秋月電子通商の放電器キットを組み立てし、説明書にある調整を行っているのですが、基板上のTP-GND間電圧を測定してみると値が異常に低いです。ラジコン用の6セルバッテリーを接続して、半固定抵抗を調整しながら電圧を測定してみると0~0.15Vしかありません。説明書で読む限り、電圧はバッテリー電圧の1/4になるそうなので 1.2V÷4×6本=1.8V程度のはずなのですが、、、
どのようなトラブルが考えられるでしょうか?どなたか詳しい方教えてください。
ちなみにヒートシンクは熱くなり、1.2Ω1/2Wの抵抗に0.6Vの電圧がかかっているので、放電はされているみたいです。

A 回答 (1件)

 実際に購入したのではなく、HP上の資料を見てるのですが。



>説明書で読む限り、電圧はバッテリー電圧の1/4になるそうなので・・・

 回路図を見る限り、バッテリー電圧の1/4になるのは、TP側では無く
LM358Nの6番ピン側ですよ。
 TP側(LM358Nの5番ピン側)は、レギュレータIC出力を固定抵抗
4.7KΩと半固定抵抗10KΩでの分圧された電圧になります。
 バッテリ電圧の1/4になる では無く、放電終了電圧の1/4にしなければ
ならないと思いますね。

 部品の取付間違い等を、確認されたほうが良いかと思います。

 LM358Nは、放電セル(バッテリ)の電圧と、レギュレータICからの
放電終了電圧を比較して差が無くなると、放電終了をさせる機能ですね。
 TPの電圧が低すぎると、放電セル(バッテリ)の劣化を招きます。

また、1.2Ωの抵抗は、放電電流を決定しますから、使用する放電セル(バッテリ)の
定格を確認して、適切な放電電流になるように変更する必要が有ります。

 

参考URL:http://akizukidenshi.com/catalog/faq/goodsfaq.as …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q回路基板材質の見分け方

回路基板の材質で、紙フェノールとコンポジットの見分け方があれば教えてください。

色の特徴でわかればよいと考えています。
ガラエポ(FR-4) : 薄い青色
紙フェ(FR-1)  : 明るい茶色
コンポ(CEM-3) : ?

問題の基板は紙フェノールの明るい茶色系で片面パターンです。 回路は300V位の高圧で、使用環境は高温多湿の場合もあるため、紙フェノールで大丈夫なのだろうかと考えています。

一度コンポジット(CEM-3)を使ったことがあるのですが、その時は濃い茶色系でした。 細かい種類によって色も違うかと思いますが、一般的な見分け方のご教授をお願いします。

Aベストアンサー

見分け方。
断面を観ます。
#800程度のサンドペーパーで端面を磨きます。
FR-4は、
板厚にもよりますが、4~5層くらいの~~模様した層が見えると思います。

CEM-3は、
表・裏の表層部だけ~~模様の層があり、これでサンドイッチしたアンコの部分はガラス不織布で、白く濁った層になっていると思います。

FR-1は、
匂いで解ります。
ウンコ臭いというか独特の臭気があり、端面はホントに紙を積層して作りました、というような外観です。

基板の基材色はその熱履歴で茶色くなっていきます。
また、メーカーによって基材色が違い、色だけで見分けるのは困難かと思います。

高温多湿環境なら、CEMか、FR-4を選択した方がよいかと思われます。
エッチングメーカーに問い合わせれば技術資料が入手できると思います。

参考URLにも色々情報がありますので勉強してみてはどうでしょうか。

参考URL:http://dmedia.mew.co.jp/epm/pcbm/product/index.html

Q秋月電子の放電器キットの作り方

はじめまして。
今回、秋月電子の放電器キットを購入して作っています。
コンデンサ、抵抗などは付け終えて、ICをソケットに取り付ける
前に電源をいれて半固定抵抗で設定をするところまで進んでいます。
この時に電源(ACアダプタ)を入れて、抵抗を設定しようとしたら、
大きい電解コンデンサ(470 35V)がポンっと言う音とともに
破裂してしまいました。
変えの電解コンデンサを買ってきて取り付けましたが、同じでした。
取り付けを確認したのですが、間違って取り付け等はないようです。
どなたか、作り方の手順や原因など分かる方がいましたら力を貸して
ください。

Aベストアンサー

ANo.3です、写真を拝見しました。

3端子レギュレータ(NJM2930L05) の 入力側とコンデンサ+が
繋がっているので、コンデンサの極性は合ってると思います。
ただ、入力の平行被覆線ですが、GND側に白線がついてるのが気になります。
断定できませんが、配線材は+側に目印をつけることが多いので。

逆電圧を与えていた場合、他の部品も壊れてる可能性が高いです。

Q基板材質について

半導体の基板材料として、シリコン(Si)→ガリヒソ(GaAs)→炭化珪素(SiC)→窒化ガリウム(GaN)と変わってきていると本で読んだのですが、通常のプリント基板で使用されるガラスエポキシはどれにあたるのでしょうか?
それとも全く別物でICに使用されるのがSiとかで、プリント基板に使用されるのがガラスエポキシということでよろしいでしょうか?
プリント基板の特性・発展の歴史等の載っているHP等もあったら教えて頂きたいと思います。

Aベストアンサー

半導体は、基板とは言いません。ウエハーと呼びます。

http://www.mmc.co.jp/japanese/business/semicon.html

http://www.um.u-tokyo.ac.jp/DM_CD/DM_CONT/SILICON/HOME.HTM

半導体(IC)のできるまで

http://www.bekkoame.ne.jp/~kniwa/

http://www.towajapan.co.jp/process/0101.html

プリント基板は、プリント配線板 プリント.ワイヤード.ボード(PWB)
といいます。
部品が付いたのを、プリント.サーキット.ボード(PCB)と、言います。

http://www4.org1.com/~kitt/craft/fan/pcb/type.html

http://www9.wind.ne.jp/pakoton/HOSPITAL/t16.html

プリント基板を発明した人は、日本の染め物を見て考えついたそうです。

この他に、基板として、ガラス基板が有ります。
液晶などの、パネルに使います。
このガラスの上に、半導体を化学反応で、何層にも貼り付けます。
http://www.spc.co.jp/products/lc.htm

以上、概略です。

半導体は、基板とは言いません。ウエハーと呼びます。

http://www.mmc.co.jp/japanese/business/semicon.html

http://www.um.u-tokyo.ac.jp/DM_CD/DM_CONT/SILICON/HOME.HTM

半導体(IC)のできるまで

http://www.bekkoame.ne.jp/~kniwa/

http://www.towajapan.co.jp/process/0101.html

プリント基板は、プリント配線板 プリント.ワイヤード.ボード(PWB)
といいます。
部品が付いたのを、プリント.サーキット.ボード(PCB)と、言います。

http://www4.org1.com/~kitt/craft/fa...続きを読む

Q秋月電子の放電キット、完成せず・・・

秋月電子の放電キット、完成せず・・・

電気には素人の自分ですが、市販でいい物がないので
秋月電子の放電キットを作ってみましたが正常に作動しません

ONのスイッチを押している間はLEDも点灯して放電してますが、
スイッチから手を離すとOFFになり放電が止まってしまいます。

部品の組間違いやどこかに配線ミスが有るのでしょうか?
もしくはスイッチの不良でしょうか?

良きアドバイスを頂けると助かります。
恐縮ながら素人でも分かる内容でご回答下さい

Aベストアンサー

>まさしくこのキットです
このキットは作ったことありませんが、手元に組立てマニュアルがあります(動作は理解しました)。

まず、「スタートスイッチを押している間だけLEDだけ点灯し、スイッチを離すとLEDが消える」という症状は、バッテリーが接続されてなかったり、バッテリーの電圧が低い(放電しきっている)と回路が判断している場合の動作です。

このキットは、バッテリーを直列接続した状態でも1度に放電できるように、放電ストップ電圧を半固定抵抗で変えられるうになっています。したがって、この放電ストップ電圧の設定が、つないでいるバッテリーの電圧より高くなっていると、回路は「バッテリーがすでに放電している」と判断してしまいます。そうすると、スタートスイッチを押している間だけLEDだけ点灯し、スイッチを離すとLEDが消えるという症状になります。

半固定抵抗の近くに TP (Test Pin) という穴があると思いますが、そこからリード線を引き出して、そのリード線の電圧と GND(基板の左上隅)間の直流(DC)電圧をテスターで測定してみてください(リード線を引き出さず、基板裏面の配線パターンにテスターのリード線を当てて測定してもいいです)。その電圧が、バッテリーの電圧÷4 より大きいと、回路はバッテリーは放電しきっていると判断しています。

組立てマニュアルの4ページにあるように、セル数に応じてこの TP の電圧を適切に調整してみてください。もし、半固定抵抗を回してもTPの電圧が変わらないときは、誤配線の可能性があります。

>まさしくこのキットです
このキットは作ったことありませんが、手元に組立てマニュアルがあります(動作は理解しました)。

まず、「スタートスイッチを押している間だけLEDだけ点灯し、スイッチを離すとLEDが消える」という症状は、バッテリーが接続されてなかったり、バッテリーの電圧が低い(放電しきっている)と回路が判断している場合の動作です。

このキットは、バッテリーを直列接続した状態でも1度に放電できるように、放電ストップ電圧を半固定抵抗で変えられるうになっています。したがって、この...続きを読む

Q基板エッチング

ギターエフェクターを作る為に基板をエッチングしたいのですが、感光基板や生基板など色々あるので、何を使っていいかわかりません。
どちらを使ったほうが良いのでしょうか?
材質はガラスエポキシです。

Aベストアンサー

比較的小さな回路を、雑誌か何かの製作記事をみて作ろうとしていると仮定して回答します。

1.感光基板を使う場合。
参照している製作記事に回路パターンがついていれば、感光基板をつかうと楽です。パターンを転写するわけですから、再現性が高くなります。また、回路パターンがない場合、自分で回路パターンを書いて、それからそのパターンを感光基板に転写する、という手順になります。
いずれにせよ、感光と現像の手順が増えます。また、同じものを複数作る際にも、回路パターンを使いまわせばよいので、感光基板でやると楽ですね。また、記録も残しやすいでしょう。

2.生基板を使う場合。
回路パターンを生基板の上に直接耐レジストなマジック(と場合によってはレタリング)で書いてしまう方法があります。この場合、時間とコストは大幅に下がりますが、直接パターンを書く関係ででたとこ勝負になります。こちらの道はかなり慣れた人にお勧めです。
参照している製作記事に回路パターンがついているとして、手で書ける程度であれば、こちらの道もありでしょう。

3.万能基板を使う場合。
エッチングをやらない方法です。小規模な回路ならばこれが一番早いかも。

比較的小さな回路を、雑誌か何かの製作記事をみて作ろうとしていると仮定して回答します。

1.感光基板を使う場合。
参照している製作記事に回路パターンがついていれば、感光基板をつかうと楽です。パターンを転写するわけですから、再現性が高くなります。また、回路パターンがない場合、自分で回路パターンを書いて、それからそのパターンを感光基板に転写する、という手順になります。
いずれにせよ、感光と現像の手順が増えます。また、同じものを複数作る際にも、回路パターンを使いまわせばよいので...続きを読む

Q秋月電子の焦電型赤外線センサキットについて

秋月電子の焦電型赤外線センサキットVer.2を購入したのですが、
同封されてた説明書に電源:DC+9V(6~10V)と記載されています。
今私が持っている電源がACアダプタの12Vしかありません。
早速動作確認をしようと思ったのですが、DC12Vで使用しても
このキットは壊れないでしょうか。
それとも動作はしても不具合がでてきてしまうのでしょうか。

電気関係が全くの素人で、せっかく購入したものを壊してしまったら
ショックなので試すことができません。
どなたかお分かりになる方がいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

No.2です。

30Ωの抵抗はセンサキットとACアダプタの間に接続すればいいのでしょうか?>
30ΩはACアダプタと三端子レギュレータの間です。リレーに9Vが行ってるなら、9Vのリレーですので12Vは掛けない方が良いと思います。こちらの方にも抵抗が必要で、この値はリレーのコイル抵抗値が分からないと決められません。メーカーと型式は分かりませんか?メーカーのHPにデータがあれば、そこから計算出来ます。具体的には、12Vを抵抗とコイル抵抗で分圧し、コイルに9Vが掛かるようにすれば良いです。抵抗の定格(W)は、抵抗で消費する電力の2倍位余裕をみてください。

QDC回路基板の変色について

LED素子保護用として、FR-4の基板にダイオード素子をブリッジで
搭載して組んでいます。
DC100Vを抵抗で落として、DC12V,IF20mAにて連続荷電していた
ところ、約半年で基板パターンの表面が赤茶色に変色しておりました。
また、ブリッジ回路で最初にDC荷電されるダイオード素子が表電極部で
断線しておりました。
赤茶色の変色はダイオード素子の陽極側につながる基板パターン面に
集中しており、陰極側は変色していませんでした。
これは一体どのような原因、メカニズムで発生しているのでしょうか。
つたない説明ですが、お解りの方がいらっしゃいましたらご教授を
お願いします。

なお、基板パターンの材質はCuでNiメッキ後、Auメッキしています。
ダイオード素子の電極材質はAlで、Agペーストでボンディングし、
基板パターンとはAuワイヤーで接続しています。
周囲環境は一般的な工場の事務所レベルです。(湾岸の近くではありますが)

Aベストアンサー

まず変色の原因ですがこれは熱が原因かと思われます。
なら何故ダイオードの陽極側に集中しているかと言う問題ですが陰極側はパターンが大きく有りませんか?

仮に陽極より陰極側が大きければ放熱に有利な訳で長い間には差が出ると思われます。
ダイオード自体の陰極と陽極では発熱、温度差は無視できると思いますが如何でしょう。

結論を言いますとパターンの大きさに差が有りませんか?
つまり陰極側が大きくないですか?
又は箔の厚さ、付いている部品の違いなどで放熱の性能に差があるように見えませんか?

Q充電器、放電器について。

先日、ココの書き込みを参考に、タミヤのタムッテクギアを購入しました。そのタムテックの件で、何点か質問があるのですが、ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

当然のごとく、車体、プロポ、バッテリーのセットで購入したのですが、後から調べてみると、充電器の他に放電器というものが必要だという事が分かりました。
充電に8~9時間ほどかかるのにたいして、放電はどのくらいかかるものなのでしょうか?また、放電器は絶対に必要なのでしょうか?

タムテックギアというのは、部品(改造パーツ等)が少ないと聞きますが、どのように購入されているのでしょうか?
オススメのサイトなどありましたら、お願いいたします。

中途半端に長く、分かりにくい文章になってしまい、申し訳ありません。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご質問の後半の問題に関しては詳しくないので、前半に限ってお答えします。

一般的に使用される充電式電池には、
 1. 鉛電池
 2. ニッカド電池
 3. ニッケル水素電池
 4. リチウムイオン電池
がありますが、このうち、ニッカド、ニッケル水素は、中途半端な放電をした状態のまま充電を行う操作を繰り返すと、「もうその程度の仕事で十分なのか」と思って、怠けるようになるのです。
これを「メモリー効果」といいます。
ちなみに、鉛電池、リチウムイオン電池には、この怠け癖(メモリー効果)はありません。

メモリー効果の詳細については、こちらのサイトをごらんください。
http://www.sanyo.co.jp/energy/faq/faq1.html
おすすめです。
http://www.interplan-net.co.jp/product/battery/memory_efect.html
長いですが、丁寧に説明してあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%8A%B9%E6%9E%9C 

このため、ニッカド、ニッケル水素は、時々フルに仕事をさせてやる必要があります。
(大まかな目安としては、10回に1回くらい)

一般には、機械が動かなくなるまで、放電し切ればよいのですが、毎回これをやるのも面倒なので、「放電器」というものがあるのです。

放電し切ればよい、と書きましたが、過放電になると電池を傷めます。
放電器は適正な電圧まで放電すると、自動的に放電が切れる仕組みを持っています。

放電器が必要か必要でないかは、
 1. 電池が怠けるようになってもあまり気にしないか?
 2. 常にフルに能力を出させたいなら、ずっと付いていて、マニュアルで完全放電をさせるか?
 3. 1.も2.もいやなら、放電器を買うしかありません。
なお、マニュアルで放電させる場合は、1セル当たり0.9~1.0Vを放電終止の目安とします。

一般に市販されている放電器は満タン充電でも、1-2時間くらいで完全放電させるように設計されています。

参考URL:http://www.interplan-net.co.jp/product/battery/memory_efect.html

ご質問の後半の問題に関しては詳しくないので、前半に限ってお答えします。

一般的に使用される充電式電池には、
 1. 鉛電池
 2. ニッカド電池
 3. ニッケル水素電池
 4. リチウムイオン電池
がありますが、このうち、ニッカド、ニッケル水素は、中途半端な放電をした状態のまま充電を行う操作を繰り返すと、「もうその程度の仕事で十分なのか」と思って、怠けるようになるのです。
これを「メモリー効果」といいます。
ちなみに、鉛電池、リチウムイオン電池には、この怠け癖(メモリー効果)はあ...続きを読む

Qユニバーサル基板の切断方法

車のLEDルームランプを自作するための部品としてサンハヤトのICB-96と言う型のユニバーサル基板を購入しましたが、
どうやって切断するのか分からず基板の加工が全くできません。
材質は紙フェノールと言うものらしいんですが結構硬いです。はさみでは割れてしまい、カッターでは歯が立ちません。

どんな工具を使えば切断できますか?
自分なりに調べるとHOZANの基板カッターやサンハヤトのハンドカッターなどが出てきたんですが予算を大幅にオーバーして買えません。

http://www.sunhayato.co.jp/products/details.php?u=82&id=07002

Aベストアンサー

私はカッターナイフと金属定規と紙ヤスリを使っています。
 (1) ユニバーサル基板をカッティングマット(http://minkara.carview.co.jp/userid/202348/blog/3135001/)の上に置く。
    カッティングマットはカッターナイフで机を傷つけないようにするものなので、下地に傷がついてもいいのなら不要です。
 (2) アルミやステンレスでできた定規(直線部分があるなら定規でなくてもいい)の直線部分をユニバーサル基板の穴列と平行になるように置く。
 (3) 定規が動かないようにしっかり押さえながら、ユニバーサル基板の穴列の中心に沿ってカッターナイフで何度も傷をつける(怪我をしないように充分気をつけてください)。カッターナイフの傷は基板の端から端まで入れてください。
 (4) 傷の深さがユニバーサル基板の厚さの1/3程度にまで達したら、一方を万力に挟むか、あるいはラジオペンチを使って基板を割る。
 (5) そのままでは切断面が凹凸になっていて汚いので、穴列がなくなって滑らかになるまで、切断面を紙やすりで研磨する。
     このとき、平坦な面に紙ヤスリを置き、基板を紙ヤスリ面に垂直に立てた状態で研磨するといいです。
 (6) 同じ紙やすりで研磨面端を軽く面取りした後、水道水で基板についた研磨粉を洗い流し、乾いたタオルで水をふき取る。

私はカッターナイフと金属定規と紙ヤスリを使っています。
 (1) ユニバーサル基板をカッティングマット(http://minkara.carview.co.jp/userid/202348/blog/3135001/)の上に置く。
    カッティングマットはカッターナイフで机を傷つけないようにするものなので、下地に傷がついてもいいのなら不要です。
 (2) アルミやステンレスでできた定規(直線部分があるなら定規でなくてもいい)の直線部分をユニバーサル基板の穴列と平行になるように置く。
 (3) 定規が動かないようにしっかり押...続きを読む

Qバッテリーの放電器と充電器が分からない

この度、CYMAのAK74Mを購入した者です。それに付属していたバッテリーに合う、充電器と放電器を使用されている方、いらっしゃいませんか?できれば、過放電にならないとか、充電し終えたらランプが消えたりするとか、そういう機能があるものを教えて下さい。 (ちなみに中国製です)

そのバッテリーの表示です↓

AFTGGP

Ni-MH 2/3A 1100mAh 8.4V

UFC co.,ltd

Aベストアンサー

バッテリーコディショナーのことでしょ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報