ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

変な質問ですみません。

ご回答頂きたいのは以下の3つです


(1)何故お化けがいないと断言出来るのか

(2)お化けを見た事のある人が沢山いるのに何故その人たちを信じないのか

(3)お化けはいると思いますか?



旦那が頑なにお化けを否定するので、少し皆さんの意見を聞いてみたくなりました。

馬鹿馬鹿しい質問ですが、どうかご回答、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

(1)昔の人間は地球の地面が、まっ平だと思っていた。


 其処へ「いや!実は地球は丸いんだ!」と言った学者が登場して
 周りの人達は大爆笑した。
 この原理に似てるような気がしました。
 つまりあなたの旦那は大爆笑した内の一人だと考えられます。
 いわゆる世間の常識論しか信じないタイプですね。
 でも現在の常識論は「地球は丸い」の方ですね

(2)此れはハッタリ屋が多すぎるって事だと思います。
 受け狙いとか結構あると思います。
 その為、本当に見た人も信頼性を失ってしまったんでしょうね

(3)霊も宇宙人も居ると思います。
 今現在の科学では証明できないから馬鹿だと思われがちだが
 いつか科学が進歩した時に異次元の世界を証明できる時代がやって来るかも知れないですね
 「実は地球が丸かった」と言ったようにね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

例えが分かりやすく、なんだか旦那に対して強気に「あなたこれだよ!」と言えました(笑)

一刻も早く 科学で証明出来る時代が来てほしいです。
そして旦那に「ほらね」と笑ってやりたいです!(笑)

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/29 19:13

お化けって鬼太郎みたいなモノを指して言っているのですか?


ぬらりひょんとかねずみ男とか。
あるいは河童とか。

これらが生物として存在するかと言う問いなら「存在すると言う物的証拠は過去ただの一度も見つかっていない」
と答えましょう。

真面目に考えるなら目撃証言などあまり意味が無い事ぐらいお分かりだと思いますが。

誰一人見た人間は居ない、でも化石からそれが存在した事は明白、種類の分類さえも出来ている、生息した年代も非常に詳しく分かっている、系統樹さえも出来ている。
そうです、恐竜ですよ。

数千万年以前の生き物でさえ非常に詳しく分かるのが科学的な手法の素晴らしさですがこれをお化け探しに応用してみましょう。
確かに証言は星の数ほど有るでしょうけれど「で物証は?」この一言にさえ答えられないのが生物としてのお化け問題です。

お化け、口裂け女、河童、妖怪などは民俗学者の柳田國男先生が研究なさっていましたがこれは一種の文化で有って実在するとか言う物では有りません。
それとも質問者さんはお化けの化石でも見つけましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

表現 説明不足ですみません。

私的に
鬼太郎に出て来るような、ぬらりひょん ネズミ男、河童なんかは妖怪。
一般的に実態のない幽霊のようなものをお化けと呼んでいました(>_<;)

なので、化石なんてある訳ないかなーと思います。

妖怪の化石であれば、見つけてみたいです(笑)

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/30 02:45

見えないもの(聞こえないもの、触れられないもの)は信じない、という事でしょうか?



人から聞いた話では、自分が体験した事ではないので信頼度が下がるのでは?嘘か錯覚か分かりませんから。今のところ証拠はないようですし。

私はいるといいなあと思っているます。人知の及ばない所に存在するものってあると思いますし。



でも、旦那様の場合

「お化けは得体不明なもの」→「怖い」→「訳の分からないもので怖がるのはおかしい」→「そうだ、いない事にすれば怖がらなくてもいい」→「いないんだって!」

・・・なんて(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>人知の及ばない所に存在するものってあると思いますし。

私もそう思います
人間がどんだけ何でも出来ると思っているのさ、人間なんかじゃ出来ない事、分からない事だってあるよ!と思います(笑)

旦那の思考の流れに笑わせて頂きました(笑)

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/30 02:40

断言できるんは、見たことないものやら実感できひんものやらは存在しないものて考えたがる人に多いのと違うかな。

そゆ考え方は、よくも悪くもでいいともいかんとも言えへんけど。狭いなあ、もったいないなあは思うわ。

見た言うんも、人間の見たのも人間の記憶もあてにならんもの、それ重視すると信頼するに足りんて思うやろね。幻想幻覚とか、記憶違いとか、よくある話や。

ほいで、お化けやけど、お化けはおらんやろなあ。

ただ、ふだんぼんやり過ごしてたり、お金お金て過ごしてたりすると気付かへん、人間よか動物のほうが気づきやすい世界があるもの、動物のほうが気づきやすい何かはあると思うわ。そゆ存在のひとつをお化けて呼ぶなら、お化けもおるやろねえ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もったいないなぁとは私も思いました。

動物の方が気づきやすい何か…
よく言われてますが、気になります(>_<)
生きている内にいろいろ解明されて欲しい限りです。

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/30 02:36

1:見てない人のほうが圧倒的に多いから


さらに見た人は、「勘違い」扱いされるから

2:人間は万能の神のように勘違いしてるから。
そして1と同じ。
人間の視覚はなんでも見ることができる万能な能力があると勘違いしている。
たとえば犬や猫は人間のようにフルカラーではっきり見える能力はない。
人間は赤外線スコープのような視覚はない。そして電波なども可視化できる能力はない。
人間の視覚で認知できるものが、この世にあるすべてと思うことは驕りでしかないと思います。
(だから一部の人の視覚は壊れているのか優れているのか定かではないが霊を認識できるのかもしれません)
反面、動物には第六感のようなもので地震や災害を予知できる場合もあるようです。


