オーストラリア、ニュージーランドは、オゾン層のホールの下にあるため、皮膚癌などの率が多いと聞きます。

1-a.今回原発の事故がありましたが、オーストラリアでも微量の福島原発の痕跡が発見されたとありますが、オゾン層のホールの下に位置する部分に関しては、通常よりも強い放射線物質が落下する可能性がありますか? ((確か何かで読んだことがあるのですが、オゾン層ホールも若干移動することがあるとのことですが)) 

1-b.もしも、落下物が多い可能性がある場合には、成層圏に上った放射能がちょうど穴のあいた部分から落ちてくるということでしょうか? どのような形をしているのか、重力、重量の関係もあると思いますが、たとえばお風呂の水を抜くときのように、逃げ道のように、大量にまたは最終的に、その穴に集中して向かって落ちてくるということはありますか?
(ただ、今までの各国の核爆弾実験によって、成層圏に上ったものに関しても、もしも穴に向かって落ちてくるようなものであればすでに結果が出ているのかしらとは思いましたが)

2.宇宙からの放射線に関しても、オゾン層の穴がある場合、オゾン層の穴がない部分に比べて、放射線が穴から入ってきている可能性はありますか?

あまりよくわかっていないために、もしかしたら、いろいろな条件をごちゃまぜにしてしまい、変な質問の仕方になってしまっているかもしれません。すみません。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1.福島第一原子力発電所は地上、即ち、対流圏の最下部にあります。


 対流圏は、その名の通り、大気の対流が活発に起きている層です。
 空気は、加熱されて温度が上がると膨張して軽くなり、逆に冷えて温度が低下すれば体積が減って重くなる性質がありますが、断熱的に圧縮されると温度が上がり、逆に断熱的に膨張すると温度が下がる性質もあります。
 大気の一部に周囲よりも温度が高い部分があると、その部分の空気は周囲の空気よりも軽いため、空気の浮力によって上昇しますが、上空へ行くほど気圧が低下するため、上昇した空気は膨張して温度が低下します。
 逆に、周囲よりも温度が低い部分は、下降して温度が上がります。
 この事は、対流を妨げるように働く現象ですが、対流圏の気温は高度が高くなるほど低温になっているため、上昇した空気が膨張によって温度が低下しても、元々上空にあった空気は、それ以上に低温であるため、上昇して来た空気は、更に上昇をする事が出来るため、対流圏では対流が活発に起きて、上空と地上付近の空気は、良く混ざり合います。

【参考URL】
 対流圏 – Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BE%E6%B5%81% …

 しかし、成層圏の下層では、高度が違っても、気温は殆ど一定となっています。(上層では高度が高くなるほど気温も高くなっています)
 これは、太陽が放射した光の中には、真空紫外線等の、空気に吸収され易い光が含まれていて、その光のエネルギーを吸収する事により、大気が加熱されるためです。
 空気に吸収され易い光は、大気層を通過する距離が長いほど、光の強さが弱くなりますから、成層圏では上空ほど強い光で照らされる事になり、上空ほど気温が高くなる訳です。(真空紫外線は、殆どが上空で吸収され尽くしてしまうため、対流圏には殆ど届きません)
 そのため、成層圏では、少しでも上昇した空気は膨張して、周囲より温度が下がって重くなり、逆に、下降した空気は圧縮されて温度が上がる事で軽くなり、結局、元の高度の付近に留まる事になりますから、対流が殆ど起きず、高度が異なる大気は混じり合い難いため、成層圏の大気中には、対流圏の空気に含まれている物質が入り込む事は容易ではありません。

【参考URL】
 成層圏 – Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E5%B1%A4% …

 オゾン層は、主に成層圏の中層の下部付近に位置していますから、福島第一原子力発電所が放出した物質の内、オゾン層の上にまで到達するものは、極僅かに過ぎません。

【参考URL】
 オゾン層 - Wikipedia 
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%BE% …

 従って、オゾンホールのある場所の下まで、福島第一原子力発電所が放出した物質が到達するとすれば、それは主に、対流圏内の風や、海洋の海流によって運ばれたものであり、オゾン層には無関係ですから、オゾンホールの有無に影響される事はありません。


2.オゾンは紫外線の中でもUV-Bと呼ばれる、波長が315~280nmの領域の光を吸収する力は、普通の空気よりも強いのですが、真空紫外線や放射線は、普通の空気によっても吸収されてしまうため、オゾンを含んだ空気が真空紫外線や放射線を遮る力は、普通の空気と比べて、あまり変わりません。
 
【参考URL】
 紫外線 – Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AB%E5%A4%96% …

 第5回大気化学勉強会 対流圏化学の基礎と将来展望 >  1. 地球変動とオゾン > 図
  http://www2.nict.go.jp/y/y222/SMILES/MACS/5/OHP1 …

 オゾンが在っても無くても、吸収される放射線の割合には大差がないのですから、宇宙から地上にやって来る放射線の量は、オゾンホールの有無にはあまり影響されないと思います。
 但し、放射線は紫外線よりは有害ですから、空気によって吸収されるから安心と考えてはいけませんし、だからと言って、極微量の放射線を恐れ過ぎる事も良くありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろと回答をありがとうございました。 とても参考になりました。
今自分の中で何がわからなかったのかの疑問点もはっきりしてきました。
なるほど、オゾンを含んだ空気が真空紫外線や放射線を遮る力は、普通の空気と比べて、あまり変わらないのですね。

お礼日時:2011/05/07 14:35

少なくともオーストラリアについては


こんなところに白人がいることが不自然
という指摘がなされています. ヨーロッパのように紫外線の少ないところに適応した白人が (もっと紫外線の多い) オーストラリアにいるということだけで癌の発生率が多くなるという論.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、納得です。
考えたら、それぞれの場所に 動植物は、順応してきていたのですよね。 そこで、おそらく、肌の色などの違いがあるのですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/05/07 14:26

オゾンホールは紫外線の話、


宇宙線や放射線はガンマー線などの話、
この二つの間には、直接には何の関係もありません。

癌の発生に影響があるという所は似ていますがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
宇宙線や放射線はガンマ線の話なのですね。 どこかのサイトに、オゾンホールができた関係で宇宙からの放射線が増えているようなことが書いてあったので、オゾンホールに関しても関係があるのかしらどうなのかしらと思っていたのですが、おかげさまで、地磁気が弱いところほど、宇宙線が強くかかるとの事が書いてあるウエブまでたどり着きました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/05/07 14:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフロンのオゾン層破壊に対する環境問題について

フロンはどのくらいの時間をかけてオゾン層に到達するのか教えてください。
あとフロンが上空に上がっていくのは密度が小さいからということでいいですか??
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確にはわかりませんが、成層圏にフロンが到達するのは数年と言われています。
フロンは空気よりも比重は重いです。ですから、フロンが上空にあがるのは、ヘリウムを詰めた風船があがるのとは少し違います。科学的には少し不正確かもしれませんが、空気の動きによって上空まで運ばれると考えてください。

フロンは非常に化学的に安定で、対流圏(成層圏の下、私たちがいるところです)で分解されにくいため、成層圏まで到達してしまうのですね。仮にすぐ分解されてしまうならば、オゾン層を直接破壊することはないでしょう。

Qオゾン層破壊

フロンガスは、一つの分子(分子と言うのか分かりませんが。)でも消滅することなく、オゾンを破壊しつづけると聞いたのですが、と言うことは、いずれオゾン層は無くなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

フロンが科学的に安定なのは対流圏においてです。そしてそれがフロンの”売り”でもあります。『科学的に安定なのでご家庭で安心して冷媒として使える』それがフロンの価値だったんです。

ただ、成層圏まで行くと話が違ってきます。強い紫外線によって分解され塩素を放出するんです。(フロン分子はC・Cl3・Fです。)
実はオゾンを破壊(というより酸素に戻してしまう)のはこの”塩素原子Cl”です。塩素原子Clが触媒となってオゾンO3と酸素原子が反応し酸素分子O2二つにしてしまうんです。触媒なのでこの反応で塩素原子が不活性になる事はありません。そのままでいる限り、半永久的にオゾンを破壊しつづけるでしょう。
しかし、成層圏には塩素原子と結合し得る物質もまたあります。例えばメタンCH4なんかがありますね。これと塩素原子が結合してオゾンを破壊しない物質になるのでいつかはオゾン層の破壊は止まります。

ただ、南極のオゾンホールは違うみたいですね。南極の上空ではせっかく塩素原子と結合した物質から再び塩素原子を放出させる仕組みがあるようです。なので、もう南極のオゾンホールの拡大を防ぐ手立てはないのかもしれません。ちょっと心配ですね。

フロンが科学的に安定なのは対流圏においてです。そしてそれがフロンの”売り”でもあります。『科学的に安定なのでご家庭で安心して冷媒として使える』それがフロンの価値だったんです。

ただ、成層圏まで行くと話が違ってきます。強い紫外線によって分解され塩素を放出するんです。(フロン分子はC・Cl3・Fです。)
実はオゾンを破壊(というより酸素に戻してしまう)のはこの”塩素原子Cl”です。塩素原子Clが触媒となってオゾンO3と酸素原子が反応し酸素分子O2二つにしてしまうんです。触媒なのでこの反応...続きを読む

Q二酸化炭素がオゾン層破壊?

二酸化炭素がオゾン層を破壊していると聞きますが、空気中での分子量が比較的高い二酸化炭素(44)がオゾン層まで上っていくのでしょうか?重い気体は比較的低いところに留まると思うのですが。また、どのように二酸化炭素がオゾン層を破壊するのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、オゾン層を破壊しているのは古いくエアコンや、冷蔵庫の冷媒として利用されている塩素を含む「フロン」です。
二酸化炭素にはオゾン層を破壊する働きはありません。

二酸化炭素は地球から外へ出るはずの熱を通るのを妨げる性質があります。そのため、地球には多くの熱がたまって気温の上昇などにつながります。
そこから、二酸化炭素は「温室効果ガス」と言われるのです。

フロンも温室効果ガスの一種ですのでそこで混同しているのかと思います。

Qオゾン層の破壊について

これまでにオゾン層の崩壊の危機が3回有ったそうなのですが、一つは超音速旅客機の開発のときだそうなのですが、あとの2回は何なのでしょうか?
今、学校でこのことについてやっていて自分で調べてみたのですが分からないので、分かるかたいらっしゃいましたら教えてください。あと、順番と原因も教えていただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の回答が無いので、正解との確信が無い中で投稿したす。

最新のオゾン層破壊の原因は、冷蔵庫やクーラーの冷媒として使われたフロンが、上空で塩素を生成してオゾン層に穴を開けました。
フロンは温暖化ガスでもあり、現在は使用が禁止されているので、出来た穴はやがて閉じると言われています。

オゾン層は薄いので、成層圏まで届くような噴火や隕石落下の反動があって、地球の歴史上で何度も消滅して生物の大絶滅を来たした事は判っています。

3回と言うのが人工の原因と言う事なら、後の1回は一時頻繁に行なわれた地上での核実験ではないでしょうか。

Qオゾン層 紫外線吸収のメカニズム

オゾン層が紫外線を吸収するメカニズムについて調べております。
お詳しい方がおられましたら、ぜひご教授いただければ幸いです。


オゾンが酸素分子と酸素原子から生成されるとき、紫外線の作用で酸素分子が酸素原子が解離することは知っています。
オゾンの生成熱はおよそ-145kJ程度ですから、上記の反応でオゾンが生成されるときにエネルギーが必要になります。このエネルギーを紫外線が与えているとすれば納得できます。

としますと、オゾンが紫外線の作用でまた分解することと、その際にエネルギーが系の外に放出されること、オゾン層が紫外線を吸収する事実、この3つがつながらないのです。


ウィキペディアでオゾン層の項目を見ますと、反応の過程におけるエネルギーの授受が示されていますが、一般式なのでその規模がわかりません。
検索していくつかのサイトも参考にしましたが、「オゾン層は紫外線を吸収する」という一般的なレベルにとどまっているところが多く、疑問が解決できませんでした。



詳細な説明がある文献やサイトの情報でもありがたいです。
よろしくお願いいたします。

オゾン層が紫外線を吸収するメカニズムについて調べております。
お詳しい方がおられましたら、ぜひご教授いただければ幸いです。


オゾンが酸素分子と酸素原子から生成されるとき、紫外線の作用で酸素分子が酸素原子が解離することは知っています。
オゾンの生成熱はおよそ-145kJ程度ですから、上記の反応でオゾンが生成されるときにエネルギーが必要になります。このエネルギーを紫外線が与えているとすれば納得できます。

としますと、オゾンが紫外線の作用でまた分解することと、その際にエネルギー...続きを読む

Aベストアンサー

> オゾンが紫外線の作用でまた分解することと、その際にエネルギーが系の外に放出されること、
> オゾン層が紫外線を吸収する事実、この3つがつながらないのです。

同じWikipediaの「成層圏」(オゾン層のページからもリンクあり)に、多少説明が出ています:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E5%B1%A4%E5%9C%8F

『成層圏の特徴』の段に、「成層圏で高度とともに温度が上昇するのは、成層圏の中に存在する
オゾン層が太陽からの紫外線を吸収するから」という説明があります。
つまり、O2からO3が生じるときには紫外線が吸収される一方で、O3が分解するときには紫外線
ではなく熱(赤外線)として放出されるため、全体としては「紫外線の吸収(+熱の放出)」になると
いうことでしょう。

なお、O3の分解時の紫外線は、分解反応を起こすために必要な励起エネルギーとして使用される
ものと思います。
(励起分も含めた余剰エネルギーは、分解反応後は熱として放出されることになります)

Qオーストラリアの紫外線量とオゾンホールについて

 オーストラリアの紫外線量について疑問に思うことがあり質問させて頂きました。

 紫外線量というのは低緯度であるほど多くなると言われていますが、
(ダーウィンとメルボルンではダーウィンの方が紫外線量が多い)

オゾンホールは南極大陸のあたりに分布していますよね? オゾンホールの詳しい分布図が入手できないので何ともいえないのですが、何となく
メルボルン辺りはオゾンの量が少ない地域であるように見えるんですが・・・
http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/PLANET/05/05-4.html

メルボルン辺りはまだまだオゾンホールの開いた地域には該当していないのでしょうか?また、メルボルンあたりの地域は今後どれくらいでオゾン減少地域に該当するようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

地球に横から太陽の光が当たっている様子を想像してみてください。
赤道に近いところでは地面に垂直に光が当たりますが、南極や北極に近づくと斜めから光があたるようになります。
つまり単位面積当たりの太陽光の量に違いがあります。オゾンホールは極地方にあるので直接紫外線が通過するというよりは、そのあたりでは紫外線が減衰しないと考えるほうがいいかもしれません。
紫外線の絶対量で比べれば赤道地方のほうが多いのでしょうが、透過率で比べればオゾンホール付近の方が大きいのだと思います。
もともと紫外線が多いところでは生物もそれなりに対応しているのでしょうが、普段紫外線の少ないところで、紫外線が増えてくれば問題になるのでしょうね。

Qフロンガスがオゾン層を破壊するのはどうして?

フロンガスって空気より重いんですよね。
でも、どうしてオゾン層を破壊するの?

Aベストアンサー

確かに比重は重いのですが上昇はします。

例えば泥水のような感じで地上に動きが完全に無ければ分離して、地表近くに止まるかもしれませんが、
(コレでも多分混ざると思いますが。。)実際は風や対流等によってゆっくり上昇・拡散していきます。

上昇したオゾンは上空の強い紫外線を浴びて炭素と塩素の結合が切れ、その結果「塩素ラジカル」という極めて活性な化学種を作ってしまいます。
これがオゾンと反応して破壊してしまうと言われています。
それとタチの悪いこと「塩素ラジカル」と「オゾン」は連鎖的に反応し、フロン「1」に対して
オゾン「50」程が壊れてしまうので、被害は大きいのです。。(-"-;)

以前、調べたことなので数字がうろ覚えですが。。(^^;ゞポリポリ

Qオゾン層破壊抑制に寄与する材料って⁈

オゾン層破壊の抑制に寄与する材料(エコマテリアル)はどんなものが挙げられますか?

Aベストアンサー

 冷凍機の冷媒としては、HFC134a(CH2FCF3)を始めとするHFC(ハイドロフロロカーボン)類や、炭化水素のシクロペンタン((CH2)5)やイソブタン((CH3)3CH)があります。
 スプレー用のガスとしては、LPG(液化石油ガス:主成分はブタンとプロパン)があります。
 半導体産業等の特殊な用途向けの洗浄剤としては、テトラフロロメタン(CF4)を始めとするPFC(パーフルオロカーボン)類や、APM(アンモニア+過酸化水素+水)やHPM(塩酸+過酸化水素+水)等を始めとする特殊な水系洗浄剤があります。
 ウレタンフォーム用発泡剤としては、HFCの一種であるHFC-245fa(CHF2CH2CF3)等があります。


【参考URL】
 フロン類 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E9%A1%9E

 代替フロン - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%A3%E6%9B%BF%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3

 フロンとハロン
  http://home.hiroshima-u.ac.jp/kyam/pages/results/atmosphere/taiki_2.pdf

 特定フロン(CFC/HCFC)およびフルオロカーボン類の環境・安全データ一覧表
  http://www.jfma.org/database/table.html

 オゾン層破壊物質と温室効果ガスの関係
  http://www.env.go.jp/council/06earth/y060-31/ref01_5.pdf

 JEMA自主基準 炭化水素系冷媒使用の家庭用電気冷蔵庫について
  http://www.jema-net.or.jp/Japanese/ha/reibai/qa.html

 シクロペンタン- Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B3

 イソブタン- Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%96%E3%82%BF%E3%83%B3

 液化石油ガス - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%B2%E5%8C%96%E7%9F%B3%E6%B2%B9%E3%82%AC%E3%82%B9

 四フッ化炭素 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E3%83%95%E3%83%83%E5%8C%96%E7%82%AD%E7%B4%A0

 平成18年度 特許出願技術動向調査報告書 半導体洗浄技術
  http://www.jpo.go.jp/shiryou/pdf/gidou-houkoku/18mani_semicon.pdf

 冷凍機の冷媒としては、HFC134a(CH2FCF3)を始めとするHFC(ハイドロフロロカーボン)類や、炭化水素のシクロペンタン((CH2)5)やイソブタン((CH3)3CH)があります。
 スプレー用のガスとしては、LPG(液化石油ガス:主成分はブタンとプロパン)があります。
 半導体産業等の特殊な用途向けの洗浄剤としては、テトラフロロメタン(CF4)を始めとするPFC(パーフルオロカーボン)類や、APM(アンモニア+過酸化水素+水)やHPM(塩酸+過酸化水素+水)等を始めとする特殊な水系洗浄剤があります。
 ウレタン...続きを読む

Qオゾン層の破壊について

レポートのためにオゾン層の破壊について調べています。
そこでフロンのことがでてきたのですが、調べでいるとフロンの規制で全廃したとあったんです。
これは本当ですか?
オゾン層の破壊は現在どのようになっているのでしょうか?オゾン層について知っていることがあれば教えてください(><)お願いします!

Aベストアンサー

昔、仕事上、精密洗浄で一日一途缶一本を蒸発させていた極悪人です(笑)

冷蔵庫やカーエアコン、ホームエアコンなど古い機種にはまだ使われていると思います。

「代替フロン」に移行して数年経ってますが、完全に移行出来ているのかどうかははなはだ疑問。

親戚の家には数台のフロンを使うエアコンが未だに稼動中だし。

製造は終わっても需要はあるので、どこからか流れてるんでしょうか

回答になってませんね
参考まで

Q大気汚染とオゾン層破壊

大気汚染とオゾン層破壊は別問題なのでしょうか?
大気汚染について調べなければならないのですが、それにオゾン層の破壊を含めてしまうとズレてしまうような気が…

Aベストアンサー

一般に、大気汚染とオゾン層破壊は結びついていますが、別物としてとらえてもいいのではないでしょうか。

簡単に書くと、

大気汚染・・・・・・工場などの煙突から排出される二酸化硫黄や
窒素酸化物 (NOx) が、酸性雨や光化学スモッグなどの原因になること

オゾン層破壊・・・・・・廃棄された冷蔵庫などから放出された
フロンガスなどが酸化して、オゾン(O3)を酸素(O2)と活性酸素
(O)に分解すること

ということだと思います。

参考URL:http://www.gwarming.com/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報