この質問には2つの質問が混ざってるのですが、不可分なので敢えて一つにさせていただきました。
1.悟りを開いた状態と言うのはどう言う状態なのか
2.悟りを開いた人が鬱病になったときどうなるのか
という2つの質問です。

メインは2の方なのですが1抜きにして2は語れないので2つの問いにしました。

悟った人は鬱病になっても苦にならないのか、それとも鬱病になった時点で悟りは消えてしまうのか、
はたまた悟りを開いた人は鬱病になどならないのか?

宗教関係の方はどう言う宗教なのか、専門家の方は何の専門家なのかお知らせの上、お答え頂ければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

うつ病というものも、モノアミン仮説によれば、脳内の神経伝達物質のノルアドレナリンやセロトニンが細胞にふたたび取り入れられるために起きてくる病気と考えられています。

抗うつ剤は、これらのモノアミンなどに作用する薬物です。このことは、心筋梗塞のような突発的な病気やリュウマチのような慢性的な病気と異なるところはありません。もし、悟りというのがあれば、病気にならないのなら、何も、うつ病だけに限定することは論理的ではありません。
禅で言えば、うつ病になれば、養生するのが「禅」そのものと考えられます。座っているときだけが、「禅」でないのは、実際に禅寺に行けば、掃除や食事の手伝いなど様々な仕事が与えられることからも分かります。
わたしは、基本的には、子どもの頃から「うつ病」的なのですが、中学ぐらいから、対人恐怖に悩まされてきました。大学に入って、はじめて、治療を受けることになるのですが、そのなかで、入院して受けた「森田療法」で全治しました。まあ、悟りを開いたのと同じと言えましょう。しかし、治ったことから、「荷下ろしうつ病」のようになり、以後、再発を繰り返しつつ、27年になります。うつ病は苦しいですが、苦しいのを退けようとしない「心構え」(本当は、何もないのですが)により、苦しみを増加させない心境になるのです。(実際には、そう簡単にうまく行くわけではありませんし、薬も服用しています)
うつ病になったからといって、「森田療法の全治」を忘れるわけではありません。もし、わたしが「森田療法」を受けていなかったら、すでにこの世のものでないかもしれません。大原健士郎先生などは、「うつ病」への「森田療法」の応用も考えておられます。
最近、抗うつ剤だけでなかなかよくならない人に、代替医療が試されています。伝統的な医学(アユールベーダ、漢方、鍼灸、気功など)や民間療法(整体、食養など)なども取り入れていくというやり方です。この中に「禅」も含めてもいいかもしれません。このような観点からすると、夏目漱石の「行人」が、うつ病の人になじむと加賀乙彦が述べているのも納得いきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説&体験談、ありがとうございます。

ところで回答No.3のj6ngtさんへのお礼にも書かせていただきましたが、僕の関心は「悟った人が」鬱になったらどうなるかと言う事です。

なかなかこの問いに的を得た回答を頂けないのは「悟り」についての認識が曖昧なためかと思います。
やはり2つの問いを1つの質問にするのではなく、まず悟りについての認識を議論して土台を作り、
その上であらためて鬱との関係を考えるのがよかったのかも知れません。

どうもいいQ&Aにならなかったようで残念ですが、私の問いかけが的確でなかったためでしょう。

お答え頂いた皆さん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/23 03:14

>全て分かっていると何故鬱にならないのでしょう?



私自身鬱になったことがありますので、その経験の範囲で言いますが。
「鬱」の一面として、自分の置かれている状況・状態が受け容れ難いが故の
葛藤です。(わかっているけど、どうしようもない。と言う感じ)今考えると、
視野が狭かったように思います。確かにそういうことは誰にでもありえるでしょう。
ですから誰でも鬱になる可能性は充分ありえます。

ですから、確かにそれだけではそういう状態を確認出来てるだけですが、
その上で、「落ち着き」があるのが「悟り」なのです。
けっして「全て分かっっている」だけでは不充分なのです。

どうして+αとして「落ち着き」があるのかは残念ですが今の私には説明できません。
それが判ったときは多分悟りを開いた時でしょう。

>それ以前に悟りを開いたと言う人(nekoucchaliさんの基準で)は現存するのでしょうか?

私より勝れた方は大勢いますが、少なくとも生きてる方で悟りを本当に開かれた方と
現実にお会いしたことありませんので、なんともいえません。

私の基準といっても、言わば山のふもとにいて山の頂上(悟り)を指してあれこれ
言ってるだけで、天気は晴れていて、指差す方向に間違いがないという自信が
あるにすぎません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あなたの経験談から一般的な鬱の原因を語るのは的確ではないと思います。
悟った方をご存知ないのに悟った人は鬱にならないと言うのは説得力が無いとは思いませんか。

私は東洋哲学に付いては全く無知で、般若心経の解説書を一読した程度ですので、あなたのおっしゃる「落ち着き」の意味する所もよく分かりません。
が、理解するにはこの場は狭すぎるので、その件に関してこれ以上の議論は止めましょう。

回答頂いた事には大変感謝しております。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/23 03:01

専門は東洋哲学ということにしておきます。

悟りを開いたわけではありませんが、
相手が本当に悟りを開いてるかどうかの基準を、知識として知ってる程度の者です。
1.については、「心の働きをすべて知り尽くして、落ち着いた状態」と言える
でしょう。当然、自分の心の状態だけでなく、相手の状態もすべてわかります。

2.ですから、悟りを開いた人が鬱になるはずはありません。
心の状態も仕組みもすべてわかって落ち着いているのですから。

座禅に興味をお持ちになられたみたいですが、はっきり言って禅僧は当たり外れが
大きいです。少しでも「おかしい。非常識だ」と思ったら、その座禅会は止した
ほうがよろしいでしょう。

そもそも、そういう坊さんたちがしっかりしていて、心の悩みや哲学的な問いに
きっちりケアをしてこなかったからカルトが跳梁跋扈し、挙げ句の果てにオウム
などが出てきたのです。

下手な禅僧につくぐらいなら、むしろ、「軟酥の法」「内観の法」を独習することを、
お勧めします。白隠禅師の「夜船閑話(やせんかんな)」 「遠羅天釜(おらてがま)」
などの注釈書を参考にされるといいでしょう。

この回答への補足

座禅会に関する忠告は受け止めさせていただきました。
興味を示してしまった私のせいですが、本題から外れますので本題に話を戻したいと思います。

> 2.ですから、悟りを開いた人が鬱になるはずはありません。
> 心の状態も仕組みもすべてわかって落ち着いているのですから。

全て分かっていると何故鬱にならないのでしょう?
風邪を絶対に引かない医者は居ないでしょう。鬱にも外因性と内因性とあり、自分ではどうにも避けられない場合もあると思います。
それ以前に悟りを開いたと言う人(nekoucchaliさんの基準で)は現存するのでしょうか?
するとすると世界で何人くらいなのでしょうか?

補足日時:2001/04/22 23:38
    • good
    • 0

先ほど投稿したj6ngtです。



うつ病のことは良く知っています。私もうつ病で入院した
ことがあるからです。首を吊って自殺未遂をしたことも
あります。40歳の会社員で妻子もおります。

悟りうんぬんは余り考えても仕方がない。
そもそもそんな人、殆どいないのだし、坊さんたちだって
本当のところはどういう状態なのか良く判っていないと
おもいますよ。

それよりも、うつ病気味なら、そういう風に思いつめる
ような考え方をしないようにする、ということこそ重要
なんだと思います。実に難しいですがね。要はいいかげ
んな人間になることです。

また、症状が軽いから自殺しないだろうというのは誤り
で、自殺をするのは比較的症状のうつ病患者が多いので
す。本当に思いうつ病患者は、私も入院してみてはじめ
て判ったのですが、そもそも起き上がることすらできな
いのです。 うつ病になりかけのひと、回復期のひとは
希死念慮を実行に移す体力、行動力が残っているので
危険なのです。 是非医師の診察をうけ、抗うつ薬を
飲みつづけることをお奨めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これは性分としか言いようが無いんですが、僕の鬱病に関するご回答はあまり欲していないのです。
本当に文句ばかり申し上げて申し訳無いのですが、
僕は純粋に悟りを開いた人が鬱病にかかった場合にどう言う状態になるのかが知りたいのです。
医者にも行ってますしカウンセリングも受けていますのでその方面はご心配はなく。

ともあれご回答感謝いたします。

お礼日時:2001/04/22 22:05

悟りを開くとは、そのときどきをそのままに生きることにあります。

うつ病になったら、治療することになります。
このようなこと(病気になったときのことなど)は、基本的なことなので、禅の実際の修行に関する書物でも読まれてから質問された方がいいでしょう。
苦しいときは苦しいままにいきると言うことです。
日曜日の座禅会などもありますから、いちど参加されてみられるとよいでしょう。
質問自体があまり意味を持ちません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

j6ngtさんもおっしゃっていますがそんなに意味の無い質問でしょうか?何故そう思われるのかよく分かりません。

>悟りを開くとは、そのときどきをそのままに生きることにあります
そうですよね。
>苦しいときは苦しいままにいきると言うことです。
そうですよね。それは分かるんです。問題は実際にそれができるかどうか。
物事はあるがままでしかない、それ以上出もそれ以下でもない、自分もそうだ。その教えは頭では分かるんです。
でも、それを実践できる人って居るんでしょうか?鬱病になってですよ。

>日曜日の座禅会などもありますから
これは興味あります。どこでやっているのか、どうやって申し込むのか、参考URLなどありましたら教えてください。

お礼日時:2001/04/22 21:48

どういう理由でこのような質問をなさるのが非常に不思議


です。ふと思いついた、純粋な知的好奇心から生じた疑問
なのでしょうか。

悟りを開くという境地は、悟りを開いた者しかわからない
でしょうが、要するに煩悩からは解き放たれた状態である
事がひとつの要件なのではないでしょうか。

「広辞苑」によれば、「悟りを開く」とは、
「まよいを脱して真理を会得する」ことだそうですから。

そうすると、果たして悟りの境地に達した人が「うつ病」
になるということが、ありうるのでしょうか?
そういうことは考えなかったですか?

失礼ながら、わたしには「悟りを開いた人がうつ病にな
ったら」という質問は、殆どギャグなのではないかと思
いました。

この回答への補足

不思議に感じられるのはそうでしょうね。正直に申し上げますと僕は鬱気味なのです。
よく生きてる意味とか考えたり自殺を考えたりします。多分軽い方なので実際に自殺はしないと思いますが。
鬱の時ってマイナス志向の塊で迷いだらけなんです。その対極にあるのが悟った状態なのかなと言うのが質問の意図です。

鬱病になるきっかけは色々あると聞きます。悪い環境の変化だけでなく、昇進がきっかけになることもあると物の本には書いてあります。
また、鬱病は「心の風邪」というニックネームもあり、4~5人に1人が一生の間に少なくとも1回かかる、ありふれた病気なのだそうです。
と言う事は、悟りを開いた方でも十分鬱病にかかる可能性はあると思うんです。
その時その方はどう言う状態になるのかと言うのが僕の興味です。
決してギャグのつもりはありません。真剣な質問です。

どうしたら鬱病でも人生を苦にせず生きていけるかという質問なのかもしれませんが、
慰めや励ましではなく純粋に質問として回答を頂けるとありがたいです。

補足日時:2001/04/22 21:23
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【タイやミャンマーの仏僧は働かずに物乞いをして働かずに働く時間を修行に費やしてまで悟りを開こうとする

【タイやミャンマーの仏僧は働かずに物乞いをして働かずに働く時間を修行に費やしてまで悟りを開こうとする者が多いが、こんなに物乞い仏僧が多いのだから数撃ちゃ当たる寸法で誰か1人くらい奇跡的に的を得た悟りを開いても良いと思う】

まだ悟りを開いていないのか、それとも悟りを開いたら、他者にその至高の悟りを語らずに悦に入ってしまうのでしょうか?

タイやミャンマーでは新しい悟りを開いている人が無数にいるのでしょうか?

どうなんでしょう?

私にもタイやミャンマーで新しい悟りを開いた方の新しい悟りとやらを聞いてみたいです。

最新の悟りをいくつか紹介してくれませんか?

Aベストアンサー

こんなに物乞い仏僧が多いのだから数撃ちゃ当たる寸法で
誰か1人くらい奇跡的に的を得た悟りを開いても良いと思う
   ↑
これ、面白いですね♪



悟りを開いたら、他者にその至高の悟りを語らずに
悦に入ってしまうのでしょうか?
   ↑
上座部仏教は、己の悟りが第一義ですから、
そういうことになるのかも
しれません。



タイやミャンマーでは新しい悟りを開いている人が
無数にいるのでしょうか?
   ↑
タイやミャンマーは上座部ですから、
あるいはそうかもしれません。



私にもタイやミャンマーで新しい悟りを開いた方の
新しい悟りとやらを聞いてみたいです。
   ↑
昔、悟った人に訊いたことがありましたが、
言葉では語れないそうです。
悟りとは、理論や理屈ではなくて、直感
だそうです。
だから自分で修行しないと悟れないそうです。



最新の悟りをいくつか紹介してくれませんか?
   ↑
言葉で表せないから無理でしょ。

Q鬱病や双極性障害等の抑うつ状態時の心身の状態は?

この度は、お忙しい中私の質問を閲覧して頂き有り難うございます。

私は、現在双極性障害II型を患っている中年の男性です。

私は、普段から心身の状態がすごく悪い日が続き、少しましだなと思える日も全くと言っていい程ありません。

とにかく落ち込みがひどく何もする気が起きず、風呂に入る事さえ億劫な位ですし、外出もままなりません。
そして身体の調子は、就寝中を含め身体のあちこちに不調が出たり、倦怠感でしんどい状態です。

そこで同じ様な病気を患っていらっしゃる方にお聞きしたいのは、皆様が抑うつ状態の時具体的にどの様な心身の状態になりますか?

出来れば、詳しく教えて下されば幸いです。

どうか、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ!鬱&パニック障害19年目 男です

大変お辛く しんどい日々を送られてるんですね~

私は少しずつではありますが 良くなってきています


私がひどかったときをお話ししますね

1)自殺未遂を3回ほどしてしまいました

2)とにかく 外出が嫌で嫌で。。。仕方なかったです

3)面白いTVを観ていても笑わない(彼女が教えてくれました)

4)何とか外に出ても スーパーなどに入れませんでした

5)散発のときがとてもとても苦痛でした(不安になりました)

状況を挙げればきりがないくらいです


そんなときの心理は。。。

1)何故 思いどうりに行かない

2)言い知れぬ 不安・焦り

3)死んでしまえば楽になる

4)生きてる価値なんて何も無い

5)周りの人は何故 理解してくれないのか。。(特に『親』)

とにかく とてつもなく不安で 何もやりたくない 出来ないって

感じでしたね~

参考になったでしょうか?

Q【悟り・その2】「悟りを開かずに人生を全うする人の方が幸せである」と悟った。 悟りを求める人は自分に

【悟り・その2】「悟りを開かずに人生を全うする人の方が幸せである」と悟った。

悟りを求める人は自分に弱いところがあるから悟りを求める。

人生を幸せに歩んでいたら悟りなど求めない。

結婚して子供を作って死んでいく。

これに悟りなど不要。

悟りを求めるのは自分が不幸だと感じた人だけ追い求める。

しかし、悟りは人の経験によって答えが人それぞれ違うので答えは人それぞれにあって、答えは1つではないという真理に気付くのに時間が掛かってしまった。

悟りの答えは自分自身の経験で決まるので他人に悟りの答えを聞いても答えは出ない。

答えは自分自身の経験で決まる。

同じ地域に住むのに同じ地域の洋服屋で買っているのに同じ服、同じズボン、同じ靴、同じ靴下を履いている人と出会ったことがない。

人生で一度だけ正月に福袋を買ってジャンパーを羽織って街に出たら同じジャンパーで同じジーンズを履いた人と出会ったことはあったが靴は違った。

こんなに近い地域でどう考えても同じ店で買っている人は五万と居て、大量生産時代においてアウトレットモールやショッピングモールのように購買が一箇所に集約されている時代でも同じ格好でモールを歩いている人に出会ったことがない。

日本人が1億2680万人いれば1億2680万人の経験が存在している。

悟りも洋服のように1億2680万人分存在しているのでお坊さんや神父さんに人生の答えを聞いたところでそれはお坊さんや神父さんの悟りの答えに過ぎない。

と悟った。

【悟り・その2】「悟りを開かずに人生を全うする人の方が幸せである」と悟った。

悟りを求める人は自分に弱いところがあるから悟りを求める。

人生を幸せに歩んでいたら悟りなど求めない。

結婚して子供を作って死んでいく。

これに悟りなど不要。

悟りを求めるのは自分が不幸だと感じた人だけ追い求める。

しかし、悟りは人の経験によって答えが人それぞれ違うので答えは人それぞれにあって、答えは1つではないという真理に気付くのに時間が掛かってしまった。

悟りの答えは自分自身の経験で決まるので他...続きを読む

Aベストアンサー

それが質問者さんの悟りであるわけですが、
それで幸せになりましたか?

幸せになっていれば、その悟りは正しかった
のでしょう。

不幸なら、その悟りは間違いだった、という
ことになります。

Q鬱病で病院を受診する際に、症状&状態を書面で伝える

以前、鬱病と診断されました。
半年ほど通院していましたが、途中で止めてしまい
完治していないのですが、症状は軽くなったと感じていました。

しかし通院を止めて、1年以上経った現在
以前、鬱病になった原因+別のストレスから
鬱病の様な症状が出て来たので、別の病院に行こうと考えています。
(医師と合わない気がするので、以前の病院に行く予定はありません)

初診の時は、時間を掛けて話を聞いてくれますよね?
そこで今回は、父母の家庭環境や性格
私の生まれた時からの、家庭環境の事も詳しく知って欲しいと考えています。

先生を前にすると、上手く話せないのでは?
あまりに複雑な内容なので、上手く伝わらないのでは?
と思い、書面にして先生に見せようと思います。

1:過去の経歴の様な物を、書面で伝えても良いのでしょうか?

2:自分の口で話す方が、診断し易いのでしょうか?

3:文章の感じから、私の状態を察知する事が出来るのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私も現在 うつ病で通院中です。転院した二度目の病院では 私も書面にしていって 「お話したいことを全部をうまく話せれるか自信がないので 紙に書いてきたんですが・・・。」と最初に言って 見ながら話しましたよ。

それは最初に行った病院で嫌な思いをした経験からでした。最初の病院では話をしようにも そこの医師は常に腕時計の時間ばかりを気にして 私の話の内容の濃さの割には カルテにあまり記入もしてないようで 私に対して言う言葉は命令口調で 心無いキツイ言葉を吐いたり まだ何か言いたいことがあるのか?といった状態だったのです。勇気をだして病院に行ったのに 逆にその病院に行くとストレスを溜めてしまいました。

今の病院では医師の初診を受ける前に看護師さんが まず 別室でゆっくり時間をかけて話を聞いてくれて 私の話をほぼ一字一句大きな紙に書き留めてくれました。「これを医師によく読んでもらってから診察しますからね。」とすごく丁寧に親切にしてくれました。

医師も病気の診断うんぬんを言う前に「いろいろ頑張ってきたのね。大変だったでしょう。もう そんなに一人で頑張らなくていいから 一緒にゆっくり治していきましょうね。」と言ってくれました。ここに来て良かった・・と涙がでそうでした。

書面に書いていくことは とてもいい方法だと思います。が、その前に (自分に合った)いい医師に出会うことが一番 大切ですよね。これは なかなか難しいことです。病院に行ってみなければ分かりませんからね。

でも私は今の病院は自分で探したのですが 女性の医師が良かったので(前の男性医師でイヤになったので) 電話帳でやわらかいタッチの優しい感じの広告がでている病院に 片っ端から電話して 前の病院でのことを話し、そちらの医師は何歳くらいの医師なのか(前の医師は年配で横柄な人だったので) それに対して一番いい応対をしてくれた病院を選びました。

合わない医師に出会うたびに何度も病院を変わったり・・・それも疲れますし 心無い医師によっては自分の心が傷ついてしまいますよね。

Design15さんにとって いい医師に出会い 治療を続けて 元気になれることを ここで祈っています。

 
  

私も現在 うつ病で通院中です。転院した二度目の病院では 私も書面にしていって 「お話したいことを全部をうまく話せれるか自信がないので 紙に書いてきたんですが・・・。」と最初に言って 見ながら話しましたよ。

それは最初に行った病院で嫌な思いをした経験からでした。最初の病院では話をしようにも そこの医師は常に腕時計の時間ばかりを気にして 私の話の内容の濃さの割には カルテにあまり記入もしてないようで 私に対して言う言葉は命令口調で 心無いキツイ言葉を吐いたり まだ何か言いた...続きを読む

Q【悟りは1人1人違うものなのでしょうか?】 それとも悟りは誰もが当てはまる解のことを人生の悟りと言う

【悟りは1人1人違うものなのでしょうか?】


それとも悟りは誰もが当てはまる解のことを人生の悟りと言うのですか?

Aベストアンサー

これには諸説あります。

悟りとは、理論ではありません、直感です。
そう考える立場なら、一人一人違うか
同じか、ということは問題になりません。
なぜなら、悟りとはなにか、説明不可能だからです。

悟りとは我欲を取り去ることだ、と
考える立場なら、誰もが当てはまる解だ
ということになるでしょう。

悟りは直感である。
例えば長時間座禅を組んでいると、恍惚感に
襲われ、天地の理が直感的に解る。
心理学者に言わせると、これはエンドルフィンなどの
脳内麻薬が出ただけだ、ということです。
これによれば、誰もが当てはまることに
なります。

Q鬱病と鬱病アピールについて

鬱病と鬱病アピールについて

知り合いに過剰なまでの鬱病アピールをしてくる人がいます。具体的にはわざと人目に付く場所で薬を飲んだり、自身の境遇や病院での診断内容、貰った薬の薬効などを専門用語を多用して長々と話してきたりします。私にはそんな彼がいわゆる悲劇のヒーローになりたがってるようにしか見えません。「自分はお前と違って頭がいいから」とでも言いたげな彼の態度にいつも不快感と苛立ちを覚えています。

いっそ一喝してやりたいという気持ちもあるのですが、人間関係に傷をつけたくないのと、万が一彼が本当に深刻な鬱病だった場合はひどい仕打ちをしてしまうことになってしまうのではないかという不安があり、なかなか行動に踏み出せません。

私は彼にどのように接するべきでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして。

私はパニック障害、睡眠障害の合併症でうつ病になってしまい、仕事はしていますが今も通院しています。しかし職場で、自身がうつ病のことは出来るだけ隠しています。しかも薬の服用でなんとか仕事が出来るので、あればわざわざそれを他の方に言わなければならない必然性が見当たりません。

うつ病で悩むことはあっても、それをネタにして会話するのは本人も嬉しいものではありません。
同じ境遇の方同士であれば、どうすれば薬に頼らずに早く治せるかなどの話はします。

うつ病と言っている方には、障害認定してもらっているか?自立支援は?とか、さりげなく聞いてみると良いかも知れません。重度かつ継続の扱いがされている場合は上記に該当します。

皆に言っておいて、いつでも仕事を休む口実があると予告(自慢?)しているのなら、ただの甘え者です。いっそ休職したほうがいいんじゃない?と言ってみるのが良いかもしれません。

その反応次第で、「あまりうつ病だと言われると、どう対応してよいか分からないから、上司に相談してみたら?」と言ってみてあげてください。実はうつ病でなかったのなら、その人自身が精神障害者への偏見の持ち主で、ホントに怠け者であるということになります。

やはり扱いにくいですよね。。。

はじめまして。

私はパニック障害、睡眠障害の合併症でうつ病になってしまい、仕事はしていますが今も通院しています。しかし職場で、自身がうつ病のことは出来るだけ隠しています。しかも薬の服用でなんとか仕事が出来るので、あればわざわざそれを他の方に言わなければならない必然性が見当たりません。

うつ病で悩むことはあっても、それをネタにして会話するのは本人も嬉しいものではありません。
同じ境遇の方同士であれば、どうすれば薬に頼らずに早く治せるかなどの話はします。

うつ病と言っている方に...続きを読む

Q記憶を失ったら仏教の悟りも失われる?

不退転の悟りを得た仏教徒がいるとして、その人が、頭を打つなどして過去の記憶を失ったとします。彼は、言葉は話せても、自分が何者で何をしてきたかすら思い出せません。そうなると、悟りも失われてしまうのではないかと思います。悟りが失われてしまうと、再び執着心が生じてしまうと思うのですが、どうなのでしょうか?それとも、不退転の悟りは記憶に依存しないと考えられているのでしょうか?

Aベストアンサー

その記憶喪失というのは失われたのは過去の知識のみであり基本的な人格そのものに変化はないはず。
悟りというのは机上の知識ではなく、悟ったことを覚えているから執着心がないわけでもなく、ゆえに過去の知識の有無によって失われることはない。
というのが私の答えです。

Q鬱病と抑鬱病の違いについて

先日、病院で抑鬱病と診断されました。
病院の精神科に通い始めて3ヶ月ほどたちます。
薬は睡眠導入剤と精神安定剤のようなものを3ヶ月ほど服用していますが、なかなか薬があわなくて症状はよくなりません。

一般的に鬱病と言われているものと抑鬱病との違いってなんでしょうか?

抑鬱病の方が鬱病よりも軽いものなんでしょうか?
どなたか教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「抑鬱病」と言う名称を、ここで初めて聞きました。慣用名ではないのでしょうか。
検索するとWEBでは個人ページ以外に、昭和23年参議院会議議事録で目にしました。
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?u=kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/002/1562/00208111562004c.html&w=%22%E6%8A%91%E9%AC%B1+%E7%97%85%22&d=396B48CE29&ou=%2fbin%2fquery%3fp%3d%25cd%25de%25dd%25b5%25c9%25c2%26hc%3d0%26hs%3d0

鬱状態・抑鬱状態、これらは病気ではなく症状です。
抑鬱神経症と言う鬱病とは別の病名もあります。米国精神医学会精神障害の診断・統計マニュアル(DSM-IV)では、神経症と言う分類がなく気分変調障害と分類されています。
http://www.deborder.com/md.html

質問者さんが鬱病なのか鬱病とは別の病気なのか、はたまた病気ではなく症状のみ存在するのか判りません。医師にお尋ねになる方が、的確だと思います。

私は、病名にこだわらず困っている症状に焦点を当てて治療を続けるのが一番だと思います。
お大事になさって下さい。

「抑鬱病」と言う名称を、ここで初めて聞きました。慣用名ではないのでしょうか。
検索するとWEBでは個人ページ以外に、昭和23年参議院会議議事録で目にしました。
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?u=kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/002/1562/00208111562004c.html&w=%22%E6%8A%91%E9%AC%B1+%E7%97%85%22&d=396B48CE29&ou=%2fbin%2fquery%3fp%3d%25cd%25de%25dd%25b5%25c9%25c2%26hc%3d0%26hs%3d0

鬱状態・抑鬱状態、これらは病気ではなく症状です。
抑鬱神経症と言う鬱病とは別の病名もあります。...続きを読む

Q悟りを開いたお坊さんはどれ位いるのですか?

仏教のお坊さんで悟りを開いたお坊さんはどれ位いるのでしょうか?
高僧と言われる人は悟りを開いた人なのでしょうか?
悟りを開いたお坊さんとそうでないお坊さんはどこでわかるのでしょうか?

Aベストアンサー

>仏教のお坊さんで悟りを開いたお坊さんはどれ位いるのでしょうか?

・一人もおりません。

>高僧と言われる人は悟りを開いた人なのでしょうか?

・違います。

>悟りを開いたお坊さんとそうでないお坊さんはどこでわかるのでしょうか?

・お坊さんは悟りを開いてはおりません。

※ご質問の中に、「仏教」とありますので、仏教で言うところの『悟り』についての記述には、「物事の道理を明らかに感知すること。迷いを離れ真理・実相を証得すること。成仏の境地・仏果を得ること。」とあります。

そもそも、「僧」と言われる立場の方々は、古来より伝わる仏典、釈書によって仏教を研鑽し、その教えを行じてきました。あるものはその宗門に残り、あるものは独自の宗派を開いてきました。しかしながら、全てそれらの教えが、釈尊よりの教えを正しく理解し行じているかといえばそうではなく、独自の解釈や全く仏意を度外視した内容としてしまったり、また、時代の流れの中で、寺をその周囲の住民を管理させるもの(檀家制度)としてしまったり、仏の本意からは大きくかけ離れてしまっているのが現状です。

しかし、その中で、鎌倉時代の僧「日蓮」は、末法の世の中に流布するべき『南無妙法蓮華経』を御題目として世の中に取り出しただけではなく、御本尊として末法の衆生に曼荼羅として残してくださいました。
先に、「鎌倉の僧」と書きましたが、釈尊の法華経には「末法に於いて、上行菩薩を筆頭とした地涌の菩薩が出現し、末法の世に法華経を広めるであろう」との記述があり、「末法に法華経を広めれば数々の難が起きる」ということ、身をもって体験されたのが日蓮大聖人であり、まさしく末法の御本仏としてこの世に生誕され本懐を遂げられました。
そういった意味で、単なる「僧」というにはあまりにもかけ離れている為、上記の回答といたしました。

>仏教のお坊さんで悟りを開いたお坊さんはどれ位いるのでしょうか?

・一人もおりません。

>高僧と言われる人は悟りを開いた人なのでしょうか?

・違います。

>悟りを開いたお坊さんとそうでないお坊さんはどこでわかるのでしょうか?

・お坊さんは悟りを開いてはおりません。

※ご質問の中に、「仏教」とありますので、仏教で言うところの『悟り』についての記述には、「物事の道理を明らかに感知すること。迷いを離れ真理・実相を証得すること。成仏の境地・仏果を得ること。」とあります。

...続きを読む

Q鬱病の薬と頭痛薬・鬱病の診断について

先日、心療内科で鬱病と診断されました。
そこでトフラニール10mgとリーゼ5mgを処方されました。
トフラニールは朝のみ、リーゼは朝と夜に飲むように言われました。
わたしは元々頭痛持ちで、1日に2回は頭痛薬(イヴA錠)を飲みます。
そこで質問なんですが、この鬱病の薬を飲みながら
今まで通り頭痛薬を飲むのは大丈夫でしょうか?
診察の際、先生にもよく頭痛薬を飲む、という話をしたのですが
それでも薬を処方された、ということは飲んでも大丈夫だということなのでしょうか。
今とても頭が痛いのですが、頭痛薬を飲んでもいいものか悩んでいます。
ちなみに鬱病の薬を飲み始めたのは昨日からです。

また、もう一つ質問?があります。
今回、病院で鬱病と診断されたことでホッとしている自分がいるんです。
もともとは学校に行けなくなったのが一番の症状?なのですが、
そのことにちゃんとした理由がついたことに対して安心したのだと思います。
でもこれって、鬱病を言い訳にするようなずるい考えのような気がして…
本当は自分の甘えで学校に行かないだけなのに、
もしかして逃げているだけなのかなぁと罪悪感が芽生えています。
確かに世間一般で言う鬱病の症状には当てはまる点が多々あるのですが
私は本当に鬱病なのか、そのことにさえ疑問を感じています。
そのせいで、親にも鬱病と診断されたことを言えないでいるのですが…
同じように感じたことがある方、いらっしゃるでしょうか?
自分でもどういう意見が欲しいのかが分からないのですが、
何かアドバイスをお願いします。

先日、心療内科で鬱病と診断されました。
そこでトフラニール10mgとリーゼ5mgを処方されました。
トフラニールは朝のみ、リーゼは朝と夜に飲むように言われました。
わたしは元々頭痛持ちで、1日に2回は頭痛薬(イヴA錠)を飲みます。
そこで質問なんですが、この鬱病の薬を飲みながら
今まで通り頭痛薬を飲むのは大丈夫でしょうか?
診察の際、先生にもよく頭痛薬を飲む、という話をしたのですが
それでも薬を処方された、ということは飲んでも大丈夫だということなのでしょうか。
今とても頭...続きを読む

Aベストアンサー

わたしは、社会人で、うつ病で休職中です。

>わたしは元々頭痛持ちで、1日に2回は頭痛薬(イヴA錠)を飲みます。
>そこで質問なんですが、この鬱病の薬を飲みながら
>今まで通り頭痛薬を飲むのは大丈夫でしょうか?

主治医の先生か、処方箋で薬をだしてくれた薬剤師の方に確認した方がいいです。
一般に市販薬に強い薬剤は入ってないと思いますが、もしもの事もありますから、確認した方が
安全です。通院しなくても電話で充分確認できます。
わたしも、この病気で最初の抗うつ剤を処方された時、頭痛がして、市販の頭痛薬を飲もうかどうか
悩みました。でも、やっぱり心配で結局一週間我慢して、次の通院の時に先生に申告して、頭痛止め
の薬を出していただきました。
わたしの場合は、抗うつ剤の副作用からくる頭痛だったのですが、確認してよかったと今は思って
います。

>今回、病院で鬱病と診断されたことでホッとしている自分がいるんです。
>              :
>本当は自分の甘えで学校に行かないだけなのに、
>もしかして逃げているだけなのかなぁと罪悪感が芽生えています。
>              :
>確かに世間一般で言う鬱病の症状には当てはまる点が多々あるのですが
>私は本当に鬱病なのか、そのことにさえ疑問を感じています。
>そのせいで、親にも鬱病と診断されたことを言えないでいるのですが…
>同じように感じたことがある方、いらっしゃるでしょうか?

わたしも、うつ病で休職の許可が下りた時はホッとした事を覚えています。
と、同時にすごい自己嫌悪と罪悪感を感じました。
病気のせいもありますが、しばらくの間、昼間家から外にでられませんでした。
なぜって、「みんなが働いてるいる時間に、わたしひとり遊んでていいんだろうか」という気持ち
があるからです。
今も時々会社に状況報告でほんの一時間ほど出社するのですが、やはり辛いです。普通の人が使う
エレベーターに乗れなくて、荷物運搬とかに使う裏口側の作業用エレベーターを使っています。

ですが、うつ病の症状として
○倦怠感や抑うつ感
○悲壮感
○不安感
○焦燥感(罪悪感)
は、普通の事です。
また、うつ病になる人は元々の性格がどこかで生真面目な人が多いそうです。
そういう人が理由はともかくも、本来するべき事(勉強、仕事)をしなくていいという根拠を
もらったら「いいのだろうか?」と悩むのは当たり前の事です。
そして「病気でも、もしかしたら、がんばればどうにかなるんじゃないか」と思うのもまた不思議
ではありません。

しかし、それらの事を受け入れる事は非常に危険です。
わたしは、いろいろあってニ年間休職しています。しかし、同時期に同じ病気になって休職した人
で、フライングして復職した人がいました。その方は、結局再発してしまい、最終的には自ら退職
しました。

気にかかる事が沢山あることは、同じ病気ですので理解できます。でも焦ってはだめです。
図々しいぐらいにのんびり構えて治療する事が大切です。

ご両親に伝えられない件については、隠し通せるものではないので、むしろ一度お父様かお母さまと
ご一緒に診察に伺う事をお勧めします。それの方がご両親も病気の事を理解してくれると思います。
わたしの場合、会社の人事部門の人が一回同席してくれました。

わたしは、社会人で、うつ病で休職中です。

>わたしは元々頭痛持ちで、1日に2回は頭痛薬(イヴA錠)を飲みます。
>そこで質問なんですが、この鬱病の薬を飲みながら
>今まで通り頭痛薬を飲むのは大丈夫でしょうか?

主治医の先生か、処方箋で薬をだしてくれた薬剤師の方に確認した方がいいです。
一般に市販薬に強い薬剤は入ってないと思いますが、もしもの事もありますから、確認した方が
安全です。通院しなくても電話で充分確認できます。
わたしも、この病気で最初の抗うつ剤を処方された時...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報