3:いると思います。
宇宙人と同じで「いない」と断言できるほどの根拠が乏しい。
いまやコンピュータ技術が発達しすぎて、動画も画像も好きに加工が可能だから
本物であっても簡単に否定されがちだが。私は夜、部屋の中で人魂らしきものを何度か見たことはあります。
薄いぼんやりした丸い発光体が2つ、対になって自由に動き回ってました。
それ以後、そのマンションに住んでいる間は夜も明かりをつけて寝るようになりました。
ラップ音や声もありました。引っ越し後は1度たりともありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勘違い扱い…
確かに私も他人にした事ありますし、された事もあります;


人魂は見たことないのですが、中学生の頃、布団に潜って自分の足を見たら つま先が眩しい程光っていた経験はあります(笑)

声や音は経験ないです(>_<)

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/29 19:26

オバケは名詞じゃなく状態をさす形容詞@あるかもとしか書けん

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか(>_<)
すみません;

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/29 19:19

1)


その現象を何かと理由をつけて説明できる自信があるからでしょう。
童謡「おばけなんてないさ」にあるとおり寝ぼけているとか「幽霊の正体見たり枯れ尾花」とか結局は見間違いだったり、心霊写真も加工だったりたまたま自然現象が写り込んだとか・・・

2)
お化けを信じるほうが異常だと感じているからでしょう。
一種の集団パニックだそうです。

3)
亡くなった飼い猫なら化けて出てきて欲しいな。。。
もしくは今いる猫たちが猫又になるまで長生きして欲しいな。。。
という具合に信じています。

お化けではない変なもの(小さなおっさん)を見たことはありますが、UFO、お化けや幽霊の類は見たことがありません。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小さいおじさん!
私は逆に見たことないです(>_<)
羨ましい…
一生に一度でいいからとっっっても見てみたいです!(>_<)

私も亡くなった大好きなおじいちゃんなら会いたいです(T_T)

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/29 19:17

(1)世の中のわかっている事なんて一部でしかないのに、完全否定している人が沢山いるから。


(2)完全否定する人の理屈に加え、自分は見た事がないというのが一番の原因じゃないですかね?
(3)いそう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり自分が見ないと信じられないものなんですかね…

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/29 19:14

こんにちは。



ご主人との会話の様子が目に浮かびますね。
ほのぼのとさせられます。

(1)~(3)いずれも“お化け”と言う単語が出てきますが、
まず、“お化け”をどのように定義付けするかによって、
話題の方向性が変わってくると思います。

例えば、
『アニメ ゲゲゲの鬼太郎』に出てくるような
“キャラをお化け”とするのか、
『未確認エネルギー体』を、“お化け”とするのか、
全く違う展開がそこにはあります。

大多数の方が、
前者は『思考の産物』で『実在、存在しない』と
解釈、意見するでしょうが、
後者の場合だと、『一昔前』なら、
『静電気のスパーク』や『蜃気楼、オーロラ』などは、
“未解明当時はお化け”であったはずです。

後者に当て嵌るだろうモノとしてはまだあります。
気功の氣も“見えなくても感じ”また、
学問的に未解明となれば“お化け”と言う事も出来ます。

不謹慎な発言ですが、
放射能もその実体を知らない方から見れば
“妖怪 死のベール”になってしまいます。

地震のメカニズムを知らない方は、
“妖怪 大なまず”になってしまうでしょうね^^;。

量子物理学の分野にも“未解明エネルギー素子”は
まだまだ幾らでもあります。

>旦那が頑なにお化けを否定するので
>馬鹿馬鹿しい質問ですが

馬鹿馬鹿しくなど有りません。
しかし、“お化けをどのように定義するか”を確認し有ってから
お話をされたら、少しはお話も進展するのではないでしょうか?

それでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

鬼太郎なんかに出てくるのは妖怪、妖怪とお化けは違うと自分の中では思っています(笑)
一般的に幽霊?と言われているものをお化けとして話していました(>_<)

旦那はお化けは否定するくせに妖怪の可能性は否定しないんです(・_・;)


馬鹿馬鹿しくないと言って頂けて嬉しかったです(笑)

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/28 06:32

(1)何故お化けがいないと断言出来るのか


そもそも断言はしませんが、もし断言する場合があるとすれば
「いる」という断言よりは「いない」と断言する方がはるかにましだから、です。

(2)お化けを見た事のある人が沢山いるのに何故その人たちを信じないのか
嘘を言っているひとがいるだろう、ということがありますし
人格が信用できる相手の場合は「見た」という主観自体は否定しませんが、何か他のものを見たか思い違いしたのだろうという判断をします。


(3)お化けはいると思いますか?
「お化け」の定義次第です。
霊魂、幽霊の類についてでしたら、あって欲しいと思っていますが無いと考えています。
未知の物理現象や生理現象があったとしてそれを「お化け」と呼ぶのかどうか。
「お化け」と称される現象はあり得ても「お化け」そのものの存在は無いと考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もいる!と断言は出来ないのですが、あって欲しいとは願っています。
死んだら死んだ、無。なんてのは少しはかなすぎます…。


ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/27 23:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング