5割カットと言う報道がされていますが実際のところどうなのか教えてください。

たしか以下の通りだと思っていたのですが今は違うのでしょうか?

通常、「代表取締役社長」とか「取締役○○部長」とか言いますが
その報酬については「代表取締役」や「取締役」としての「経営」に対する報酬と
「社長」とか「○○部長」とかいう「業務執行」の労働に対する対価があって
それぞれ支払われている場合が多かったのではないかと記憶しています。

「業務執行」分については普通の社員のように毎月支払われていて
決算時に「利益処分」として「経営」に対する報酬つまり「役員報酬」が支払われる。


最近は利益処分でなくなったとかも聞きますが、実際どうなっているのでしょうか?

それによっては5割カットとか言いながら実際は3割か4割しかカットされないなんて事もありそうな気がします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あまり気にしても仕方無いと思いますが、多分「5割カットと公表しているが実態は3割程度のカットしかしない」というようなセコイ事はしないでしょう。



一般社員は2割カットと公表してますね。
東京電力の社員は、会社の不手際や賠償問題もしくはそれによる収益悪化や経費削減で年収が2割カットされるのに、何故日本国の公務員は2割カットにならないのでしょうか?民主党のマニフェスト不履行や公務員達の厚顔無恥な対応に憤りを強く感じます。

すいません。
後半は関係無い書き込みをしてしまいました。

この回答への補足

東電は批判を受けて、代表権を持つ会長、社長、副社長の8人が報酬を返上する事にしたようです。

その後、自分で調べてみたら以下のようになっているようです。

役員のうち次の役員は使用人兼務役員になれません。
(1) 代表取締役、代表執行役、代表理事及び清算人
(2) 副社長、専務、常務その他これらに準ずる職制上の地位を有する役員・・・

ということで、まさか役員「賞与」や東電株の配当金は出る事は無いでしょうから彼らは一応無報酬になるようです。
しかし、東電のおかげで家も仕事も全部なくなって避難所暮らしをされている方のことを考えたら当たり前のことですよね。
本当は私財をもっても補償すべきです。
そして、一番腹の立つのはこれまで思い切りいい目をして退職し、悠々自適の生活を満喫しているこれまでの経営者です。
何とかならないものですかね。
本当は奴等が一番の加害者なのに!

補足日時:2011/05/11 14:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

koiyoshiさん。
ありがとうございます。

>後半は関係無い書き込みをしてしまいました。

いえいえ、本当に腹の立つことばかりですね。
東電幹部については口では「申し訳ない」と言ってますがとても心から思っているとは思えません。
「俺が会長の時に地震になったのは本当に不運だ。退職後に起きてくれたらお咎めなしで悠々自適の生活が出来たのに・・・」とか思ってるような気がしてしょうがありません。

菅さんの場合には「地震が起きてくれて大ラッキーだ。もし起きなかったら百万円を韓国人にもらった件で国会で追及されてやめさせられてたかも知れん。地震のおかげで任期満了まで居座れる。災害が大きければ大きいほど安泰だ。」とでも思ってるんじゃないかと邪推してしまいます。

ところで、本題の件は、実際のところ制度的にどうなんでしょうか?
会社法とか色々変わったので今どうなってるかを知りたかったのですが。

お礼日時:2011/04/26 16:35

そんな事気にしても仕方ないと思いますよ。

東電の役員なんて飾り。僕は実際に原発を設計して、安全だと言って国や東電に承認させた連中に首をくくって欲しい訳。

官僚や役人だったり学者だったり、日立東芝の設計者とか、何時もそうですがとにかくプロジェクト関係者がだれも痛い目を見ないのは変ですよ。

そいつらは他の原発にも関わっているわけ。関西電力にも中部電力にも我々の言うとおりに運用すりゃ安全ですぜ、安心して運用してくださいよ。って言って多額の資金を巻き上げてた連中。その中には税金も含まれてるし。

そういう連中が一度もどこにも顔を見せないでしょ。凄く変ですよ。マスコミも其処まで探さない。そりゃ一般市民をつるしあげるより、金持ちや政治家をつるしあげた方が受けがいいからね。

責任取るのが上層部とは言え、危険度を何にも知らないおじいさん連中なんかいじめても仕方ない。危険を知ってて運用してた連中は他でも同じ事やりますよ。

そいつらを表に引きずり出すことが重要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

IDii24さん
ありがとうございます。

「実際に原発を設計して、安全だと言って国や東電に承認させた連中」ですが、原発自体が40年目ですから50年か60年位前の人になりますよね。
まだ生きてるかどうかと言う感じで、どっちにせよその人達は「逃げ切った」ということ。
それが、この無責任体制の元と言えば元なんですが、とはいうものの今まで放置してきた責任はありますし、現にこれだけの被害を出して平気で報酬をもらうのはどうか?
まして表向き「半分にしました」といいながら・・・?

と思ったのですが、実際のところ制度的にどうなんでしょうか?
会社法とか色々変わったので今どうなってるかを知りたかったのですが。

お礼日時:2011/04/26 15:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報