕が出てきたようです。私から見ても、顔色も良くなり、表情もいい感じです。

以上が現在の様子ですが、今の父親の状態はどのような状態なのでしょうか。一時は覚悟もしましたが、良くなっている父親を見ていると、また元気な姿が見られるという期待が膨らんでいます。
このような状況でも、やはり覚悟はしておいたほうがいいのでしょうか。
また、今後無事に回復をし退院したら、どのようなことに気をつけていかなければならないでしょうか。
「予後は悪い」と、知り合いの内科のドクターに言われましたが、どういう意味なのでしょうか。
まとまりのない、文章で、また私の舌足らずな情報ではなんとも言えないということも多かろうと思いますが、情報をいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

私の父親(68歳)が4日前の朝方、激しい胸痛と呼吸困難を訴え、救急車で運ばれました。急性心筋梗塞と診断され、緊急カテーテル手術を行い、成功し、現在は落ち着いてきた状況です。診断は「二枝同時閉塞の急性心筋梗塞・急性心不全・急性腎不全・肺水腫」で「重症」と診断されました。
いろいろな情報を見ると、様態が急変し亡くなるということもあるとのことで、とても心配です。できるだけ私のわかる範囲で情報を書きますので、ご専門の方、もしくは同じような経験をされた方がおられましたら、ご回答いただけ...続きを読む

Aベストアンサー

20年ほど前にICUの経験があります。

今回の基礎疾患である糖尿病は取り敢えず置いておいて、原因疾患の心筋梗塞から始めたいと思います。

内容からすると、お父様はこれまでちょこちょこ狭心症の症状があったようですね。
その段階で受診していれば・・・という事なのでしょう。
でも心筋梗塞まで起こしてしまった。
狭心症と心筋梗塞の違いは、同じ心臓の血管が詰まる病気なのですが、狭心症との違いは心筋梗塞の場合は心臓のある部分が壊死を起こしてしまい、動かなくなっている状態なのです。
その為心臓の動きが制限されることで、心不全・肺水腫・腎不全が急激に起こります。

でも文面からすると、お父様は多分軽い心筋梗塞を起こされていたのかな?とも想像出来ます。
そこに今回心不全まで起こす程度の病変が起きた、と考えますが如何でしょうか?

抜管(挿管チューブが抜けたこと)はとてもいい事だと思います。
要するに内服薬が飲めると言う事。また食事が摂れるという事です。
良くなれば、少しずつ点滴やその他の注射類の数が減っていきます。

あとはリハビリの過程でどれくらい動けるようになるのか?と言う事でしょうか。
勿論、いろいろなケースはありますが、突然不整脈が起きて突然死される方もいらっしゃいますし、心不全を繰り返したりする場合もありますので、予後の事はこれからだと思います。

退院出来るようになったら、基礎疾患の糖尿病のコントロールですね。
腎不全は心不全によるものだと思われるのですが、糖尿病性腎症というのもあって、いずれは透析に移行する事にもなり兼ねません。
糖尿病はどんな名医でも治せるものではなくて、結局は自分自身の血糖コントロールの問題だと思います。
今回の事を機会に、家族の皆さんと協力して、お父様が過ごしやすい環境(あんまり甘やかすと自己管理が出来なくなるので程々に・・・)を整えてあげることでしょうね。

今、言えることは、一つ一つお父様の身体に入っている管が抜ける事が回復への兆しでしょうか。
数が反対に増えるようでしたら、それは主治医の方に聞かれて下さい。
曖昧な回答ですみません。

20年ほど前にICUの経験があります。

今回の基礎疾患である糖尿病は取り敢えず置いておいて、原因疾患の心筋梗塞から始めたいと思います。

内容からすると、お父様はこれまでちょこちょこ狭心症の症状があったようですね。
その段階で受診していれば・・・という事なのでしょう。
でも心筋梗塞まで起こしてしまった。
狭心症と心筋梗塞の違いは、同じ心臓の血管が詰まる病気なのですが、狭心症との違いは心筋梗塞の場合は心臓のある部分が壊死を起こしてしまい、動かなくなっている状態なのです。
その為心臓の動...続きを読む

Q心電図で「陰性T波」って何ですか?

とくに自覚症状はありません。(体力がないとは思います)
安静時心電図で陰性T波と書いてあり、気になります。
半年前くらいには、平坦T波といわれましたがとくに気にしなくていいよ。って医師に言われていました。
そういえば、数年前はやや徐脈って言われました。でも経過観察。

コレステロールはやや高めで、血糖値は正常です。BMI=23~24くらい。
まさか、動脈硬化になってきているとか?
食事は不規則で脂っこいの好きです。ファーストフードで済ませることも多いです。運度はほとんどなし。
休みの日は食べては寝ての繰り返し。ストレスは大。
競争心は強い方かなあ。

20代半ば。男性。

まさか、自分ってはやくも虚血性心疾患になりつつあるのでしょうか?
また、今の段階で生活を改善すると、心電図は正常化するでしょうか?

Aベストアンサー

V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。
自覚症状なし、血圧もまったくの正常、
血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。

影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。大丈夫ですよ。

原因ははっきりわからないので生活改善によってなくなるかどうかは断言できません。。。ただそれ自体はとてもよいことなので是非実践してください。
あとタバコですが10本×10年=100、ということで肺がんになる確率は吸わない人の2倍弱というところです。10年禁煙で非喫煙者並になります。

心臓は命に直結する器官ですから不安になりますよね。そういった不安が強いことで色々な症状が起こることもあります(心臓神経症)。「痛い気がする」というのもその可能性があります。
もう一度受診して医師に説明してもらったほうが安心できるかもしれませんね。

V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。
自覚症状なし、血圧もまったくの正常、
血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。

影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。大丈夫ですよ。

原因ははっきりわか...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報