60歳で定年になって、年金がもらえるまでの仕事の収入ですが、
時給800円とか、パートやアルバイト感覚になるのでしょうか?

退職金が少なかったり、住宅ローンがある場合、
苦しい生活になりそうです。

コツコツ貯蓄して、この5年間を乗り切る準備は大切でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 今の職場で再雇用してもらえないでしょうか?


 年金が65歳からに繰り下がる年齢の方はその間、給与は下がってもこれが一番です。
 私は8年前に定年になりましたが、再雇用でそれまでの職場で働き、他で働くよりも今までの仕事と仲間で大変よかったと思っています。
 その後、違う仕事をしてみたく、ハローワークに通いましたが、その頃でも仕事はありませんでした。
 今している小遣い稼ぎの仕事は前の職場の縁故です。60歳過ぎての仕事は縁故しかないと思います。いい知人は大切にしましょう。
 年金は全て生活費には使えません。2割程度は必要経費(意外とみなさん年金生活前はご存じない)、国民健康保険費、固定資産税、地方税(市民税、県民税)介護保険税などがいります。
 個人的費用としては交際費が馬鹿になりません。
 それと、年金生活になったら生活の質をぐっと落としてなどと気楽なことを考えていたら、それこそ惨めなストレス一杯な老後生活になります。
 若いときには金はなくても人は寄ってきますが、金のない老人には人からは人は離れて行きます。
 若いときにこそ節約して、老後はむしろ華やいだ生活を目指しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

職場の環境にも左右されるようですね。
再雇用は無理かなぁ・・・

働きたいなら、どんどん知人に当たってみるのがいいようですね。

交際費は考えていませんでした。
外で楽しい思いをしようと思ったら、お金かかりますものね。

年金で、生き延びるために生活する、というのは、野生動物のようで、
人は寄ってこないだろうなぁ・・・

年金生活者らしき奥様たちが、おしゃれして、昼間ちょっとした
喫茶店でのコンサートに集まってますが,
ゆとりを楽しんでいる感じです。
家庭菜園も結構お金がかかるし、趣味をするにもどうしてもお金がかかります。
お料理も、ちゃんと作るほうがお金がかかりそう・・・
これらをすることによって、毎日の生活が豊かになるので、
やっぱり新築より、生活ですね。

お礼日時:2011/04/27 10:07

体が元気な間はいいです。




定年前の方がいってました。住宅ローンがあると くるしいです。自分はかんさいしていると。


たしかに 収入がなく ローン返済はくるしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

定年後にもローンを払い続けるのが苦にならないのは、
体が丈夫で、まぁまぁ儲かっている自営業(定年ないですが・・)
ぐらいかもしれません。

もし病気になったら、治療費や薬代がかかってくるし、
精神的にも追い詰められそうです。
それでさらに病気も悪化したりして・・・

やはりお金に振回されず、地味でも精神的にゆとりがあるのがいいですね。

お礼日時:2011/04/29 12:20

消費税の増額もほぼ決定的でしょうし・・・



何とか最終列車に乗り込んだ66歳です。
再就職先は マンションの管理人で毎日充実した日々を送っていますし、オマケにお給料は頂ける。
家ではインターネットを繋いでいなくてもここに来れば十分タダで使える。
仕事はほとんど午前中に終わるので、午後は趣味のDIYを 地下に作った工房で・・・

それに加えて、厚生年金にも加入中ですので 今は年金を頂きながら、
なお且つ給料から1万円程ですが将来増額になる厚生年金の掛け金も支払っています。

65歳の給付見直しでで支給月額8千円程上がりました、
70歳での見直しでも頂ける年金は同じように7千円くらいは上がるでしょう。
また、70歳になっても 嘱託(今でも嘱託ですが・・・)として健康ならば雇っていただけるようです。

70歳になると厚生年金は掛けなくて良くなりますので、給料からの天引き額も少なくなります。
その分生活に余裕が出てくるかも・・・。

私の場合 団塊の世代が後を追っかけて来ていましたので、58歳で早期退職して現在の仕事に就きました。
以前の会社は63歳まで雇用しますと云ってくれていた良き時代でしたが・・・。

先輩で もし同じような仕事をされている方がいましたら
是非 紹介してもらってはいかがですか?
60歳まで待たなくっても 今が人生設計を立てる良い機会だと思います。

ハローワークで探すより ツテで探すほうが確実にこの職業の場合 チャンスはあります。

私でも退職する時は 周囲の誰かを紹介するでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

主人は60歳まで退職しないつもりですが、
そのときになってみないとわからないですね。
年金も70歳から、と制度がかわるかもしれない・・・と
主人に注意しておかないと・・・

知人の紹介が本当に大切なようですね。
責任ある仕事なら、身元がわかっているので、雇うほうも安心だと思います。

お礼日時:2011/04/29 12:14

#1です



>退職金で二世帯住宅とか、夢のようなことをいってました。

自分が住む住宅は「消耗品」です

3000万円の家でも自分たちが使い潰すだけ...

今まで通りの収入+退職金...これなら構いませんが...

例えば、賃貸住宅を建てて老後の収入にするなら...

  2000万円の現金が有れば銀行は8000万円貸してくれます、1億円のアパートが建てられます
  そこからの手取り収入は年間で4-500万円くらいかな?
  年金+400万円...贅沢は出来ませんが従来通りの生活は続けられますね
  25-30年後は物件もおんぼろですがその頃はそれほどお金も必要なくなっているでしょう...(笑)

同じ住宅でも賃貸住宅は「お金を生んでくれます」、経費・税金は入居者が支払ってくれます
空室が目立ったら自分たちがその物件に住んでも良いでしょう

5年間ではなくそろそろ今後一生の生活設計をしましょう
    • good
    • 0

63歳のおっちゃんです。



うらやましいだろうと言う意味じゃなく、もし貴女に定年までの余裕があるなら、こういう選択もあるのだな、という感覚で読んで下さい。

私の会社も5年の定年延長制度があり、もちろんそのつもりでいました。
59歳のある日、妻と二人ドライブしました。
ある神社の階段が高くて「おい、こんなところ登るのか。登ったことにしよう」と帰ってきてしまいました。
そのとき思いました。65歳まで働いて、それからの生活は、庭の草取り、老人倶楽部で温泉、孫に小遣いを使うだけの楽しみ・・・これはたまらん、と延長をやめ、体力気力のあるうち、楽しまなきゃと、妻と二人、愛車で北海道。
民宿、ビジネスホテルと渡り歩いていましたが、知床の遊覧船に乗ろうとしましたが、波が荒く結局4日間の欠航。周りを見ると、夫婦で車中泊をしている人の多いこと。私も船を待っている間車中泊。

ここで多くの人と知り合いました。
色んな話が出ました。みんな定年を迎えたご夫婦です。
退職金の使い道の話も出ました。

「子供に残す必要があるのか、残して子供はどう使うのか」など、いろいろ出ましたが、(忘れましたが)良い田んぼを残すと子は駄目になるが、貧しい田んぼを残すと子は利口になる、という意味のことわざを聞かされ、(そうだな)という結論に達しました。

私は運が良かったのですね。
家は37歳のとき建て、55歳でローンが完了したので、定年のときは身軽でした。
学校を出てから一度も転職していなかったので、年金が途切れるとか不明になるなどの心配はいらないし、満額受け取られます。退職金も「自分たちのため(妻も共働きでした)」だけに使えば良いと言う感覚ですから、金の心配はありません。

母が12年間、施設でお世話になり、その間私もボランティアに励みました。組織もよくわかりましたから、私たちの老後も安心です。意地悪な「お姉ちゃん」が、早く施設に入って来て・・・私がオムツ変えてあげる、とてぐすね引いて待っていてくれます。(おお怖)

今でも毎年、キャンピングカーで北海道。もう、今年で5年目です。動く別荘です。

仲間や同級生にもいろいろいます。
二人娘をもっている同級生。「私、後を継ぐね」の言葉を真に受けて、50代になって新築したが、好きな人が出来て、借金だけ残った。

息子の同居を当てにして新築したが、嫁と母の折り合いが悪く、マンションに行ってしまった息子。

いろいろ話を聞くが、「定年までに身軽になる」ということが一番です。
退職金を当てにするとろくなことがないですよ。
退職金は「左団扇」のために使いましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今の60代は若く、70代でもまだまだ若い方がおられます。
孫の世話もいいけど、大きくなったら寄り付かなくなるみたい・・
それよりも生き生きと自分のしたいことをしている姿を見せるほうが
いいような気がします。

退職金は自分が入る施設のために取っておくのが、
子供のためにもなる感じですね。

親のお金を当てにするのは、破滅への第一歩かもしれません。
努力も我慢もできない人間になってしまいそう。

長男と同居目的で、大き目の家を建てる方、結構多いですね。
先に家建ててしまって、肝心の長男が出ていくケースも多いです。
同居は超ハイリスクですね。

年取ってから、新築のローンに振回される生活は、絶対避けたいと思いました。

お礼日時:2011/04/27 09:49

定年間際の人間です...



>時給800円とか、パートやアルバイト感覚になるのでしょうか?

それでも仕事があれば良いのですが...

大学新卒でも働く場所の少ない時代ですから60のおっさんの働く場所はより少ないでしょうね

働く気は有っても働く場所は少ないでしょう

>コツコツ貯蓄して、この5年間を乗り切る準備は大切でしょうか?

それが最低限の当たり前だと思いますが...

・個人年金の積み立てをして60才から5-10年間貰うように準備しておく

・老後の貯蓄をしておき「年金+貯蓄の取り崩し」で生活出来るように準備しておく

年金収入だけを頼りに死ぬまで生活するのでは惨めでは?
しかも定年後も住宅ローンが残っているようでは...定年までに完済しましょう

私自身の対策では...

・半年くらいは失業給付でしのぐ
・5年支給の個人年金に加入している(妻は10年支給)
・賃貸投資物件を増やし退職後も従来の年収を確保している
・退職金には一切手を付けない
・物価の安い東南アジアなどでロングステイ生活(1年の内半分くらい)

そんな計画です

定年=収入は激減しますが出費もそれなりに少なくなると思ってはいますが...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現実をしっかり教えてもらえて、助かりました。

主人も私も、現実的に考えられず、退職金で二世帯住宅とか、
夢のようなことをいってました。

やっぱり定年後は、生活も地味に変えていかないと、やっていけないようですね。
高価なものは食べられなくなり、物も欲しくないようになり、
子供にもお金がかからないので、出費は少なくなりますね。

ロングステイはテレビでやってました。
面白そうですね。体験的にやってみるのも楽しそうです。

退職金には一切手を出さない、は主人がわかってくれるかどうか・・・
ご苦労さん分を渡して、あとは私が管理しないと、どこかへ消えてしまいそうです。

お礼日時:2011/04/26 20:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定年までに2~3千万の貯金が必要?・・・って貯金できなかった人は?

定年後か間近の方にお伺いします。

年金だけでは老後の生活を支えられないから、定年までに●千万(3千万だったかな?)以上の貯金が必要だとかいう記事を、何度も目にしました。
もちろん退職金も含めていいんだと思いますが。。。

ところで、平均的なサラリーマン世帯では、退職金をもらって住宅ローンを完済した時点で、3千万ぐらい残っているもんなんでしょうか?
日本の人口1人当たりの金融資産が1千万超だとすると、年配世代はそのくらい持っていないと計算が合いませんが。。。
私たち夫婦はこれからローンを組んで、子供を生んで育てて・・・
なもんで、そんなに貯められるのか不安でいっぱいです。

現実にどうなっているのか、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
終身雇用が崩壊した現在では全く予測が出来ませんが、それは無いとして。

子供が成人するまでは学校絡みで何かとお金が必要ですので、あまりまとまった貯金も出来ません。
なんとか貯えた貯金も、「結婚」というイベントでかなり奪われます。

さて、25歳~30歳で子供が出来たとして、
その子が成人し、結婚するまで約25年。
その時あなた達夫婦は50代。
定年まであと10年ほどです。
3千万貯めるには年間300万の貯金が必要。

(終身雇用、年功序列だとして)
順当に行けば部長以上ですね。
そうすると良い会社なら年収1000万超えます。
夫婦二人の生活費は30万もあれば十分。
諸々の臨時の出費を含めても、月30万貯金できますね。年間300万、10年で3000万。
ほら出来た。

団塊の世代って良いなあ、というのが結論。
今の20~30代が3000万貯めるには、出世するか一発当てるしかありません。

Q60歳定年後も働き65歳まで厚生年金をかけたら?

厚生年金を中学卒業とともに就職し45年かけまして60歳定年となりますが 再雇用
で65歳まで働きひきつづき厚生年金をかけたら65才時に いかほど増額しますか?

