22歳になる娘が、1年半くらい前にモデル事務所の人間にスカウトされ、モデルになるためのレッスン料等で費用が掛かるのでと言われて、ノンバンクのカードを3枚作らされ、それを全部その男に取り上げられ、150万円近い借金を作ってしまいました。

いわゆる名義貸し詐欺のため悪いのはカードを貸した当人なので、警察に通報しようにも出来ない状態でズルズルときてしまっています。

昨年、7月頃に娘から初めて聞かされ、知ったような状態です。
父親の私の方から、相手に電話を掛け、昨年10月に会い、借用書に実印を押させ、身元も確認をしましたが、借用期限の12月までに金の入る予定があるとのことだったのですが、結局返済はありませんでした。

現在は、元金は本人もお金がないため滞ったままですが、金利だけは返済してもらっている状態です。
警察へも相談しましたが、名義貸し詐欺は貸したほうに責任があるため対策はないとの回答でした。

大変に困っています。

何か、良い方法はないものでしょうか?

良い方法をご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

警察は民事不介入なので、刑法的な対策はないというだけで、民事的には損害賠償請求可能ですから、民事訴訟を視野に弁護士に相談することです。

    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご教示ありがとうございました。
打つ手は無いのだろうと諦めかけていましたので、民事訴訟という手があることを伺い、心強く思いました。
早速、弁護士に相談してみたいと思います。

お礼日時:2011/04/27 23:15

これは、犯罪と紙一重のやり口です。


何件もしていると思います。

1)弁護士の選任
2)弁護士からの返還請求
3)訴訟
上記が流れになりますが、今現在では無返済ですから、最悪は自己破産も考えられます。
できるだけ早く、弁護士を介入させて訴訟で債務を確定させてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示ありがとうございます。
手順を説明いただき、大変参考になりました。

お礼日時:2011/04/27 23:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「名義貸し」で困ってます

7,8年前に仕事場の先輩(以下A氏)に「お金に困ってるので名義貸してくれないか?」「自分の名義ではもうカードを作れない」「絶対に支払いすると約束する」との事で、実際、当時信用できたので私の名義で3ヶ所ほどの金融会社からお金を借りました。合計で30万くらいでした。その後カード類もA氏に渡し、毎月ちゃんと支払いしていたようで、いつしかその事も忘れてしまって今年1月に、金融会社から「今月の返済どうなってるの?」との電話、あわててA氏に電話をしても「明日、払うから安心して」の一点張り、その後ちょこちょこ同じような事があり、A氏を呼び出し話をしました。融資を受けた3件の内2件は返済済、内1件は4月中には返済が終わるとの事。実際返済が終わった金融会社のカードはその場でハサミを入れ処分。残りの1件は支払いの為まだ預かり、返済後処分すると約束しました。しかし昨日、また返済の電話がありカードが無くても生年月日と電話番号でATMで「残金」を調べれることを知り調べるとなんと「100万円」の残金!A氏は2万円づつ利子だけを払い続けてる状態。4月に終わるのはウソだったのです。このまま利子だけ払い続けることになり、A氏もいい年なのでポックリ逝ってしまったらなどと考えると怖いです。名義を貸した自分が悪いのですが、借受人は私で、保証人はA氏になってますが、なんとか借受人をA氏に転換し、保証人をA氏の子供などに転換できないものでしょうか?他になにかいい方法ありませんか?

7,8年前に仕事場の先輩(以下A氏)に「お金に困ってるので名義貸してくれないか?」「自分の名義ではもうカードを作れない」「絶対に支払いすると約束する」との事で、実際、当時信用できたので私の名義で3ヶ所ほどの金融会社からお金を借りました。合計で30万くらいでした。その後カード類もA氏に渡し、毎月ちゃんと支払いしていたようで、いつしかその事も忘れてしまって今年1月に、金融会社から「今月の返済どうなってるの?」との電話、あわててA氏に電話をしても「明日、払うから安心して」の一点...続きを読む

Aベストアンサー

まず名義貸しという行為は契約上は存在しません。

契約上はご質問者がA氏を連帯保証人にして業者から借り、借りたお金をA氏に「又貸し」しているだけです。

ですからA氏の債務なのではなくご質問者の債務です。

>なんとか借受人をA氏に転換し、保証人をA氏の子供などに転換できないものでしょうか?
転換するというような方法はありません。

方法としては、

1.A氏がA氏名義で借り入れしてご質問者の債務を完済する。
 問題はA氏は既に借り入れできないわけですよね。だったらこの案は無理でしょう。
 A氏の子供が「好意で」連帯保証人になることを同意してくれればどうなるのかはわかりませんが。

2.A氏の子供が「好意で」借り入れするなり預金を使うなりしてご質問者の債務を完済する、

1にしても2にしてもA氏、A氏の子供が拒否すれば出来ません。
A氏の子供はA氏の債務とはなんの関係もないので、子供に返済を要求することは子供が拒否すれば出来ません。
(ただしA氏が亡くなった場合には子供はその債務を相続しますが、大抵借金が大きい場合は相続放棄されてしまいます)

>他になにかいい方法ありませんか?
A氏に資産がなければ打つ手はないです。
一番被害が少ないのは、ご質問者が自分の資金で全額返済し、A氏からそれを取り立てることです。
A氏に何か資産があればご質問者がA氏に返還請求の裁判を起こすなり何なりして最終的に強制執行することも考えられますが。

もう一つはご質問者が破産・免責を受けると債務は保証人のA氏に移ります。
ただご質問者に弁済能力があれば破産・免責は無理ですし、今回は貸してはいけないカードを貸しているということなので、簡単ではないかもしれません。

なお、前回失敗しているようなので、注意しておきますが、カードを破棄しただけではだめです。
必ず店舗に赴き「契約書を返還」してもらってください。これで完全に口座が破棄されます。

まず名義貸しという行為は契約上は存在しません。

契約上はご質問者がA氏を連帯保証人にして業者から借り、借りたお金をA氏に「又貸し」しているだけです。

ですからA氏の債務なのではなくご質問者の債務です。

>なんとか借受人をA氏に転換し、保証人をA氏の子供などに転換できないものでしょうか?
転換するというような方法はありません。

方法としては、

1.A氏がA氏名義で借り入れしてご質問者の債務を完済する。
 問題はA氏は既に借り入れできないわけですよね。だったらこの案は...続きを読む

Q金銭の貸借と携帯電話の名義貸しで慰謝料は取れるか?

初めまして。今回金銭の貸し借りと名義貸しについてご質問があります。

まず、金銭のトラブルからお話しします。
約2年前から金銭を徐々に知人に貸し、最終的に約46万円を今年の4月末に必ず返すと口約束状態で交わしていましたが、結局返しませんでした。親に相談し、法的に有効な借用書を交わして返してもらおうとしましたが、知人は「全額私が借りた金額ではない」と主張しました。何故なら一部の金額が、当時一緒に絡んで遊んだ第3者の人が「俺が後で払う、おごるよ。」と言っていた分で、第3者から知人がお金を徴収して、その徴収した分を私に渡すという形になっていました。
口約束上は、それを含めて俺(知人)が付きあわせた分全部返すと言っていましたが、公的な文書にした途端に、一部は第3者から返してもらうべきお金で、知人としては純粋に私が借りたお金しか払わないという対応でした。現在、第3者とは連絡は取れず、知人から純粋に借りただろう金額でメドをつけ、借用書を作成中です。

次に名義貸しですが、これは携帯電話を名義貸ししました。
私は貸すという行為が当時どれほどのものか全く知らず、知人と旅行に行くのに連絡を取り合う手段として、知人から提案され言われるままに去年10月頃に名義を貸しました。そして料金は知人が払うのは当然なのですが、4ヶ月ほどで滞納が発生してゆき、ブラックリストに載るスレスレまできました。金銭は解決しないわ、携帯は危ないわで継続は不可能で、知人の信頼も失せ、契約解除へ踏み切るところです。現在家族の協力を得て、滞納分は払って利用停止をし、携帯本体も手元にもどしてあります。いつでも警察へ言って窃盗として逮捕できる状態にあります。この件に関する一切の費用も借用書に収めるつもりです。

大まかにまとめましたが、この2点について慰謝料を請求できるポイントがあるかどうか、ご教授いただけると幸いです。
宜しくお願いします。

初めまして。今回金銭の貸し借りと名義貸しについてご質問があります。

まず、金銭のトラブルからお話しします。
約2年前から金銭を徐々に知人に貸し、最終的に約46万円を今年の4月末に必ず返すと口約束状態で交わしていましたが、結局返しませんでした。親に相談し、法的に有効な借用書を交わして返してもらおうとしましたが、知人は「全額私が借りた金額ではない」と主張しました。何故なら一部の金額が、当時一緒に絡んで遊んだ第3者の人が「俺が後で払う、おごるよ。」と言っていた分で、第3者から知人...続きを読む

Aベストアンサー

刑事事件と民事事件なので、先ずは「寸借詐欺」で刑事事訴し、民事訴訟を起こして賠償請求しましょう。

Q名義貸しの罪名はなんですか?

調べたのですが分からないので教えて下さい。
名義貸しの罪名はなんでしょうか?
また、罪は重いのでしょうか?

Aベストアンサー

共犯もしくは幇助犯で立件されるでしょう

Q他人名義の携帯の所持は違法??????

いわゆるトバシ というのでしょうか?
あまり詳しくないです。

他人名義で売ってる携帯の所持と売買、
買うほうも売るほうも違法ですか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

poizon19です。

消費者センターの方から聞いた話なんですけどね、これ。俺に実際かかってきたんですよ。違法とは知ってましたが面白いから話を聞くだけ聞いて、消費者センターに問い合わせたんです。闇金や違法業者は不特定多数の人間に電話をかけて、「お金の御入り用はありませんか?」っていきなり聞いてくる。それに引っ掛かった人が申し込みしてしまう。そしたら必ず「今回は難しいですねぇ」と言われる。そしたら業者が「都市銀行やゆうちょの口座作れます?1口座につきン万円で買いますよ」と言うんだそうです。私も言われました。そしたら借りないで、売ってお金を貰える事になるので、何も解らない人は、言われるがままに欲しい金額だけの口座を作るんですって。で、暗証番号も指定されるそうですよ。携帯も同じ様な手口だそうですが、名義変更の手続きを踏まずにそれを売るもんだから、請求は売った側に行くんですよ。普通考えたら怪しいって解るのに、こうやって簡単に騙される人間がいるから、こうゆう業者が後を絶たないんですって。で、何の罪に当たるんですか?って聞いたら、それは場合によりけりだから何とも言えないと。しかし明らかに携帯や口座の売買は違反行為なので、両方逮捕されるそうですよ。

poizon19です。

消費者センターの方から聞いた話なんですけどね、これ。俺に実際かかってきたんですよ。違法とは知ってましたが面白いから話を聞くだけ聞いて、消費者センターに問い合わせたんです。闇金や違法業者は不特定多数の人間に電話をかけて、「お金の御入り用はありませんか?」っていきなり聞いてくる。それに引っ掛かった人が申し込みしてしまう。そしたら必ず「今回は難しいですねぇ」と言われる。そしたら業者が「都市銀行やゆうちょの口座作れます?1口座につきン万円で買いますよ」と言うんだそ...続きを読む

Q懲役2年6月、執行猶予5年ってどうゆうこと?

懲役2年6月、執行猶予5年って判決の意味がわかりません。
これって、実際に2年6ケ月牢屋にはいらなければいけないのですか?
執行猶予5年の意味もわかりません。

Aベストアンサー

懲役(2年6月)=(最長で2年6ヶ月の間)刑務所に入って所定の労働をしろ、ということ。
執行猶予(5年)=刑罰を直ちには執行しないで、執行猶予期間中(の5年の間に)罪を犯さなければ執行猶予期間が満了(となる5年が経過)した時点から刑そのものを帳消しにして無かったことにする、ということ。

執行猶予期間中に新たに罪を犯したりすると執行猶予が取消になることがあります。執行猶予が取消になると刑罰を執行することになるので刑務所行きになります。しかし、執行猶予期間中に新たに罪を犯したとしても、条件は厳しいですが執行猶予が取消にならないこともあります。

Q名義貸しについて

知り合いの会社の社長が訳あって、形だけ会社の社長をやってくれないか?
(実務なし、登記簿上だけの社長、初回に一度報酬アリ)

と言ってきた場合

1.そもそもこれは名義貸しなのか
2.名義貸しのそれ自体に違法性は無いか
3.この行為が名義貸しではないとして違法性はないか

がわかりません。
法律に詳しい方教えてください。

名義貸しをした後よくトラブルになるとか、この場合会社が違法行為をしたり負債を背負ったり、責任が云々は十分承知しています。

純粋にこのケースが名義貸しになるのかというのと名義貸しのそれ自体に違法性があるかが知りたいのです。

ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

名義貸し、とは、正確には「資格を持ってないと業務を行えない業務に、有資格者がいるものとすること」でいいと思います。

 例
 宅建主任者がいないと不動産業ができない。
 月にいくらか払うから、勤務してることにしてくれ、というもの。

 一時期、宅建の資格を持つ主婦が、そこに勤めてることにしてと報酬を貰っていて、問題になりました。

 税理士事務所の税理士が死亡してしまったので、某税理士に来てもらったが、ハンコがあり、無資格の職員がそれを申告書に押印してるだけで、某税理士は月に一度か二度、事務所に顔を出すだけ。
  これも名義貸しとして、問題になります。

よく、名義がしといいますが、貸すほうがそれだけの「資格」を持っていることが必要ではないでしょうか。

 取締役になってる、と言っても取締役になる国家試験はありません。会社の株主で取締役になってるだけだから、役員会に出席するだけ、或は委任状を提出してるだけ、という人もいるかもしれません。

 そんな場合は「出勤してない」というだけです。

しかし、会社が違法行為をした場合には、代表取締役は責任者になりますから、「知らなかった」であすみません。

商法・会社法では代表取締役への個人的責任も追及できるようになってますから、ねみみに水の請求書、という事態もありえます。

法律知識が豊かでないなら「君子危うきに近寄らず」が正しいと思います。

というわけで
>「純粋にこのケースが名義貸しになるのか」
ならない、と私は考えます。
理由は、社長になる資格は誰でもあるから、です。

>「名義貸しのそれ自体に違法性があるか」
違法性があります。
弁護士・税理士などを士業といいますが、全ての士業は「名義貸し」禁止です。
 医師がいることにして「実際の診療は従業員がしてる」などという開業医には、恐ろしくていけるものではありません。
 税理士の場合は「名義貸し」発覚は「懲戒処分」です。

名義貸し、とは、正確には「資格を持ってないと業務を行えない業務に、有資格者がいるものとすること」でいいと思います。

 例
 宅建主任者がいないと不動産業ができない。
 月にいくらか払うから、勤務してることにしてくれ、というもの。

 一時期、宅建の資格を持つ主婦が、そこに勤めてることにしてと報酬を貰っていて、問題になりました。

 税理士事務所の税理士が死亡してしまったので、某税理士に来てもらったが、ハンコがあり、無資格の職員がそれを申告書に押印してるだけで、某税理士は...続きを読む

Q助けて下さい・・クレジットカード詐欺にあっています

ここで、書くと特定されそうなので、怖いのですがどうしたらいいでしょうか・・><
どなたか相談に乗ってくれませんか・・・
怖いです・・・

Aベストアンサー

クレジットカードの問題は、けっこう根が深くなかなか難しい問題が多いです。ここでの回答を求めることもいいですが、この問題は相手があることですし、ここの回答者は素人的な人ですので、本当にその回答がいいかどうかわかりません。そこで、やはり専門家の弁護士に相談するのが一番と思います。また、秘密を守ってくれるでしょう。弁護士依頼はお金がかかりますが、無料の方法もあります。そうしてそれで解決しなければ、有料の方法をとればいいのです。
私も以前、民事問題でそうした方法で弁護士を利用したので紹介します。

◎無料相談
1 まず、市区(町)では、大体の自治体が無料相談日を設け、委託した弁護士が来て相談にのってくれるシステムがあります。概ね一人30分の時間です。けっこう相談者が多いため予約制が多いですので、まずは市区(町)役所の市民(相談)課などに電話して無料相談の有無について聞き、相談可能なら早速に予約した方がいいです。また、自治体によっては、同じ案件でも日を改めて、繰り返し相談できるようです。

2 次に、街の開業弁護士に個人的に相談しようとする場合、弁護士によっては、月2、3回の無料相談日(一人1時間位)を設けている親切な弁護士がいます。そのため、電話帳やネットなどで、県内や近隣にそうした弁護士がいるかどうか調べ、見つかれば有り難いです。早速に、電話で問い合わせして予約を入れ相談にのってもらいます(良心的で、問題はありません。)。ネットのgoogleで、例えば「弁護士  無料」と入力して検索すると、出てきます。
しかし、この無料相談弁護士は、東京とかの大都市にはいると思います(私は東京で利用しました。)が、地域差がありすべての県にいるとは限りませんので、いない場合はやむをえないです。
◎有料相談
3 周辺に無料相談の弁護士がいない場合は、次に一般的な有料の方法となりますが、短時間で安価で弁護士に相談にのってもらう制度があります。弁護士規定で、大体30分相談で5,250円というものです。ですから、1時間の場合は1万500円です。ここでのアドバイスで解決することも多く、この段階で解決の糸口がつかめれば費用負担も大きくなく有り難いものです。

4 でも、やはりもっと有利にと、どうしても本格的に弁護士に頼むこととなる場合は、どこの弁護士に頼むか、また、弁護士報酬はどうかという不安(心配)があります。
(1)まず、【弁護士の紹介・斡旋】ですが、上で述べた2又は3で相談した弁護士が適任と思えば、その弁護士に引き続きお願いしたらいいです。でも、他の弁護士にしたい場合は、各都道府県に、国が出資し設立した公的法人である「法テラスhttp://www.houterasu.or.jp/」という所があり電話相談や弁護士対応をしてくれます(但し、この法テラスは、民事法律扶助と言って低所得者を対象に法律相談しています。参考までに。)。
また、同じく各都道府県に日弁連設置の「弁護士会法律相談センター」(ネット検索可)が有り、ここでも電話(東京でしたら、03-5367-5290)で簡単な争訟内容を聞いた上(5分程度)、貴方のエリアに近い有料の弁護士を割り振ってくれますので、貴方の状況に応じ、いずれかに電話してみると良いと思います。

(2)次に、【有料の弁護士の報酬】の問題です。
この報酬額は個々の弁護士の自由裁量でまちまちでして、ここで注意しなければならないのは弁護士によって、着手金のほか、報酬として成果型と定額制のニ種類があるということです。 
○「成果型」とは、いわば報酬の出来高払いです。
まず着手金は、以前は、争訟金額の8%(しかし、最低は10万円)(例;100万円の損害賠償請求でしたら8万円。でも、最低は10万円なので10万円)支払い、結果報酬額としては、負担を免れることとなった(或いは利益を得ることとなった)金額の16%(例;貴方の負担が60万円軽減された(或いは逆に、賠償請求で60万円得ることができた)場合は、60万円×0.16=9万6千円の報酬支払い)という相場がありましたが、これは現在撤廃され、個々の弁護士が自由に設定できるので、着手金、報酬額(割合)が一律というわけにはいきません。
 報酬割合について16%のところもあるでしょうし、それ以上の割合(%)を求める弁護士もいると思います。
 ○一方の「定額制」とは最初から、訴訟結果如何にかかわらず最初に提示した固定の金額を報酬としてもらうシステムです。
そのため、貴方が敗訴や負担額(請求額)が思ったより多く(少なく)不満の場合も、最初に約束した金額を契約に従い支払うことになってしまいます。
どちらがいいかは、あなたの考えや、弁護士との話し合い次第です(私個人の体験からすれば、最初の「成果型」をお薦めし、「定額制)は適当とは思いません。)。

いずれにしろ、1,2,3,4の順で、弁護士への相談を進めていけば、最初から弁護士費用の負担に悩まなくてもいいと思います。あなたの役にたてばと思います。
 

クレジットカードの問題は、けっこう根が深くなかなか難しい問題が多いです。ここでの回答を求めることもいいですが、この問題は相手があることですし、ここの回答者は素人的な人ですので、本当にその回答がいいかどうかわかりません。そこで、やはり専門家の弁護士に相談するのが一番と思います。また、秘密を守ってくれるでしょう。弁護士依頼はお金がかかりますが、無料の方法もあります。そうしてそれで解決しなければ、有料の方法をとればいいのです。
私も以前、民事問題でそうした方法で弁護士を利用したの...続きを読む

Q民事訴訟を起こしたいが、被告の住所がわからない

友人がセクハラを受けたのが理由で会社を退職し、民事訴訟を起こすことになったのですが、
被告の住所がわからないため訴状が受理されなかったとのことです。
被告の住所を調べるために、住民票の請求はできるのでしょうか?
役所のホームページなどを調べると、第三者が請求するためには、
正当な理由がわかる疎明資料を添付すれば請求できるとありますが、
訴状などを添付すれば正当な理由と認められるのでしょうか?
また、他に良い方法があれば教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>被告の住所を調べるために、住民票の請求はできるのでしょうか?

できないです。氏名と住所が判っている場合のみ住民票を出してくれます。

>訴状などを添付すれば正当な理由と認められるのでしょうか?

認めてくれます。理由の欄の「裁判」に記しをつけ、訴状全部とともに窓口に提出します。訴状の表紙は原告、被告双方の住所氏名、請求の趣旨で終わってしまうのが普通ですから、「窓口の人はそこだけコピーさせてください」といいますから「どうぞ」で出してくれます。本人確認するための運転免許証、健康保険証、パスポートのどれかの持参も必要ですから、お忘れなく。

窓口の人が業務上の守秘義務を負っていますから、内容が漏れることの心配はまったく無用とおもいます。

>また、他に良い方法があれば教えて下さい。よろしくお願いします。

1)氏名が正確なことが判っていれば、電話帳で当たってみる方法があります。インターネットの電話帳サービスを私は使ったことがありますが、同姓同名の人もきちんと出てきて、住んでいる町名は判っていたのでピタっと住所を割り出したこともあります。

2)No1の方がお書きのように、勤務先が判っていれば、勤務先名、勤務先住所 と明記すれば受理してくれるはずです。

3)本当は、いきなり裁判でなく、相手に書留、配達証明便つきの内容証明便を送って「金幾ら払ってください。その理由はかくかくしかじか。お払い戴けない場合は、法的手段を講じます」と裁判の趣旨と同じことを書くのです。そうすると、郵便局から配達証明が送られてきますから、住所が正しいことが判ります。相手は何か言ってきてもお金は払わないでしょうし、大抵は何も言ってきませんから、訴状の請求の理由の欄の終わりの方に「本人に内容証明便(甲第○号証)で請求したが応じないので本訴訟に至った次第である」
と書くのです。こうすると相手も裁判所も、裁判すること自体を受け入れざるを得ないのです。相手にとってもとてもフェアな方法になるでしょう。

4)現在の住所が判らなくとも、知っている最後の住所が判っている場合には、「最後の住所XXXXXX」と書けば受理してくれる場合もあります。理由は根堀葉堀きかれます。知っている最後の住所の確認が取れれば裁判所は「公示送達」という方法で、掲示板に公示して、何の応答が無いことを確認して裁判に入ってくれます。ただ私の場合は賃料の不払いとか、管理費の不払いの場合ですから、本件のようなもめる種は皆無、払わない相手が悪いという場合です。公示送達は欠席裁判になることが確実で訴えた方が自動的に勝訴になります。よく状況を調べないと結論が出ない裁判は難しいと、私は思います。

4)電話帳で判らなければ探偵社に調べてもらう手があるでしょう。電話帳に一杯広告が出ていますから、大手の名の通ったところ2,3社に電話して、見積もりを取ってみると良いでしょう。親切に教えてくれるはずです。尾行など頼むと高い値段でしょうが、住所の調査はそんなに高くないと思いますが・・・・

5)友人である質問者や他の方でも良いですが、知らん顔して、会社に電話して住所を聞きだしてしまう手もあるでしょう。住所を聞くくらい犯罪にはならないでしょう。警察も取り合わないでしょう。会社の人が答えやすいような理由が重要でしょう「遠い親類のもので、お宅の会社に勤めていることだけ判っているのですが、至急連絡したいことがあり住所または電話番号教えてほしい」みたいに・・・調べる相手と同じ苗字を使えば誰だって親戚とおもうでしょう

>被告の住所を調べるために、住民票の請求はできるのでしょうか?

できないです。氏名と住所が判っている場合のみ住民票を出してくれます。

>訴状などを添付すれば正当な理由と認められるのでしょうか?

認めてくれます。理由の欄の「裁判」に記しをつけ、訴状全部とともに窓口に提出します。訴状の表紙は原告、被告双方の住所氏名、請求の趣旨で終わってしまうのが普通ですから、「窓口の人はそこだけコピーさせてください」といいますから「どうぞ」で出してくれます。本人確認するための運転免許証、...続きを読む

Q私名義の他人の借金

6年くらい前、つきあっていた彼氏(当時34歳くらい)に半分騙されたような形で、数社の金融会社(AIやレイ〇など)から、私名義のカードで限度額最大ずつ借金させられました。

彼はその時まとまったお金が欲しかったらしく、まともな職についていなかったので自分名義では借金できなかったのです。

その後、何年かしてその彼とは別れましたが、その借金の返済はずっと彼がしています。

たまに返済が遅れ、催促の電話がもちろん私の所にかかってくるたび、気分が悪くなり(金融会社の方には、私が借りたんじゃありませんなんて言えないし)何度も彼に全額返済してくれと頼みましたが、彼は他に借りるあてがないんです。親とも縁を切られるかたちで家を出ています。

私も今は別の人と結婚して、子供もいます。
ちゃんと彼には返す気があり、毎月返済してるから、もうちょっと待とう、待とうとじっと耐えつつもう6年。この件に関してはすごく一人で悩んできました。
でも、もういい加減縁を切りたいんです。この悩みとは。その彼が病気や事故で動けなくなったら私が支払うことになるの?まだ全社で100くらい残ってます。

彼自身、金融の仕事をしてたのでこういう法律にも詳しいので、下手に訴えるなんて言うとうまくかわされそうで何もできないで今まできました。

今後、彼に何かあって、私の身に降りかかるのが怖いんです。そんなことになる前になにか、いい方法はないんでしょうか?
ちなみに、現金でも貸しています。今から借用書って遅いですか?借用書ってどんな時どんな効果があるんですか?
彼は今、仕事はしていますが、自分名義で借金できる状態にはなっていないようです。

長文、読んでくださってありがとうございます。

6年くらい前、つきあっていた彼氏(当時34歳くらい)に半分騙されたような形で、数社の金融会社(AIやレイ〇など)から、私名義のカードで限度額最大ずつ借金させられました。

彼はその時まとまったお金が欲しかったらしく、まともな職についていなかったので自分名義では借金できなかったのです。

その後、何年かしてその彼とは別れましたが、その借金の返済はずっと彼がしています。

たまに返済が遅れ、催促の電話がもちろん私の所にかかってくるたび、気分が悪くなり(金融会社の方には、私が借りたん...続きを読む

Aベストアンサー

なるべく早く決着をつけたいようですから、次のようにすると良いでしょう。(資金がなければ出来ませんが)

1.現在の金融業者に対する債務者という立場をなくすため、自分の資金で完済します。

2.上記に先立ち彼とご質問者で公証人役場に行き、強制執行許諾文言付の公正証書を作成しましょう。
 これは、ご質問者が借りて彼がそれを借りている形になっている債務について、ご質問者が金融業者に直接完済する代わりに、彼は今後はご質問者に返済すること。
返済額はこれまでと同額で良いでしょう。

なぜそうするのか説明します。
a.2番では新たにご質問者が彼に正式に貸している状態を作ることが出来、金利についてはご質問者と彼の間で取り決めが出来ます。場合によっては0%でもかまいません。ご質問者がそれで納得するのであれば。
これにより返済額が圧縮されますので、完済してもらえの確率が高くなります。

b.更にいうと金利を1%でもとることにすれば、完済してもらえた場合には1%の金利で彼に預けていたことになるのでご質問者にもメリットがあります。

c.強制執行許諾文言付公正証書という強い武器を入手できます。
これがあると、滞納があれば裁判せずにいきなり強制執行手続きに進むことが出来ます。
また、彼が行方をくらました場合、彼の住民票を入手して追跡することが可能になります。(住民票を異動していないとだめですが、異動しないとこの社会では不都合が多数あります)
というのも、これは公式な書面ですから、役所はご質問者に正当な自由による請求があると認めてくれるということです。

現状をいうと、彼は返済しなくても、困るのはご質問者だけ、彼が雲隠れしてもご質問者が彼の住民票を請求する正当な理由を証明できない、彼に法的返済を迫る際には裁判から起こす必要があるなど、立場が悪すぎます。

ちなみにこれは彼にとってもご質問者との金利の取り決めが金融業者よりも低くなれば、返済総額はかなり圧縮されますので、メリットは非常に大きいです。

なお、公正証書作成では延滞した場合の延滞金利も取り決めておくことをお勧めします。
これは強制執行にもお金がかかるから、たとえ通常返済金利が0円でも、延滞金利を高めにしておくと、執行したときの費用を回収できるからです。(逆に言うと執行する場合には延滞金が執行費用並みになってから行います)

なお住民票は5年以上前は追跡できませんので、行方知れずになったら5年いないに住民票請求を行ってください。
ついでに言うと現金で貸した分も彼が了承すればもぐりこませることが可能です。

なるべく早く決着をつけたいようですから、次のようにすると良いでしょう。(資金がなければ出来ませんが)

1.現在の金融業者に対する債務者という立場をなくすため、自分の資金で完済します。

2.上記に先立ち彼とご質問者で公証人役場に行き、強制執行許諾文言付の公正証書を作成しましょう。
 これは、ご質問者が借りて彼がそれを借りている形になっている債務について、ご質問者が金融業者に直接完済する代わりに、彼は今後はご質問者に返済すること。
返済額はこれまでと同額で良いでしょう。

...続きを読む

Q民事裁判とは、どのようなものですか? 経験者の方、教えて下さい。

こんばんは。

民事裁判経験者の方に質問です。 

民事裁判とは、どのようなものですか?

訴訟の提起から裁判終了までの流れに沿って教えて下さい。

裁判を経験した感想等も伺えたら助かります。

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍しくありません。

原告が申し立てたことのひとつひとつについて、被告は、
1.認める
2.争う
3.知らない
のいずれかを申し立てるのが原則です。

認めるといったものは、真実ではなくても、原告の言い分が真実となります。
争うといったものは、立証義務がある方が、証拠をもとに証明します。証明できないと、真実であっても、うそだということになります。

最終的に双方の陳述(といっても、文書のやりとりですが)、が終了すると、裁判官が判決を書きます。

その間、判決ではなくて、和解しないかという打診が裁判官から何度もあります。互いに合意すれば、判決と同じで、強制執行などもできます。

双方が納得しなければ、判決ということになります。
裁判官は、原告の言い分が多分正しいのだろうなと思っても、原告が証明しきれてないと、正しいという判決は書けません。

つまり、裁判は、裁判官が正否をジャッジするのではなく、証明できるかどうかの争いなのです。

だからウソが飛び交います。そのウソを証拠で突き崩していくことになります。

素人でも裁判はできますが、文書のやりとりですから、文書力と証拠がカギです。

未経験の方が争えば、負けてしまいます。弁護士の助力は不可欠でしょうね。

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報