ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

大前研一さんもおっしゃってましたが、なぜ日本は車にしろ住宅にしろ
買った瞬間から評価額がガク~~~ンと下がるのでしょうか?
あまりにもその下がり方が極端ではないでしょうか!?
たとえば、有名人が乗っていた車なら逆に値段は上がるかも知れませんが
一般人が半年乗った車の値段が中古車屋などに持っていくと半値?
たとえば600万円で買った車が300万円に下がるのはなぜでしょうか?
あまりにも評価額が下がりすぎる気がします。
他国では何万キロも乗っていた車でも半値くらいで買ってくれるとのことですが。
買い手がいないからなのか?中古屋が儲けすぎているのか?
結局は、日本人の新車じゃなきゃダメ志向?のせいですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

多分、評価額が下がるんじゃ無くて、新品に人気がある、需要が高いからです。


マンションでも、車でも、最初から新品を買わない人、ご質問でいう、中古に価値を見出している人は、割とリーズナブルに売り買いが出来る国ですよ。

新品だけ、欲しがる人が多いから高いだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

逆に中古品に価値を見いだせる!そうも考えられますね。
目ききができる実力があればいい買い物ができる!
回答に感謝です~!

お礼日時:2011/04/27 18:05

「中古」というレッテルが貼られるからです。

個人の所有物になると、企業から新品を買うのに比べ品質や保証などのアフターに対する保障に不安が残ります。
どうしても、サービス的価値が無くなるのでその分ガクッと値が落ちます。当たり前といえば当たり前です。日本人の価値観ですから…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました~!
う~~~ん、「もったいない」といいながら
方や新品・新製品絶対的志向の日本人、矛盾してる点も多いなぁー。

お礼日時:2011/04/27 18:03

日本人が潔癖症だからでしょう。



商品は、ほんの少しでも見た目に難があればアウトレット。野菜などは、栄養よりも、色がきれいで形の整った作り物のような物ほど売れる。政治家さえも、中身よりも見た目で判断して選んでいるぐらいです。

中身がスカスカでも、見た目が良ければ、いくらでも高いブランド商品を購入する、頭がスカスカの国民。

中身の無い張りぼての日本は、そのうち、原発のごとく、音を立てて内部崩壊します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございましたー!
辛口な回答と思えないのが悲しい現実ですね~。
ほんとになんで日本はこんな風になってしまったのかなー。

お礼日時:2011/04/27 18:01

買値と売値を比較してもしゃあないぞ。



600万円が売り値なら、業者の買値は420万円じゃろ。
半年乗って420万円が300万円になるのは新車から中古車に商品が変わったからじゃ。
一旦、中古車という名の商品になると、次の半年乗っても、300万円が270万円になる位じゃろう。半年で1割の下落。
これはトヨタなど10年ぐらいでゴミになる車の場合ですね。
同じ新車時600万円の売り値のドイツ製などは、新車の仕入れ値が420万円とすると、半年乗った中古車の仕入れ値で350万円、次の半年乗っても20万落ちの330万ぐらいで仕入れるですね。

日本の住宅が下がるのは、いわるゆホームメーカーが膨大なテレビ広告費を使っているので、2000万円の家を3000万円で売っているからじゃな。
もともと2000万円の家なんだから、それが中古になったら2000万円でも高いな。1900万円で売れれば恩の字ですよ。

一方、本物の棟梁が本物の木で3000万円かけた家はそんなに極端に下がらんよ。5年住んでも2500万円の価値はあるじゃないかな。
とはいえ、本物の家を欲しがる人が少ないので、需要供給のバランスから、本物の家といえどもすぐには買い手がつかんがな。

いずれにせよ新品には巨大な広告宣伝費が含まれているので、新品を買うよりも品質の良い製品の中古を買うのが一番かしこいと思うな。
新車の売り値が600万のBMWを5年落ちで250万円で買って、それにあと5年乗って、10年目で50万で処分すると、200万で5年乗れることになる。使い捨てのクルマを新車250万で買って、5年後に50万円で処分するよりも、満足度が高いと思うな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さすがは、ハンドルネームがMokuzou100nenn様!
大変わかりやすい回答に感謝です~!

お礼日時:2011/04/27 17:59

ひとつは、日本が世界で一番物が豊富だから、もうひとつは、税制のため、です。



まず、世界でモノが豊富だからというのは、車や住宅などの供給量が豊富にあるということです。
逆に中古車しか手に入らないような国であれば、中古車価格は輸入してこれる量が重要になるため、中古車の価格が値下がりしにくくなります。
ロシアの日本海側の地域では、ソ連時代の車が使い物にならず、かといって欧州から輸入してくるには、関税が安くても輸送費用が高いため、日本の中古車を輸入して利用しています。10年落ちで10万キロ越え(日本ではほとんど売れない中古車)が高値で取引されます。
日本ではメーカーが乱立しているため、新車の購入圧力が高く、中古車はすぐに値下がりすることになります。住宅も同様です。

次は税制の問題ですが、こちらのほうが根が深いです。

私も「なぜ日本では300年使える建物が無いのか?」と思って調べたことがあります。結論は「税制が悪いから」ということで、これが評価額に大きく影響を与えています。

まず「減価償却」という税法上の措置があります。会社などの会計では毎年決算で会社のすべての資産の価値を調べる必要があり、営業車といえども「会社の資産」として計上する必要があります。
たとえば自動車は使えば使うほどへたってくるのですが、使い方によったり事故が起きたりして同じように算定するのが難しいため、減価償却法に従って資産計上することになっています。
ちなみに自動車の現伽償却期間は「5年」で、自動車は5年たつと法律上は無価値になるのです。
300万の自動車を購入してすぐに売った場合、まる5年はすでに切り始め4年とちょっとの計算になりますので、1/5=60万程度値下がりことになり、それはこの基準によるからなのです。
保険でも中古車市場でもこれを基準に計算します。
逆を言えば、会社が中古車をほしいとき新車価格300万円の3年落ちなら120万ぐらいで購入する必要があります。手数料は別としても本体価格を会計処理するときに減価償却基準と合わなくなるからです。
これが自動車価格の目減りに大きく影響しています。

また住宅の場合、一般住宅は35年ですが、その中についている水道管などは15年程度の減価償却となります。ですから原則として35年を越えたローンは組めないし、35年以上たった住宅は無価値なため、毎年の目減り額は大きなものになるのです。

ところで「個人が買うんだから関係ないだろう」という指摘もあると思うのですが、中古自動車、中古住宅でも一旦販売店が買い上げて売るのが一般的ですから、在庫として抱えているものが決算時に会計処理されるため、あまりにもかけ離れた価格で算定することができないという事情もあります。
そのため、全体に大きく影響するのです。

ところで、海外はどうなのか?という問題があると思います。
これが日本の税制の一番悪いところでもあります。
簡単に言うと、海外の税制では補修した分は価値が上がる、ということなのです。

よくアメリカの映画などを見ていると、若い夫婦が中古住宅を購入して、壁を自分たちで塗り、テラスを補修し、庭を飾るというシーンがよく出てきます。
あれは単に安く改修費用を上げるためだけではないです。補修した分は減価償却上、価値が上がったと算定されるのです。
つまりなるべく安く自分たちの労力で住宅の補修をして、家を長く維持できれば、それにかかった費用も確定申告で経費計上して税金を抑えることができますし、住宅査定のときに補修した部分を照明できれば資産価値が上がったとして算定されるのです。
つまり自分たちの努力しだいでは、買った金額と同等の金額で売ることもできるということになるわけです。
その代り、アメリカでは確定申告を全員することになっていたりするのですが、日本のようにただ目減りするだけ、というのとは税制上もまったく違うのです。
このようなことを大規模で続ければ、300年以上昔の建物がいまだに価値を保ち続ける、ということが可能になるのです。

日本も長期耐久住宅など200年持つ(つまり価値が減りにくい)住宅など、税制や様々な優遇策で国がバックアップするようになってきましたが、日本人自体が「新し物好き」ですので、なかなか浸透して行かない部分もあり、また日本の経済力では新しいものが(世界的に見て)ものすごく安く手に入りますので、なかなか浸透していきません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
車の件よくわかりました~!本当に日本の税制って・・・。
また、住宅の件もよくわかりました!
アメリカの住宅は資産価値が上がるのになぜに日本は?って以前より思ってました。
日本の場合、建築基準法などがあっても、街並みの評価とかそんなものは
全くないですものね。ご丁寧な回答に感謝しております。

お礼日時:2011/04/27 17:57

他国って、アジアとかアメリカとかですよね?。

つまり車を「足」としか考えて無い国でしょう。エンジンさえ回れば問題ないですから。

日本はそうではなく、一応ステータスやファッションとして考えてますから。お国がらですよ。

そもそも泥だらけ、埃だらけ、傷だらけのぼこぼこの車ばかり走ってたら、街も汚く見えますし。砂漠の真ん中の街ではないので風景も変わってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
確かにカーワックスが世界で一番売れる国=日本ですね。

お礼日時:2011/04/27 17:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング