(1)日本のGDPに含まれるが、日本のGNPに含まれない経済活動

(2)日本のGDPに含まれないが、日本のGNPに含まれる経済活動

(1)は、日本で外国人が生産したもの
(2)は、外国で日本人が生産したもの と考えたのですが正しいのでしょうか。

(1)、(2)の具体的な例を挙げていただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> (1)は、日本で外国人が生産したもの


> (2)は、外国で日本人が生産したもの と考えたのですが正しいのでしょうか。

大体は正しい。ただし、どうもこの「日本人」や「外国人」として国籍をもちだす人が多くいるのですが、それは誤りです。
基本的には、その地域に住む(統計上は1月1日の居住地)人です。例えば在日韓国人(日本国籍は所有していない)の分は、日本のGNPに計上されています。同様に、イチローはアメリカのGNPに計上されているはずです(多分日本にはたまに帰ってくるだけだと思います)。

(1)の例:アメリカのミュージシャンの日本公演でのギャラ
(2)の例:日本のミュージシャンのアメリカ公演でのギャラ

基本的に、日本はGDPとGNPがほとんど違いません。
この概念が重要になるのは、住居と職場が別の国という場合が結構多いヨーロッパであり、アメリカがGDPを採用したのはある大統領選挙でGDPで計った方が経済成長率が高かったためといわれています(他にもSNA整備の話もありますが)。
    • good
    • 0

正しいです。



ところで「日本で外国人が生産したもの」とは何でしょうか。
トヨタの東北地方にある工場でブラジル人がクルマを作っていました。
ところが放射能を恐れてみんな帰国して、日本人労働者に働き手が変わりました。
これで、GNPとGDPが何か変わるでしょうか?変わらないですね。

トヨタのサンパウロ工場でブラジル人がクルマを作っています。
これは、GNPとGDPともにブラジルでしょうか?違いますよね。

誰が主体になって生産活動をしているかということが問題です。
トヨタの東北工場は(1)ではないが、トヨタのサンパウロ工場は(2)です。

要するに対外直接投資しているものは、ブラジルや中国で生産しても日本のGNPになります。
ご存知のように日本の工場はどんどん海外にシフトしています。
だから日本のGDPはほとんど増えないのですが、GNPは増えています。
したがって、日本のGNPとGDPの差は拡大しつつあります。

日本が海外からの直接投資を受け入れれば、GDPは伸びます。
ところが、それは難しいのです。
たとえば韓国と比較すると、
法人税が高い。
労働コストが高い(賃金が高いだけでなく、派遣や解雇などの規制がある)。
土地代が高い。
物流のハブ港がない。
輸出先とのFTPがないから関税がかかる。

土地代以外は、国策次第でなんとでもできるのですが、今まで無策です。
    • good
    • 0

正しいです。



私のオフィスの近くには日本水産の缶詰工場があり、ペルー人が多数働いています。彼らの労働はGDPに含まれますが、GNPには含まれません。

10年ほど前、私の兄が単身赴任で米国へ3年ほど行っていました。その間の兄の労働収入はGNPに含まれますがGDPには含まれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本のGNPについての質問です。

日本のGNPについての質問です。

大学の授業で、
ここ10年で、日本のGNPが
世界で17位になったという話を聞きました。

日本の産業が低下した原因はなんでしょうか。

(インターネットで調べたところ、
日本のGNPは世界2位だと出ていたので
低下したのは、ひとりあたりのGNPなのかと
思ったのですが、そのあたりもよくわかりません。)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おそらく無機工業化学のテストですね

2位ってのはGDPの方です。おそらく今年中に中国に抜かれて3位になるでしょうが。
GDPとGNPの違いはざっくり言うとこんな感じです。

GDP:国内総生産(日本国内で使われたお金、国内の外国人のお金を含む。国外の日本人は含まない)
GNP:国民総生産(日本国民が使ったお金、国内の外国人のお金を含まない。国外の日本人は含む)


次に産業の事ですが、低下はほとんどしていません。周りの国が伸びたために相対的に順位が下がったと言eえます。例えば、プラスチックス製品などはかつては日本国内で多く生産していましたが、現在はコスト(特に人件費)を抑えるために中国などで生産することが多くなってきました。先進国はどこも人件費が高くなるため、どうしても海外に生産拠点を移す傾向にあります。そうすると今までは先進国諸国でしか生産できなかったものも、技術が移行するため新興国で作れるようになり、さらに時間がたつとそれらの新興国は自らの技術のみで、安く品質も充分な製品を大量に作ることが可能となります。一方で先進国はそれらの国による安い製品に太刀打ちできなくなります。そのため、最先端技術を使った製品で市場に売り出すのですが現状維持が精一杯であり、人口の多い中国やインドの生産額に追い抜かれそうというのが現状です。


おまけに他の問題も少し説明しますと
鉄は温度変化によりその構造を変えある程度の高温だと密度が増し固くなります。(体心立方から面心立方になるため)しかしながら、鉄は炭素を微量加えることで、この相変化を常温で起こすようになります。故に炭素を含んだ鉄は固いのです。

おそらく無機工業化学のテストですね

2位ってのはGDPの方です。おそらく今年中に中国に抜かれて3位になるでしょうが。
GDPとGNPの違いはざっくり言うとこんな感じです。

GDP:国内総生産(日本国内で使われたお金、国内の外国人のお金を含む。国外の日本人は含まない)
GNP:国民総生産(日本国民が使ったお金、国内の外国人のお金を含まない。国外の日本人は含む)


次に産業の事ですが、低下はほとんどしていません。周りの国が伸びたために相対的に順位が下がったと言eえます。例えば、プラスチッ...続きを読む

Q日本国憲法の定める自由権(経済活動の自由)では、公共の福祉に反しない限り経済活動の自由は保証されてい

日本国憲法の定める自由権(経済活動の自由)では、公共の福祉に反しない限り経済活動の自由は保証されていますが、具体的に公共の福祉となんなのか教えてください

Aベストアンサー

自分が経済活動を行うことによって、他人を不幸にしちゃいけないってことね。

騒音や公害をまき散らす工場を建ててはいけないとか。

Qエクセルで小数点第2位を切り捨てる方法!

エクセルで小数点第2位を切り捨てる方法を教えてください。
違うシートで、出た小数点第3位までの数字の、第2位までを使用して
掛け算をしたいです。
ROUND(A1,0)だと、整数になってしまいます。

Aベストアンサー

こんにちは!

ご質問で

>小数点第2位を切り捨てる方法
であれば #2 taranko さんの
 =ROUNDDOWN(A1,1)
ですが
>第2位までを使用して掛け算をしたいです。
であれば 小数点第"3"位以降の切捨て なので
#1 Fat01tonさんの
 =ROUNDDOWN(A1,2)
です。

また
>ROUND(A1,0)だと、整数になってしまいます。
の ROUND()は「切捨て」ではなく四捨五入の処理です。

Q経済指標としてのGNP→GDP→GNIの歴史的推移

よろしくお願いします。
最近新聞で、経済の指標とひて、日本法人の海外事業や投資のリターンを含めたGNP(GNI)が主流になっているとよみました。

今までのGDPでは日本法人の海外での利益は含まれなかったのでしょうか。また、なぜ、GNPではなくGDPを指標として使うようになったのでしょうか?

