アコム(年率24%)に対して、過払い請求を考えてます。実行した場合、マイカーローンでお世話になる、グループ会社であろうクレジットのアプラス、ニコスに及ぶ波紋は何が考えられるでしょうか?
御回答、よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

>アコム(年率24%)に対して、過払い請求を考えてます。



三菱東京UFJ銀行グループを敵に回す事ですね。
過払い請求事態は、昨年4月から各個人信用情報機関にブラック登録を行なわない事になりました。
が、当時としては「グレーゾン金利は、決してブラック金利でない」訳です。
債権者と債務者が、合法的に双方が合意の上で金銭消費貸借契約を結んでいます。
債権者側から判断すると、契約違反=金融事故ですからね。

>実行した場合、マイカーローンでお世話になる、グループ会社であろうクレジットのアプラス、ニコスに及ぶ波紋は何が考えられるでしょうか?

アコムに関係なく、グループ会社間で「個人情報その他の情報を共有する」との条項が契約書にあります。
当然、契約書を破棄して過払い請求を行った事実は全グループに伝わります。
ただ、アプラスは「新生銀行グループ」だと思いますから関係ありません。
ニコスは、三菱UFJニコス株式会社(DCカード、UFJカード、ニコスカード、MUFGカード)の一部門ですよね。
当然、アコムに対して行なった過払い請求事件は情報が流れます。
この(顧客)情報が、どれだけの影響を及ぼすかは当事者以外に分かりません。
審査結果がボーダーラインにある場合は、間違いなく不利に働きますが。

まぁ、一桁代の返金だと過払い請求はしない方が良いでしようね。
弁護士・司法書士に手数料を払うと、実質片手かも?
得をするのは弁護士・司法書士だけで、依頼者は実質不利益を被る場合も多々ありますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/28 00:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング