現在、ダム底泥からの鉄抽出を行っています。
抽出工程は以下のようになります。
(1)混合→(2)振とう(6時間)→(3)遠心分離(20分・8000rpm)→抽出液ろ過(0.45µmメンブレンフィルター)→完成

(1)の混合については、以下の3種類の組み合わせで行っています。
I.ダム底泥50g+滅菌ろ過海水100ml
II.ダム底泥50g+腐植土5g+滅菌ろ過海水100ml
III.ダム底泥50g+腐植土10g+滅菌ろ過海水100ml

これらの組み合わせで抽出液を作成します。
すると、腐植土に含まれる腐植物質が錯体形成をするため、腐植土の量を増やすと、鉄濃度が上がると思っていたのですが、
【抽出液鉄濃度】
I.490(µg-Fe/L)
II.170(µg-Fe/L)
III.120(µg-Fe/L)

と、このように下がってしまいました。
なぜこのようになったのか原因がわかりません。
教えてください、よろしくお願いします。

※抽出するときに使用する遠沈管は500Lを使用
※ダム底泥はサンプルが少ないため1年前に採取したものを使用
※腐植土はホームセンターで購入した園芸用腐植土を使用

A 回答 (3件)

お礼の記述に関して



> 実験を酸化的条件で行い、底泥を使うのは、還元状態を想定しているというのは、どういうことなのでしょうか?

実験の目的によることですので、あるいは的外れかもしれませんが、
1)鉄の挙動は環境が酸化的であるか還元的であるかによって著しく変わってしまう(=前提)。
(酸化的ならFe3+になってあまり溶けないが、還元的環境ならFe2+になって比較的良く溶ける。)
2)底泥は、水の底で酸素供給が少ない上、有機物を比較的多く含むので、酸素が消費され、還元的な環境であることが多い。
3)採集された底泥は、(たぶん乾燥状態で)酸化的状態で保存されている。
4)腐葉土を添加した実験も、(おそらく)普通の酸化的実験環境で行った。
と、推測しています。

もしそうであっても、そういう条件の実験であれば、それはそれで良いでしょうが、
実際のダム底泥における鉄の挙動とは、著しく異なる環境である ということは、
しっかり認識しておく必要があると思って書きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

了解しました!!
いろいろと教えていただきありがとうございました(*^_^*)

お礼日時:2011/04/28 12:20

“園芸用腐植土”ってどんなものでしょうね。


ひょっとしたら“腐葉土”ではないですかね。

“ダム底泥はサンプルが少ないため1年前に採取したものを使用”という説明の意味が分かりません(少ないため→1年前?どうつながるのかな)。

実験は酸化的条件で行っているようですが、底泥を使うのは、還元状態を想定しているのでしょうか?

あまり関係ないですが、遠沈管は500Lではなく、500mLでしょうね。

さて、こんな結果になったのは、“腐植土(?)”が鉄を捕まえているからでしょう。
水に溶けない有機系成分で鉄を強く捕まえる性質を持った物質が沢山ありますからね。
水に溶けるキレート物質でも、鉄とキレートを作った段階で沈澱するものもありますし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。

その通りです。ホームセンターで購入した「純腐葉土」というもの使用しています。

ダム底泥は、企業に依頼して採取させてもらっているため、サンプリングの機会が少ないです。また前回採取した底泥の量が少なかったため、現在貴重なサンプルを少しずつ使用している状態です。そのため、現在でも1年前のものを使用しています。

実験を酸化的条件で行い、底泥を使うのは、還元状態を想定しているというのは、どういうことなのでしょうか?
すいません自分の勉強不足で質問の意図がわからずに。。

そうです。500mlです;笑

質問には記載していなかったのですが、1年前にダム底泥からの鉄抽出実験を行った際には、腐植土を添加した場合のほうが多くの鉄が溶出されていました。

お礼日時:2011/04/26 18:44

済みません、教えて下さい。


>抽出液ろ過(0.45µmメンブレンフィルター)→完成
であなたは濾液を分析しているのですか、それとも濾過残を分析しているのでしょうか?

>腐植土に含まれる腐植物質が錯体形成をする
その通りなので、フミン酸などは濾過残に鉄を大量に吸着しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。

分析については、抽出液についておこなっています。
また、この抽出液を使用して海藻のバイオアッセイを行っています。
ろ過は、抽出液中に含まれていると考えられる珪藻を取り除くために行っています。

お礼日時:2011/04/26 17:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大量のバイクの廃棄→くず鉄業者の探し方を教えてください。

大量のバイクの廃棄を考えています。
くず鉄として、購入してもらえるでしょうか?
また、相場はどのような感じなのでしょうか。
また、くず鉄業者の探し方を教えてください。

Aベストアンサー

よくバイク回収車が回っていますがそちらではいかがでしょうか?走らなくなった250ccバイク、1万円と交換しました。また、インターネットでバイク買取で探すと下記URLのほかいくつもヒットします。リサイクルの観点からいきなりくず鉄化するのはやめてぜひバイク回収車や引き取り業者と交渉されることをお勧めします。

参考URL:http://www.bike.uri-kai.net/index1.html

Q丸底フラスコと平底フラスコ

丸底フラスコと平底フラスコの違いってなんでしょうか??
確かにそこの形は違いますが、用途に合わせて使い分けるべきですか?
よく丸底フラスコを支柱(?)で支えて下から熱しますよね。
その場合は丸底を使うのは何故なのでしょうか。
倒れてしまう丸底をわざわざ支柱まで使って使うわけですから
なんかしら意味があると思うのですが・・・
熱が均等に届くため??

よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。とても大事な意味がありますよ。
中の圧力が下がるような場合、丸底でないと圧力に耐えきれず破損します。
強熱する場合も、熱応力が、平底だと平らに変形した部分に集中するのでやっぱり破損します。

ですから平底は、あまり圧力がかからない、あまり強く熱しない場合にのみ用いられます。

Q金属屑の相場が載っているサイトについて

金属屑(鉄および非鉄金属)の相場が載っているサイトをご存知でしたらお教え願います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

基本的には各社で決めていますから市場としては無いでしょうね

http://www.taiwa-trade.co.jp/

Q試薬会社から鉄粒子(100um以下)を購入して実験をしようとおもったの

試薬会社から鉄粒子(100um以下)を購入して実験をしようとおもったのですが、
凝集してしまいます。ゼータ電位が0に近いのかなと思い、酸を加えてみたのですが、
そしたら一層凝集して1cmぐらいの塊になってしまいました。
なぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

磁性の残った鉄粉が混じっていたのでしょう。
ぬらしたのはまずかったですね、アセトンでよく洗い、ロータリーエバポレーターでアセトンを飛ばしてから乾燥器で乾燥後使用して下さい。

Q金属の価格(鉄、銅)

鉄や銅の相場ってありますよね。
相場の価格は、数年前から比べると、かなり下がってきています。

ところが、実際にいろいろな種類の「鉄(鋼材)、銅」を購入してみると、殆ど変わっていません。
種類(S55C、NAK80等)によって価格も差があります。

正確には「鉄合金」であったり、「銅合金」であったりするので、価格に差がつく事はわかるのですが。

例えば今日現在、実際に鋼材として販売されている金属の種類別の価格って、いくらくらいですか?

Aベストアンサー

今晩は。
 過去にそれなりに役に立つ回答が有りますので、参照して下さい。
 ただし、ウェブにしても新聞にしても、大同のNAKのようなものはおそらく情報は無いのではないかと感じます。小売店に訊いたほうが早いでしょう。私は金型屋ではないので、この材種は10年ほど前に1度支給で加工したことが有るだけです。SKS3の板ならキロ800円(税込み)くらいというところでしょうか。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=388769

Q水に溶ける鉄 溶けない鉄

水酸化鉄は水に溶けずらいそうですね。また逆にクエン酸鉄は水に溶けやすいそうですね。
どうして溶けずらいのかまたどうして溶けやすいのかやさしくメカニズムを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>水に溶ける鉄 溶けない鉄
つまり、この考え方があまりにも安易すぎる。
鉄と水酸化鉄は、もはや別物。

Q塩化第一鉄(工業用)25kgの価格を教えてください

塩化第一鉄(工業用)25kgの価格を教えてください。
相場を知りたいのですが、なかなか調べることができません。
ご存知の方がいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

関東化学のGRグレード品塩化鉄(II) 1kg \13,800-です。

Q鉄が燃焼した結果の酸化鉄は?

過去ログも掘りました。
結局、どの酸化鉄できるのですか?

その中でのあるお方の「結局酸化鉄と水酸化鉄の混合物となりその比は同定できない」って旨のご解答は大変参考になったのですが、そすると多くの中学校教育で行われている

2Fe+O2→2FeO

と言い切ってしまうのは、これは間違い…とはいわないまでも、かなり不確実な情報といえるのでしょうか?

ご教授いただけますでしょうか。

Aベストアンサー

スチールウールの燃焼生成物を実際に分析した人があって、主としてFe2O3 と燃え残りのFeの混合物だと報告しているのを見たことがあります。化学教育関係の雑誌だと思いますが、どの雑誌のどの号かわかりません。

かつてFeとO2からFe3O4ができるということで、この実験を定比例の法則の検証に使う授業が行われていたが、Fe2O3 と燃え残りのFeが混じってFe3O4であるかのような結果が得られているだけだから、気をつけましょうという趣旨だったと思います。

ところで、Fe2O3なら赤いはずだといわれることがあるのですが、Fe2O3の赤色は微粉末にしたときの色のようです。

Q鉄・非鉄金属スクラップを高価買取方法に関して

スクラップを高価買取してもらうにはどうしたらいいでしょうか?
関東で鉄と非鉄金属のシャーリング業を営む二代目です。
昨今のスクラップ価格下落により工場で排出される鉄・銅・アルミ・ステンレスなどの
高価買取をしてくれるところを探しているのですが、
現状引き取りをお願いしている業者になかなか紹介をしてほしいとは言いづらく・・・・
どこか良いところはありますでしょうか?

また、私どもスクラップに関してはそこまで相場や知識もなく
いわれるがままに価格を叩かれる可能性もあるので
どのようにすれば高価売却ができるのか、
良い方法をご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

大阪でステンレススクラップを取扱っている問屋です。

高価買取してもらうには
1つではなく複数の業者から見積もりを
とることが必要だと思います。

重量をごまかしたり、あーだこーだ言って
買取価格を下げてくる業者もいると思いますので。

ただ、既存の引き取り先がいると思いますので
それなりに現実的にこっそりやる必要もあるかと
思います。

大阪であれば私のID宛にメッセージを頂ければ
対応させて頂くのですが…

もしくは、お知り合いの紹介など期待できそうにないようであれば
こんなサイトだと無料で匿名で複数の業者から見積もりを取ることが
できるようです。

スクラップ買取マッチングサイト「メタリー」
https://metally.jp/

Q鉄+硫黄→硫化鉄の反応と同じもの

化学の問題で答えが分からないのですが、
鉄+硫黄→硫化鉄と同じ反応になるものは以下のどれでしょうか?
a 食酢+砂糖→すし酢
b スチールウール+空気→さび
c 石鹸+汚れ→ミセル
d 重曹+砂糖→カルメ焼き

調べたら硫化鉄の反応は化合・硫化のようなのですが、
どれも当てはまらないような気がします

Aベストアンサー

鉄+硫黄→硫化鉄
は、酸化還元反応です。

また、選択肢の中では、a,c,dは化学反応とは言えませんので、
bとなります。
bは、同じく酸化還元反応です。

問では、鉄が還元剤(自身は酸化)、硫黄が酸化剤(自身は還元)として反応しています。
また、bでは、スチールウール(鉄)は還元剤(自身は酸化)、酸素が酸化剤(自身は還元)として反応しています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報