商法の改正により、株式会社の取締役は代表取締役1人だけでもOKになったんですよね。
取締役が複数いて取締役会がある場合、代表取締役が亡くなっても取締役会で会社の決議をする事になるが、代表取締役1人だけで取締役会がない場合、代表取締役が亡くなるとその相続人が会社の決議をるす事になる。
という事になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

代表取締役は、相続できません。

あくまでも、株主総会で役員を選任するのですからね。
ただ、役員が1名という質問のような状態であれば、多くの場合代表取締役が株主でしょう。株主の権利(株式)は相続の対象となりますので、早急に株式の相続を遺産分割協議により決定し、新しい株主により役員たる取締役や代表取締役を選任することになるでしょう。

取締役や代表取締役などは、株主に経営を委任されているに過ぎませんからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

役員1名という状態では相続という事になるのかな?と思っていました。代表取締役の相続ではなく、株式の相続なんですね。
わかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/27 22:29

#2追加


委任状でも、出席したことになります。

中小会社は、全員出席も可能と思います。
    • good
    • 0

株主全員が出席すれば、招集通知なくても、適法に株主総会を開催できます。


そこで、代表取締役を選任する。

株主全員が出席しませんと、適法な招集通知が必要となります。
招集通知を発するのは代表取締役です。
そうなると手続きが面倒です。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/27 22:29

株主総会を開いて新しい取締役を選任することになると思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/27 22:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング