学籍のある人、または通学用に作る人が買える、学割のある定期券を通学定期。
そういうのがない正規料金の定期券を、通勤定期と俗にいいます。

通学定期はまだしも、なぜ通勤定期は通勤定期と言うのでしょうか?
また、通学定期と言われる物でも、鉄道・バス事業社によっては学籍のある人であれば、その使途目的を問わずに作れるものもありますが、それも俗に通学定期と呼ぶ事が多いです。
(西鉄バスのエコルカード、福岡市地下鉄の学生用ちかパスなどは、学籍のある人は在学証明書や学生証の提出で目的問わず購入ができる様です)

また、通勤定期と言われる物も、それこそ通勤問わず、ありとあらゆる目的に使えます。
・認定外の専門学校、塾、語学学校などで、通学定期を作る事のできない人が、通学用に定期券を作る場合
・通院でしばらくの間、病院に通い続ける必要がある人の場合
・自家用車を持っていない等の理由で、通勤や通学ではないが、買い物、小旅行、その他色々な理由で公共交通機関を足代わりに高頻度に使う人の場合(1地方の全線フリーパス等だったら特に価格次第では需要はあると思います)

だから通勤定期という呼び名に結構違和感を感じるのですが、通勤定期と呼ばれることが多いのはなぜでしょうか?
むしろ「一般定期」の方がしっくりきますが、通勤定期という人が多いようです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

その昔(1960年代まで)は、通勤であることを証明しないと買えない時期があり(通院や他の用務も含め用務先の発行する証明が必要だった)、その主な用途が通勤だったから通勤定期と呼ばれているのです。


また、当時は、証明の必要のない割引率の低い定期(一般定期)も発行されていました。

それが統合されたときに圧倒的に利用者の多い通勤定期の名称が一般的になってしまったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
昔は別だったんですね。

お礼日時:2011/05/06 14:34

 あなたの、御質問は、「通勤定期乗車券」は、誰でも買うことが出来るのに、通勤定期乗車券という、特別な名称で、呼ばれているのは、おかしいのでは、ないかという疑問と、解釈して、回答させて、いただきます。



 以前は、定期乗車券には、「通学定期乗車券」、「通勤定期乗車券」、「普通定期乗車券」、の三種類がありました。

 通勤定期も、以前は通学定期と同様に、使用出来る人が特定されていました。それは、その字の通り、勤め人にだけ、発売されていました。

 これを、求めるには、勤め先の代表者に、通学定期と同様に、「身分証明書と」、「通勤証明書」を、発行してもらい、これを駅へ持って行き、鉄道に通勤定期を、発売してもらいました。

 そして、通勤定期を使用する人は、勤め先の代表者が発行する、「身分証明書」を、携帯すること、鉄道から要求されていました。
 ここでいう勤め先の、代表者は、必ずしも、社長のような、最高責任者でなくてもよく、支店長とか工場長でもよかったのです。
 
 「普通定期乗車券」は、証明書類はなにもいさず、ただ、駅の窓口で、「定期乗車券発行申込書」を、記入るるだけで、購求することができました。 運賃は、通勤定期より割高でした。

 その後、国鉄は赤字経営になって、しばしば運賃値上げを、繰り返しているうちに、普通定期と通勤定期の運賃の差が、小さくなってしまいました。一方通勤証明書を発行する、利用者側からは、通勤証明書の発行を、止めれないかという声もあり、鉄道側も受け取ったあとの、通勤証明書の管理は不要な仕事ではなのか、いうことになり、通勤証明書を廃止して、通勤定期は、普通定期を吸収してしまったのでした。

 このとき、通勤定期の名称を、残したのは、発売数が、通勤定期のほうが、圧倒的に多かったこと、広く一般によく知られていたために、こちらを残したと、聞いています。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
要はまとめると、「昔は別枠に通勤定期券があったが、そうでないものと統合された時に、知名度の関係からなぜか通勤定期の名前の方が生き残ってしまった」ということでしょうか。

お礼日時:2011/05/06 14:40

通勤定期はただの俗称ではありません。

「通勤定期乗車券」で正式名称です。

通学定期に関しても誤解をお持ちのようです。
通学定期乗車券は「学割のある定期券」ではなく、「通学定期乗車券」という名前の定期券です。
そしてその発売は、通学に要する経路に限られており、学籍があるからといって通学定期が買えるわけではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
但し、一部の鉄道・バス事業者で、通学に要する経路以外でも定期を作れる事がありますよ。
特に全線フリーパス系の通学定期は、それができることが多い様です。

学生時代、明らかに学校のある時期でもない時に、福岡市地下鉄の「ちかパス」を作ろうとしたら、普通に作る事ができました。
弟が学生時代、それどころか福岡の学校に居ないのにも関わらず(東京の学校でした)、長期休暇で帰省中に、西鉄バスの「エコルカード」を申請した所、申請することができました。
Wikipediaにも、通学定期の規制が緩い事業者もあると記載されています。

お礼日時:2011/05/06 14:39

以前は普通定期と学生定期でしたが戦時中主に軍需工場への通勤のために割引率の高い職工定期が出来ました。


後に事務職などにも範囲が広がり通勤定期と改称しました。

普通定期の発売実績が少ないのと雇用形態によって運賃が違うのはおかしいと言うことから通勤証明書が廃止され普通定期と通勤定期が統合されましたが名称は圧倒的に発売実績が多かった通勤定期とされました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/06 14:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療費控除の通院に係る交通費、こんなことは可能ですか?

医療費控除の通院に係る交通費で、JRやバスは領収書をもらえないと思います。

実際は(1)会社の最寄駅から病院の最寄駅までの交通費を請求(添付)すべきであるのに、(2)自宅の最寄駅から病院の最寄駅までの交通費で虚偽の請求(添付)するなんていうことは可能なのでしょうか??

ちなみに交通費の額は(1)<(2)という場合です。

Aベストアンサー

 私の場合はそれほど高額ではなかったからなのかもしれませんが
きちんと書類がそろっていれば、そんなに厳しくチェックされることはないと思います。
もちろん電車移動でしたから領収書なしです。
後段で述べましたように、私も途中駅までは会社から交通費が出ていて定期利用だったので
1年目は請求せず、2年目ではじめて請求したのですが
その食い違いさえ問題にされませんでした。
ですから、いきなり受付窓口にいかずに、
先に用紙をもらってきて、すべて記入していくとスムーズにすみますよ。
別に悪いことをするからではなくて、税務署の方も助かるのです。
大半の人は、レシートやら領収書持参でやってきて、
どうやって申告したらいいんですか?ということから始めるようなのです。
だから申告に時間がかかるとぼやく人が多いのです。
問題がなければ5分程度で終わります。
そこでいろいろ受け答えしている間にもろもろの事情がばれるかもしれませんが
na0hさんがどこにお勤めで、会社から定期券が支給されていることなどは
記入用紙からはわかりません。
少なくとも定期のことは自分で言わない限りばれません。
第一、自宅から通院するのが一般的ではないでしょうか。
私鉄を利用すればもう少し安くなるにもかかわらずJR利用をしたという申告でしたら
それは疑われると思いますけど。

 ちょっと会社と病院と自宅の位置関係がわからないのですが
会社から病院に通院した後は自宅に帰るのではないのですか?
だったら、自宅から通院していると言い切ってしまっても不思議ではありませんね。
会社から病院へ、そして会社に戻って、その後どこに帰るのでしょうか?
会社から自宅への距離はどうなっているのでしょうか?
遠いので、会社の近くに部屋を借りて住んでいるとでも?

 はっきり言うと、使ってもいない金額を申告して余分にポケットに入れようという企みですから
決しておすすめしていいことではないと思いますが
できるかできないかということでしたら
堂々と受け答えをしていれば認められると思いますよ。
その後のことは皆さんおっしゃるように良心の問題ですから。

 私の場合はそれほど高額ではなかったからなのかもしれませんが
きちんと書類がそろっていれば、そんなに厳しくチェックされることはないと思います。
もちろん電車移動でしたから領収書なしです。
後段で述べましたように、私も途中駅までは会社から交通費が出ていて定期利用だったので
1年目は請求せず、2年目ではじめて請求したのですが
その食い違いさえ問題にされませんでした。
ですから、いきなり受付窓口にいかずに、
先に用紙をもらってきて、すべて記入していくとスムーズにすみますよ。
別...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報