経済指標の変化の経済的背景を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

失礼ですが、#2の方は間違っています。

GNPもGDPも、どちらも「一定期間内に生産された付加価値の合計」という点では同じです。ちがうのはGNPは一定範囲の人でありGDPは一定の地域であることだけです。

Gross National Products のいう国民 National とは、一年以上生活している人を指します。したがって、短期的な出向をしている人の給料を除けば、日本国内における外国企業の生産は含みますし、外国における日本企業の生産は含まれません。

一方の Gross Domestic Products は、ある国、例えば日本国の主権の及ぶ範囲で作られた付加価値の合計ですので、例えば米軍基地内でのサービスなどは入りませんし、外国での日本領事館でのサービスは入ります。

実はこのGDPは、特に隣国からの「出稼ぎ労働」が多い西欧では昔から主流でした。例えばルクセンブルクの経済は上手くいっていなくとも、隣のドイツやフランスに出稼ぎに行くことでGNP自体が向上していると、経済政策を誤る可能性が高いです。したがって、自国内での経済政策を律する上ではGDPのほうが望ましいことになります。

これをアメリカが導入したのは、単純にある大統領選挙で、そちらの方が大きな経済成長を遂げていて、現職が経済政策の成果を誇示するための道具であったに過ぎません。

そして、その後も NAFTA や EU 統合など、様々な動きがあって、色々経緯があって、現在はいわゆる 93SNA として採用されるに至っています。


GNIに関しては、教えるときはほぼGDPに同じと教えています。要するに「他国から得られる利子収入を足したGDP」なのですが、実のところかなり不安定なものなので実際にはあまり使われていません。なぜ不安定かと言えば、投資収益が為替レートにかなり影響を受けるため、為替レート以外が全く同じ状態であっても、為替レートが変動すると変動するため、経済の実態を示す指標としてはあまり好ましくないためです。

とはいえ、複数の国家にまたがる「経済圏」がある程度発達した現在、意味のある数字ではあります。今後も普及する可能性は高いですが、現在においては主流と言うまでには至っておりません。

失礼ですが、#2の方は間違っています。

GNPもGDPも、どちらも「一定期間内に生産された付加価値の合計」という点では同じです。ちがうのはGNPは一定範囲の人でありGDPは一定の地域であることだけです。

Gross National Products のいう国民 National とは、一年以上生活している人を指します。したがって、短期的な出向をしている人の給料を除けば、日本国内における外国企業の生産は含みますし、外国における日本企業の生産は含まれません。

一方の Gross Domestic Products は、ある国、例えば日本国...続きを読む

Q時事ドットコムの図解・世界のGDP比較に紹介されている、国際通貨基金の

時事ドットコムの図解・世界のGDP比較に紹介されている、国際通貨基金の統計グラフの元データを見たいのですが、教えていただけますか?

http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_eco_gdp-japan-china091224j-07-360

IMFのホームページのどこを見れば、データが掲載されているかアドレスを教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

World Economic Outlook Database April 2010
http://www.imf.org/external/pubs/ft/weo/2010/01/weodata/index.aspx


参考URLみたいなデータが得られるはず

参考URL:http://www.imf.org/external/pubs/ft/weo/2010/01/weodata/weorept.aspx?sy=2000&ey=2015&scsm=1&ssd=1&sort=country&ds=.&br=1

QGNP(国民総生産)とGDP(国内総生産)の違いを分かりやすく教えてくださいませんか?

GNP(国民総生産)とGDP(国内総生産)の違いを分かりやすく教えてくださいませんか?

又この数値で何が具体的に分かるのでしょうか?

Aベストアンサー

多くの企業が海外進出をしているので、海外で働いている日本人が沢山います。また、日本で働いている外国人も沢山います。


海外で働いている日本人も含めて日本人が生産した経済的な価値の総額を国民総生産GNPと呼びます。これは日本国民の生産額ですから日本で働く外国人の生産額は含みません。

私の職場の近くには大手食品メーカーの缶詰工場があり、ここではペルー人が大勢働いています。ペルー人は日本国民ではありませんから、その大手食品メーカーの生産高のうちペルー人従業員の給与分はGNPには含まれません。

私の義兄はアメリカへ5年間単身赴任していました。義兄は日本国民ですから、アメリカで稼いだ給与は国民総生産に含まれます。


外国人も含めて日本国内で生産された生産額の合計を国内総生産と呼びます。

上記の食品メーカーの工場は日本国内にありますから、ペルー人従業員の給与は国内総生産に含まれます。
しかし、義兄が働いていたのはアメリカであって国内ではありませんからその期間中に生産したものは国内総生産には含まれません。





第二次世界大戦により日本全体が疲弊しました。もともと資源が少ない島国が、アメリカ大陸の資源を持つアメリカ合衆国と戦ったわけですから、消耗戦になると日本は資源を使い果たしてしまうほかなかったのです。
戦争の是非はともかくとして、戦後の復興期には日本人で海外に行く人は、外国で稼いだお金を日本に住む家族に送金し、家族を養うためでした。ですから日本人が海外で稼いだお金は日本国を豊かにするためのお金でした。同時期に海外から日本へ来た外国人は、日本でもうけたお金を自国へ持ち帰り、自国に住む家族が豊かな生活をするために使いました。ですから日本に住む外国人が生産した価値は日本を豊かにするためには使われませんでした。
ですからこの時代には国民総生産が日本国の豊かさを示す指標でした。


高度成長期になると、「JAPAN as No1」などという本が書かれるようになると、日本は先進国の仲間入りをしました。自動車やパソコン、家電製品などを海外に輸出して稼ぐようになりました。すると日本人だけでは人手が足りなくなり、外国人労働者を雇うようになりました。外国人労働者は自分が稼いだお金を自国に送金して家族を養っています。しかし、その労働者が生産した自動車や家電製品などは日本国民の生活を豊かにしたり、海外に輸出してお金を稼ぎ、そのお金で日本人の生活を豊かにしています。とすると、日本の豊かさを表す指標を考える時に、外国人労働者が日本で生産した生産額を含めた方が、現在の日本の豊かさを的確に表すと考えられます。
また、日本企業が海外に進出して工場を作った場合海外工場で働く日本人が生産した製品はその国の国民生活を豊かにするために使われます。とすると、海外で働く日本人の生産額は、日本の豊かさよりもその国の豊かさを示す指標に含めた方がより的確であると考えられます。
これを表すのが国内総生産です。


そういうわけで、国民総生産も国内総生産も国の豊かさを示す指標なのですが、戦後から高度成長期頃までは国民総生産の方が日本の豊かさをうまく表していたのですが、高度成長期を経た現在では国内総生産の方が日本の豊かさをより的確に表していると考えられます。
そういうわけで、昔はGNPが使われていましたが、今はGDPが使われているのです。

多くの企業が海外進出をしているので、海外で働いている日本人が沢山います。また、日本で働いている外国人も沢山います。


海外で働いている日本人も含めて日本人が生産した経済的な価値の総額を国民総生産GNPと呼びます。これは日本国民の生産額ですから日本で働く外国人の生産額は含みません。

私の職場の近くには大手食品メーカーの缶詰工場があり、ここではペルー人が大勢働いています。ペルー人は日本国民ではありませんから、その大手食品メーカーの生産高のうちペルー人従業員の給与分はGNPには含...続きを読む

Q世界各国のGDP 過去30年程度のデータ

世界各国のGDPを集めたいのですが、
過去30年くらいにさかのぼって、
世界各国のGDPが掲載されているものってありますか?

英語、スペイン語、日本語ならわかるので、
その3ヶ国語で書かれているものであれば尚うれしいです。
書籍ではなく、サイトであるといいなぁ。
というわけでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

財団法人 国際貿易投資研究所のWEBサイト内に
PDFファイルで、20年間の各国の名目GDP一覧がありました。1980年から2000年まで、5年ごとのデータが載っています。
http://www.iti.or.jp/macrostat.htm

少し条件と違いますがご参考まで。
すでにご存知であったらごめんなさい。

参考URL:http://www.iti.or.jp/macrostat.htm

Q中国のGDPの経済成長率が6.9%で7%を割って大事件みたいな感じで報道されてますが、日本の経済成長

中国のGDPの経済成長率が6.9%で7%を割って大事件みたいな感じで報道されてますが、日本の経済成長率は1.6%なのにマイナスじゃなくて毎年ちょっとずつでもプラスだから良いよね。ちょっとは成長してると優しく見て貰えるのに、中国だと6.9%でボロッカスなのはなぜですか?

日本の1.6%と中国の6.9%のバッシングされないされるの分かれ目ってなんですか?

なぜ6.9%も成長率があって中国人が落胆しているのか理解出来ないんですけど。

なんで落ち込んでるの?

Aベストアンサー

iShares China Large-Cap ETF
https://www.ishares.com/us/products/239536/ishares-china-largecap-etf

このETFで去年の1年間のリターンが-11.9%。これは海外のファンドなので、正直です。つまり中国のGDPの経済成長率が6.9%というのはたぶんウソということです。おそらくマイナスかもしれない。

iShares MSCI Japan ETF
このETFで去年の1年間のリターンが9.3%。

QGDPと株価の連動性

経済の成長を測る指標として、一般的にGDPと日経平均(日本の場合)があり、それぞれの変化率から経済の成長度合を推測できると思いますが、それぞれの指標はあまり連動していないと思います。
当然のことながらそれぞれの指標は異なる材料をもとに計算されているので連動しないのは当然ですが(GDPは政府が算出するが、日経平均は民間企業が計算します)、この2つは相関関係があるのでしょうか。
また、例えば1年間でGDPが2割上昇し、株価指数が2割減少した場合、経済成長したと言えるのでしょうか。また、逆にGDPが2割減少し、株価指数が2割上昇した場合はどうなのでしょうか。

Aベストアンサー

あと追加

1900年から2009年までの国別実質GDP成長率と実質株価変動率(fig.2)
http://topforeignstocks.com/2010/11/07/emerging-markets-correlation-between-economic-growth-and-stock-market-returns/

同じページのfig.4は2004-2009まで

これを見るとほとんど相関はないですね。

Q【官政経済】日本は官政経済(国が市場経済に介入しているので資本主義経済ではなく、日本が批判している中

【官政経済】日本は官政経済(国が市場経済に介入しているので資本主義経済ではなく、日本が批判している中国の社会主義経済寄りの経済政策をしている)と言われて批判されていますが、日本は行政の役割分担がバラバラで各省庁が自分たちの都合が良い政策を打ち出して足並みが揃っていませんよね。

年金問題と非正規労働者問題、法人税の減税政策批判と雇用問題など福祉と雇用の担当部署どころか所管が違うので官政経済をやりたくても管轄が違うので各省庁のロードマップがバラバラで各省庁の政策の足かせというか間逆の政策を打ち出して足の引っ張り合いをしている状態です。

所轄の担当行政が違う各省庁が足並みを揃える政治的な調整は出来ないものなのでしょうか?

今の日本の官庁の仕組みでは日本経済を良く出来ない気がしてなりません。

どうすれば各省庁が同じロードマップにのって未来に向けた1本の筋が出来るのでしょうか。

Aベストアンサー

>中国の社会主義経済寄りの経済政策をしている
 それを『護送船団方式』と言います
  しかしバブル崩壊とともにその政策はかなり崩壊してます
 詳しくはwikiを
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%B7%E9%80%81%E8%88%B9%E5%9B%A3%E6%96%B9%E5%BC%8F

>足並みが揃っていませんよね。
 それを『縦割り行政』と言います

>政治的な調整は出来ないものなのでしょうか?
 何度も改革を行い改善しております
 最も古く大きな物は『中央省庁再編』が有名です

詳しくはwikiを
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E7%9C%81%E5%BA%81%E5%86%8D%E7%B7%A8

 いつも思うが質問者の知識は非常に古い


人気Q&Aランキング

おすすめ情報