画像の右側の端子間電圧を求めたいのです。

答えは E=R2/(R1+R2)
なんですが、これはどうしてなんでしょう。
R2にかかる電圧というなら理解できるのですが。
R3に電流が流れない→電位が下がらない、という感じでしょうか?
それだと分子はR1なような?

「電気回路 端子間電圧」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

意味 r1」に関するQ&A: M-1、R-1の意味

A 回答 (2件)

V = ER2/(R1+R2)



ですね?

回路は,E→R1→R2→Eと閉じていますから,R1とR2には共通の電流 I が流れています。したがって,R1とR2にかかる電圧V1,V2は,

V1 = R1I = ER1/(R1+R2)
V2 = R2I = ER2/(R1+R2)

ですよね?
「電気回路 端子間電圧」の回答画像1
    • good
    • 1

答えが意味不明ですね。



R3は、電流が流れないので、無視できます。
すると、R1、R2の直列回路に電圧Eが加わっています。
そのR2の分圧を求めればよいので、

端子電圧={R2/(R1+R2)}×E
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「間」の読み方

間という漢字が名詞の後につく時はどう読みますか?(例えば「他人間」)
「ま」か「かん」、どちらが正しい読み方わからない場合が多いです。

拙い日本語ですみません!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

名詞の種類にもよります。
(カン=~の ”あいだ” という意味で使うとき) 国家間,人種間,惑星間,時間, ~週間(~月間)など, 
  山脈間,河川間,お寺間,神社(お宮)間,  (音読み統一? でもない )
対して,
(ま=~の”へや” の意味のとき)日本間,江戸間,京間,十畳間,仏間   (訓読み統一 という訳でもない)

Q画像の回路で、Aの所に未知の直流電圧Eの電源を端子ab間に接続した時にI=0となった。 この時のEの

画像の回路で、Aの所に未知の直流電圧Eの電源を端子ab間に接続した時にI=0となった。
この時のEの値はいくつか
ただし、端子aを電位の基準(0V)とする

この問題で画像のように考えました。
b点はEを取り付ける前は6V、a点は11Vの電圧がかかっているので電流を0にするためにはab間を等電位にする必要があります。

そのためab間の電位差を埋めるためには5Vの電源を取り付ける必要がある、までは理解できたのですが電源の向きを間違えてしまいました。

順番に考えますと、
C点は基準から考えると+1V
そこから6Vの電圧降下があるのでb点は-5V
b点を0Vにするためには5V足さなければならないのでEの値は+5V

と考えたのですが答えは-5Vでした(向きは書いてありませんでした)
なぜ-5Vになるのでしょうか。

元の問題は
https://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h16/riron/no17.htm
です。よろしくお願いします

Aベストアンサー

まず、答えが-5Vになっているのは、a点を基準にしているからです(^^)
つまり、aに電源の+、bに-が接続されます。

考え方として、電流が0になるので、a,bを等電位にすると考えたようですが、これは少しマズイですね(^^;)
等電位 → 電流0 または、電流0→ 等電位 はOKなのですが、じゃあ、なにがマズイのかと言うと、
問題は、電源をab間につなげて、ab間の電位差を0(つまり、aとbを等電位)にしてあるところです(-_-)
電源をab間につなげて、aとbを等電位にすることは出来ません・・・何故かと言うと、電源の両端では必ず電位差が生じるからです(~_~;)
ですから、b点の方が5V低いから、5Vの電源をb側を+にしてつなげれば、電位の”埋め合わせ”ができるわけではありません ヽ( ̄Д ̄*)
例えば、質問者さんのように、5Vの電源をbに+を接続して、ab間に電流が流れないとしてみて下さい。
そして、(下の)6Ω → b点 とたどってb点の電位を求め、
次に、22Ω → a点 → 5Vの電源とたどってb点の電位を求めて、この2つを比較してみて下さい・・・値が食い違う事が分かると思います(◎◎!)
これは、電位の一意性(回路のどの経路をたどっても、求まる電位の値は同じ)に矛盾します(><;)
矛盾の原因は、b側に+を接続して、「ab間に電流が流れない」としたところにあります(-_-)
しかし、a側に+を接続して、同じく2経路で電位を計算すると、この時は矛盾無く電位が一致しますね(^^)
でも、それでもaとbの電位は等電位になりませんね(◎◎!)・・・
・・・電源は電位差を生じさせるので、当然と言えば当然です(^^;)

この問題の場合は、最初Aの所に電源が無い状態で、ab間に電流が流れていない(まあ、当たり前ですね)から、
aとbの電位の関係を変えないような電源を接続すれば良い、と考えればいいと言うことです(^^)

参考になれば幸いです(^^v)

まず、答えが-5Vになっているのは、a点を基準にしているからです(^^)
つまり、aに電源の+、bに-が接続されます。

考え方として、電流が0になるので、a,bを等電位にすると考えたようですが、これは少しマズイですね(^^;)
等電位 → 電流0 または、電流0→ 等電位 はOKなのですが、じゃあ、なにがマズイのかと言うと、
問題は、電源をab間につなげて、ab間の電位差を0(つまり、aとbを等電位)にしてあるところです(-_-)
電源をab間につなげて、aとbを等電位にすることは出来ません・・・何故かと言う...続きを読む

Q近鉄「片江今里」駅、「深江」駅、「庄田」駅の読み方を教えてください。

私は日本の鉄道駅の情報を集めていますが、特に戦前の駅名は時刻表その他の文献に読み方が掲載されていないため、約280駅の読み方がわかりません。そこで、
(1)近畿日本鉄道大阪線今里駅の改称前の駅名「片江今里」駅
(2)近畿日本鉄道大阪線布施駅の改称前の駅名「深江」駅
(3)近畿日本鉄道大阪線美旗~伊賀神戸間の「庄田」駅
の読み方を教えてください。

Aベストアンサー

1.
大昔の今里の周辺に、片江 かたえ という地名がありました。
今でも小学校で片江小学校ってあったり、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E7%AB%8B%E7%89%87%E6%B1%9F%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1
片江は今里周辺では縁の深い地名です。
なので、それは、かたえいまざと で間違いないです。


ふかえ で間違いないでしょう。布施駅の北西、東成区に入ると、深江(ふかえ)地区ですから。

3.
名張市に、現 伊賀市上神戸庄田地区から名張市に編入された上庄田地区がありますが、↓の下から5番目 リンク切れしてますが、かみしょうだ という地名読み方が読み取れますので、 しょうだ でいいでしょう。
http://www.google.com/search?hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E5%90%8D%E5%BC%B5%E5%B8%82+%E4%B8%8A%E5%BA%84%E7%94%B0&num=50

1.
大昔の今里の周辺に、片江 かたえ という地名がありました。
今でも小学校で片江小学校ってあったり、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E7%AB%8B%E7%89%87%E6%B1%9F%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1
片江は今里周辺では縁の深い地名です。
なので、それは、かたえいまざと で間違いないです。


ふかえ で間違いないでしょう。布施駅の北西、東成区に入ると、深江(ふかえ)地区ですから。

3.
名張市に、現 伊賀市上神戸庄田地区から名張市に編入された上庄田地区が...続きを読む

Q物理学の問題です この問題の答えが出ません 答えは(R1E2+R2E1)/R1R2+jωLR1+jω

物理学の問題です
この問題の答えが出ません
答えは(R1E2+R2E1)/R1R2+jωLR1+jωLR2です
計算方法を教えてください

Aベストアンサー

E1による左半分の回路の時計向き電流 I1, E2による右半分の回路の反時計向き電流 I2 とすれば
 E1 = I1*R1 + (I1 + I2)*jωL  ①
 E2 = I2*R2 + (I1 + I2)*jωL  ②

I = I1 + I2 より、I2 = I - I1 を使って
① E1 = I1*R1 + I*jωL     ③
② E2 = (I - I1)*R2 + I*jωL = I*R2 - I1*R2 + I*jωL   ④

③*R2 + ④*R1 より
  E1*R2 + E2*R1 = I*R1*R2 + (R1 + R2)*I*jωL
          = I*[R1*R2 + (R1 + R2)*jωL]

よって
  I = (E1*R2 + E2*R1) / [R1*R2 + (R1 + R2)*jωL]

Q京浜電気鉄道「土佐川」、「沢田」、「下町」、「池端」駅の読み方について

私は日本の鉄道駅の情報を集めていますが、特に戦前の駅名は時刻表その他の文献に読み方が掲載されていないため、約280駅の読み方がわかりません。そこで、
京浜電気鉄道(現、京浜急行)「土佐川」、「沢田」、「下町」、「池端」駅の読み方について
(1)京浜電気鉄道(現、京浜急行)浜川~立会川間の「土佐川」駅
(2)停車場道(後の大森八幡:廃止)~大森町間の「沢田」(現、平和島)駅
(3)蒲田(現、京急蒲田)~出村間の「下町」駅
(4)大師線久根崎(廃止)~花見橋(廃止)間の「池端」駅
の読み方をおしえてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 こちらで生まれて以来50年余りになり、普段大森町駅を利用しています。
 それにしても相当に古い駅名ばかりですね。久根崎が記された乗車券は見たことがありますが、それ以外は資料で読んだことしか無いものばかりのように思います。
 この中で確実に言えるのは沢田で、これは「さわだ」に間違いがありません。現在では交差点の名前としてのみ残っています。
http://map.goo.ne.jp/mapb.php?MAP=E139.43.53.37N35.34.36.723&ZM=9&SZ=1&sw=0&P=1005E139.43.51.664N35.34.34.625&P2=1202E139.43.36.780N35.34.23.690&icon=on
この交差点を北北東-南南西方向に走っているのが、以前は沢田通りと呼ばれた道路。

 ほかの3件のうち、割合近所に付いては共に手がかり無し。池端に関してはこのページに「いけのはた」とかなを振ってあります。
http://www.tamagawa-kisui.jp/ref/ref6/ref-6.html
上から20行目辺り。根拠も無くかなを振ったりはしませんから、なんらかの資料が存在するか、自身に確信があるかのどちらかです。サイトの管理者に訊ねてみるとよいでしょう。
http://www.tamagawa-kisui.jp/contents.html

 あとは各地域の図書館や郷土博物館に調査依頼を申し出ると、きちんと調べてくれる可能性が高くあります。

 こんにちは。
 こちらで生まれて以来50年余りになり、普段大森町駅を利用しています。
 それにしても相当に古い駅名ばかりですね。久根崎が記された乗車券は見たことがありますが、それ以外は資料で読んだことしか無いものばかりのように思います。
 この中で確実に言えるのは沢田で、これは「さわだ」に間違いがありません。現在では交差点の名前としてのみ残っています。
http://map.goo.ne.jp/mapb.php?MAP=E139.43.53.37N35.34.36.723&ZM=9&SZ=1&sw=0&P=1005E139.43.51.664N35.34.34.625&P2=1202E139...続きを読む

Q交流回路の位相についてなのですが、 RL直列回路があり、R=8Ω、L=6の時Rには16V、Lには12

交流回路の位相についてなのですが、
RL直列回路があり、R=8Ω、L=6の時Rには16V、Lには12V掛かります。
この時、電源電圧を求めるには16V、12Vをベクトル合成して20Vです。
ここまでは理解できます。

電圧は位相をふまえベクトル合成するのに電流をベクトル合成してもとめないのはなぜでしょうか。
電流もR、Lで位相差が出るので位相をふまえ計算しなければならないのではないでしょうか。

この回路ですとRに流れる電流2A
Lに流れる遅れ電流2Aをベクトル合成し2√2Aとなぜならないのでしょうか。

Aベストアンサー

補足の図Aと図Bで、電圧は共に左に向いた矢印Ⅴ
を使ってますが、これが誤り。
まず記号をVRとVLに分けるべきでしょう。

図Aの電圧VRを右向きとすると
図Bの電圧VLは上向きです。

結果IRとILは同じ向きになります(大きさも同じ)。
IR=ILだから、そこからVRとVLの向きが決まるのです。
何処にも電流のベクトル合成は有りません。

QIFRSの読み方について

IFRSの読み方について教えてください。

アイエフアールエス、アイファス、アイファース、イファースなど読み方があるようですが、日本では標準的な読み方はありますか?また、グローバルで共通した読み方はありますか?

全社で共通した読み方で統一したいと考えております。

Aベストアンサー

IFRSの読み方は、現時点の日本では様々です。
各種セミナーに行きましたが、講師をされる方によってまちまちです。

ひとりの講師の方の説明では、IFRSがすでに導入されているヨーロッパ(EU)では、主にアイエフアールエスと読んでいるようです。

http://ifrs-yomikata.cocolog-nifty.com/blog/

ご参考に。

参考URL:http://ifrs-yomikata.cocolog-nifty.com/blog/

Q並列回路の合成抵抗の公式が1/R=1/R1+1/R2になる理由を教えてください

学校のレポートでこのような課題が出て調べてみたら公式はどこにでも載っていました。しかし、その理由(理論)がかいてあるところはどこもありませんでした。どうか助けて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

抵抗の逆数は、いわば、電気の通り道の太さ、言い換えれば、ホースの太さです。
同じ力(電圧)でも、ホースが太ければ太いほど、それに比例して電気が沢山通るようになります。
逆にホースが細ければ、通りにくくなります。

1/R=1/R1+1/R2 という式は、電気が通る道が2つに枝分かれしているときに流れる電気の量は、2つの道の太さを合体した太さを流れる電気の量という同じ、という、当たり前のことを表わしている式です。

勿論オームの法則からでも、全く同じことが言えます。
E=R1i1 → i1/E=1/R1
E=R2i2 → i2/E=1/R2
E=Ri → i/E=1/R
ところが、i=i1+i2(2つの経路の電流の足し算)なので
1/R=1/R1+1/R2
いっちょあがり。

Q東急玉川線「七軒町」駅の読み方について

私は日本の鉄道駅の情報を集めていますが、特に戦前の駅名は時刻表その他の文献に読み方が掲載されていないため、約280駅の読み方がわかりません。そこで、
東京急行電鉄玉川線(現、世田谷線)の下高井戸~六所神社前(現、松原)間にあった「七軒町」駅の読み方を教えてください。

Aベストアンサー

「しちげんちょう」と読みます。

現在の下高井戸商店街は昔は七軒町商店街と呼ばれていました。
http://www.shimotaka.or.jp/activity/about_shimotakaido/

このHPの最後の下高井戸商店街の歴史のところに現在の商店街の名前に変更になるまでの経緯が載っています。
下高井戸商店街付近に住んでいる人なら皆知っています。

Qこの回路(問54で右側の回路)で充電後、S1→S2の順にスイッチを切った時のC1の電気量の 考え方は

この回路(問54で右側の回路)で充電後、S1→S2の順にスイッチを切った時のC1の電気量の
考え方は最終的に放電し、C1の下側の極板とC2の上の極板にあった電荷が中和し、孤立した極板部分は初期電荷0なので放電したら0になるのではないのでしょうか?

Aベストアンサー

>なぜ直列接続なのに電荷の大きさが違うのでしょうか。
S1が閉じた状態では抵抗が並列に繋がっているので
直列とはいえません。

電荷が等しくなるのはC1とC2の節点に接続
されている極板の電荷の合計が0になるから。

S1が閉じていて、電荷の出入りが可能な
状態では成り立ちません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報