65歳の母が棘上筋の完全断裂と棘下筋の部分断裂と診断されました。そして、医者は「年齢的に手術は厳しいので、しない方向で行きましょう」と言い、保存療法という名の放置を決め込みました。「痛みが激しくなったら来て下さい。」と言ったので、痛みが激しい時に数回通って痛み止めを打っただけで治療は一切しません。色々調べたのですが、肩腱板損傷という訳の分からない言葉が飛び交っていて上手く情報が得られません。リハビリ法・適切な保存療法について何か情報があったら教えて下さい。

なぜ「肩腱板損傷」という言葉が訳の分からない言葉かというと、余りにも曖昧な言い回しだからです。例えば阪神・金本選手のようなリハビリだけで根治可能な棘上筋部分断裂も手術以外では根治不可能な母の棘上筋完全断裂と棘下筋部分断裂も同じ「肩腱板損傷」だからです。さらに「肩腱板完全断裂」「肩腱板部分断裂」などという言葉を使う藪医者も沢山います。「肩腱板完全断裂」とは棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋の4つ全て切れた状態なのか、4つの中の1つが完全に切れた状態なのか分からないし「肩腱板部分断裂」とは4つの中の1つが部分的に切れた状態なのか4つの中の3つが完全に切れても「肩腱板部分断裂」というのか分かりません。

国語の得意な医者は、いないのでしょうか?母の場合、棘上筋に関しては、手術以外治療法は無いと思うのですが、切れかかっている棘下筋にどうアプローチして行けば、これ以上悪化させずに生活できるのかが知りたいです。母も手術は嫌だと言っています。何かリハビリ法や良い体操などがあったら教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>何かリハビリ法や良い体操などがあったら教えて下さい。

よろしくお願いします。

あるにはあるのですが、これは程度や時期によって違うのです。また直接治療に関わることですのでガイドラインや医師法に触れる可能性があります。直接診察を受けた医師に確認されてください。

保存療法はけして放置ではありません。この医師の取った方法は保存療法ではなく放置そのものです。保存療法とは手術以外の治療のことをいいまして、一般的には投薬やリハビリのことを指します。私は本当に手術が出来ないのかや保存療法も含め、治療に積極的な病院を探した方がいいと思います。

お大事にされてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

せっかく回答いただいたのに、お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。回答いただいたとおり症例ごとに対処法が違う筈だと私も思うのですが、医者からは何の指示もなく途方にくれていました。やはり別の医者を探したほうが良さそうですね。ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/08 19:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 肩腱板損傷<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状や原因・診断と治療方法

    どんな損傷か  肩の深部にある肩腱板という腱性組織の損傷です(図62)。腱板は棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)の4つからなりますが、最も傷みやすいのが棘上筋腱です。肩腱板損傷は、40歳以上の男性の右肩に好発します(全体では男6割、女4割)。発症年齢のピークは60代です。 原因は何か  損傷の原因としては、明らかな外傷によるものは半数で、残り...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肩腱板損傷のリハビリ

肩腱板損傷のリハビリ
肩腱板損傷と診断され、リハビリ中心に治療をして ようやく肩の痛みが和らいできたところです。しかし、腕の上げ下げ時には肩の骨がコキコキと擦れるような感じで まだちょっと痛い感じです。お医者さんは この擦れるような感じは治らないと言われました。
経験のある方などで リハビリなどでこの症状を治された方いらっしゃいましたら 何か良い方法を教えてください。

Aベストアンサー

この病気に対してここでアドバイスを受けることは止めた方がいいと思います。腱板損傷は回復状況によって行うリハビリが異なります。今病院でリハビリをしているのですよね?主治医やリハビリスタッフと良く相談して、リハビリのメニューを決めてください。

どうしても何とかしたいというのであれば、セカンドオピニオンを求めてください。決してこのような “不特定多数が無責任に意見を述べる場” で求めてはダメです。


お大事にしてください。

Q筋トレで肩痛め回復時のリハビリ方法、治し方。

経験談・アドバイスよろしくお願い致します。
(35歳、男。173cm72kg 週3トレーニング)
約1ヶ月前に、ダンベルプレス(片方32kgずつ)で肩を痛めました。
フォームではなくダンベルを置く時です。

時々同じ所(肩の前側、腕との付け根の奥?)を痛めても10日程で治るので
放っておき徐々に回復しているのですが、
今回は1ヶ月しても腕を上にピンと力を込めて上げると肩が痛みます。
(生活上、無理をしなければ痛みません。)

「肩の痛みを治すエクササイズ」でグーグル検索した時に
タオルを肩幅より広く持ち、前と後ろに回すと回復が早くなるとあり、
1度試しましたが、やはり痛むので止めました。
このエクササイズは痛みながらも続けると効果があるのでしょか?

その他、インナーマッスルの強化など
痛む状態でやっても良いのでしょうか?

1ヶ月もすると、とても筋トレがしたくて
少し痛いぐらいなら軽いウエイトで始めても良いのでは?
と思うのですが、無理は禁物と思い何もしていません。

皆さまの経験談、アドバイスがあればお聞かせください。
よろしくおねがいいたします。

経験談・アドバイスよろしくお願い致します。
(35歳、男。173cm72kg 週3トレーニング)
約1ヶ月前に、ダンベルプレス(片方32kgずつ)で肩を痛めました。
フォームではなくダンベルを置く時です。

時々同じ所(肩の前側、腕との付け根の奥?)を痛めても10日程で治るので
放っておき徐々に回復しているのですが、
今回は1ヶ月しても腕を上にピンと力を込めて上げると肩が痛みます。
(生活上、無理をしなければ痛みません。)

「肩の痛みを治すエクササイズ」でグーグル検索した時に
タオルを肩幅より広く持ち...続きを読む

Aベストアンサー

経験談で、ダンベルショルダープレスではダンベルを置く時は腿の上にいったん置いてから戻した方が安全だと思います(オンザニ―の逆動作)ダンベルでは片50キロでやってますがいきなり床に戻すと肩、腕を痛めそうなのでそうしています、現それで痛めた事は有りません、腕や肘や手首は痛くても手加減なしでトレーニングしていても2ヶ月以でほとんど自然に治ります、(経験談)。半年以上痛みがある時は痛くない(痛みがまだマシな)代用の種目にします、それなら治ります(経験談)

バルクのスゴイ人は体に痛いとこはたくさんあって当たり前だと思いますし、多少の無理はしても本当にやばい痛みでない限り大丈夫だと思います。

腰や膝は、個人的に老後も上半身の関節より大事になってくると思うので無理はしません(経験談)。


まだ、お若いので無理できるうちにしておいた方が良いと思います。                  

Q腱板損傷と五十肩は違いますか?完治する?

 1年前に肩を痛めました。自転車が倒れそうになったとき、体勢を維持しようとして握ったハンドルを離せないままゆっくり倒れました。

半年後に整形外科受診。五十肩と診断されヒアルロン注射を3回受けましたが、いっこうに痛みは治まらず通院をやめました。

それから半年後、相変わらずの夜間痛に耐えかねて、別の整形外科を受診しましたら、腱板損傷との診断。ステロイド注射を受けました。そうすると、みるみる痛みが取れてえ8割方腕が動くようになりました。

ネットで「五十肩」を検索していたとき、「もう二度と治らない」「反対側の肩も五十肩になる」などの情報を得て、心配しておりました。

腱板損傷と五十肩はまったく違うのでしょうか?あとの2割も治って、昔通りの柔軟な体を取り戻す事が出来るでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。補足ありがとうございます。


>先生は、適度な重さのペットボトルなどを持って、肩を動かすようにといわれました。私は、特別な事はしなくても、日常生活が十分リハビリになるのでは・・・?と思っています。

厳密に言えば日常生活ではリハビリにはなりません。例えば日常生活では体の部位を意識して使うことはありませんよね?肩であれば「今肩を使っているな」と思いながら布団上げはしなと思います。人間は惰性で行うと、一番楽な体の使い方をします。どういうことかというと、肩だけではなく背中、腰、脚など体の各部位を総動員して布団をあげるという動作を行ってしまうのです。しかしこれがトレーニングと言う前提で、“肩を動かしているんだ”という意識の元おこなうと布団をあげるという行為を肩の拳上だけで行おうとするのです。ですからトレーニングの指導なんかで「○○意識して」とよく言うわけです。意識することがこのようなトレーニングの最大のポイントになります。

たとえ意識して家事を行ったとしても、トレーニングには適切な負荷と言うものがあります。負荷は荷重と回数によって決まります。布団の上げ下ろしでは肩の荷重としては大きすぎますし(日頃布団が楽にもてるのは肩の力のみではなく体全体を使って持っているため)、回数は少なすぎます。


>介護で父親を風呂に入れたりといった行為すべてに結構肩を使うからです。

トランスなどの身体介助があるのなら、なおさら鍛えなくては体がもたないと思いますよ。


>でも気づけば出来るだけ肩を回すようにしています。先生は、「良くなったからといって急に無理しないように。」と言われています。

回す方法は主治医に指導を受けましたか?勢いに任せてブンブン回したり、ラジオ体操の様なまわし方は肩に大きな負担をかけます。主治医から体操の指導を受け、的確に実行されることが完治への道になります。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

No.2です。補足ありがとうございます。


>先生は、適度な重さのペットボトルなどを持って、肩を動かすようにといわれました。私は、特別な事はしなくても、日常生活が十分リハビリになるのでは・・・?と思っています。

厳密に言えば日常生活ではリハビリにはなりません。例えば日常生活では体の部位を意識して使うことはありませんよね?肩であれば「今肩を使っているな」と思いながら布団上げはしなと思います。人間は惰性で行うと、一番楽な体の使い方をします。どういうことかというと、肩だけではなく背中...続きを読む

Q肩腱板損傷

こんにちは。
40代男性です。

五月始めに転倒して右肩を強打しました。
当日は肩の付け根が腫れて痛みが激しく、翌日、近くの整形外科を受診したところ、
腱板損傷の疑いが強いとのことで、痛み止めの注射と肩の固定をしました。
二週間後に固定を取ったのですが全く肩が挙がらないのです。
まだ安静時の痛みも強く、念のためMRIを撮りましょうという事になり、
総合病院でMRI検査をしました。
その病院のドクターは損傷は大きくないので保存療法でいけると思いますよとの事で、
最初に診て頂いた整形外科に戻りました。
その整形外科ではまだ痛みがあるのでしばらくは安静にしていた方が良いとの考えで、更に二週間肩をできるだけ動かさないようにして過ごしました。
そして6月初めからリハビリを始める事になり、現在マイクロ波とマッサージを受けています。
しかし右肩が挙がらないのです・・・
マッサージの先生はまだ安静時の痛みが無くなるまで腱板周囲のトレーニングはできないと言って肩から肘までのマッサージと負荷を掛けないで肩を動かす事を行っています。
恐らく一年は治療期間がかかると言われました。
いくらなんでも一年もかかるものなのでしょうか?
自分で鉄アレイ等を買ってトレーニングをしたり、病院が休診日の時は接骨院で治療を受けて見たいと考えているのですがどうでしょうか?
もし腱板損傷の経験がある方や、詳しい方がおられましたらアドバイスいただければと思います。
毎日本当に肩が動くようになるのか不安でなりません。

こんにちは。
40代男性です。

五月始めに転倒して右肩を強打しました。
当日は肩の付け根が腫れて痛みが激しく、翌日、近くの整形外科を受診したところ、
腱板損傷の疑いが強いとのことで、痛み止めの注射と肩の固定をしました。
二週間後に固定を取ったのですが全く肩が挙がらないのです。
まだ安静時の痛みも強く、念のためMRIを撮りましょうという事になり、
総合病院でMRI検査をしました。
その病院のドクターは損傷は大きくないので保存療法でいけると思いますよとの事で、
最初に診て頂いた整形外科に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>接骨院は専門外なのですか。同僚が五十肩で接骨院ね通っていたので同じ肩だし治療を受けることが出来ると思っていました。しかも病院より治療費が安い!

本当のことを言えば五十肩も適応外なんです。接骨院とは柔道整復師という資格ですが、この資格は打撲、捻挫、肉離れを行う資格です。ですからケガ以外の治療は例えば眼科で虫歯の治療をするようなものです。でもこれでは接骨院は経営が立ち行かないので不正に手を染めているという状態なわけです。国による直近の試算では約4000億円が毎年毎年不正に受給されていると報告がありました。保険財政も厳しい昨今、エンドユーザーがしっかりした知識を持たなけれいけません。


腱板損傷とは早い話、切り傷と同じケガです。切り傷が時間と共に修復されていくように、腱板損傷も同じ経過をたどります。傷口を指で引っ張ればいつまでたっても治りませんよね?ダンベルを持って動かすとはこれと全く同じことなんです。しかし切り傷と違う点は腱板という筋肉は“関節を動かす機構”に関与しているということです。ケガが塞がっても肩が動かないでは意味がありません。そこがこの治療の難しいところです。


肩が動かない理由にはいくつかあります。

1.ケガが原因
2.関節の固さが原因
3.筋力の低下が原因

腱板損傷では上記のような原因が考えられます。特に貴方の場合は2Wの固定があったので恐らく2が強くあるかもしれませんし、程度のによっては3もそれなりにあるかもしれません。これらの要因を一つ一つ解決された段階でようやく完治と言えるわけです。

まず1ですが、先ほども言いました通りこれは時間が経過しなければなりません。ただし何もせずに待っているだけでは2と3を増長させてしまうので、ケガの様子を見ながら適切な運動を加えていきます。

リハビリスタッフが他動的に動かす

自動で出来る範囲まで動かす

リハビリスタッフが抵抗を加えながら動かす

ざっくりですがこのような感じで進めていきます。後は個々の状態を見ながら筋トレを追加することもありますし、可動域をより重視することもあります。初期の段階では損傷を受けていない腱板をサポート目的で鍛えることもします。細かいことは個々の患者さんによって違いますので、病院リハビリスタッフとよく相談されてください。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

No.1です。補足ありがとうございます。


>接骨院は専門外なのですか。同僚が五十肩で接骨院ね通っていたので同じ肩だし治療を受けることが出来ると思っていました。しかも病院より治療費が安い!

本当のことを言えば五十肩も適応外なんです。接骨院とは柔道整復師という資格ですが、この資格は打撲、捻挫、肉離れを行う資格です。ですからケガ以外の治療は例えば眼科で虫歯の治療をするようなものです。でもこれでは接骨院は経営が立ち行かないので不正に手を染めているという状態なわけです。国による直近の試...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報