自分の身内に対して、どうして不本意にも虐待をしてしまう・虐待と言われる行為をしてしまうのでしょう。

私は、幼い頃。弟に対して加害者になってしまった過去があります。でも、たった一人の弟を、姉として守っていかなければと思っていたのに、新しい父が来てから、弟だけ特別扱いする義父に疎外感を覚え、弟に嫉妬心を持ってしまい、虐待をしてしまいました。
虐待の復讐から、弟は私に包丁を投げ、私が警察を呼んで、弟は施設に行きました。あとから、弟も義父に虐待をされていたことが判明して、私はとても自分が嫌になりました。とても後悔がぬぐえません。どうして、こんなことをしてしまったのか……。

義父も、結婚後母との関係がうまくいかない上に、自分の子供でもない人間が二人もいて、自分のストレスとどう向き合って良いかわからず、パニックになっていたようでした。
私以上に、いつもひどく落ち込んでいました。

家庭は崩壊しました。

虐待……。ひとえに、虐待と言っても、本当に相手が憎くてしてしまうものの他に、私たち家族のような、共同生活が下手なケースから生じてしまうものも、あるのだと思います。
相手を憎んでいないのです。でも、気がつくとこんな悲しい結末になってしまったのです。

同じ境遇で悩んでいる方、いませんか?

どうしたら、こんな虐待しあって憎み合うことをせずにすみますか?
アドバイスをください。
今後、自分がもっと大人になったときに、家庭を持つことになるとして、また崩壊するような関係にならないようにしたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

虐待」に関するQ&A: 性的虐待

A 回答 (5件)

虐待されて、つらかった、悲しかった気持ちと向き合っておけば大丈夫だと思います。


虐待してしまうひとは
つらかったこと、悲しかったことをただ忘れようとした事があるのではないでしょうか。

虐待する人には心に傷を残しままの人が多い気がします。
時間がたって、心が泣き出す感じ。

辛かったな、悲しかったなという心の声を聞いてあげてください。
辛かったね、悲しかったねと自分を抱きしめてあげてください。

時間がかかるかもしれませんが、心が泣きやんだら完了です。(泣きやみます。)
自分に優しくしてあげてください。
    • good
    • 0

人に言うことを聞かせようとか、自分がイライラしてどうしようもないとか、そんなときはまだ壊れてもいいものに当たるだけにすることです。



子どもであっても人間です。感情のセーブが効かなければ行動にもセーブは効きません。
そんなつもりじゃなかったのに。。。とはよく聞かれることですが、結果として相手が壊れてしまえば恨まれるだけです。後悔するのは自分だけです。

手を出すまでには時間が必ずあります。わずかながらでも必ずあります。上げた手はおろすことです。足はとめることです。
必ず「立ち止まる」ことです。そこで止まれないのは自分に対する甘えです。

貴女は気づいているはずです。理不尽な暴力の無意味さを。

本当に殴ってもいいのかどうか、常に自問自答する心をお持ちください。

人に手を出すときは、自分の身を守るときだけです。

どうしようもなくて自分を守るときだけに使う手段です。

相手に自分の言うことだけを聞かせるために使うものではありません。

以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

妹に対しては、年が12もはなれているせいか、こちらも半保護者のような立場になってしまい、自分の手を止めることが出来たのを記憶しています。殴るにはいたらなかったのです。言うことを聞かなくても、根気よく話し合いで解決することができたのです。
弟とは年も近いせいで喧嘩も多かったせいか、また、相手が男であったせいか、父と同様にあまり良い感情で接することが出来ませんでした。力と汚い言葉でねじ伏せてくるのに対して、どうしても話し合いに持ち込むことが出来ないのでした。
父は、男同士だから、弟を大事にしたのでしょうか。私に対しては謝っても存在を無視し、私の私物は汚いものを扱うように蹴倒されました。弟と一緒に同等の罪を犯し、弟はすぐに許されて、私は謝っても、謝っても、許されることはありませんでした。それでも、私が自分の身を守る為に、存在を守る為に弟にした事は悪い事であったと思います。父のように、物に八つ当たりをすることが、本当に良いことでしょうか。根本的なことが解決されない状態で、周囲の物なら壊しても良いと言えるでしょうか。

しかし、この度頂いた回答で私が学ぶ事も多いかと思います。ありがとうございます。色んな方の、色んなご意見、ありがたく頂戴いたします。

お礼日時:2011/05/03 15:21

むずかしいことではありません。



自分が嫌だと思うことを相手の人にしないように心がければいいだけです。

自分が嫌な思いをして反省しているのなら、その反省を未来に生かせばいいことです。

最低な虐待をしないように、心をコントロールしてください。

やりそうになったら、思いだしてストップかけてください。

無意識な虐待行為はないんです。自分の心のどこかに必ず潜んでいることです。

残念ながら過去に起こったことは消せません。でもこれから先は自分で変えられます。

それは自分にしかできないことです。

この回答への補足

無意識な虐待行為というのは、どこまでが虐待となり、どこまでがそうではないのか。その閾値がどうしても人それぞれ違うという現状から言わせていただくと、それが相手にとってどうだったのかを判断できない以上、虐待と言われる行為なのか断定できないのだと思います。多くのお母さんになった人たちがそれで悩んでいると思います。加害してしまった側から見て、意識的に虐待として明確なのは、相手が心底憎いと思ってする行為だと思います。それが本心であれ、それとどう向き合っていかなければならないのかか、きっと私を含め多くの家族を持つ人に問われることなのでしょうね。

補足日時:2011/04/27 17:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もっともな回答ありがとうございます。
反省を生かすために書き込みをしました。
なるほど。私含め、家族の身内それぞれが至極当たり前に心がける事なのでしょうね。おそらく、みんなが、そうであるべきと思っていたのだと思います。その凄惨な現場にてみんながその発言を貫いていくことができれば、良いのでしょうが、実際は自分一人でそう思っていても、とても至難な事であったと感じます。体験する中で、例えば、父の場合はどうしようもなくなった自分のストレスをコントロールしようとして、お酒・加虐に走ったのだと思います。自分の気持ちを最優先に考え、壊される自分の安寧を守ろうとしたのでしょう。私はそんな父の理不尽な虐待を受けて、自分を守ろうとして……。父からの理不尽な仕打ちを受けることを、私止まりに出来なかったのは、私が自分だけ耐えれば良かったという風に心をコントロールしなかったからだと思います。自分だけが傷ついていれば良かったとは、今でも思えないのですが。だから、きっとそうではなくて、自分の狭い範囲だけで、気持ちをコントロールしようとすると、間違った方向に行ってしまうのでしょうね。
文面から解釈することしかできませんが、peri1005さんは、気持ちを間違わない方向に自分でコントロールすることができるからそのようなアドバイスをしてくだっさったと思ってもよろしいでしょうか。虐待をしないようにするストッパーを心にお持ちの方の意見を聞けて良かったです。具体的に、どのような心がけをいつもなさっているのでしょうか。
私は、まだまだ世間知らずなので、自分の狭い範囲で考えてしまうと、良いコントロールには至らないのだと思います。きっと、父も、母も、自分だけでどうにかしようとして、おかしくなっていったのだと思います。peri1005さんのように心がけできるようになるには、きっと世間をもっと知らなくてはいけないのでしょうね。もっと視野を広げていきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/27 17:27

世代間連鎖と言う、伝承されると言う関係図です。


親は子どもに自分の生き様を見せる、子どもは親は絶対的存在で全てを模倣する事で、成長して行く、それが次ぎの世代へと連鎖される。
 親を見れば子が分かると言う格言がある位です。
 親しか知らない者が他人と言う存在から学ぼうとする客観的洞察力有る子は相当な思考感もするどい子です。
 カエルの子がカエル、鳶が鷹を産むかとか昔から、言い伝えもあるくらいです。

この回答への補足

この度、頂いたご回答なのですが、今回こちらで投稿させていただいた質問とずれてしまっているように思えるのですが、いかがでしょう。
連鎖してしまうことは、私自身経験から実感するところであります。
そこから抜け出す術を、回答者様のご経験からアドバイスしていただける事を希望しておりました。

補足日時:2011/05/03 14:46
    • good
    • 0

何故、身内か?


それは一番身近だからです
昔から、よくある話し
父親は母親へ
母親は子供へ
年上の子は年下の子へ
嫁姑もありますよね
皆、一番身近です

この回答への補足

一番身近な人に負の連鎖をしてしまうのは悲しいことですね。きれい事ではなく現実として……。被害者・加害者のどちらも経験した自分としては、そんなことを繰り返していても絶対幸せになれないと思いますから……。
他者とは違って、素の自分がさらけ出せる家庭内だからこそ、負の連鎖は止めなければいけませんね。
そこから抜け出す術を、同じ境遇で打開された方の、ご自身の経験からアドバイス頂きたいと思い、投稿させて頂きました。

補足日時:2011/05/03 14:34
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス等ございましたら、またお返事いただきたいです。
この度のお返事、ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/03 14:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング