転勤中の夫に代わり、夫の会社に自分の源泉徴収表を送ることになった。
送付状というか、一筆添えるにはどのように書いたらいいか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

○○○長様 又は 殿 最近はどちらでもよい


貴社益々ご繁栄の由なによりとお喜び申し上げます。
転勤中の夫に代わり源泉徴収表を送付しましたのでご査収ください。
                                   敬 具     
                               代理 山本陽子
                    
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q封筒やはがきの自分(会社等含む)あての宛名には「行」をつけるが、申請書

封筒やはがきの自分(会社等含む)あての宛名には「行」をつけるが、申請書などの宛名は「様」等であることについて

封筒やはがきの宛名については、自分や自分の会社等あてのものには「行」をつけ、相手方が「様」や「御中」に直して出すのがマナーになっていますよね。
これに対し、各種申請書(主に行政?)の宛名は、これまで「○○様」になっていることがほとんどだったと思います。
最近、これが「上から目線だ」という考え方が出てきたため、申請書の書面においても「○○行き」「○○あて」というのが増えてきましたが、
そもそも、申請書において、封筒などの宛名のように相手に書き直してもらう形式を取ってこなかったのはなぜでしょうか?

申請書というのは、相手が書きやすいようにあらかじめ形式を整えた様式です。
また、あくまで「相手が書いた」という体裁をとるため、相手から見て他者である宛名に「様」をつけていたと思います。

手紙や文書そのものの宛名を直すのはみっともないというマナー感から、封筒などのように書き直すような形式が取られてこなかったのでしょうか?

結婚式などの出欠確認の返信ではご芳名やご住所を直すようなマナーになっていますが、あれは謙譲だからよいのでしょうか?

封筒やはがきの自分(会社等含む)あての宛名には「行」をつけるが、申請書などの宛名は「様」等であることについて

封筒やはがきの宛名については、自分や自分の会社等あてのものには「行」をつけ、相手方が「様」や「御中」に直して出すのがマナーになっていますよね。
これに対し、各種申請書(主に行政?)の宛名は、これまで「○○様」になっていることがほとんどだったと思います。
最近、これが「上から目線だ」という考え方が出てきたため、申請書の書面においても「○○行き」「○○あて」というのが増えてき...続きを読む

Aベストアンサー

行政の文章にマナーなんて通用しないはずです。行政っていう様々な人を扱う場で、マナーの必要な文章なんて使っちゃダメでしょう。できるだけ分かりやすく、簡易にでしょう。
最初に作った人も、マナーは承知の上で、マナーを知らない人でも問題ないように作ったはず。

それを、バカな人が直しちまって、こんなことが日本をダメにしていく。本当にバカ。

あっ、反れましたね。
やっぱり直筆の文字をどこかに入れたいという心が、直すところをわざわざ入れておくマナーになったんじゃないですか。直すところがないと、手書き文字を入れるところがなくなっちゃいますから。
印刷より手書きの方が心が伝わるっていいますから。マナーは心を伝えたいっていう理念があるから、少しくらい強引でも手書き文字を入れさせようとするんでしょう。

Q未納付の源泉徴収税があるときの源泉徴収票の内書きについて

こんにちわ。有限会社を昨年設立しました。確定申告のため私に支払われた給与の源泉徴収票を書くところです。まずA欄の支払金額欄には150万円と書きます。次にB欄の給与所得控除後の金額には85万円と書きます。生命保険の控除が5万円でその他の控除がないものとして計算すると源泉徴収税額欄にはいくらとかけばよろしいでしょうか?また所得控除の額の合計額には5万円と書くのでしょうか?また、問題があるのですが、150万円の給与の内訳ですが30万円×5ヶ月分です。しかし、そのうち3か月分はまだ源泉徴収税を支払っていません。いわゆる未納付です。この場合源泉徴収票に「内書き」すると書いてありますが、この未納付分をどこの欄にどのように書くのでしょうか?その場合の書き方をアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

所得控除の合計額には、基礎控除として誰でも受けられる控除38万円があるので、生命保険料の5万円控除と足して、43万円と書きます。
源泉徴収税額の欄には、実際の税額(給料から引かれた額のうち年末調整後の実際に納める額)を記入すると良いと思います。そして、源泉徴収票の真ん中から左下らへんに、扶養家族の名前を書いたりする空間があると思うのですが、そこに『○○○円未納付』と書きます。
実際に計算すると、42万円の所得金額になるようなので、それの1割、4万2千円の税金ですが、定率減税20%があるので、8400円の割引にして、3万3600円が実際の税金になります。
お給料から引かれている金額が、3万3600円より多ければ、その額が返還されますし、少なければ、徴収されます。
年間で他に収入がなければ…ですが。

QWORD97で会社専用の封筒に直接宛名を印刷するには

 会社専用の封筒(会社の社章が印刷され、住所・宛名を書くところにすでにアンダーラインが引いてあるもの)に、直接印刷をしたいのですが、こういう場合には、この会社専用の新品封筒に何度も印刷をかけて、微調整してくよりほかに方法はないのでしょうか?もし、そのよう方法以外に、うまいやり方をご存知の方がいましたらアドバイスいただけたら幸いです。
 ちなみに補助用品で、スキャナ、Adobe Acrbat等はあります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんわ。私の方法です。

用紙サイズの設定などは問題ないとして、新規文書作成画面にします。そして、画面上に透明罫線で細かい升目をびっしり描画します。細かい、というのは印刷対象物の細かさにもよりますが、まあ5ミリ四方くらいで試してみればいかがでしょうか。

つぎに、その升目のそれぞれに1、2、3、4、5、6...とかA、B、C、D..とかの文字を一つづつ入力します。これを、「基準文字」と呼ぶことにします。始めに横一列に入力したものを後からコピーすれば大して面倒ではありません。

そして、それを封筒に一度印刷します。すると、封筒上の記入位置と先ほど入力した基準文字との位置関係で、例えば、A、B、Cの所にあて先が来る、とか分かると思います。
あとは、基準文字を基準に、透明罫線を残したまま、表のセル結合などを駆使して記入位置を整形し、不要な基準文字を消せば、フォーマットができあがりです。

この方法だと、あらゆる用紙にドンピシャで印刷できますよ。わかりにくければ補足を要求して下さい。

Q源泉徴収税額表の日額表の見方

日当の支払実額が5千円の場合、(一)列のその日の社会保険料等控除後の給与等の金額欄にある5千円から見て、源泉税が300円になるという理解でおりました。しかしながら、支払実額5千円の場合は、340円が源泉税額となると指摘されました。つまり、(一)欄の額は、すでに源泉税額を含んだ金額で見ないといけないとのこと。その場合の課税所得の求め方(税率等)が分かりません。一体5千円の場合の源泉税はいくらが正しいのでしょうか? 教えて下さい。

Aベストアンサー

>一体5千円の場合の源泉税はいくらが正しいのでしょうか?

○「支払う給与が【5千円】の場合の日額表の見方は?」という質問の場合は、「源泉所得税額300円」です。

つまり、300円を源泉徴収しますので、受給者が受け取るのは「4,700円」になります。

---
○「支払う給与が5千340円の場合の日額表の見方は?」という質問の場合は、「源泉所得税額340円」です。

340円を源泉徴収しますので、受給者が受け取るのは【5千円】になります。

※どちらも、社会保険料控除等0円、乙欄適用の場合です。

『[PDF]平成25年分 給与所得の源泉徴収税額表(日額表)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2012/data/02_1.pdf

*****
(参考)

『[PDF]税額表の使用方法、税額の求め方』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2012/data/06.pdf
『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm
---
『国税局・税務署を調べる』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『国税庁>ご意見・ご要望』
http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は税務署に確認の上お願い致します

>一体5千円の場合の源泉税はいくらが正しいのでしょうか?

○「支払う給与が【5千円】の場合の日額表の見方は?」という質問の場合は、「源泉所得税額300円」です。

つまり、300円を源泉徴収しますので、受給者が受け取るのは「4,700円」になります。

---
○「支払う給与が5千340円の場合の日額表の見方は?」という質問の場合は、「源泉所得税額340円」です。

340円を源泉徴収しますので、受給者が受け取るのは【5千円】になります。

※どちらも、社会保険料控除等0円、乙欄適用の場合です。

『[PDF]平成2...続きを読む

Q封筒に会社名等の宛名を印刷したい。

他に質問をされている方がいるかもしれませんが、見つけられなかった&時間があまりないので質問させていただきます。
今回、当方の勤めている会社の社名が変わることになり、社名変更のお知らせの封書を取引のある会社へ送ろうとしていました。
ところが、会社のパソコンにはそれらの封筒に印刷するソフトが入っておらず、フリーソフトを探してみましたがちょうどいいものが見つかりません。
社名変更なので、他の会社へお送りする為、宛名が長くなり、代表取締役やら何やら入れないといけません。(封筒のサイズは16.1センチ×11.3センチほどで、印刷は縦にしますが、開封は横です。)
他の会社から送られてくる封書を見ると郵便番号の枠に綺麗に納まり、住所や宛名等のバランスもとても良いのです。
封書のサイズはよくわからないのですが、封書が入っている箱には「2 ケント」と書いてあります。(これがサイズなのでしょうか?)
筆ぐるめならうまく印刷できるのでしょうか?(できることならフリーソフトがあればいいのですが…)
何か良い解決方法があればお願いいたします。

Aベストアンサー

MSワードを使えばいいのでは?

http://ag5.net/~nino/word-18.html

封筒サイズからすると、「洋形2号封筒」

Q金額の合わない源泉徴収票・届かない源泉徴収票

今年から青色申告をはじめている超初心者です。
よろしくお願いいたします。

届いた源泉徴収票に、実際の金額との誤差があるものがあるんです。
ひとつは
記載の支払金額6500円→実際は6000円
もうひとつは
記載の支払金額148720円→実際は147472円

どちらも実際より多く支払われていることになっています。

どちらも大した金額ではないので、先方に問い合わせるほどでもないと
思っているのですが、

このまま確定申告をしてしまってはまずいのでしょうか?
また、こういう場合の処理の仕方があるのでしょうか?

そして、これとは別にまだ源泉徴収票が届かない会社があるのですが、
こちらから請求してもいいものなのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。「お礼」を読みました。
それだったら完全に会社のミスですね。実際より多く記入されていると言うことは、mi_a_noさんが、必要以上に税金を払わなければいけなくなります。
少々の金額ですけれど、正しい金額の源泉徴収票を請求しても良いと思います。(というか、本当は請求しなければいけないんでしょうね。)

Q封筒の宛名、「会社名」と「御中」の字の大きさは?

先程、会社で話題になったのですが、
取引先等に封筒で書類など送るとき、相手先の会社名の下(あるいは右)に「御中」を付けます

うちの会社では、エクセルのシートで郵便番号などの位置を合わせて、印刷できるように作ってあり、
相手先の住所、会社名、部署等を入力して封筒に直接印刷しています

私は今まで、相手先に失礼があってはいけないと思い、「会社名」を「御中」よりやや大きめに入力
(例えば、角3封筒なら、(株)○○を16P、その下の御中を14Pというふうに)
印字していたのですが、同僚の女性は、逆に「御中」をわざと少し大きめに印字するとの事、

これって、作法的にはどちらが正しいのでしょう?
それとも、まったく同じ大きさが良いのでしょうか?
小さい事なのですが、何だか気になってしまい、分からないままだと、封筒印刷のときにこれからもずーっと悩んでしまいそうで・・(^^;。

Aベストアンサー

御中を大き目にと言うのは意味が判りません。
なくとも宛名を書く場合は相手の名前がもっとも大きく、住所は字配りの範囲で適当なサイズにということですよね。

その考えで行くと御中を大きくというのでは会社名よりも御中の方が重要なのかということになります。
これは常識的におかしいので、少なくとも御中は会社名と同じサイズか、字配りによっては小さめもありかというところでしょう。

Q源泉徴収票に載せる源泉徴収税額は、100円未満切捨てですか。

内の会社の源泉徴収票に載っている源泉徴収税額は、1円単位まで載っています。
知り合いの税理士に聞いたら、年末調整をした人に関しては源泉徴収票に載せる源泉徴収税額は100円未満切捨てだと言っていました。
それが決まりで、税法で決まっているのだと。

また、ある人は「昔いた会社では、1円単位まで載せていたよ。そうした方が還付される金額が多くなるから」「別に1円単位まで載せようが載せまいが、それは会社の裁量じゃないですか」「そのことでお咎めを受けたという話は聞いたことがないよ」と言ってました。

どちらの説が正しいのですか。
もし、税理士の言うのが正しいとすれば、内の会社のやり方は間違っていることになります。
間違ったまま放っておいてもいいのでしょうか。

よろしくご教示下さい。

Aベストアンサー

まず源泉税に関する端数処理について

国税通則法第118条2項及び第119条2項
http://www.houko.com/00/01/S37/066.HTM
所得税基本通達181~223共-5
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shotoku/28/01.htm

源泉税は、1円単位で徴収となります。
1円未満は切り捨てとなっています。

>そのことでお咎めを受けたという話は聞いたことがないよ

誤った意見を言われている方は、源泉徴収された税額と年末調整を勘違いされ
ています。
所得税の確定税額は100円未満切り捨てです。
(年末調整では確定していませんが、確定申告しない場合もありますので、
 確定税額と同様の扱いとなります)

【回答】
年末調整において税額は、100円未満は切り捨てます。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2008/nencho.pdf
国税庁”年末調整の手順と税額の速算表”P5参照
http://www.houko.com/00/01/S37/066.HTM#s9
国税通則法第119条


>「昔いた会社では、1円単位まで載せていたよ。そうした方が還付される金額が多くなるから」「

年末調整をされていない場合、源泉徴収された税額は1円単位ですから、この
場合は1円単位で記載しなければなりません。
この発言をされた方は、年末調整をされていない(乙欄かもしれません)方
なのかも知れません。

>税理士の言うのが正しいとすれば、内の会社のやり方は間違っていることになります。

基本的に、税理士の言うことを信じて下さい。
 ※税理士は、責任をもって発言しています。その発言には責任があります。

まず源泉税に関する端数処理について

国税通則法第118条2項及び第119条2項
http://www.houko.com/00/01/S37/066.HTM
所得税基本通達181~223共-5
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shotoku/28/01.htm

源泉税は、1円単位で徴収となります。
1円未満は切り捨てとなっています。

>そのことでお咎めを受けたという話は聞いたことがないよ

誤った意見を言われている方は、源泉徴収された税額と年末調整を勘違いされ
ています。
所得税の確定税額は100円未満切り捨てで...続きを読む

Q会社宛ての封筒の宛名の書き方

すみません。ビジネスマンでありながらこんなことを知らないで質問をせざるを得ない自分が大変お恥ずかしい次第ではございますが。宜しくご教授下さい。実は会社宛てに商品に不都合が生じて使用に問題があるのでその商品をそれを製造した本社宛てに商品を封筒に入れて着払いにて送付しますが(郵便ではなく)「●●会社お客様相談室宛て」このように記しておくってよろしいのでしょうか? もちろん裏には私自身の住所等名前を明記して書きメール便で送付します。どうか教えてください。

Aベストアンサー

『郵便ではなく』と書かれているので、宅配便などを利用されるのでしょうか。
宅配便の宛名記入用紙には、予め『様』が記載されていると思いますので、その『様』を2重線で消して
『●●会社お客様相談室御中』
で宜しいと思います。

Q源泉徴収票の市町村送付範囲

いつもありがとうございます。
作成手順を読んでもよくわからなかったので
質問させてください。
日雇い丙欄の方に源泉徴収票を送付しますが
市町村にも普通に郵送するのでしょうか?
個人事業主やフリーランスはわかりますが
学生や扶養に入っている方で源泉を引いていない
方の分も市町村への送付義務というのは
あるものでしょうか?
送付しておけば間違いないという認識で
よろしいでしょうか?
ご教授のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

源泉徴収票というか、市町村へ提出するのは正確には「給与支払報告書」と言いますが、これについては、ほとんどの市町村では、なるべく全ての方について提出してもらうように言っている所が多いと思いますが、地方税法により、提出義務があるのは、翌年1月1日に在職している方全員と、中途退職者でも、今年度から改正により、支払った給与の合計額が30万円を超える方についても提出すべき事となりました。
ですから、それらの方については必ず提出すべき事となりますし、それ以外の方についても市町村としては提出してもらった方が好ましい、という事にはなると思います。
(ですから、扶養に入っている事や、源泉徴収の有無等は、判断基準としては関係ない事となります。)
http://www.tabisland.ne.jp/explain/zeisei9/zes9_7_2.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報