牛革の鞄にミンクオイルの代わりとして

グラブオイルを使っても問題ないでしょうか??


.

A 回答 (1件)

べたべたするよ・・・やめたほうがいいんじゃない

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオリーブオイルと茹でたお湯を乳化することに関して

ペペロンチーニをよく作るのですが、仕上げでオリーブオイルとパスタを茹でたお湯を乳化させますよね?
一般にオリーブオイルは100℃以上に温度をあげるとその風味が失われるそうですが、一定以上の温度に上げないと乳化できませんよね?

少しずつ茹でたお湯を入れてかき混ぜることで乳化しやすくなるそうですが、温度もある程度高くないとうまい具合に乳化しないと思うのですが、どうすればよいでしょうか?

後、乳化させた後、オリーブオイルを少量垂らすのは何故ですか?

Aベストアンサー

よくパスタを作ります。乳化はおいしく作るポイントではありますが、そんなに神経を使う必要はないと思います。プロでも乳化させないでパスタを混ぜる人もいるぐらいですから(料理本にも乳化に言及していないものが多々あります)。

その上で申し上げますと、温度はあまり関係ないです。うまく乳化させるコツは、適度に混ぜ(攪拌)、振る(振動)こと。乳化の目的は、茹で汁とオイルを合わせて「ソースを作る」ことですから、簡単に言えば、十分に混ざり合えばいいわけです。正確に何度とということは気にせずに、茹で汁を加えたらスプーンでよく混ぜ、パスタを加えたら中火で熱しながら、フライパンを揺する。これでうまくいくと思います。茹で汁をあまり加えすぎると、水っぽくなってとろみがでませんから気をつけてください。

オリーブオイルを垂らすのは、香りづけです。中華で言う化粧油と一緒ですね。良質なオイルほど香りがたちますので、できればエクストラバージン・オイルを使いたいところです。

Qカウレザージャケットのミンクオイルの塗りムラについて

質問させていただきます。
昨年初めてカウレザーのジャケットを購入し、暖かくなり始めた頃、着なくなる前にKIWIのミンクオイルを塗ったのですが、
初めての手入れだったこともあり厚く塗ってしまったようで、若干のべたつきが残ってしまいました。
更に、所々軽くこすると白くなりポロポロとカスのようなものができてしまいます。
このまま着る事もなんとかできるのですが、やはり気になります。何か改善する方法はありますでしょうか?
対応法などあれば、ご教示頂けると幸いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「ベタ付きが残る」ということですが、オイルを塗った後「乾拭き」はやりましたか?
それでもベタ付いているなら、その「白いカス」も含めかなり厚く塗ってしまったようですね。

ミンクオイルは基本的にとても「油脂分の多い」オイルです。
なので、オイルを塗る革の方もなめしの際にそれなりに「オイル分を多く含んでいる物」の方がより相性がいいということになります。
ワークブーツなどに使われている「オイルドレザー」や「ブライドルレザー」辺りの手入れにミンクオイルが最適、と言われるのはこの辺の事情があります。

お持ちのジャケットのカウハイド、ステアハイド辺りの革の場合は、革のなめしも「クロムなめし」または「タンニンなめし」などが一般的なので、革自体が持っている「油脂分」に対してミンクオイルの油脂分が「強すぎてしまう」ということになります。
つまり「革に染み込みすぎてしまう」ということです。
塗る量が多すぎたり、少量でも繰り返し塗ってしまうことで乾拭きをしても「いつも革がベタ付いている」といったような状態になってしまうワケです。

今回のような場合は、まず「古いオイルを落とす」ということをしなくてはいけません。
皮革用の「クリーナー」を使うか、もしくは「サドルソープ」という革用の洗剤で1度ジャケットを洗ってみてください。
もし洗った場合は乾かす際は必ず「陰干し」で。
乾いたら新たにオイルを入れるわけですが、普段使うオイルは個人的には「デリケートクリーム」辺りで充分ではないか、という感じがします。
このクリームは「保湿専用」の物なのでどんなに塗っても表面に「ツヤを出す」ということは出来ませんから塗りすぎないよう要注意です。
通販などで買える「ラナパー」とか「マスタングペースト」などでも特別問題はありません。
要は着ない間でも革が乾燥することなく「最低限の保湿が出来ていればいい」ということです。
なので、表面が「常にテカテカである」必要性も無いわけです。
ツヤが欲しいなら、上から「ポリッシュ(ワックス)」などを塗ればいいだけのことですから。
ただ、保湿、ツヤ出し、その辺を「1つの物でやろう」とは思わないでください。
中には1つの物で2つも3つも同時に出来る、なんて言うように宣伝して売られている物もありますが、実際は言っているほど「多機能」ではありません。
その辺を「面倒だ」と思わずに手入れをすれば、それが「長持ち」という形であなたに返ってきます。

後は、革ですから保管の際に出来るだけ「外気に当てる」ということが大事です。
クローゼットなどに仕舞いっ放しにすると「通気が無い」ということで結果「カビの原因」になるのでご注意ください。
着ない時でも時々は外に出してあげれば革の寿命もかなり変わってきます。

マメな手入れと定期的な「乾拭き」、この辺をちゃんとしていれば物によっては10年、それ以上持たせることも充分可能ですから大事にしてください。

※私が普段使っているレザー用のケア用品が載っているサイトのURLを載せますので参考程度にご覧ください。
スエード、エナメル以外の革なら牛革から爬虫類まで何でも使えますからかなり便利です。
私は現在、これ以外の物は使っていません。

参考URL:http://www.blue-jean.jp/product/577

「ベタ付きが残る」ということですが、オイルを塗った後「乾拭き」はやりましたか?
それでもベタ付いているなら、その「白いカス」も含めかなり厚く塗ってしまったようですね。

ミンクオイルは基本的にとても「油脂分の多い」オイルです。
なので、オイルを塗る革の方もなめしの際にそれなりに「オイル分を多く含んでいる物」の方がより相性がいいということになります。
ワークブーツなどに使われている「オイルドレザー」や「ブライドルレザー」辺りの手入れにミンクオイルが最適、と言われるのはこの辺...続きを読む

Qベビーオイルと乳液の使い分け

8ヶ月です
カサカサなので保湿を心がけていますが
オイルと乳液はどっちが良いでしょうか?

お風呂上りにオイル
(ぬれたまま付けると良い、とCMでやってたので)
おでかけ前などは乳液を使っているのですが

何か良い情報があれば教えてください

Aベストアンサー

うちは7ヶ月です。お風呂上りには、No.1の方も使っていらっしゃる、コープのPuiPuiローションとクリームをぬってあげています。

ちょっと気になったのはオイルのことです。「ぬれたままつけるとよいとCMでやっている」オイルというのは、たぶんアレだと思うのですが、以前通っていたベビーマッサージクラスの助産師さんがおっしゃるには、あのような鉱物性のオイルだけは赤ちゃんに使わないでほしいとのことでした。なぜあのオイルに「ベビー」という名称を使うのか、まったく不思議だとおっしゃっていました。ゴマ油やグレープシードオイルなどの純度の高い植物性オイルが最適とのことです。うちはマッサージのときや、お尻が荒れてしまったときなどに、太白油をつかっていますよ。もしよろしければ、ちょっと変えてみてはいかがですか。

Qこの鞄はどこの鞄ですか?

このバッグはどこの国の、どの、店の、鞄でしょうか?

Aベストアンサー

画像検索の結果からみると、Słoń Torbalskiというブランド(メーカー?)のバッグのようです。
http://www.ceneo.pl/14634975
http://www.slontorbalski.pl/

ドメイン(URL)が「.pl」なのでポーランドの企業なのだと思います。

Q大阪近郊でエンジンオイルの安い店教えてください。ホームセンターコーナン

大阪近郊でエンジンオイルの安い店教えてください。ホームセンターコーナンで以前4L780円のエンジンオイル販売していましたが、最近ありません。とにかく安いオイル情報をお願いします。

Aベストアンサー

私が、バイトしているガソリンスタンドには、1L200円のはかり売りのエンジンオイルがあります。オイル交換の時にエンジンの中を洗う為に使います。空き缶を持って来たらはかり売りします。(私がバイトしているスタンドは、滋賀県です。)

Q牛革のレザージャケットの手入れr

牛革のレザージャケットなんですが
手入れはどうしたらいいでしょうか??
またどういったお店に手入れ用品は売っているんですか?

Aベストアンサー

レザージャケットでしたら「モゥブレィ・デリケートクリーム」か「ミンクオイルでしょうか?
どちらも通販で手に入ります。
また、これらは、たまにごく少量塗るだけで十分だと思います。
もっとも基本的に何もしなくても、着てあげるだけで、皮膚の油がつく程度で、十分長持ちすることと思います。

Qfajita, tacos と burrito

fajita, tacos と burrito の違いがわかりません!

Aベストアンサー

外国人に分かるほどの大きな違いがないので戸惑うと思います。これは
地域性、個人差が材料と調味料、材料の巻き方に表れるからだと思います。

分かり易くするために極論すれば次のような違いがあります。

メキシコではトーモロコシの粉で作ってTortillaを使用するTacos が主体です。主として肉と野菜類に塩や辛い手作りサルサ(ソース)をかけて葉巻状に巻いて食べます。

burritoとFajitaはおそらくメキシコの一部の地域の食べ方がアメリカ南西部(1848年までメキシコ領)で発展したTex-Mex料理が日本にも伝えられたと思われます。日本のメキシコ料理はほとんどがTex-Mexなのでアメリカ同様にトーモロコシのトルティージャの代わりに小麦粉製を使用します。

タコスは具に好みで味付けはしますが、トルティージャには味付けしません。 fajitaにはトマトケチャップなどのソースが最初から小麦粉製トルティージャにかけられています。ファヒータの具は鶏肉が主体。一方、burritoは限りなくタコスに近いものの小麦粉のトルティージャが使われます。

毎朝家庭で作ったトルティージャが大量生産品に変わり、家庭の手作りソースが市販品に変わり、トーモロコシから小麦粉の粉に変わり、辛いトーガラシは種子を取り除いて辛さを緩和し、トマトケチャップやメルティングチーズを使い、 これもタコスか?というのがアメリカや日本では提供されています。 本場のタコスを食べれば自ずからburritosやfajitasとの差が分かるでしょう。

外国人に分かるほどの大きな違いがないので戸惑うと思います。これは
地域性、個人差が材料と調味料、材料の巻き方に表れるからだと思います。

分かり易くするために極論すれば次のような違いがあります。

メキシコではトーモロコシの粉で作ってTortillaを使用するTacos が主体です。主として肉と野菜類に塩や辛い手作りサルサ(ソース)をかけて葉巻状に巻いて食べます。

burritoとFajitaはおそらくメキシコの一部の地域の食べ方がアメリカ南西部(1848年までメキシコ領)で発展したTex-Mex料理が日本...続きを読む

Q革ジャンに使うオイルのお薦めは?

私は革ジャン(VANSON)、革パン(ショット)を着ております。

いままで一度も革用オイルを塗った事がありません。
そろそろメンテしようと思うのですが、

ヤフオクではマスタングペーストなるものはありました。
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n80414279

お薦めのオイル(クリーム)を教えて下さい。
できれば安価でブーツにも使えたら嬉しいです。

Aベストアンサー

革製品のメンテナンスは浸透力の高いオイルがオススメです
表面だけピカピカでは片手落ちですよ

やはりマスタングペーストが一番、ミンクオイルよりいいですよ
参考
http://www.pair-slope.co.jp/MAINTENANCE/mente-05-12.htm

Q原付のオイル

先日、初めて原付にオイルが必要だと知りました。今まで、オイルなんて意識した事なかったんですが、ガソリンの店員さんにオイルはいかがですか?と聞かれ初めてオイル入れもらいました。そこで質問なんですが、原付買って1年間。オイルは全く入れませんでした。毎日3KMは走っていますが故障もなく、おかしい所といればエンジンのかかりが悪くなったぐらいです。オイルは本当に必要なのでしょうか?また定期的にどれくらいの頻度でどれくらいの量を変えないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

車種が不明ですのでエンジンの種類が不明(2ストロークエンジンか4ストロークエンジンか)ですが、オイルを意識せずに1年程度乗っているところを見ると4ストロークエンジンかと思われますので、4ストロークエンジンであるとして、これ以降を記載します。

エンジンはどのようなエンジンでもオイルが必要です。原付のエンジンでもジャンボジェットのジェットエンジンでもこれは同じです。エンジンの中にはたくさんの部品が入っていてそれがエンジンが回転するときに互いにこすれ合って動くことになります。もしここでオイルがないと、部品同士が直にこすれあってしまい、摩擦で磨り減ってしまうことはもちろん、場合によっては摩擦熱によって互いに解けてくっ付いてしまいます。こうなってしまうとエンジンはもう動くことができなくなってしまいます。そこで、オイルを入れてエンジンの中にあるポンプで内部の隅々までオイルが行き渡るようにして部品の表面にオイルの薄い幕を作って部品同士が直接こすれあってしまわないようにしているのです。

バイクなどの小型の2ストロークエンジンでは、エンジンオイルは燃料と混ぜてエンジン内部に入りマフラーから蒸気になって出て行ってしまうので、交換ではなく補充するだけですが、4ストロークエンジンではオイルはエンジンの内部を循環しています。このためエンジンが正常な状態で在ればほとんど減る事は有りませんが、オイルにはすべりをよくするだけではなくエンジンの中の汚れ(燃料が燃えたときに出るススやどうしてもこすれてしまう部分の金属のかすなど)をきれいに洗い流す役目も在るのです。また、オイル自体も古くなると酸化されて性能が落ちてきます。オイル交換をせずにあまり長く使いつづけると、オイルが本来の役割を果たせなくなってしまい。最悪の場合エンジンを壊してしまう場合もあります。そこでエンジンオイルは定期的に交換をする必要があるのです。原付のような小さなエンジンの場合は同じ距離を走っても大きなエンジンを積んだバイクや自動車よりたくさんエンジンが回りますので、1500キロ以内または6ヶ月に一度程度、どちらか先に期限がきた時点での交換をお勧めします。交換するときはエンジンの中に入っているオイルを全て交換します。量は通常の原付では500CC~1リットル程度でしょう。

車種が不明ですのでエンジンの種類が不明(2ストロークエンジンか4ストロークエンジンか)ですが、オイルを意識せずに1年程度乗っているところを見ると4ストロークエンジンかと思われますので、4ストロークエンジンであるとして、これ以降を記載します。

エンジンはどのようなエンジンでもオイルが必要です。原付のエンジンでもジャンボジェットのジェットエンジンでもこれは同じです。エンジンの中にはたくさんの部品が入っていてそれがエンジンが回転するときに互いにこすれ合って動くことになります。...続きを読む

Q牛革のかばんの手入れについて

今日、牛革のかばんを買いました。
僕は高校生で、学校の制定バッグを買いました。
今は買ったばかりなのでまだかばんが硬いです・・・
もっとやわらかくしたいのでどんな事をすればやわらかくなりますか?

今、僕が思ってるのは野球のグローブに
塗る用のオイルをかばんに塗ろうかと思ってます。
みなさんのご指導お願いします!

Aベストアンサー

革質なので無理にやわらかくしないほうが痛まなくていいよ


人気Q&Aランキング