一年間勉強して二年生になったらTOEICを受けようと思っていいます。初めて受けるのですが、何から手をつけて勉強したらいいのかわかりません。いい勉強方法があったら教えてください!                                                                                                                                                                                        ※英語検定の資格は持っておらず、英語の知識は並程度です。       

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



私が大手企業に勤めていた頃、ある年からTOEICのスコアを人事上の昇進・昇給の要件に加えるという規定ができました。
職場ではTOEIC対策が大流行りしました。

短期間でいきなりスコアを上げた人達がいましたが、いずれも若手ではなくベテランの社員だったのが驚きでした。
彼らの経験談を見たのですが、一様に「リスニング力を鍛えた」とのこと。
通勤時にヘッドフォンで英語教材を聴きまくった人、FENを聴いた人、などです。

TOEICは実用英語の力を問われるテストなので、たとえば、
・中学レベルの超簡単な連語( as ~ as )、
・よく使われる単語の意味、
・これはどこで行われている会話ですか? 1.歯医者 2.レストラン 3.ホテル
・イベントへの参加者募集の案内
というような問題が出ます。

あと、慣れというものがありますので、2回目の受検では1回目より50点ぐらいは上がると思います。

以上を踏まえて、TOEIC対策の書籍やCDを買うとよいでしょう。
私ならば、お金があまりかからないNHKラジオ英会話にしますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!色々試して生きたいと思います!

お礼日時:2011/04/26 16:34

過去に同様の質問をなされた方々がおられますので、


一度、下記URLをご覧下さい。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4124825.html
また、この手の質問は、資格トピックにされた方が、
似たような質問を見つける事が出来たりしますので
効果的ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!参考にしてみます!

お礼日時:2011/04/26 16:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学受験の偏差値を高校受験の偏差値に変換するとどのようになりますか?

大学は、高等学校に比べ比較的頭の良い人たちが受験するため、偏差値は全体的に底上げされています。
日本の大学で最も偏差値の高い大学(学科別)は「東京大学・理科III類」で、偏差値は81だそうです。
僕の志望する高校の偏差値は66と低いので驚いてしまいました。

大学の偏差値を高等学校の偏差値に変換するとどれぐらいの数値になるのでしょうか。
参考までに、大学の偏差値でいう50、60、70、80は高校の偏差値でいういくらぐらいなのでしょうか。

Aベストアンサー

この手の話題では詳しい方がたくさんいらっしゃいますので
私のは、あくまで一般論として参考にして頂けたら光栄です。

その高校で、のらりくらりしていると
高校偏差値-(5~10)の大学が志望校になりやすいと言われています。

66ということで、学校の試験前適度に勉強していれば
関東圏ならばMARCHレベル、赤点組みは日東駒専レベルでしょう。

その高校のトップの生徒は
東大などの難関国公立を狙えるレベルだと推測されます。
現役MARCH蹴り、浪人して早慶という人が多そうなイメージです。


偏差値は目安なのでそこまで気にする必要はありません。
大学入試は偏差値ではなく、点数で合否が決まりますので。

進学校なのでこれから模試を何度も、受けられると思います。
その結果で高校偏差値を下回ってしまったら、勉強が足りないと
自覚し勉強に励むと良い刺激になると思われます。

Q◆TOEICを(初めて)1月14日に受けます。まずは何から勉強するべきでしょうか?◆

こんにちは。今までTOEICを受験したことがありませんが、
こんどの1月14日の試験を受けようと思います。
目標は「650点」

現在の自分の英語力は不明ですが、英検だとだいたい2級ぐらいです。
(英検はあてにならない!と言われていますが、これしか表現方法が無くて…)

弱点は「単語力」「文法」「英作文」です。

1月までまだ時間があると思ってたんですが、約3ヶ月しかありません。
TOEICの参考書を何冊か立ち読みしたんですが、
「勉強方法」そのものが分からないので、ただ参考書を買って、
読むだけでは間に合わない気がします。

本当は自分で考えるべきですが、何も思いつかないので、
アドバイスをいただけたら幸いです。

TOEICの勉強、まずは何から始めるべきでしょうか?
(勉強にさける時間は一日に1時間~2時間程度です。)

Aベストアンサー

質問者様が、何を目的としてTOEICを受験されるかによって、やりようが違ってきます。

もし、高得点を取ることだけが目的(例えば、履歴書に特技として書く場合などなど)ならば、リーディングとリスニングだけ勉強することです。この場合、単語力と文法力は強化すべきで、英作文の勉強は不要です。
ただし、その場合は質問者様の本当の英語力は正しく判定できません。

一方、自分の英語力を正しく把握したいなら、リーディングとリスニングだけでなく、スピーキングとライティングも勉強してください。弱点の英作文も勉強する必要があります。

TOEICは、TOEICに特化した勉強をしていない人々を母集団として統計学的に検討したら、リーディングとリスニングだけの能力を計れば、スピーキングとライティングの能力も推し量れることが検証できたため、考案されたテストです。
リーディングとリスニングだけなら、安価に大量の受験者をテストできるということが、TOEICが盛んに行われる理由です。

質問者様の目的に合わせて、勉強方法の取捨選択をしてください。

Q大学の偏差値って・・・

付属高校の進学コースに入る者です。
それで将来は上の大学に進みたいと思うのですが、色々そのことで調べてみて偏差値についての疑問があるので質問させていただきました。
僕が入るこの高校は偏差値55より上です。
このコースは同じ学校の大学の合格を目指して勉強していくコースです。
で、その大学について調べたら、偏差値が、大体45ぐらいなんです。一番偏差値が高い学部でも約50ぐらいです。
高校に入るには偏差値55以上の学力が必要なのに、大学に入るには一番偏差値が高い学部でも50ぐらいの学力があれば入れるということですか?
それとも、高校の偏差値の50と大学の偏差値の50は同じ50でもぜんぜん違うということですか?
そうだとしたら、大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?
高校と大学の偏差値の基準(違い)を教えてください。
上の文章でよくわからなかったら指摘していただけたらと思います。
回答お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値というのは、大学受験しようとする層だけを集めた偏差値であるからです。

仮に、高校入試で55の実力だとして、「これから3年間、すべての生徒が同じように勉強を頑張る」という仮定をすると、
3年後の大学受験時の偏差値は45ぐらいです。
ですから、ほかの人を追い越すためには、ほかの人の勉強量や質を上回る猛勉強が必要になります。

もっとも、
現時点で重要なデータは、高校の偏差値(55)ではなく、質問者さん自身の偏差値です。
その偏差値から10を引けば、(これから3年間の勉強量と質が、ほかの人と同じであるとして)大学受験時の偏差値になります。


ちなみに、
知人で、偏差値50ぐらいの高校から早稲田大学に合格した人がいます。
私の知っている範囲では、ほかに同様のケースを知らないので、まれなケースですけど、
頑張り次第で難関に合格するのは、必ずしも不可能ではないということでしょうね。

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値という...続きを読む

Qtoeicを初めて受ける初心者ですが、良い参考書、問題集、勉強方法の本、有名な著者、講師、は何かはありますか?

toeicを初めて受ける初心者なんですが、良い参考書、問題集、勉強方法の本、有名な著者、講師、は何かはありますか?特にこれだけやれば600,700とれるとか、あれば教えて下さい!

英語は全く出来ません。あと、リーディングとリスニングはどちらを先にやり、どちらに時間かけた方が伸びますか?
捨てても良い、後回しでも良い、また点が伸びにくいパート、問題はありますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず、これだけやれば何点取れるという発想を捨てた方が良いと思います。

TOEICのためのテクニック的な対策本もいろいろ市販されていますが、結局リーディング・リスニングの両方の基礎力を上げないと、点数は上がって行きません。そのためには、TOEIC受験のための勉強だけでなく、TOEICから離れて、幅広く英語に接した方が良いと思います。

リスニングの試験においても、選択肢の英文を素早く読んで選ぶ必要があるので、リーディングの力も必要になります。ですから、偏った勉強や練習では、600点、700点は取れません。まず、市販されている模試形式の問題集をやってみれば、どのくらいの点数が取れるか、どういうところが弱いかがわかりますから、それから対策を考えられるのが良いと思います。そこまで行けば、ここでもより適切なアドバイスが受けられるでしょう。

Q大学の偏差値の算出方法について

タイトル通りですが、大学の偏差値はどのようにして計算されているのでしょうか?

恐らく、大手予備校の模試の結果から算出していると思うのですが、その模試の結果から"各大学の偏差値"をどうやって求めているのかがわかりません。

模試の結果の、平均点と個々人の得点および対象者の総数などから、"個々人の学力偏差値"が計算できることはわかります。

そこからどのようにして、"各大学の偏差値"を出しているのでしょうか?

もしかして、個々人の学力偏差値とその人の第一志望校から、大学の偏差値を計算しているのでしょうか?要するに、例えば、「模試の時にA大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が70であった場合、A大学の偏差値は70になり、B大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が40であった場合、B大学の偏差値は40になる」ということでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値には予想偏差値と結果偏差値があります。
結果偏差値は、模試を受けた生徒に大学受験結果をアンケートして
「どの模試でどのくらいの偏差値であった生徒がどのくらいの大学に合格している」かを統計的
に処理し、(一定の職人的調整も入るようですが)、80%合格値(その偏差値だった生徒の8割
が合格した)、60%合格値などを求めるものです。
意図的に誤った結果をアンケート結果として報告する生徒なども一部いるようですが、
大多数の生徒が正確な結果を回答していると見られ信頼できるものとなっています。


予想偏差値は、その模試を受けた生徒たちの希望(第1、第2、etc)をもとに、
その大学の定員やその試験の受験者のゾーン、その他もろもろの情報
(試験日はじめ、校舎移転計画、OB動向、教授陣の異動etc)を総合的に
判断し数値化するものです。
例えば、ある中堅大学を、成績上位の生徒が皆で第1希望としたら
その試験結果から算出されるその大学の予想偏差値は上昇します。
逆に模試を受けただれもが希望していない大学の偏差値は下降します。
その予想偏差値の作成には、各予備校の英知が結集しており単純に、
これとこれを掛けてこれを足したら出来上がりっ、なんてものではありません。
まさに職人芸的な算出をしています。

このように、数学の統計分野で語られる狭い意味の「偏差値」とは別に、
社会的に意味を与えられ有効に活用されている「偏差値」が存在します。

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値に...続きを読む

QTOEICを2ヶ月間勉強するときに、一番いい参考書と、勉強方法は何です

TOEICを2ヶ月間勉強するときに、一番いい参考書と、勉強方法は何ですか???

こんにちは!
7月25日のTOIECを受けようと思います。その時までに2ヶ月しかありません。
それまでに目標700点!!
今までに受験したことがない!
英語を真剣に勉強するのは、5年ぶり!

そのままの状態で受験したら、200~300点くらいだと思います。
そんな中で、最高に良い参考書と、勉強方法はなんですか???

今までの経験で結果が出た方法を教えてください。

以上、よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

とりあえず、新公式問題集を買って解いてみましょう。最新の4で良いと思います。
形式に慣れないと実力は測定できません。これをやっておかないと50点以上は損すると思ってください。
で、弱点分野を分析します。
2ヶ月で何でもやるのは無理でしょうから。
参考URLをご覧ください。本当に300点取れる実力しかないのなら、700点に達するためには最低でも900時間の勉強が必要です。毎日15時間勉強できますか?
勉強してみるとわかりますが、最低このくらいはかかります。勉強方法によっては、この数倍。

とばかり言っていても仕方ないので、とにかくスコアを取るにはどうするか。
短期間で結果が出易いのは文法だと思います。文法が不得意と出たら、ラッキーかもしれません。みっちりやって9割取れれば約230点。
あとは470点なので、リスニングで320点、長文で150点ですかね。
これを取るのも簡単じゃありませんけどね。
大量の英文を音読したり黙読したりしてスキルアップしないと、小手先ではなかなか難しいと思います。
「初受験で700点!」みたいな本を信じても良いですけど、多分成果は出ないと思います。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4902005.html

とりあえず、新公式問題集を買って解いてみましょう。最新の4で良いと思います。
形式に慣れないと実力は測定できません。これをやっておかないと50点以上は損すると思ってください。
で、弱点分野を分析します。
2ヶ月で何でもやるのは無理でしょうから。
参考URLをご覧ください。本当に300点取れる実力しかないのなら、700点に達するためには最低でも900時間の勉強が必要です。毎日15時間勉強できますか?
勉強してみるとわかりますが、最低このくらいはかかります。勉強方法によっては、この数倍。

とばかり言...続きを読む

Q大学の偏差値ってよくわかりません。 高校1年です。 大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。

大学の偏差値ってよくわかりません。
高校1年です。


大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。
偏差値50が普通なんでしょうか…?

Aベストアンサー

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人たちは大学受験をしない人も多くなります。つまり大学受験はざっくり言って高校入学時の偏差値50から70以上の人が対象になるわけです。

ということは、偏差値50が中間地点ですから、高校入試時の偏差値60ぐらいが真ん中になるといっていいでしょう。質問者様の地域が分かりませんが、偏差値60ぐらいで入れる高校の生徒は大学入試偏差値50ぐらいがちょうどよく入れる大学が固まっているはずです。

たとえば、日大の付属高校はだいたいどこでも高校偏差値55から65ぐらいだと思いますので、日大が大学偏差値50ぐらいから(学部による)になっているはずです。

ということで偏差値は50が平均値です。平均値よりも低いと50より下、高いと50よりうえの偏差値になります。
大学の偏差値は高校入試と違って偏差値の低い人が少ないので、元々高校入試時に偏差値60ぐらいだった学力の人たちが50になる、ということです。

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人...続きを読む

QTOEIC 勉強法 TOEICのスコアが400点でした。 800,900点を目指して勉強しようと思っ

TOEIC 勉強法

TOEICのスコアが400点でした。

800,900点を目指して勉強しようと思っています。点数をあげるために、英語力を身に付けるために、どういう勉強をしていけばいいですか??

Aベストアンサー

800,900点のレベルの点を取るような人はプラクティカル(つまり会話したり、小説や雑誌読んだり、英語で仕事とかで書いたり)な英語にも取り込んでいる人が多いです。また問題集とかTOEIC用参考書とかに張り付いて一問一問理屈を抑えていくより、プラクティカルな英語で得られる感覚をつけていくほうが早道であったりもします。リスニングも必要でしょうから、NHKのラジオの講座など聞くといいでしょう一週間分を一週間繰り返しで聞くぐらいがいいです。NHKのラジオ講座をすすめるのは、解説も番組でしてくれるので、聞いているだけでもかなり吸収できます(他の市販の音声教材だと音声は英語を聞けるけど、解説はいちいちテキスト読まないといけないので勉強しようとする意思の弱い私には向きませんでした。まあただ教材向き不向きがありますので違う音声教材のほうがやりやすそうと思うならそういうのでもいいです。

あ、そうそうそういえばこういうのもありますね。
http://www6.nhk.or.jp/kokusaihoudou/abcns/

Q同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部 立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部 関西学

同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部

立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部

関西学院高等部(偏差値69)→関西学院大学国際学部

関西大学高等部(偏差値68)→関西大学法学部


上記の高校から大学へ内部進学するのと


山城高校(偏差値62)→同志社大学法学部、立命館大学法学部

大阪国際大和田高校(偏差値59)→関西大学法学部、関西学院大学国際学部

上記の高校から一般入試で大学に進学するのでは、入学者の学力はどちらが上になるのでしょうか?


よく内部進学者は外部受験者より劣るなどと言われますが、有名大学附属高校はどこもかなりの高偏差値です。上記の例で見ても高校受験時の偏差値では10以上の差があります。

大学受験の勉強を一切していないと偏差値10は埋まると思いますか?附属高校は受験勉強をしないだけで英語や一般教養レベルの勉強はその分やっています。

高偏差値の附属高校からの内部進学者と偏差値が中レベルの高校からの一般入学者、学力が高いのはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

大学入学時の学力で言えば、(一般入試の)外部入学者の方が圧倒的に上です。
内部進学は高校時代、受験勉強せずに、受験勉強以外に重点を置いて、学校教育がなされているからです。

例えば、山城から関関同立に現役合格するとすれば、それはかなり受験勉強しているという証です。

この問題、中学や小学校ではいかがでしょうか?
関学の小学校はかなりの高偏差値超難関校です。
しかし、12年間にわたって、一切受験勉強をしません。同志社もそうです。
但し、立命館小学校は、小学校入学者のみで12年間、ひたすら受験勉強を行い、決して立命館大学ごときへの進学が許されません。

QTOEIC860点ですが、一年で英検1級取得に必要な勉強は?

現在TOEIC860点、翻訳関係の仕事(話すこと、聞くことは仕事上ありません。)をしています。

仕事の関係で一年(来年度で一次、二次の合格でOKです。)で英検一級を取得する必要がでてきました。

必要な勉強法、お薦めの問題集、参考書など教えてください。

そして合格可能でしょうか?

Aベストアンサー

英検1級は、TOEICとは全く違います。

TOEICと違うのは、

 1 単語・熟語問題があり、その準備をしなければならない
 2 英文を書く訓練をしなければならない
 3 長文は、ビジネス文書や広告の文章などの実用的なもの
   中心のTOEICとは違い、科学・社会・経済関連のエッセイ
   風の文章が多い
 4 リスニングでは、答えを英文で書く問題あり
 5 2次は3分間くらいのスピーチを準備しなければならない

などです。

まずは、過去問を買って、何年分か解いてみることが先でしょう。
実際に時間を決めてやってみて、点数を出してみてください。本番
も、だいたいその通りの点数になると思うので、足りない点数を補
うために、対策をたてます。自分が苦手な分野をどう克服し、どう
戦略を立てるかは、人によって違うと思うので、うまく対策を考え
てください。

偉そうに書いていますが、3・4年前に私は受験したとき、見事
に落ちました(汗)。当時、TOEICは900前後で、長文問題などは
ほとんど満点だったのですが、1番の単語問題が私はかなり苦手
で、ダメでした。だから、当時は単語の勉強ばかりしていました
ね。
今、前よりはだいぶ力がついて(?)、時間も余裕ができたので、
またチャレンジするつもりです。
お互い、頑張りましょう!

ちなみに、2次のスピーチはある程度パターンが決まっているの
で、対策のページがけっこうあったはずです。下は一例。
↓  ↓  ↓
http://ww3.tiki.ne.jp/~hershey/

英検1級は、TOEICとは全く違います。

TOEICと違うのは、

 1 単語・熟語問題があり、その準備をしなければならない
 2 英文を書く訓練をしなければならない
 3 長文は、ビジネス文書や広告の文章などの実用的なもの
   中心のTOEICとは違い、科学・社会・経済関連のエッセイ
   風の文章が多い
 4 リスニングでは、答えを英文で書く問題あり
 5 2次は3分間くらいのスピーチを準備しなければならない

などです。

まずは、過去問を買って、何年分か解いてみることが先でし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報