鍋料理で、具材をぐつぐつ炊いている場合、

その沸騰しているダシ(お湯)の温度は、
沸騰しているので、100℃ぐらいなのは想像つくのですが、

中に入っている具、例えば、豆腐などを、長い間入れていたら、

やはり、その豆腐は100℃近くなのでしょうか?

感覚的に、せいぜい70℃ぐらいのような気がしてなりません。

ご存知の方が教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

長時間煮込んで行けば、豆腐も100℃近くまでの温度に達してしまいます。


ですが、タンパク質の凝固点が70℃くらいですので、それを超えてまで煮込みますと、豆腐が固くなり豆腐本来の風味が損なわれてしまいます。

そこで一流の湯豆腐専門店では、絶妙の煮込み加減で湯豆腐をお客さんに提供されています。
その温度とは、豆腐の外側が70℃でプルプルの触感にして、豆腐の中側は50℃とし豆腐本来の甘みとうまみを引き立てる温度してあります。

よって、質問者さんのおっしゃる「豆腐が70℃くらい」のお鍋は湯豆腐専門店にも匹敵する絶妙のお鍋だと言う事になります。
お母さんが御作りになったのか奥様が御作りになったのか不明ですが、素晴らしいお料理の技法をお持ちですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すぐに回答をいただき感謝いたします。

友人と鍋を囲んだ時に、その温度の話題が出て、ずっと疑問に思っておりました。
すっきりしました。ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/26 17:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電子レンジで豆腐の水切り

電子レンジを使用した豆腐の水切りについて

<私が行っている豆腐の水切り方法>
皿の上に、キッチンペーパーに包んだ豆腐を置き、
ラップをしてレンジでチン。
豆腐から出た水分がキッチンペーパに吸い取られる仕組み。

●問題点1
豆腐の水切りは頻繁に行う為、キッチンペーパーがもったいない。

●問題点2
キッチンペーパーで吸い取れきれてない分の水が
お皿の底に残り、それが、上に乗ってる豆腐に再び吸収され、
きっちり水切り出来ていない気がする。

問題2については、1回の水切りにつき
キッチンペーパーを沢山使用すれば解決するのかも
知れませんが、ペーパーがもったいなくて出来ません。

前置きが長くなってすみませんが、

1.1回につき1枚のキッチンペーパできっちり水切り出来る方法
2.キッチンペーパーを使わずにレンジで簡単に水切りが出来る方法(経済的な方法)

があればぜひ教えてください!

2については、深皿の上に網か何かを乗せて
その上に豆腐を置くのが良い方法かなとも思ったんですが、
以下の問題が・・。
●豆腐は柔らかい為、網に置いてチンしたら崩れてしまうのでわ?
●魚の焼き網しか持ってないのでたぶんレンジで使えない

100均で、使えそうな網って売ってないでしょうか?

長くなりましたがよろしくお願いします。

電子レンジを使用した豆腐の水切りについて

<私が行っている豆腐の水切り方法>
皿の上に、キッチンペーパーに包んだ豆腐を置き、
ラップをしてレンジでチン。
豆腐から出た水分がキッチンペーパに吸い取られる仕組み。

●問題点1
豆腐の水切りは頻繁に行う為、キッチンペーパーがもったいない。

●問題点2
キッチンペーパーで吸い取れきれてない分の水が
お皿の底に残り、それが、上に乗ってる豆腐に再び吸収され、
きっちり水切り出来ていない気がする。

問題2については、1回の水切りにつ...続きを読む

Aベストアンサー

豆腐の水切りは確かにレンジですると、早くて便利ですよね!
「問題点1」についてですが、キッチンペ-パ-にこだわらないのであれば、100均あたりから木綿の布巾を買って来て、キッチンペーパーの替わりに使ったらどうですか?
続いて「問題点2」については、熱い状態(レンジから出した直後)にまな板の上に移し、その上に適当な重さの重石(大きめな皿でも)を乗せておけば、豆腐から水分が抜けて出てきます。重石の重さや時間については、場数をこなせばわかるはずです。(もう知ってるかも知れませんが…)
お試し下さい。 

Q電気ポットのお湯はどうして沸騰しない?

電気ポットでお湯を沸かすと、たいていお湯の温度が表示されていますよね。
そこに98度と表示されています。このときポットのふたを開けると確かにお湯は
ありますが、グラグラ沸騰しているというわけではありませんよね。

同じ温度のお湯を薬缶に水を入れてそのまま温度を上げていくと沸騰し始めますよね。
それで98度に達すると、グラグラと音を立てて沸騰しているのがわかります。

この二つの違いはどうして生まれるのでしょうか。

Aベストアンサー

沸騰しないように電気を切っているだけ。
本当の疑問は、どちらも98度なのに・・・・ということですね。
普通水は1気圧では100度で沸騰するとされています、気圧が低いと98度でも沸騰します。
では1気圧のもとで水を100度にして(周囲に熱が逃げないとして)、熱の供給を止めると100度のままで沸騰しません。
もし熱を加え続けると沸騰して水が減ります(温度は100度のまま)、加えた熱は何処へ行った?。
水に限らす液体が気化する時は気化熱が必要(アルコールを皮膚に付けると冷りとしますね、気化熱として体温が奪われるからです)。
温度が100度のままなのは、水が水蒸気になる気化熱として使われるからです。
もうわかりましたね、電気ポットは98度になったらすぐ電気を止めて、気化熱を供給していないためです。

Q豆腐の水切りが苦手です・・・

料理で豆腐の水切りをしたい時、どうやってやりますか?
私は、電子レンジで加熱したり、重しを乗せたりしても、全然水が切れません・・・・・。

なので、非常に時間がかかりますが、豆腐を一回バラバラに崩して、
小分けしながらキッチンペーパーで絞ってます・・・。
大変です。

電子レンジなんて、少し水が出るくらいでまだ普通の豆腐だし、
バラバラに崩さずにキッチンペーパーで絞っても全然潤ってます・・・。

しっかり水切りができてないと、ジュクジュクですよね~?
みなさん、パサパサに水切りができるのでしょうか・・?

Aベストアンサー

丸ごと鍋に入れ、中まであたたかくなるようにゆでます。(グツグツやると「す」が入ります)

その後、キッチンタオルでくるんで、割りばしを渡した(網・巻きすを置いた)お皿にのせて、重しをしておきます。

レンジでチンは手軽ですが、うっかりすると角のあたりが変色してかたくなっちゃいます。(←やりすぎ!?)

形にこだわらなければ、空炒りですね~。
検索したら、ゆでてざるに広げ、塩を少々ふるというのもありました。

完全水切りは、難しいのでは?
http://www.ohaoku.net/oha/kitchen/memo/tamam002.html
http://www.minc.ne.jp/kkb/epuron/01nen/0226-0309/cooking1.htm

Qチタン鍋はどうして速く沸くんですか。

チタンでできた鍋やフライパンに興味があり、ネットでいろいろ調べてみると、鉄などのものに比べて、軽くて振りやすい、お湯が速く沸く、という長所がある反面、焦げ付きやすいという欠点があるようです。
この、お湯が速く沸く理由がわからないので教えてください。

熱伝導性がよいからという理由が書いてあることも多いので調べてみると、熱伝導率は、
チタン…22 鉄…99 アルミニウム…241 銅…420  (単位W/m.K) 
となっているので、むしろ逆です。
また、比熱の関係かと思いましたが、アルミニウムに比べると比熱は小さいですが、鉄や銅よりは少し大きいので、理由にならないように思います。

あと、チタン鍋が焦げつきやすい理由として「熱伝導性が良すぎて」などとよく書いてあるのですが、これは「熱伝導性が悪いので」の誤りと考えてよいでしょうか。つまり、熱伝導性が悪いので周りに熱が広がらず、直接火があたったところの上だけが高温になり焦げる、と考えていいでしょうか。

(カテゴリーを食器・キッチン用品にするかどうか、迷ったのですが、科学的な解答が欲しかったので、「科学」で質問いたします。)

チタンでできた鍋やフライパンに興味があり、ネットでいろいろ調べてみると、鉄などのものに比べて、軽くて振りやすい、お湯が速く沸く、という長所がある反面、焦げ付きやすいという欠点があるようです。
この、お湯が速く沸く理由がわからないので教えてください。

熱伝導性がよいからという理由が書いてあることも多いので調べてみると、熱伝導率は、
チタン…22 鉄…99 アルミニウム…241 銅…420  (単位W/m.K) 
となっているので、むしろ逆です。
また、比熱の関係かと思いましたが、ア...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
チタンの鍋やフライパンは鉄より薄くないですか?

軽くて丈夫ですから材質を薄くすれば熱抵抗などもかなり改善されると思います。

但し、これは水平方向へは逆効果となり、熱が直火部分周囲に伝わりにくくなります。
焦げやすいのはおっしゃるとおりで、熱伝導率が悪いため、直接加熱されている部分の熱が周囲に拡散しにくく、局所的に熱くなるからです。

Q水切りしてしまった豆腐の保存方法について質問します。

水切りしてしまった豆腐の保存方法について質問します。

マーボー豆腐を作ろうと思ってレンジで水切りしてしまったのですが、使わないことになってしまいました。それで、明日にでもマーボー豆腐を再度作ろうと思っているのですが、水切りした豆腐ってどういった保存方法が一番でしょうか?明日使うのでまた水に入れるのはちょっと避けたい気もするんですよねぇ。そのまま、冷蔵庫に入れてもいいのでしょうか?

すみませんが、どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
明日使うのですよね。
それならラップしてそのまま保存出来ますよ。
多少水分が出て来ると思いますが問題有りませんよ。

Q料理で湯が沸騰したところで塩を入れる意味は?

(1)野菜や麺を茹でるお湯を沸かす時、塩を沸騰してから入れる理由は何ですか。大抵の料理法はそういう指示だと思います。グラグラしている湯気の上に塩をまくのはスマートじゃないとも感じるのですが。

(2)先に塩を入れると湯の沸くのがどのくらい遅れますか。

(3)先に入れた方が混ざるし、熱効率など、科学的にはお得な感じがするのですが、どうでしょうか。

沸いてから塩を入れる人の方が多いですよね。皆さんはどうされていますか。

Aベストアンサー

塩を入れると「沸点が上昇する」などの説がありますが、モル濃度からの沸点上昇を考えると、水1リットルに対して50グラム以上の塩を入れなければ、誤差範囲程度しか温度は上がらないので、「塩を入れるとお湯の温度が上がる」の説はマユツバものだと思います。

今度は、沸騰したお湯に塩を入れると「突沸」が起こり、いきなりゴボゴボと煮えたぎり、アッチッチの状態になる。(この突沸現象を見てお湯の温度が上がると錯覚する人もいる)

この様に考えると、塩をいれるのは、「下味、ぬめり取り、野菜の色素沈着、麺類のコシ」等のの理由があると思います。

この理由からでは、塩を先に入れても、後から入れても、結果は同じ(突沸の危険性が無い分、先に入れた方がマシ)と言う事になります。

Q解凍した木綿豆腐の水切り

一度凍らせて解凍した木綿豆腐を水切りする際、豆腐の上にお皿(重し)を乗せるとされていますが、この方法はどんな根拠があるのでしょうか?
僕は面倒臭くて、両手で挟んでギュ~とスポンジの要領で絞り出しているのですが、これだと何かまずいのでしょうか?

重しを乗せる方法って洗い物が増えるだけで大して水切りできないような気がするのですが、そういう手間をかけても行うほど良いことはありますか?

Aベストアンサー

前質問に引き続き、回答させて頂きます。
手で挟んで水を切ると、圧力の加減で形が崩れることはありませんか?
私も当初は手で水切りをしていたのですが、うちの場合は煮物にすることが多いので、変に崩れるのを防ぐために最近は重しをして、少々時間をかけて水切りをしています。
全体を均等に水切りできるため、手で挟むより形を崩さずに、きつくシッカリと水切りができますよ。
その時はお皿だけでなく、お皿の上に更に重しになる何かを置いて重くしています。

Q沸騰したお湯をコップに注ぎ、電子レンジで2分チンしたら、水が爆発?

こんにちは、

今朝タイトルのような事を行いましたら、

コップ満タンのお湯が60%は、『ボン』という音がした直後にコップの外に飛び散りました。

お湯は電子レンジで爆発するのでしょうか?

もしくは、あのコップのなかのお湯になにがおきたのでしょうか・・・?

高校生レベルの科学の知識を持っている人にわかりやすく教えていただけますか、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

裏を取っている間に答えが出ていましたが、せっかく調べたので書かせてください。

突沸といいます。
http://www.jema-net.or.jp/Japanese/kaden/renji/boil/boil.htm
http://www.jc-press.com/abunai/020915go.htm

電子のレンジの中でよかったですね。外に出してから、混ぜたりした瞬間に突沸がおきると、けっこう危ないんですよ。

Q豆腐の水切り

豆腐の水切りのひとつに、「ゆでる」がありますが、
常時水中にいるのに、なぜ水分が抜けるのでしょうか?

Aベストアンサー

豆腐は90%近くが水分です。

茹でると、中の水分が沸騰して細かい泡となり、豆腐の内部にたくさんの穴ができるから水切りできるというわけです。
加熱しすぎるとスがたちます。
ご経験があるかと思いますがすき焼きなどで煮すぎてかたいなぁ、というアレです(笑)

また豆腐の中にはにがりの成分が残っているため、加熱されると固める作用が進んでかたくなります。
麻婆豆腐などの下ごしらえで豆腐をゆでるのは煮崩れしにくくする効果があるからです。

野菜も茹でるとかさだけでなく、重さも減りますよ。
ちょっと損した気分になります(笑)

Q火の温度と沸騰後の対流の関係について教えてください

下記サイトで料理で弱火、中火、強火を使い分ける理由は対流の速度の違いと書いてありました。

http://housefoods.jp/data/stew/science/science01.html
>強火では鍋の中の対流が激しく、弱火では穏やかといった違い(対流の速度の違い)

沸騰後は鍋の温度が変化しないのに火の強弱によってなぜ対流に違いがでるのですか?

Aベストアンサー

鍋の底で発生した水蒸気は上昇します。
水蒸気が食材とぶつかれば食材を上昇させます。
食材が上昇すれば、ボートのオールのような感じでお湯を上昇させます。
そういうことでお湯の上向きの流れが起きるので、対流が起きます。
激しく沸騰すればそれだけ激しく対流がおきますよね?

上層と下層の密度の違いで生じる流体の流れだけを対流と呼ぶわけではありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報