  事例でいいので教えてください。

Aベストアンサー

NO2のかたが書いておられます、長期特例について補足します。

44年以上厚生年金加入、かつ退職(被保険者ではなくなる・・パート嘱託なども含む)されてる方は、長期特例に該当し、通常例えば昭和26年生まれならば60からは厚生年金の報酬比例部分のみですが65歳からしかもらえない定額部分の支給がうけられます。
簡単にいえば、65歳からの金額が早めに受けられます。

1、ですので、年金事務所に行き、退職した場合の金額を確認しましょう。
一定の条件にあう配偶者がおられる場合加給年金もつくことがあります。

2、かたや、継続雇用の場合、長期特例の扱いは受けられず、在職老齢年金となり、報酬とのかねあいで年金額が減らされる場合もあります。

結論として1,2の点を確認されることが重要となります。
また、同時に増える年金額も確認されたらいいでしょう、
年金額は報酬によりますので人の事例はあてはまりません。

Q定年退職をしてからの主人との生活

よろしくお願いいたします。
去年4月に主人は60歳で定年退職をしました。
定年後の職はなく、ハローワークへ行ってもなかなか仕事はありませんでした。

結果、今は年金をもらいながら、無職でうちにずっといます。
一時期、内勤でちょっとした重労働を2カ月ほどしていました。
重労働と言っても女性も同じ年配の人もいたので、そこまでの重労働では
なかったのではないかと思います。

隣の駅で朝6時から10時までの4時間働いていました。
疲れるのか、今までの管理職からまったく違った仕事についた
ことにいやだったのか、2カ月間は非常に不機嫌で、些細なことで怒ったり、
時には暴力もありました。


私は、55歳でうちで仕事をしています。もう12年続いている仕事です。

生活費は食費分が年金では足りないので、私の収入から出しています。

まだ61歳でずっと働かないでずっと家にいて、好きな小説を書いていますが、
それが、お金になるわけでもなく、とにかく家にいて、外に出るのは犬の散歩。
後は、午後は本を読みながらお昼寝です。
病気もなく健康なのに、毎日家にいて、息が詰まる思いです。

私は家で仕事をしているので、気分転換にジムへ行ったり、出かけたりしています。
が、家に帰ると、必ず主人がうちにいると思うと何だか疲れてしまいます・・・気分が。

主人ももっと、何かサークルとかジムとかに行って気分転換をすればいいのにと思う
のですが、私が言っても頑固で自分がしたいと思わないと、何もしない人です。

家にいれば、いろいろ目につき・・・というか、例えば、電球が4つあるうちの2個が
切れてしまい、うす暗くなっていても、電球を買ってとりかえようともせず。

はっきり言って私は仕事もしているし、家事もしているのに、主人はつまりは暇なのに、
電球すらつけてくれないです。

犬は主人が飼いたいと言って飼ったのにかわいがるだけで、いいとこ取りでごはんを
あげたり、お菓子をあげるのは主人で、結果、わんこは主人が1番好きです。

10年飼って獣医さんに連れて行ったのは5回くらい。
わんこが調子が悪くても獣医さんに連れていかなくて、いつも私が連れていきます。

昨日も私が仕事の後、4時頃獣医さんに連れていくからと言ったら、自分の運動のために
散歩に連れていくと。じゃ、獣医さんに連れて行ってと言ったら機嫌が悪くなり、渡した
お札をぐちゃぐちゃにして、ポケットにつっこんでいました。

6時頃帰ってきて、獣医さんへ連れて行ったのかと思ったら行かなかったと。
結局渡しが獣医さんに連れて行って、帰ってから、家の中で飼っているので、きれいに洗って、
それから、急いでお夕飯の支度。

主人は私が獣医さんへ行っている間、お風呂に入ってお夕飯を待っている。

無職で暇なのに、なんで私がここまでするのかと怒りさえ覚えます。

みなさまにご質問したいのは、定年退職をした方、または奥さま、どんな生活を
なさっていますか?

私の父は75歳まで働き、趣味も多趣味でしたし、姉の旦那さんも60歳を超えていますが、
働いて、テニスなどの趣味を持ち、お友達と飲みに行ったりしています。

うちの主人にはそれがないんです。
毎日、同じ生活の繰り返し。私は仕事で外に出ることもあります。

長文で申し訳ありませんでした。

よろしくお願いいたします。

よろしくお願いいたします。
去年4月に主人は60歳で定年退職をしました。
定年後の職はなく、ハローワークへ行ってもなかなか仕事はありませんでした。

結果、今は年金をもらいながら、無職でうちにずっといます。
一時期、内勤でちょっとした重労働を2カ月ほどしていました。
重労働と言っても女性も同じ年配の人もいたので、そこまでの重労働では
なかったのではないかと思います。

隣の駅で朝6時から10時までの4時間働いていました。
疲れるのか、今までの管理職からまったく違った仕事についた
こと...続きを読む

Aベストアンサー

<生活資金対策>
リバースモーゲージという言葉をお聞きになったことはありませんか?
これには公的な貸付制度と、民間金融機関による融資があります。
通常のローンとの違いは、契約者が死亡した時点で借金を一括返済する点です。
年金だけの老後資金に不安を感じる方は、持ち家に住みながら融資を受けられるので、一つの選択肢になりうるでしょう。
ただし現在まだローンが残っているケースではどういう扱いになるのか分りません。
一度相談に行かれてみてはどうでしょうか。

都道府県の福祉協議会・・・長期生活支援資金貸付制度
民間の金融機関・・・三井住友信託銀行、スター銀行

<濡れ落ち葉対策>
ご主人は「エブリディサンデー」をどう過ごしたらいいのか当惑されているのだと思います。
またそんなご主人のどこに不満を感じるのか、あなたも的を一つに絞ってみましょう。
●自立していないために万時手の掛かるのが嫌なのか
●会話がないことが嫌なのか
●存在そのものが気に入らないのか
夫話をして解決できる問題ならば率直に協力を求めてみましょう。
これまで会社にコントロールされてきた男性は、自分の意思で時間を使うことに慣れていないということを念頭に入れて置いて下さいね。
健闘を祈ります!

<生活資金対策>
リバースモーゲージという言葉をお聞きになったことはありませんか?
これには公的な貸付制度と、民間金融機関による融資があります。
通常のローンとの違いは、契約者が死亡した時点で借金を一括返済する点です。
年金だけの老後資金に不安を感じる方は、持ち家に住みながら融資を受けられるので、一つの選択肢になりうるでしょう。
ただし現在まだローンが残っているケースではどういう扱いになるのか分りません。
一度相談に行かれてみてはどうでしょうか。

都道府県の福祉協議会・・・長期...続きを読む

Q65歳まで働いても年金は月20万?

ネットで見たのですが、
来年65歳で定年退職する方が、年金額が月20万弱とのこと。
妻は専業主婦でまだ60歳前、年金受給年齢になっていないのでご主人の方に加算が付いている可能性ありですが…。

ちなみに、その男性は現在、毎月給与として口座に振り込まれる額が85万とのこと。
手取り月給が85万ってことですよね?
月給だけでも(社会保険と税金以外の控除無しと考えて)手取りは1400万はある状態ですよね?
(ボーナスあればもっと多い…)

60歳過ぎてこの位高給を頂ける方は現役時代もある程度年収が有ったと思います。

それでも65歳からの年金額は月20万弱(実際は19万ちょっととのこと)しか貰えないのでしょうか?
この年金額は、老齢基礎年金は含んでいないのでしょうか?

厚生年金が標準月額62万(実質60万ちょっと)で頭打ちになるのは知っています。

仮に、大卒で60歳(38年)、65歳(43年)、標準月額がずっと最高額だった場合、厚生年金の支給額は幾らになるのでしょうか?

また、現在、大卒の方が頂いている厚生年金の平均受給額は幾らでしょうか?

(今の全体平均が夫婦で22万チョットと聞くので、妻の基礎年金引くと夫側だけで16万弱なのかな位の知識はあります)

うちも夫が49歳でそろそろ老後の設計を具体的にする必要があり、記載の男性の例が本当なら、うちの年金額も期待できないな…と心配になりました。
今まで何度も立て直してきた計画では受給額2割減まで想定してましたが…。
(実際は夫は厚生年金基金と企業年金も別にあるらしし来年50歳にならないと目処も立ち難いのですが)

詳しい方よろしくお願いします。

ネットで見たのですが、
来年65歳で定年退職する方が、年金額が月20万弱とのこと。
妻は専業主婦でまだ60歳前、年金受給年齢になっていないのでご主人の方に加算が付いている可能性ありですが…。

ちなみに、その男性は現在、毎月給与として口座に振り込まれる額が85万とのこと。
手取り月給が85万ってことですよね?
月給だけでも(社会保険と税金以外の控除無しと考えて)手取りは1400万はある状態ですよね?
(ボーナスあればもっと多い…)

60歳過ぎてこの位高給を頂ける方は現役時代もある程度年収が有ったと...続きを読む

Aベストアンサー

> ネットで見たのですが、
> 来年65歳で定年退職する方が、年金額が月20万弱とのこと。
その方のデータが不明なので推測となりますが、次のようなことが考えられます。
 1 比較的賃金格差が大きな会社にずっと勤めていた。
 2 厚生年金の加入期間が短い
    ⇒国民年金第1号被保険者であった期間が長い
 3 厚生年金基金に加入していた場合、厚生年金基金に加入していた期間は老齢厚生年金の金額計算対象外。
    ⇒別途、厚生年金基金(または企業年金連合会)から、厚生年金基金加入期間に対する年金給付があります。
 4 現在受給している在職老齢年金が支給調整となっており、その調整後の金額を書いている
 5 60歳以降65歳までの加入期間に対する老齢厚生年金の増加額を書いている。

> うちも夫が49歳でそろそろ老後の設計を具体的にする必要があり、記載の男性の例が本当なら、
> うちの年金額も期待できないな…と心配になりました。
毎年誕生月に届いている「ねんきん定期便」は見ていますか?
そこに記載されている年金予想額は、現時点での保険料納付記録に基づく予想額[※]
  ※変な説明をすると、基準日以降は保険料を滞納した場合の金額です。
その予想額を厚生年金の加入月数で割り、60歳までの加入月数を掛けることで、おおよその給付額は出ますよ。但し、基金や企業年金からの分は「ねんきん定期便」には金額記載されませんので、加入している団体に問い合わせるしかありません。
 [例]
  ○条件設定内容
  ・年金の加入期間 348月
    ⇒20歳から49歳までの29年
  ・老齢基礎年金の金額欄 月額47,500円
    ⇒因みに、満額は786,500円(年額)
  ・老齢厚生年金の金額欄 月額200,000円
  ○60歳定年で65歳から貰う老齢給付[老齢基礎年金+老齢厚生年金]の推測額
   (47,500+200,000)×480月÷348月
   =247,500×40年÷29年
   ≒341,400円

> ネットで見たのですが、
> 来年65歳で定年退職する方が、年金額が月20万弱とのこと。
その方のデータが不明なので推測となりますが、次のようなことが考えられます。
 1 比較的賃金格差が大きな会社にずっと勤めていた。
 2 厚生年金の加入期間が短い
    ⇒国民年金第1号被保険者であった期間が長い
 3 厚生年金基金に加入していた場合、厚生年金基金に加入していた期間は老齢厚生年金の金額計算対象外。
    ⇒別途、厚生年金基金(または企業年金連合会)から、厚生年金基金加入期間に対する...続きを読む

Q定年後の収入について

私は会社務めの55歳です。
最近、役職定年のため、管理職手当てがなくなり、収入もかなり減りました。

定年年齢は会社規定で60歳なのですが、それ以後は1年契約の社員として勤務することもできるようです。

そこで、一般的な質問なのですが、定年後の契約社員になった場合は、収入はどれくらい減るものなのでしょうか。

もちろん、業界や企業によって様々なのは承知のうえですが、経験を交えて教えていただきたく、よろしくお願いします。
できれば、いろんな業界や立場の方からのご回答をいただければ幸いです。

Aベストアンサー

某銀行に勤務していましたが取引先への転職は別として、52.3歳で関係子会社に転職すると現役時代の年収の約60%となります。部長職以上の場合は65歳まで勤務することが出来ますが、その他は60歳です。
銀行の関係小会社に転職した場合は最初の年は住民税(前年度で計算)が高く、手取りは殆どなくなり、蓄えで生活しなければなりません。1年間は大変苦しい生活になりますので、私は過去の親密な取引先の顧問として顧問料収入でやりくりしました。関係小会社に勤務すると規律はあまり厳しくないので、一部の人は顧問収入で生活費を稼いでいる人も多々いました。
定年後は特殊技能を持っていることから、親密な取引先等から顧問就任の依頼があり、3社程度あれば年収は年金とあわせれば関係小会社勤務時代より大幅に増えました。
定年後、契約、パート的な行員になりますと、年収は多くても250万円程度と思われます。私も要請がありましたが、断りました。

Q定年退職後に再雇用された64歳、失業給付はどうなる

現在64歳で、11月に65歳になる父のことで質問いたします。

60歳で定年退職し、再雇用で嘱託として働いていましたが、10月いっぱいで完全に退職
することになっています。(退職金もすでに受け取っています)
40年以上、ずっと同じ勤務先でした。

先日、退職したらそのあとどうするかという話をしていた時に、父が
「自分は65歳以上で、年金をもらうから失業手当はもらえない」と言っていたのです。
私はそんなはずはない、ハローワークに行って認定されれば「高年齢者求職者一時金」
を受け取れるはずだと思いました。

しかし、そもそも今月で退職するということはまだ64歳なのだから、一時金ではなく、
普通に失業給付が受けられるのではないかという疑問も浮かんできました。

どちらにしろ受け取れないということはないと思うのですが、退職金を受け取っていて
再雇用されたことの影響が何かあるのだろうか、と今ひとつ自信が持てません。

そこで疑問点をまとめると、以下の2点になります。

・65歳の誕生日前に離職すると、一時金ではなく失業給付をうけることになるのでしょうか。
・それは、定年退職から同じ職場に再雇用された後の離職でも同じ扱いになるのでしょうか。

知識が足りないもので、ご存知の方はぜひ回答いただきたいと思います。

現在64歳で、11月に65歳になる父のことで質問いたします。

60歳で定年退職し、再雇用で嘱託として働いていましたが、10月いっぱいで完全に退職
することになっています。(退職金もすでに受け取っています)
40年以上、ずっと同じ勤務先でした。

先日、退職したらそのあとどうするかという話をしていた時に、父が
「自分は65歳以上で、年金をもらうから失業手当はもらえない」と言っていたのです。
私はそんなはずはない、ハローワークに行って認定されれば「高年齢者求職者一時金」
を受け取れるはずだと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

 お父様の場合、11月に誕生日を迎えられるとのことですので、一時金ではなく基本手当を150日分受けられると思われます。以下、ご説明します。

 65歳になるのは、「年齢計算による法律」により、誕生日の1日前になります。
 失業給付を受けられる年齢は64歳未満であり、結論的には、誕生日の2日前までに退職をし、ハローワークに行き求職活動をすることによって、失業給付を受けることが可能になります。

 60歳定年後に同じ会社に再雇用されたときの雇用契約が週20時間未満になることが無ければ、雇用保険の資格を喪失していないはずです。つまり、被保険者であった退職前の過去2年間に、11日以上出勤した月が12ヶ月以上ある場合に、失業給付をもらえることになります。もらえる金額は、自己都合で退職した場合、40年以上勤務とのことですので、基本手当の日額は150日分です。基本手当の日額とは、離職した直前の過去6ヶ月の給料を180日で割った金額の45~80%(このうちのどの割合になるかはハローワークが決定)のことです。

 65歳の誕生日の前日に、「一般の被保険者」から「高年齢継続被保険者」へと自動的に変更されてしまいます。
 「高年齢継続被保険者」が退職した場合、被保険者であった期間が1年以上で50日分、1年未満で30日分の「高年齢求職者給付金」という一時金しかもらえません。あなたのお父様の場合は50日分で、失業給付の3分の1の日数ですが、今回は関係ありません。

 年金との支給調整ですが、65歳になるまでに雇用保険の給付を受けるときは、年金の全額または一部が支給停止されることがありますが、65歳以上であれば年金を減らされることはありません。

 会社から退職金をもらったからといって、雇用保険の給付が調整されることはありません。
 
 以上、ご参考まで。

参考URL:https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_basicbenefit.html

 お父様の場合、11月に誕生日を迎えられるとのことですので、一時金ではなく基本手当を150日分受けられると思われます。以下、ご説明します。

 65歳になるのは、「年齢計算による法律」により、誕生日の1日前になります。
 失業給付を受けられる年齢は64歳未満であり、結論的には、誕生日の2日前までに退職をし、ハローワークに行き求職活動をすることによって、失業給付を受けることが可能になります。

 60歳定年後に同じ会社に再雇用されたときの雇用契約が週20時間未満になることが無ければ、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報