M-wash強力離型剤落としを使って洗う場合歯ブラシで磨いた方がいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

確実に離型剤を落とすのであれば、歯ブラシを使うのは良い選択だと思います。


M-wash強力離型剤落としは、ふき取る必要が無いとありますが、
できればM-wash強力離型剤落としを使用した後、水洗いもお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答有り難うございます。

お礼日時:2011/04/26 16:52

より良く落としたいなら


歯ブラシの使用は良い選択かと思います。
離型剤はおそろしいですよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFRP離型剤

油ねんどから石膏(凹型)をとった後にFRPを塗るのですが・・・
現在はリンレイの床用WAXを離型剤として使用しています。
ですが、どうもWAXとFRPの接触面の硬化が不安定です^^;
石膏に塗る離型剤で「これおすすめ!」ってものをご存知の方・またはほかにいい方法(石膏表面の加工や何か別のものを塗ってから離型剤を塗るetc・・・)などいい方法ご存知の方ご伝授を(。-人-。)
当方3日かけて作った石膏型を・・・・失いましたww・・・☆ヽ(o_ _)oポテッ
諸先輩方が失敗から学んだ・経験から培ったテクニックを私に御教授を!!

Aベストアンサー

こんなのありましたけど
石膏にニスを塗ってから
http://homepage3.nifty.com/yamaca/rensai/he06rn/h0606/he06r6.html
目から鱗の洗濯糊離型
http://www.ex.biwa.ne.jp/~nagatosh/process.html

Qガレージキットの気泡処理について

初めてフィギュアを製作しようとしてます。
パーツのバリと段差を取り、表面を400番の
耐水ペーパーで磨きました。
するとペーパの細かいカスが小さなパーツの気泡に
詰まったようで灰色の粒が点々とパーツに
埋まった状態になってしまいました。
サフレス塗装をしたかったのですが
このまま塗装したら点々が透けてしまうような
気がするのですが、大丈夫でしょうか。
また製作の参考になるようなURLがありましたら
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1です。お礼を頂き有難うございます。

>気泡を塞いでから研磨するのですね。⇒バリ取りや湯口処理、それに段差処理などを済ませ、大まかに形が整った後に、気泡処理を行ないます。そうしないと、気泡がある状態でサンペ掛けすると削りカスが気泡の中に入り、洗浄しても中々除去出来ませんし、却って手間がかかります。

サフレスとの事ですが、サフを塗るとディテールが落ちると言うのがその理由だと思いますが、サフの効果は表面の傷を消すだけでなく、塗料の食い付きを良くする効果もあります。

特にレジン製素材の場合は、プラモ用の塗料をそのままサフなしの状態で塗装すると、あとで剥がれたり、塗料が乗らないなどの弊害があります。レジン専用のサフがありますので、それをお使い下さい。(プラモには使えません。)

>普通、気泡にサンドペーパの粒がつまるということは
ないのでしょうか。
歯ブラシ等で洗っても粒が埋まって出てこないのです。⇒これについては前述の通りです。気泡処理を済ませてからサンペ掛けをしないとこうなってしまいます。

万全とは行きませんが、中性洗剤を薄めた水に浸し、極細歯ブラシで根気良く洗うのがいいと思います。私はバスマジックリンをそのまま使っていますが…。

先のアドバイスにも書きましたが、気泡処理には色んな方法があります。溶きパテを使う方法(今は溶きパテ自体が商品化されていますね。サフ500番なども代用出来ます。)、私のように瞬間接着剤を利用する者、エポキシパテやポリパテ愛用者もいます。どれも一長一短ですので、ご自分で色々試されて、ご自分が一番だと思う方法を見つけるのも宜しいのではないでしょうか?

私はフィギュアは殆ど作りませんが、アドバイスになれば幸いです。(私の製作カテはヒコーキが主です。)

No.1です。お礼を頂き有難うございます。

>気泡を塞いでから研磨するのですね。⇒バリ取りや湯口処理、それに段差処理などを済ませ、大まかに形が整った後に、気泡処理を行ないます。そうしないと、気泡がある状態でサンペ掛けすると削りカスが気泡の中に入り、洗浄しても中々除去出来ませんし、却って手間がかかります。

サフレスとの事ですが、サフを塗るとディテールが落ちると言うのがその理由だと思いますが、サフの効果は表面の傷を消すだけでなく、塗料の食い付きを良くする効果もあります。

特に...続きを読む

Qコンクリート型枠の離型剤について

宜しくお願いします。
DIYでセメントと遊んでいます。
型枠用の離型剤についてですが、市販品以外に家庭の身近な物で代用できる物は何かありますか?
やはり、離型剤を使わないと型枠の傷みが激しく困っています。型枠の材質はコンパネです。
市販の物を使えば良いのですが、何か身近な物であるのではないかと思い質問してみました。
是非、お知恵を拝借したいと思います。お願いします。

Aベストアンサー

型枠(コンパネ)の使いまわし数は不明ですが、型枠には
コンパネとメタル(金属)が有りどちらも雨ざらしの環境で使われますので水分が含むとコンパネはもろいですので使い回しは場合により難しいと思います。

また型枠用のコンパネが有りますが、多少高価ですが表面がつるつるしているので剥離材が多少で済み出来上がりが奇麗です。(打ちっぱなしの住宅などでは絶対条件)
今後の使用回数や用途でコンパネ>耐水ベニア>型枠用コンパネで検討したらいかがですか?

あと、塩ビの波板を型枠内に入れると出来上がりがまた違って面白いですよ。

Qガレージキットとプラ材の組み合わせにサフを・・・

レジン製ガレージキットにプラ板のディテールを瞬着でくっつけたところで気づいたのですが、このあと、レジン用サフを噴こうと思うのですが、レジン用サフは、プラ材に噴いてもすぐはがれてしまう、と、ノモ研という書籍に書いてあります。
こういう、レジンとプラ材の混じった箇所にはどの類のサフを選べばよいのでしょうか?
対策方法をご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

 レジン用にプラサフ(プライマー入りサーフェイサー)もありますが、クレオスのサーフェイサーなら、レジンでもプラモデルでも大丈夫ですよ。
 質問者のようにレジンとプラという異素材の場合でも、下地作りは出来ます。
 心配なら、レジンに部分に薄くプライマーを吹いてからサフを吹くのも手です。
 ただ、サフを吹く前の下地作りは丁寧にしましょう。
 磨きすぎても塗料の食い付きが悪くなりますから、注意。私は800番くらいまで耐水ペーパーで磨いてます。

Q有効な離型剤落としの方法

外国社製レジンキットを製作しようと思っているのですが、レジンキット特有の離型剤をどうやって落とそうか悩んでいます。(レジンキット製作暦は今回で2回目です。)
ネット上では、アセトン、洗剤漬け込み&歯ブラシで磨く、専用離型剤落としで洗う、自動車用ブレーキクリーナーを使うなど、色々ありますが、はっきり言ってどれが有効なのかさっぱり分かりません。
また、以前、国内社製のレジンキットを組んだ時は洗剤でかなり念入りに洗浄したはずなのですが、随分経ってからペロペロっと塗膜がはがれてしまいました。
洗剤で洗うにしても何かコツがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

洗剤<ベンジン・アセトン・ブレーキクリーナー・シリコンオフ等<専用離型剤落とし

ですかね。

こればっかりは実際やってみないと分かりません。

ネット上で沢山の意見があるのもその為です。

Qガレージキットとレジンキット

最近、『レジンキット』ということばを見つけたのですが、
ガレージキットとは違うものなのですか?

Aベストアンサー

レジンキット=製品の材質を現している物

製品の材質が2液性ポリエステルレジンで出来ている物。
このレジンを型に流し込み、化学反応によって常温硬化させた物。
この際に使われる型は射出成型のように高温高圧にならないので、
シリコンゴムなどでよく、安価に生産できるのがメリットです。
逆にデメリットはシリコン型など簡易な型を使うため、大量生産に向かず、
型が壊れたらそれで生産終了になる可能性が高く、再生産の可能性が非常に低いです。
反対に一般的なプラモデルは主材質がプラスチック(主にポリエチレンスチロール)を
金型を使い射出成型によって成型させたもので出来ている模型で、精密な金型を使うので、
金型に対する費用がかなりの高額になります。
(タミヤ 1/48一式陸攻の金型が1億円超えると聞いた事があります。)
そのため、ある程度以上の企業でないと設備投資に見合っただけの利益が見込めないので、
殆どのインジェクションモデル(一般的なプラモデル)は大きなメーカーで生産しています。
一部例外はありますが。

ガレージキット=製品の生産規模をたとえた物

タミヤやハセガワのように大メーカーが大規模な生産設備を使って大量生産している製品に対して、
主に個人や少数規模で経営されているメーカーで、1つの製品の生産数が数百個から
多くても数千個他単位の少量生産で、上記理由などの関係により生産終了した製品の再生産の可能性は非常に低い。
ガレージキットだから必ずしも製品の材質がレジンやホワイトメタル、バキュームフォームとは限りません。
ガレージッキットクラスの生産規模でもプラスチックのインジェクション成型で生産しているメーカーもあります。
この場合は大メーカーのインジェクションモデルと違い、簡易金型と言う制作費の安い金型を使うので、
大メーカーの製品のような数万個から数十万個と言った生産数は作れません。
数千個作れば金型が壊れてしまいますので。

レジンキット=製品の材質を現している物

製品の材質が2液性ポリエステルレジンで出来ている物。
このレジンを型に流し込み、化学反応によって常温硬化させた物。
この際に使われる型は射出成型のように高温高圧にならないので、
シリコンゴムなどでよく、安価に生産できるのがメリットです。
逆にデメリットはシリコン型など簡易な型を使うため、大量生産に向かず、
型が壊れたらそれで生産終了になる可能性が高く、再生産の可能性が非常に低いです。
反対に一般的なプラモデルは主材質がプラスチック(...続きを読む

QFRPの離型剤

木の型に、ポリエステルパテで整えた型にシリコーン離型剤を塗ってからFRPをやったら、うまく離型できますか?

Aベストアンサー

うまく離型できない場合が多いですが
1回限りの型なら壊してしまえば良いです。
何回も使いたいならパテの上にゲルコートしたほうが良いです。
また、いきなりメス型を作るのは大変難しいので
オス型を作ってそこからメス型を取るのが良いです。

Qガレージキット

レジンキットなのですが、長年作らずおいて置くと
なにかキット自体に変化はありますか?

Aベストアンサー

レジンは経年劣化します。
主に紫外線の影響を受けるのですが、
それ以外にも空気中の酸素にも影響して
酸化していきます(早い話錆びるということです)
具体的には、新しいうちはある程度の粘りがあるのですが、
経年劣化で徐々に硬化していき、最終的にはカチカチに
硬くなってしまい、ちょっとしたし衝撃でも欠けるように
なってしまいます。
レジンキットは型抜きの際に変形しやすいのですが、
新しいうちはドライヤーなどであぶって修正することが可能です。
これが劣化により硬化したものは修正しようとすると簡単に
折れてしまうことが有りますので注意が必要です。

QFRP用の離型剤はワックスでも代用可能なのでしょうか?

FRP用の離型剤を買おうと思ったのですが、ホームセンターに行ったところ3000円のものしかありませんでした。結構高かったため購入をしませんでした。
そこでネットなどで調べたところワックスでも代用可能と書いてあったのですが可能なのでしょうか?
補修作業のため離型後の見た目は多少汚くてもOKです。

また、アルミの薄板を型にしよう(割れたカウル部分の継ぎ目部分)と思うのですが離型剤を塗らないとだめですか??

詳しい方ご教授いただけないでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

焼付け塗装された鉄板を型にした時は、市販のワックスで十分実用可能でした。

表面が滑らかでも脱脂されたような状態では剥がすのに苦労する場合もあります。
せっかく補修したのに剥がす際にまた割れたのでは意味がありませんから、剥がす前提ならワックスを均一に塗りこんでください。

一般的に、型が平らや緩い曲面ですと離型は楽ですし、複雑な凹凸や折り曲げが多いと離型しにくくなります。
剥がしにくそうな部分には厚めにワックスを塗った方が良いですし、補修面の厚みが増しても問題ない場合は、最初から補強材として埋め込んでしまうのも一つの手です。

Qガレージキットの作成

ガレージキットを作る時ホワイトメタルの部品も中性洗剤で洗った方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

錆びるんで、ふつうは洗わないと思いますが……。

メタルは磨くのが基本で、それは離型剤にタルクやアルミナなどと粉を使うからです。
真鍮ブラシとか、歯ブラシで磨いておけば「足付け」にもなります。
離型剤の粉や磨いたら出る金属粉が気になるようなら、ベンジンやアセトンなんかで拭いてください。
これで表面の脱脂出来ちゃいますし。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報