そもそも商品評価損とは何ですか。
商品評価損の計算の仕方を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

帳簿棚卸数量2,200個 原価@\1,000


実地棚卸数量2,100個 時価@\950

の設例なら実施棚卸数量2,100個に注目します。
あとは先ほど書いたように原価と時価の差50円が(1個辺りの)商品評価損なので
2,100*50=105,000
が(全体としての)商品評価損になります。

ちなみに2,200個と2,100個の差は棚卸減耗です。
100個はいつの間にかなくなってしまっていたので(原因は様々)無くなってしまった分は費用として計上します。
コレはもともと1,000円で仕入れていた商品が100個なくなったので
1,000*100=100,000円
が棚卸減耗費として計上されます。

今回は棚卸減耗費と商品評価損と2つ費用がでるパターンですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ヌォォォオオ!!!!
すごいです(◎д◎)
よく分かりました!!
わかりやすい!!
有難うございました!!
そうだったんですねー!!
もう感激です。
わかりやすいです。
一発で納得できました*
適切・明確かつ明解な回答本当に有難うございましたm(_ _)m↑↑

お礼日時:2011/04/26 22:15

商品評価損=今の価値との差額ですね



仕入れた時100円だった商品が今じゃ80円でしか売れない
(ブームが去った、ちょっと壊れたなど原因は様々)
そんな時に商品評価損20円を計上します。

80円の算定の仕方は市場価格(他の類似品)がある場合はそれを参考に。
ない場合は概算を見積もって計算します。

この回答への補足

期末商品棚卸高の
帳簿棚卸数量2,200個 原価@\1,000
実地棚卸数量2,100個 時価@\950
の時の場合の商品評価損なのですが、
原価と時価の差額を計上すればいいのでしょうか。
説明不足で申し訳ありません
詳しい説明をお願いします(xx)

補足日時:2011/04/26 21:27
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング