はじめまして、自転車を歩くより楽ぐらいにしか考えていなかった自転車初心者です。
自転車を通じて仕事をしている方、へビィ・ライトに楽しんでいる方を先輩だと思い質問させていただきます。
知識的なことより体感的な質問なので、分かりづらい表現になるかと思いますが、よろしくお願いします。

【質問内容】
ロードバイクの乗り味とシクロクロスの乗り味は似ているのか?


厳密に言えば違うと思いますが、シクロクロスはロードのフレームを使いマウンテンバイクのタイヤを採用していると言う認識です。
ジオメトリーの数値を見てもピンと来ない程度の知識です。
バイクを手放して、足としてではなく自転車で遊ぼうと思いクロスロードを調べ始めました。
文字情報や写真ではどうにも分からないので、某所TREK JAPANで7.2FX(クロス)と2.1(ロード)を試乗させてもらいロードに衝撃を受けました。クロスは自分の知っている自転車でしたが、ロードはまったく別の乗りものでした。15分程度公道をグルグル散歩した程度の試乗です。
何がここまで差を生むのか考えました。

(1)本気でペダルを踏み込んだ訳ではないので、タイヤではないと思う。
(2)フラットバーとドロップハンドルは車で言うステアなので、握りのポジションや材質的なグリップ性能での変化ではないと思う。
(3)重心は、クロスがお尻(サドル部分)、ロードはへその下の辺り。これかな?
(4)クロスは足で漕ぐ感覚、ロードは全身で漕ぐ感覚。(3)が原因?

ネット上で調べてもいまいち理解が深められませんでした。
一つ思うことは、クロスをどんなに改造してもロードで感じたソレは出せないです。
ロードスターをカリカリにチューニングしてもGT-Rにはなれません。

そこで冒頭の質問に戻ります。
シクロクロスはロード的な感覚を持っているのか?と言う事です。
ロードの選手が冬季の練習用に使っているってことは似ているのかな…?
まだシクロクロスを試乗することが叶わずモヤモヤしています。

分かりづらい説明で申し訳ありませんが、この感覚への条件が分かる方がいたらご教授お願いします。
クロスとロードの一線がどこに存在しているのか知りたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ロードの軽快感のほとんどはホイールによる物です。


で、その後、連続して加速できるのはフレームの性能です。

シクロやクロスと、ロードバイクの
画像をじっくりご覧下さい。

特にリアフレームとタイヤの位置関係です。
ロードバイクはここがとても短く、
はっきり言ってタイヤぎりぎりになっている物がほとんどです。
シクロ~クロス=MTBと行くに従い、タイヤとフレームの間隔が広くなっていくのがわかります。
これが大まかな走行性能の差になってあらわれてくる要因です。
=フレームの差です。

ロードよりもさらに詰めた車種も存在します。
TT・トライアスロン用車両。
はっきり言って、リアフレームはタイヤにくっついちゃっています。
ただし。それをするために、BB位置が詰められて、
コーナーリング時には、自転車を全く漕げないような所まで
BBが下げられています。

漕ぐ重心とおっしゃっていますが、
それは自転車的にはBB位置が端的に重心の中心になります。

MTBだと、路面との接触を避けつつ、乗り心地というか、グリップを良くする意味もあって
BB位置がかなり上になります。
クロスバイクもほぼこういうフレームのジオメトリとしてはMTBに属するレベルです。

ジオメトリがすべての基本の見分けですので、
それを避けて見分けることは出来ません。

幾ら格好付けてロードよりのコンポを付けていたって、
ジオメトリを見れば、ロードバイクに近いのか、MTBに近いのか、
一目瞭然です。

ホイールタイヤやコンポーネント類は付属品です。

自転車の本質の性能はフレームにあります。

ですから、一度ロードに乗ったのですから、
それに近いか遠いかジオメトリを見れば位置付けがわかりますよ。
・・・タイヤが太いので、本格的なシクロほど、あまりロードよりの性格を持たないという
変な状況でもあります。
=偽?シクロの方がロードよりかもしれません。
タイヤはフレーム的に32c迄だったりとかね。
    • good
    • 0

2点ほど誤解があるように思います。



>(1)本気でペダルを踏み込んだ訳ではないので、タイヤではないと思う。

タイヤ+リムの重量はかなり違いが体感できる部分です。
これは、複数のホイールを持っているロード乗りの知り合いが居ると解り易い
のですが、本気でペダルを踏み込まなくてもスッと加速する軽快感などは
タイヤ+リムの重量が小さいことによってもたらされている部分が大きいです。

>(2)フラットバーとドロップハンドルは車で言うステアなので、握りのポジションや材質的なグリップ性能での変化ではないと思う。
>(3)重心は、クロスがお尻(サドル部分)、ロードはへその下の辺り。これかな?
>(4)クロスは足で漕ぐ感覚、ロードは全身で漕ぐ感覚。(3)が原因?

では重心位置の違いの要因は
というと握りのホジションの違いによってもたらされる上半身の姿勢の違い
による部分が大きいです。
ロードを試乗されたのであれば、ハンドルの一番手前のフラット部分を
握って走ってみると良かったのにと思いますが、一番手前のフラット部分を
握ると、重心位置が変わり全身で漕ぐ感覚が小さくなってしまう事が
体感できたと思います。

>試乗させてもらいロードに衝撃を受けました。
の時に、何により大きな衝撃を受けたかがポイントでしょう。
もしも、本気でペダルを踏み込まなくてもスッと加速する軽快感であれば、
シクロの太いリム&太いタイヤは、ちょっと再検討したほうが良いかも。
もしも、全身を使って走る感覚であれば、太いリム&太いタイヤだからといって
それほどデメリットには感じないと思います。

もしも、本気でペダルを踏み込まなくてもスッと加速する軽快感も
全身を使って走る感覚も
であれば、素直にロードを検討したほうが近道であるように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>タイヤ+リムの重量はかなり違いが体感できる部分です。
確かにタイヤやホイールの軽さは元の重量が軽いので、回転運動の恩恵は大きいと思います。
今現状の自分の体験じゃ想像からしか発言できません。
太くなればなるほど抵抗も大きいのでトップスピードを求めるなら厳しそうですね…

>重心位置の違いの要因
確かにロード試乗の時は、ドロップの前方斜め上に出ている部分を掴んでました。フラット部分はブレーキがなかったので…怖くて持てませんでした。ドロップの下の部分も同じくポジションがした過ぎて、掴むことができませんでした。
そこもしっかり試しておけば良かった…

>>試乗させてもらいロードに衝撃を受けました。の返答
シクロクロスを選んでいる理由の一つは強いタイヤです。
hs001120さんの言う「軽快感」も体験してみたいです、まだ自転車をどの方向で遊んで行くかが決まりきっている訳ではないですし、自転車仲間に誘われてと言うわけではないので手探りで遊ぶことになります。
ホイール、タイヤを変えてどれが好みでどんな走りをしたいかを早く発見したいです。
細めのタイヤが履けるのか、まだ分かってませんがある程度は細くもしてみたいです。

結局ロードにすれば良かった~!なんてことにもなるかも知れませんが、それはそれで、その思いを教訓にして楽しむつもりです(笑)


もう少し知識的な勉強の部分を強化します。
悩む材料を与えてくれてありがとうございます。
寝る時間惜しんで考えようと思います。

また質問する機会がありましたら、よろしくお願いします。

お礼日時:2011/04/30 02:58

シクロクロスではなくクロスバイクとロードバイクの違いの話ですね。



シクロクロスって早い話が「ロードバイクで不整地を走る」競技です。
で、コースの中に「自転車をかついで走らないといけない」区間があるのと、道がぬかるむことがあるのでロードバイクとしてはちょっと特殊なつくりになってます。

クロスバイクとロードバイクの違いについては前の方が書いたとおりです。ハンドルの高さ、前後位置の調整とか、サドルの位置調整のよってクロスバイクでも乗り味がロードバイクに似てくることもあります。

あと、メーカーの方向性としてMTBに限りなくちかいクロスバイク(サスペンションなしで細身のMTB)ってもの、ロードバイクに限りなく近いもの(ドロップハンドルがバーハンドルになっただけのもの)もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

シクロクロスのレースはYOU TUBEで見ました。
フレームがひん曲がるんじゃないかってぐらい過酷で驚きました…

>ロードバイクとしてはちょっと特殊なつくりになってます。
基本はロード感覚に不整地で走れる装備に変更されているってことなんですね。

路側帯の溝や砂利を余裕で走破出来そうで、シクロクロスの能力的には気持ちが決まりそう。
タイヤ的に長距離は不向きでしょうけど、摩擦を減らして攻めることが第一目的ではないので、走ることへ楽しめそう。


>ハンドルの高さ、前後位置の調整とか、
>サドルの位置調整のよってクロスバイクでも乗り味がロードバイクに
>似てくることもあります。
位置調整を無理やりするって言うのは資金力が必要そうですね…
あくまでも似てくることもあると言う事は近いだけ、ロードベースを楽しむ方向にした方が良い気がします。


>あと、メーカーの方向性としてMTBに限りなくちかいクロスバイク
>(サスペンションなしで細身のMTB)ってもの、
>ロードバイクに限りなく近いもの(ドロップハンドルがバーハンドルになっただけのもの)もあります。
この逆パターンが正直怖い部分があります。
ロード風でクロスロードの感覚に近い可能性もあると思うのです。
これに関しては試乗してしまえば問題ないのですけど(笑)


考えを更にまとめることが出来ました。
本当にありがとうございます。
また質問することがありましたら、よろしくお願いします。

お礼日時:2011/04/28 19:21

そもそも、TREKの7.2FXはシクロクロスではなく、クロスバイクです。


なので、シクロクロスという言葉は一旦忘れてください。

通常、クロスバイクと呼ばれる自転車はロードとMTBの中間的なフレームになっています。ですから、ロードとはポジションが違います。
一般にクロスは街乗りに近い味付け、ロードは長距離向きの味付けをしますから、質問者の感じた違いはこれに起因したものでしょう。
あと、ちゃんとポジションが出ていたかという問題も大きいと思いますね。クロスの場合、割とサドルを下げ気味のママチャリよりのセッティングが多いため、ペダルは回すと言うより体重で踏み込む感じになります。一方、ロードは前のめりのセッティングが多く、ペダルに体重を掛けて踏み込むよりも回す感じになります。また、ロードは本格的に乗る場合はビンディングやストラップを使いますから、この傾向が更に強くなります。

また、ロードのハンドルをフラットバーにしたフラットバーロードというカテゴリがあり、こちらであれば、フレームはほとんどロードと同等ですから、空力面以外は大きな違和感はなかったかと思います。



※ロードとシクロクロスの違いの大きなものはタイヤがターマック用かグラベル用かの違いで、これに伴い、いろいろな違いが出てきます(ハンドルはどちらもドロップです)。
シクロクロスはグラベル用の太いタイヤを使うこと、アーチが大きくなっているという点は違います。また、キャリパーブレーキでは泥詰まりの時に大きく解放できないのでカンチレバーブレーキを使います。ですから、フレームにカンチレバー台座がロー付けされています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
根本はクロスロードとロードバイクの違いが知りたいのに
シクロクロスの話を持ち出して分かりづらくしてしまいました。

シクロクロスがクロスロード寄りの走りになるなら、求めているものとは違うので考えを改めたかったのです。

※これより先
【ロードバイク=ロード】
【クロスロード=クロス】
【シクロクロス=シクロ】

>ペダルは回すと言うより体重で踏み込む感じになります。
>ロードは前のめりのセッティングが多く、ペダルに体重を掛けて踏み込むよりも回す感じになります。
自分も言葉は違いますが、クロスは踏み込み、ロードはクルクル回して走りました。
クロスとロードのサドルの位置を確認しましたが、少しの違いでここまで変わる。

ポジションの合わせ方を考えると、やはりフレームの作りで決まりそうですね。
もしクロスでロード感覚の前傾姿勢を求めるとしたらクランクを短くして足の位置を高くするのと、ハンドルの根元を短くすることになりそう、と考えるとクロスを買う意味がない。
見ため的に2011年モデルのwingraが欲しかったのですが、諦めがつきました(笑)

>また、ロードのハンドルをフラットバーにしたフラットバーロードというカテゴリがあり、
>こちらであれば、フレームはほとんどロードと同等ですから、
>空力面以外は大きな違和感はなかったかと思います。
ロードフレームベースであれば、ホイールの大きさ、ブレーキ方式、取り回し、ハンドル等の違いがあっても感覚的なものは失われずに済みそうですね。


悩むことは多々ありますがバイク遊びを始める準備が進められます。
本当にありがとうございます。
また質問する機会がありましたら、よろしくお願いします。

お礼日時:2011/04/28 18:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング