ホリエモンこと堀江貴文氏(元ライブドア社長)が最高裁に上告していましたが棄却が決定、収監されることとなりました。

裁判当初から

「私は国策捜査の犠牲者だ」

「若い起業家、株式価格操作による成金を古い世代の財界人からの嫉妬を買った。彼ら財界人が政治家を動かし、政治家が検察に指揮権発動した結果、私が見せしめに逮捕されたのだ」

「この程度の瑣末な罪で逮捕、起訴、有罪とするのはおかしい。
 ピンポイントに私だけに狙いを絞っている」

と主張し、またその主張を支持する人も少なからず見受けられました。

上告中の身でありながら、最近は雑誌連載したり、舞台演劇に出演したり、取材も受けていました。

ですので、一審、二審で有罪判決が出ましたが、世間全体、メディア全体が彼を有罪視しているのではなく、支持している人も一定の割合で存在しているんだなあ、と思っていました。

しかし、最高裁は棄却を決定、収監されることになりました。

結局、彼は悪いことをしたのでしょうか?
まあ、裁判所は有罪を支持貫徹し、裁判所の決定=公の判断となるわけなのですが。

それから、彼は贅沢三昧な日々を送っていること(特に食生活)を、著書などで明らかにしていますが。
また大学中退後、起業してからは、常に「人を使う身」「上からの物言い」であったわけですが、そんな人が果たして刑務所の暮らしに耐えていけるでしょうか? 刑務所内ではいじめなどもあると聞きます。彼の精神状態がおかしくなってしまわないか、ひとごとながら大変心配です。有名人だったから、多少の特別扱いはしてもらえ・・・・・・・・・・・・ないですよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

白か黒かで言ったらクロ(粉飾決算をしたのは事実)ですけど、同時期にはるかに多い金額を粉飾した日興コーディアルは実刑になってませんね。



堀江さんの著書「徹底抗戦」を読むと面白いです。
彼は文章がうまくてサラサラ読めます。
彼に言わせると、この手の株が絡む事件は金曜に逮捕するらしいです。
それは土日の間に、投資家が冷静に情報を集めて自分を取り戻す時間を与えるため。
しかしこの事件に関しては月曜に逮捕した。
かりに悪いことをした人が自業自得としても、ライブドアの株を持っていた人、そしてすべての株を持っていた人(ライブドアショックと呼ばれる事件になりましたね。株は売りが売りを呼んでパニックになりますので)を巻き込んで大騒動にするのはどうでしょうか。

同じように検索が起こした犯罪としては、佐藤栄佐久前福島県知事の事件があります。
彼は福島原発のプルサーマル燃料に反対したから汚職事件をでっち上げたと主張しています。
(これも「知事抹殺」という本がある)

最近では村木厚子さんの汚職でっち上げ(フロッピーのタイムスタンプ改竄)というのがありました。
あっと驚くのですが、このフロッピーの改竄を行った前田検事が、上の佐藤栄佐久前知事の事件も担当していたそうです。

ということで、ホリエモン氏の事件も国策捜査の疑いが濃厚です。
灰色はどんなに濃くても白にするのが民主国家の司法制度ですが、日本はそうでもないですね。

さて、堀江氏は経営者時代は技術が分かり、自分で汗をかく評判がいい人であったそうです。
また、上記の本を見ると、拘置所暮らしも非常にタフで切り抜けているようです。
金持ちになるにはそれだけ図太くないといけないわけで、彼は不死鳥のようによみがえるのではないでしょうか。
2年半フルで収監されるとも思えませんし。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
お勧めの本、読んでみました。
周囲が
「は長いものに巻かれても、執行猶予を勝ち取るためには罪を認めたほうがいいのでは?」
と薦めるのに対して、彼は
「罪を犯していないのは犯していないんだ。たとえ罪を認めることが明らかな法廷戦略としても
 それを元に判決を下されたら、結局公の判決として自他共に罪を犯した、という事実が残る。
 後から
 ”いや法廷戦術として、あくまで執行猶予を勝ち取るためのうそだったのだ!”
 という言い訳は通用しなくなる。そしてそれは株主に対しての背任となるから絶対に認めるわけにはいかない」
という姿勢を貫いているということでした。

まあ、何でしょうな、いっていることの意味や彼のプライドは理解できないことはないのですが、あまりに高レベルの”矜持貫徹”というものは逆に子供っぽく、意固地になっているだけに見えるような気がします。
ライブドア事件に関する経済評論家、マスコミ人の意見を本、ラジオなどでおさらいしてみましたが、当時は堀江が極悪人であるかのように言われたが、今になってみれば、堀江およびライブドアと同様の会計テクニックを使っている法人はたくさんある。堀江があまりにも目立ちすぎたので狙い撃ちされた、という意見もかなり多くあるようです。

ご回答ありがとうございました。

補足日時:2011/05/11 11:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
本、読んでみます。

お礼日時:2011/04/29 04:21

>結局、彼は悪いことをしたのでしょうか?


「この程度の瑣末な罪で」と主張したなら、犯罪の自覚あり。

>彼ら財界人が政治家を動かし、政治家が検察に指揮権
>発動した結果、私が見せしめに逮捕されたのだ
警察OBの大物政治家を怒らせたからです。
小泉首相の刺客として2005年衆院選に出馬したのが原因。
すねに傷持つ身で、元警察キャリア(あさま山荘事件に出動)
の亀井静香を怒らせて、お目こぼしして貰えると思うのが甘い。
自民党を離党しても、警察→検察の人脈はある。
2003年自民党政調会長の時、叙勲の制度改革して警察官・
自衛官・消防OBに危険業務従事者叙勲を設けた功績は絶大。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。


亀の怒りを買ったんですね。

お礼日時:2011/04/27 08:23

本人は無罪を主張していて、「司法でシロクロつけたい」といっていましたが、シロになる可能性は限りなくゼロだというのに気づいていないほどアホではなかったと思います。


彼の立場としては難しいもので、「こんな程度たいしたことではない」と声高にいえば「やったことは事実」と認めることになります。立場上、「そんなことはやっていない」「俺は知らない」「部下たちが勝手にやったこと」としておかないと「やったことは事実」となってしまいます。
痴漢で捕まった奴が、「服の上から指先でちょっと触ったのは事実だが、パンツの中までは手を入れていない」といっても「結局触ったんじゃねーか」となってしまいますでしょ。
だからどこまでも無罪を主張しないといけないけど、そうなると無罪にならない限りは有罪になってしまう。ジレンマだったと思います。ただ彼は頭はいいけど賢明ではないので、時々ポロッと「こんなのたいしたことじゃないのに」みたいなことをいっていますね。暗に知っていたことをほのめかしてしまっています。

悪いことをしたかどうかというのはサンデル先生じゃないけど「正義とは、悪とはなんぞや」みたいな話になってしまうので難しいです。ただ、状況証拠から考えて彼が全く知らなかったというのは無理があるし、それに気づかないほど経営の素人でもないだろうと思いますし、やっていたことは相当に悪質です。他の事件じゃ捕まってない奴もいるというのは学校の先生に怒られたときに「なんで僕だけ叱るんですか。田中君だって、佐藤君だってやってます」というようなものです。

堀江氏自身もあちこちで挑発的なことを繰り返していたのですから、敵を作りすぎましたね。いくら自分が優秀でも、周囲を敵に囲まれたらいかな名将といえども勝てません。
結局彼は「頭のいいオタク」であって、会社経営者でもなければ政治家でもなかったということなんじゃないでしょうか。結局彼のやっていた商売は実体のないマネーゲームであって、もしライブドア事件がなくても例のリーマンショックで会社を潰したと思いますよ。そういう意味では、ライブドア事件のおかげで「被害者の顔」もしていられるというわけです。もしリーマンショックで会社を潰していたら、私は堀江氏が「不可解な自殺」をしたんじゃないかって気がしますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>結局彼は「頭のいいオタク」であって、会社経営者でもなければ政治家でもなかったということなんじゃないでしょうか。

これがすべてを言い表しているんですね。
風聞では、ニッポン放送株買占めの際に、「モノ言う株主」のキャッチフレーズで有名な村上氏が
「ニッポン放送株をいくらでも買え! 俺もお前以上に買い占めて支えてやる!
 二人でニッポン放送を奪い取ろう!」
と焚きつけられて調子に乗って借金までして株を買っていたら、ある程度株価が上がったところで、村上氏は売り抜けていたとか。二階に上ってはしごをはずされて、さぞ哀れなピエロだったことでしょうね。

お礼日時:2011/04/27 08:21

あまり報道されませんが、上場企業の粉飾決算で、


実刑判決を受けたのは彼だけではありません。
彼が逮捕、起訴され、実刑判決を受けたことは極めて妥当と思います。

ましてやこの事件は、アメリカではエンロンの事件が経済を震撼させ、
内部統制の重要性が最も強く叫ばれていた頃の話です。
トレンドに敏感なはずの彼が、見せしめだなんていうのはみっともないですね。

他の上場企業の場合と比べ、ライブドアの場合は素人の株主が多かった。
投資を生業としている人ならば、粉飾を見抜くのも仕事のうちですが、
素人が投資をするには、決算書を参考にするほかない。
その意味で、彼の虚偽記載は犯情悪質と見られて止むを得ないでしょう。
「決算書なんて信じる方が悪い」と言うのも実感としてはわかりますが、
そう言ってしまえば株式上場制度の建前が崩壊し、貯蓄から投資へという政策に反する。

粉飾をしたいなら上場するな、
上場するなら粉飾するな、ということだと思います。
非上場企業なら、粉飾の被害を被るのは、
融資判断のできない銀行員を雇ってしまった銀行くらいですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

極めて妥当なんですね。

お礼日時:2011/04/27 08:15

>結局、彼は悪いことをしたのでしょうか?



したんです。

彼の行為は当時まだ犯罪になるという前例が無い行為だった。
通常なら追徴金などお金を払えば済む程度の行為。

だから逮捕が不当だという声もあったけど、道徳的に見れば悪であることに代わりはない。


「見せしめ」というのもあながち間違ってないです。
しかし犯罪の取り締まりというのは多かれ少なかれすべて見せしめでやっているもの。

駐車違反だってスピード違反だってより悪質なものだけを捕まえてるでしょ?


堀江氏は「日本で一番目立つ状態で非道徳的な行為を行った」のだから
それが犯罪になるのはなんらおかしいことではありませんし、同情の余地はありません。


例えるなら、
「どうせ駐車違反なんて罰金払えば済むんだからいいや。」
と言って日本一目立つ駐車違反の仕方をしたら逮捕されたみたいなことです。


>有名人だったから、多少の特別扱いはしてもらえ・・・・・・・・・・・・ないですよね。

されますよ。

有名人の場合はトラブルを避けるために独房で、
一般受刑者とは違う作業を行います。

田代まさしが言ってました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

見せしめなんですね。

お礼日時:2011/04/27 08:13

>刑務所の暮らしに耐えていけるでしょうか? 刑務所内ではいじめなどもあると聞きます。

彼の精神状態がおかしくなってしまわないか、ひとごとながら大変心配です。
心配要りません。そんなやわな人であれば、そんな著書はかけませんから。
だましたお金は、100万円ぐらいではないのですよ。全財産を失った人もいるのですから・・・。だまされた人も、金儲けを考えたから・・・。

刑務所から出てきたら、懲役をネタに金儲けしますから・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>刑務所から出てきたら、懲役をネタに金儲けしますから・・・。

著書でも出版するんですかね。
タイトルは「塀の中の懲りない面々」をもじって「堀の中の懲りない面々」でしょうか?

お礼日時:2011/04/27 08:12

>有名人だったから、多少の特別扱いはしてもらえ・・・・・・・・・・・・ないですよね。


罪に関しても多少の特別扱いはするべきではないですね…

「この程度ならだれでもやっている」
あいつもやっているから無罪 と云う訳ではないですね
何よりそれが罪である事は否定していませんし、してないとは言ってないです


この件に関して関わっている事があるとすれば所謂『永田(堀江)メール問題』と云う奴です
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E6%B1%9F% …
そう云う意味では彼の主張も一理ありますが、それとこの問題は別件です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>何よりそれが罪である事は否定していませんし、してないとは言ってないです


語るに落ちる、って奴ですか・・・・

お礼日時:2011/04/27 08:10

出る杭は打たれるって奴です。



同時期に日興コーディアル証券が粉飾決算してましたが、
上場廃止にもならず、誰も逮捕されておりません。

規模は日興コーディアルの方が大きかったのにね。

結局はコネなんじゃないですか?

そうでないとしたら、私も合理的な理由が知りたいですね。
カネボウしかりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

日興やカネボウの事件もありましたね。

お礼日時:2011/04/27 08:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング