金利が上昇すると債権価格が下落するのはどうしてですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 ポイントは現在価値を求める計算式にあります。



現在価値をPV、将来価値をFV、金利をrとすれば、一年後のFVは、

 PV(1+r)=FV・・・(1)式

という式が成り立ちます。

このとき、債権は「将来100万円返金します」といったFVが固定されています。
したがって、PVを求めようとしたら、


(1)式を変形して

 PV=FV/(1+r)・・・(2)式

を計算することになります。 

ここで、金利rの大きさが問題になります。
rが大きい時、(2)式の分母も大きくなるので、PVは小さくなります。
rが小さい時、(2)式の分母も小さくなるので、PVは大きくなります。

したがって、金利rが上昇すると債券の現在価格PVは下落する、といえます。



 なお、他の回答者様の考え方は、(1)式の変形になっています。

(1)式を変形して

 PV+rPV=FV
ゆえに、
 PV=FV-rPV・・・(3)式

が得られます。

(3)式からも、金利rが大きくなれば、PVが下落する関係が読み取れます。


 また、式を使わず直観的に理解することも可能です。

金利が上昇すると、銀行預金の利息もよくなります。リスクフリーな金融商品である銀行預金が魅力的になるということは、相対的にリスク付きの債権の価値が下落します。

つまり、今までは、定期預金の利率が1%だから債権に投資していたけれど、3%になったから定期預金に乗り換えようかな、という人が出てくるわけです。

したがって、今まで通りの価格で債権を売ることが出来ず、債券を安売りすることになるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。分かりやすかったです。

お礼日時:2011/05/12 03:33

債券て ナニよ?



将来 割増の現金で返すから、「この紙」(証券)で現金をくださいな。
というもの。

将来の割増率って何?
これが金利。

現在価格(債券価格) + 一年間の証券についた金利割増分 = 一年後の価格(これは定数として考える)

一年後の価格を 固定して考えるので 上記の左側で 「一年間の証券につく金利割増分」が 増えれば 現在価格(債券価格)が 下がります。 一年後の価格は一定なので。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング