人員整理の一環で、自己退職をせまられています。

貯蓄もなく、会社都合でなければ、来月からの転職活動する生活費がありません。

どうしたらいいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

簡単です。



どのようなことを言われても「辞めません」ということ意外は言わないことです。
多分会社側は、上司や先輩等を総動員して説得にかかるでしょう。
あるいは残ってもその後はいいことはないなどと驚かすでしょう。
でも何を言われてもそれに反論も答える必要もありません。黙って聞いておけばよいのです。その間も給料は出ているのですからラッキーと考えたら良いでしょう。
あるいは黙ってj聞きながら次はどういう言い方をするのかとひそかに楽しむというのも面白いですね。
とにかく何を言われても「辞めない」以外は言わないことです。

ただお勧めはそうして今のお仕事は絶対に死守する一方で、ひそかに転職の可能性を探った方が良いでしょう。これは極秘です。

希望退職の募集をするような場合はいずれにしても将来性は疑問です。
もし良いところがあれば転職したほうが良いでしょう。
でもその場合も退職は自分の意志で決めるべきで他人に強要されてしてはいけません。そうすると最悪は長期間無職ということにもなりかねません。

ここは鉄面皮に徹して「辞めない」といい続けましょう。
    • good
    • 0

とりあえず退職を了承しないことです。

そして、専門家に相談。

社労士の団体
http://www.shakaihokenroumushi.jp/general-person …

http://www.shakaihokenroumushi.jp/footer/list/pd …

労働組合もありますね

こちらとか、
http://www.jtuc-rengo.or.jp/soudan/index.html

こことか
http://t-union.or.jp/

このご時世会社の事情もあるのでしょうが、会社都合は会社都合ですよね。
頑張ってください。
    • good
    • 0

会社都合にするまで退職届を書いてはいけません。


辛いと思いますが、ここは辛抱です。

労働基準局に言って話を聞いて貰う手もありますが、所詮、お役所仕事で何も動いてくれないのが現状です。
    • good
    • 0

まず、雇用や労働など転職にかかわる知識を収集することだと思います。



人員整理で自主退社を迫るのであれば依願退職のようにメリットがある退職の仕方でない限り、応じる必要もないと思います。ただ、自身のおかれている立場は考えたほうがいいでしょう。会社の業績や将来性をかんがみて従業員が底力をだ出しても解決できない問題の場合、最悪リストラや倒産へとつながるからです。他の会社では労働時間を短縮する(ワークシェア)なども対策としてあります。また、不利益な社員を残しておくとその他の優良な社員へ負担をかける結果にもなります。意識面も改善しない理由はありません。

2面策として会社在籍での自身の改善点とリストラ対策としても貯蓄や準備が必要だと思います。
そう簡単に解雇はできないはずですが、今は災害もありましたので100%会社を信用できる話でもありません(明確な理由のある人員整理は法律上ありえますので)

解雇を回避するために自身を高める努力も今後解雇されたとしても次に向けての強みになりますし、解雇されてから貯蓄がないではあせって自身を安売りする結果にもつながります。よく考えましょう。
    • good
    • 0

人員整理であれば自己都合ではなく会社都合になりますので、会社都合で解雇というふうにしてくれるまで粘るしかないですね。


または、退職金が貰えるのであれば、退職金の上積みの交渉をしてみてはいかがですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング