私の生活域での水道水中の核種分析でヨウ素131だけが増減を繰り返しています。私の乏しい知識では、ヨウ素131は自然に生成もしますが、ウラン238の核分裂による生成が主なものと認識しています。また、半減期は8日ですからもう40日以上になりますから新たに核分裂していないのなら減少の一途のはずです。

原発が再臨界しているのならわかりますが、保安院等の発表では再臨界はしていないと言います。再臨界していないでヨウ素131が減らない理由をご教示下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

地震発生時まで稼動してい福島第一原発の原子炉は1号機(46万KW)、2号機、3号機(各78万KW)で原子炉停止時の放射性ヨウ素131は半減期約8日で1/2に16日で1/4,24日で1/8に減衰していきます。



>ウラン238の核分裂による生成が主なものと認識しています。
この核分裂は中性子を吸収してプルトニウム239経由の核分裂で放射性ヨウ素全体の30%程度を占めます。残りの70%はウラン235の直接の核分裂により生成されたものです。
大雑把な計算では前者を無視して、後者の反応だけでの試算結果では、稼動していた3機の原子炉に停止時に残っていた放射性ヨウ素は約3Kgのオーダーで46日経過していますので半減期を5回過ぎて居るので放射性ヨウ素は1/32の約100g程度原子炉に残っていることになります。
これは46万ベクレル(46京ベクレル)に相当します。なのでまだ一連の水素爆発で環境中に放出された放射性物質相当の放射性ヨウ素が3機の原子炉の中に残っています(無視しているプルトニウムからの放射性ヨウ素分と既に爆発で放出された分を無視しているので大雑把な計算です)。また水素爆発が起これば放射性ヨウ素の外に、半減期約30年の放射性セシウムが加わり長い期間放射能を出し続けます。それが、一様ではなく風向きや降雨で均一でなく場所によって高濃度の汚染をします。チェルノブイリやスリーマイル島原発事故は4日や7日で放射能閉じ込めに成功したのに対し、日本の原発放射能放出汚染の閉じ込めは6ヶ月~9ヶ月も先のことで、これからももっと広範囲(都道府県の陸地と海洋汚染)を放射能汚染し続けることでしょう。政府は放射能汚染閉じ込めを緊急に行わず何を考えてだらだらと思いつきの行き当たりばったりの対策をやってるのでしょう。原発作業者や原発周辺の放射能汚染被災を受ける(これからも増え続ける?)一般国民はただ被爆者になり被災者にされるだけでしょうか?

詳細な計算法は参考URLをご覧下さい。

まだM8クラスの地震が予測され今回の津波と同程度の物が、既存の原発を襲う可能姓が非常に高い確率であります(青森沖、房総沖、東南海地震)ので、地震・津波対策をするまで原発を停止したり、対策工事を緊急にしないと日本列島に同様の原発事故が起これば日本列島全体が放射能汚染され逃げ場、避難場所も無くなるかも知れません。原発の安全神話が崩れた現在、国民は懸命な選択をしないと将来は無いでしょう。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/elm200/20110326/1301118597
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずは訂正から
「ヨウ素131は自然に生成もしますが、ウラン238の核分裂による生成が主なものと認識しています。」これは間違っていますね。正しくは下記です。

「ヨウ素131はウラン238の自発核分裂により自然に生成もしますが、核分裂による生成が主なものと認識しています。」

ヨウ素131は、まだまだ原子炉内に残っていてそれらが放出されていると言うことですね。それならば納得です。

しかし、福島原発に存在する放射性物質の総量は原爆の数千倍から数万倍有るのでしょうから、再臨界してコントロールが出来なくなったり、炉心溶融が進んで水蒸気爆発でも起こりますと日本全滅だけではすまないでしょうね。映画「猿の惑星」がなにか現実のものに思えてきます。

お礼日時:2011/04/27 18:20

保安院の発表では再臨界はしていないと言と言っていますか?


再臨界はしていないと考えていると言っていませんか?
今までの記者会見でも保安院は考えているとか確認できていませんとか、都合が悪いことは明言しないで言い逃れできるような表現を使い続けています。
その後、確認できたことを報告した例はほとんどありません。
こんな保安員の発表を信用しても被害を被るだけです。

最近の断片的な原子炉の状態から考えてみても原子炉は収束に向かっている状態ではなく、モグラ叩きを続けているとしか思えません。
最後にモグラの穴だらけになって使い物にならない、と言うことにならないことを祈るだけです。
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/arch …
あちこちで温度が急に上がったりしていますが原因は1度も明らかにされません。
怖いよー!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

誠に収束からは縁遠い状況に思えます。有り難うございました。

お礼日時:2011/04/27 18:22

答えは簡単です。



福島原発はまだ終息していないからです。

放射性物質は依然として大気中に放出されている証拠です。

半減期は8日ですが、毎日毎日放出されてるので、
以前減らないのです。

今日のヨウ素が8日で半減しても、明日のヨウ素がまた降ってきますし、
明後日も、その次の日も、毎日毎日降り注いでいるからです。

東京電力がとりあえずのよくわからない計画を発表していて
6か月~9カ月としてますよね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

6か月~9カ月…あれは何の予定なのか分かりません。有り難うございました。

お礼日時:2011/04/27 18:23

メルトダウン、溶け落ちないけど、溶けている。

再臨界していないけど、再臨界しているかもしれない、まあ、こんな感じでは、いまだに、保安院の事は信用できない事は、変わりないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

保安院も東電も安全委員会もそして政府も全く信用できないですね。信用できないものが一緒になって会見開いても信用できるようになると思っているのでしょうか。いやはやです。有り難うございました。

お礼日時:2011/04/27 18:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q放射性ヨウ素131は、1グラムで何ベクレルですか?

このところセシウム137とヨウ素131が度々出てきますが、
セシウム137の放射能は1グラムで3.215TBqなどと書いてあります。

しかし、ヨウ素131については、書いてあるものを見つけれませんでした。
半減期が約8日と短いので、書く必要が少ないのかもしれませんが、
1グラム当たり、何ベクレルなのか教えてください。
それと計算で出せれるなら、その計算式も教えてください。

Aベストアンサー

面倒な話は抜きにして、基本的なことだけです。

放射線は、放射性物質の原子がこわれて別の原子に変わるときに出ます。1個の原子が壊れると、1~2種類の放射線が1個放出されます(だから、2種類の放射線が出るなら2個の放射線が出ることになる)。ヨウ素131の場合は、ベータ線とガンマ線が出ます。この場合、ベータ線を計らないように(1mm程度のアルミ板で遮蔽)すれば、ガンマ線だけを計れるので、

ガンマ線の数=壊れた原子の数

になります。
この場合、ベクレルというのは、1秒間に測定されたガンマ線の数(線源を球形に全部囲んだときの数として数える)なので、これは、1秒間に壊れる原子の数になります。

1秒間に壊れる原子の数は、そのときにあった原子の数に比例することが知られています。したがって、

「1秒間に壊れる原子の数(dN/dt ベクレル)」=「比例定数λ」×「そのときある原子の数N」

という式です。
比例定数λと、そのときある原子の数Nがわかれば、1秒間に壊れる原子の数(dN/dt ベクレル)がわかります。

上式は、放射性壊変の基本式として、

dN/dt=λN

という、簡単な微分方程式ですが、これを解くと、半減期Tとλの関係が求められて、

λ=0.693/T

になります。

T=8.04[日]=8.04×24×3600=6.95×10^5[秒]
なので、

λ=0.693/(6.95×10^5)=1.0×10^(-6)[1/秒 ]

でλはわかりました。

次に、質問の、ヨウ素131の1[g]に何個の原子があるか計算します。

ヨウ素131は、1[mol]=131[g]で6.0×10^23個の原子を持つから、1[g]では、

N=1/131×6.0×10^23=4.6×10^21[個]

の原子になります。

Nとλがわかったので、ベクレルは、

dN/dt=λN=1.0×10^(-6)[1/秒 ]×4..6×10^21[個]=4.6×10^15[個/秒]=4600[TBq]

です。

基本的な考え方の流れを示しましたが、逆にベクレルがわかっているとき、どれほどの放射性元素があるのかも求められますね。

面倒な話は抜きにして、基本的なことだけです。

放射線は、放射性物質の原子がこわれて別の原子に変わるときに出ます。1個の原子が壊れると、1~2種類の放射線が1個放出されます(だから、2種類の放射線が出るなら2個の放射線が出ることになる)。ヨウ素131の場合は、ベータ線とガンマ線が出ます。この場合、ベータ線を計らないように(1mm程度のアルミ板で遮蔽)すれば、ガンマ線だけを計れるので、

ガンマ線の数=壊れた原子の数

になります。
この場合、ベクレルというのは、1秒間に測定されたガンマ線...続きを読む

Q131Iは131mXeになるんでしたっけ。

131Iは131mXeになるんでしたっけ。その後131mXeはどの様に変化するのでしょうか。131mXeは放射活性を持っていいて半減期は11。9日と書かれている記述をみました。
Cs-137についてもどの様に原子が変わってくるのか教えてください。

Aベストアンサー

131I はベータ崩壊して 131mXe, さらに核異性体転位して 131Xe.
137Cs もたぶんベータ崩壊して 137mBa から核異性体転位の崩壊モードが強いみたい.

参考URL:http://ie.lbl.gov/toi/nucSearch.asp

Q300ベクレルのヨウ素131は何グラム?

東京都水道局が安全だと定める上限が1キログラムあたり300Bqとのことです。
とすれば、その濃度の水道水には、ヨウ素131が何グラム含まれますか。
できるだけ厳密な数字を出してください。
理解不足でこういう書き方であってるのかどうか分かりませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

300(Bq)=300 s^(-1)

これを 放射性核種「131-I(ヨウ素-131)」の質量に換算してみます。


131-I の半減期は τ=8.02(day)=8.02・24・60・60=692928(s)

時刻 t に於ける 131-I の原子数を N とすれば、その壊変速度(放射能)=-dN/dt=λ・N と表せます。‥(*)

半減期から壊変定数:λ=ln(2)/τ の関係がある為、

放射能が 300(Bq) のとき N は(*)から、

N=300/λ=300・τ/ln(2)=692928・300/ln(2) (個)

従ってその質量は、NA=6.02・10^23 として、

(131・692928・300)/{NA・ln(2)}(g)=6.53・10^(-14)(g)=65.3(fg)

65.3(フェムトグラム) 程度でしょう。

Q水中での推進力の増減(加減速)と効率について

水中での推進力について勉強しているのですが、、、

ヒトが水中を泳いだり船が移動したりなど、水中で移動するとき(水中だけじゃないのかもしれませんが)、速度を加速・減速をさせて進むより、速度を一定に保った方が、効率よく移動できますよね??(間違っていたらすいません)

これは、なぜ効率がいいのか教えて下さい。

水の表面なら造波抵抗が関係するのでしょうか?または、慣性の法則が働くのでしょうか?ヒトの場合、水の抵抗は速度の2乗に比例するというのを聞いたことがあるのですが、これも関係するのでしょうか?

素人ですので、参考になる文献やサイトもわかれば、教えていただけるとありがたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 これは難しい問題だと思っています。もちろん、私が知らないだけで、知っている人には簡単かもしれません(船舶工学辺りに詳しい人とかかもです)。

 ヒト限定で申し上げておくと、オリンピックを含めた競泳競技で、ずっと水中で泳ぐことが禁止されています。

 ルール上の変遷では、平泳ぎが特に激しかったのですが、実は平泳ぎでは、できるだけプール底近くの水中で泳ぎ続ける方が速いのです。

 これは背泳でもそうで、水中でドルフィンキック(バタフライのように両脚を揃えて水を蹴る)で進むと、水上で腕も使うより速いのです。

 もちろん、呼吸できないので、100メートルでもメリットデメリットを考える必要はありますが、息さえ続けば水中が有利です。

 これは、水上では波を立ててしまうからです。波を立てるということは、その波のエネルギーを与えているということになります。

 これが、競泳記録に影響するほど大きいわけです。背泳で、水上では水中で有効なドルフィンキックを使わないのは、立てる波が大きくなり、ロスが大きいのです。

 動力船ですと、スクリュー以前には、船の両側に大きな水車のようなものを回す方式がありました。これが廃れたのは、やはり波にエネルギーを奪われ、水中であまり波にエネルギーを奪われないスクリューより効率が悪かったのだろうと思います。

 水中だけですと、乱流が無いと仮定すると(あると考えると実験するしかない程複雑)、速度が大きいほど抵抗が高いことになります。

 ある距離を行くとして、推進力と距離の積が必要なエネルギーになります(本当はそれ定積分になるわけですが)。

 これが速度に正比例(粘性抵抗)ですと、つまり1乗ですが、定性的に見て、速度が2倍なら、所要時間が半分で、速度を保つ力は2倍であることから、速度によらず同じであることになります。

 しかし、速度の2乗に比例(慣性抵抗)ですと、1乗より大きくなります。2乗は、最初こそ1乗より小さいわけですが(0<x<1なら、x>x^2)、そこまでの低速度は事実上考えないでしょうし、そこまで低速度なら正比例(粘性抵抗)の範囲でしょう。

 定量的には、速度変化を仮定して定積分する必要がありますが、定性的には水中では速いほど、同じ距離を行くのに必要なエネルギーは大きくなるということはできるかと思います。

 これは難しい問題だと思っています。もちろん、私が知らないだけで、知っている人には簡単かもしれません(船舶工学辺りに詳しい人とかかもです)。

 ヒト限定で申し上げておくと、オリンピックを含めた競泳競技で、ずっと水中で泳ぐことが禁止されています。

 ルール上の変遷では、平泳ぎが特に激しかったのですが、実は平泳ぎでは、できるだけプール底近くの水中で泳ぎ続ける方が速いのです。

 これは背泳でもそうで、水中でドルフィンキック(バタフライのように両脚を揃えて水を蹴る)で進むと、水上...続きを読む

Qヨウ素131について

ヨウ素131はベータ線放出をして、キセノン131mとなり、ガンマ線が放出されると聞きました。
それで、ヨウ素131の半減期とキセノン131mの半減期を足して考えたほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

正確には足すべきかも。ただ、体に蓄積されるか、されないかがあるから、人間に対する影響で判断した場合は、足さなくてOKです。

ヨウ素は甲状腺に蓄積され、成長ホルモンの材料になります。
成長ホルモンは12歳以下で特に分泌が高いから、甲状腺のヨウ素用のバケツが常に空です。だから、蓄積量も多くなります。
逆に高齢者(40以上)では分泌が少ないから甲状腺のバケツが満タンで、蓄積せずスルーされます。

また、同じ量の放射性物質がAとB有るとします。Aの半減期が1日と、Bの半減期が100日だと、放射線の排出量は1日当りで見ると、Aの方が100倍多くなります。

半減期とは放射線を出して、別の物質に変化するまでに要する期間で、半分になる確率が半減期です。
だから、半減期が短い物質は、一気に放射線を排出して次の物質に変化します。
        長い物質は、ゆっくり放射線を排出していきます。

 あるいみ、短いヨウ素はその分、体内にある間に放射線を出す量は多くなりますね。

 ただ、今のレベルは、温泉地のラドンからの放射線を毎日浴びてる仲居さん等が癌化していないから、今の濃度が正確なら心配する必要はありません。
「ウラン238壊変系列」で調べれば、ラドンも元はウランだった事がわかります。

正確には足すべきかも。ただ、体に蓄積されるか、されないかがあるから、人間に対する影響で判断した場合は、足さなくてOKです。

ヨウ素は甲状腺に蓄積され、成長ホルモンの材料になります。
成長ホルモンは12歳以下で特に分泌が高いから、甲状腺のヨウ素用のバケツが常に空です。だから、蓄積量も多くなります。
逆に高齢者(40以上)では分泌が少ないから甲状腺のバケツが満タンで、蓄積せずスルーされます。

また、同じ量の放射性物質がAとB有るとします。Aの半減期が1日と、Bの半減期が100日だと、...続きを読む

Q福島第一原発の2号機について

燃料棒が完全に露出した状態です。一号機、三号機と違い、万が一原子炉内が爆発したらどうなりますか?もう終わりですか?

Aベストアンサー

爆発したらもう終わりです。

Q福島原発でなぜヨウ素131が未だ減らないのか

私の生活域での水道水中の核種分析でヨウ素131だけが増減を繰り返しています。私の乏しい知識では、ヨウ素131は自然に生成もしますが、ウラン238の核分裂による生成が主なものと認識しています。また、半減期は8日ですからもう40日以上になりますから新たに核分裂していないのなら減少の一途のはずです。

原発が再臨界しているのならわかりますが、保安院等の発表では再臨界はしていないと言います。再臨界していないでヨウ素131が減らない理由をご教示下さい。

Aベストアンサー

地震発生時まで稼動してい福島第一原発の原子炉は1号機(46万KW)、2号機、3号機(各78万KW)で原子炉停止時の放射性ヨウ素131は半減期約8日で1/2に16日で1/4,24日で1/8に減衰していきます。

>ウラン238の核分裂による生成が主なものと認識しています。
この核分裂は中性子を吸収してプルトニウム239経由の核分裂で放射性ヨウ素全体の30%程度を占めます。残りの70%はウラン235の直接の核分裂により生成されたものです。
大雑把な計算では前者を無視して、後者の反応だけでの試算結果では、稼動していた3機の原子炉に停止時に残っていた放射性ヨウ素は約3Kgのオーダーで46日経過していますので半減期を5回過ぎて居るので放射性ヨウ素は1/32の約100g程度原子炉に残っていることになります。
これは46万ベクレル(46京ベクレル)に相当します。なのでまだ一連の水素爆発で環境中に放出された放射性物質相当の放射性ヨウ素が3機の原子炉の中に残っています(無視しているプルトニウムからの放射性ヨウ素分と既に爆発で放出された分を無視しているので大雑把な計算です)。また水素爆発が起これば放射性ヨウ素の外に、半減期約30年の放射性セシウムが加わり長い期間放射能を出し続けます。それが、一様ではなく風向きや降雨で均一でなく場所によって高濃度の汚染をします。チェルノブイリやスリーマイル島原発事故は4日や7日で放射能閉じ込めに成功したのに対し、日本の原発放射能放出汚染の閉じ込めは6ヶ月~9ヶ月も先のことで、これからももっと広範囲(都道府県の陸地と海洋汚染)を放射能汚染し続けることでしょう。政府は放射能汚染閉じ込めを緊急に行わず何を考えてだらだらと思いつきの行き当たりばったりの対策をやってるのでしょう。原発作業者や原発周辺の放射能汚染被災を受ける(これからも増え続ける?)一般国民はただ被爆者になり被災者にされるだけでしょうか?

詳細な計算法は参考URLをご覧下さい。

まだM8クラスの地震が予測され今回の津波と同程度の物が、既存の原発を襲う可能姓が非常に高い確率であります(青森沖、房総沖、東南海地震)ので、地震・津波対策をするまで原発を停止したり、対策工事を緊急にしないと日本列島に同様の原発事故が起これば日本列島全体が放射能汚染され逃げ場、避難場所も無くなるかも知れません。原発の安全神話が崩れた現在、国民は懸命な選択をしないと将来は無いでしょう。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/elm200/20110326/1301118597

地震発生時まで稼動してい福島第一原発の原子炉は1号機(46万KW)、2号機、3号機(各78万KW)で原子炉停止時の放射性ヨウ素131は半減期約8日で1/2に16日で1/4,24日で1/8に減衰していきます。

>ウラン238の核分裂による生成が主なものと認識しています。
この核分裂は中性子を吸収してプルトニウム239経由の核分裂で放射性ヨウ素全体の30%程度を占めます。残りの70%はウラン235の直接の核分裂により生成されたものです。
大雑把な計算では前者を無視して、後者の反応だけでの試算結果では、稼動していた3機の...続きを読む

Q福島原発の失敗の原因は何ですか?

福島原発が水素爆発等の事故が続いています。
素人考えかも知れませんが、原発は何重にも安全を考えて作っていると思っていました。

しかし、一連の報道を見ていると水素爆発、水位低下、火災等トラブルがあまりにも続きすぎていると思います。

これは何なのでしょうか?

致命的な設計思想上のミスがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

私も全くの素人ですが、今回の事故は人災と思われる部分が多く見られます。
何重にも安全をというところに無理がありました。最も昭和46年ごろの施工ですから
当時のレベルをあまり責めるわけにもいきません。

問題はその後安全基準に対する考え方が飛躍的に進歩したにも関わらず初期工事の
設計思想のままで見直しもせず運転し続けたというところにあるのではと思います。

これは技術と言うよりもう企業体質の問題ではないかと思います。このような設計思想で
当時の住民は納得したのかも知れません。お互いに知識が無かったと思われます。

事故後にTVに出てきた某大学の専門家もなぜか想定をはるかに超えた津波であり
最後の安全装置を持って行かれたと言っていました。アナウンサーがそれでは現在
運転中の原子炉も見直す必要がありますねと言う質問に対して、可能性を認めたものの
絶対にあり得ない津波のレベルを考慮して設計見直しをすることはできないのではないか
と言っていました。経済性を考えてのことと、設計者の立場を守る姿を見ました。

私が人災と思うところはこの部分です。研究者でさえ仲間を守ることと、研究費の出先
を意識するというか、安全を設計しているのにそれ以外の要素が大きく働いていることを
感じました。もちろん定性的な意見です。根拠はありません。

衛星写真を見て海側に最後の砦を配置するなんて非常識だということを誰もが感じて
おられると思います。丈夫な原子炉の建屋の後ろに配置すれば、あるいはビルの屋上に、
あるいは津波に持っていかれないような強度にするか、それらを分散配置するか、今まで
に見直す機会はいくらもあったはずです。特に地震と津波のセットが頻繁に現れるように
なった昨今、そう思った東電の社員もいくらもいたはずです。

しかし企業の風土は極めて重要です。私はトップの記者会見を見てこれは改善’(KAIZEN)
を現場サイドからでもできる雰囲気では到底ないと直感しました。あくまで私見です。
日本航空の体質とどこか共通するところがあるのかもしてません。残念です。

今回の事故は冷却系統の非常装置が働いていれば何ら問題が起こらなかったはずです。
停電で外部電源が供給されなくなったとき冷却能力ははどう維持するのかという質問が二年前
の委員会で指摘されていたということが新聞に出ていました。しかし東電はディーゼルだけで
押し切ったという風に新聞は報道していました。これは明らかにおごりです。そのディーゼルが
津波で破損され、外部送電による電源系統が地震でやられたのです。

日本の原発技術は世界で最も高いことは研究者のレベルを見ても解ります。しかし経営や
マネジメント、企業風土は別物です。事故を起こせば国の存亡を揺るがすような重要な使命を
持つ会社です。その会社の風土を健全にしておくことが国の責任であり、電気学会や原子力
に関する様々な委員会の責任でもあったはずです。今回機能しなかったのは残念です。
やはり自由に識者が物を言える場所を東電は十分には提供しなかったと推察します。

私は今回報道を見ながら多くを感じましたがあまり取り上げられていないことを2点指摘
したいと思います。お感じかも知れませんが、原子炉の図面が当初から出ていたと思います。
その図面の貧弱なことに驚かされました。説明をしている部分が欠落し、ハサミで切ったような
図面ばかりです。ようやく15日の夜になって必要な全体図が出てきました。それまでは全貌を
見せないようにしていると感じさせるお粗末なものでした。2番目は説明が放射能レベルを除いて
定量的ではなかったということです。国民はどうせ解らないというのは嘘です。あらゆる分野の専門家がみています。水冷能力につては全く説明がありません。また発熱レベルについては説明がありません。聞いている人たちに論理的に解りやすく説明するという態度と能力が明らかに欠落しています。

東電も万能ではありませんどこまでが解ってどこまでが不可解であるかの質問に全て答えられないのは解りますが確認していない一点張りです。解らないことと情報が無いことの区別ができていません。このような説明を原発建設域の住民に今までして来たのかと思うとまるでどこかの国の体制と変わりません。民主国家は効率の悪いものですが技術やシステムは理論的な側面が大きいはずです。正々堂々と嘘偽りなく解りやすい説明を心がけるべきです。また中立の立場にたつ研究者が自由に発言する機会が保障されなければ、日本の原子力立国は世界でその地位を確実に失うことになるでしょう。

最後に提言ですがこのような国家的事故の際には政府は第3者を入れた対策本部を緊急に開ける法整備を行うのがいいと思います。今回は識者ははいる余地が無いように感じました。

私も全くの素人ですが、今回の事故は人災と思われる部分が多く見られます。
何重にも安全をというところに無理がありました。最も昭和46年ごろの施工ですから
当時のレベルをあまり責めるわけにもいきません。

問題はその後安全基準に対する考え方が飛躍的に進歩したにも関わらず初期工事の
設計思想のままで見直しもせず運転し続けたというところにあるのではと思います。

これは技術と言うよりもう企業体質の問題ではないかと思います。このような設計思想で
当時の住民は納得したのかも知れません。お互い...続きを読む

Q原発からの放出放射線報道での、ヨウ素131の理由

福島原発からの放射性物質の拡散の報道が連日されています。 そこではヨウ素131の量だけが対象です。
しかし、ウランやプルトニウムの核分裂では、ヨウ素131以外にもイットリウムやセシウム、ストロンチウムなど発生するはずです。
それらが報道に表れない理由をご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

これを読みましょう。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110323/219112/?P=

Q福島原発が最悪なことになった場合

福島原発が最悪な展開になった場合、チェルノブイリと比べて、どれくらい被害が大きくなるのでしょうか?また、興味本位なのですが、爆発した場合、どの程度の被害が起こるでしょうか。
よろしければ、詳しく教えてください><

Aベストアンサー

以下の回答のNo.7とNo.8に書かれてあることが、参考になれるとよいのですが。
http://okwave.jp/qa/q6597689_2.html?order=ASC#answer

また、中部大学の武田先生のHPも、市民目線で分かりやすく具体的に情報が書かれてあります。(「中部大学 武田邦彦」でググると出てきます)
ご参考までに。

参考URL:http://okwave.jp/qa/q6597689_2.html?order=ASC#answer


人気Q&Aランキング

おすすめ情報