いつもお世話になります。
今回はシフトケーブル(インナーケーブル)について質問させてください。

自転車屋に行くと、1本500円強のDURAのシフトケーブルと120円ほどの普通のシフトケーブルが売っていますが何が違うのでしょうか?
普通のシフトケーブルを付けて5000km以上走行しましたが特に問題もありませんし。。。

詳しい方がいらっしゃいましたらアドバイスどうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Dura7900用は、インナーケーブル自体にテフロンコーティングがされているみたいですね。

いわゆるSP-42対応というやつなんでしょう。専用の潤滑グリス使用が指定されています。
Dura7800以下用(おそらく500円近辺)は、ケーブルの材質がステンレスで硬め、一般用の120円くらいのは、ケーブルはステンレスではないようで、ちょっとやわらかいです。

今のインデックスタイプの変速システムでは、ディレイラの位置決め精度が問題なんでしょうから、硬い(伸びが少ない)ケーブルのほうが正確な変速が得られるのだとは思います。

昔のDura(7400時代)には、普通のものよりちょっと細いSP-41対応品があり、アウターケーシングに互換がないため、アウターごと全部交換する必要がありましたが・・
    • good
    • 0

回答者3の方が言っているステンレスかそうでないかは、一般使いで結構大きな違いです。


汗や雨水が浸入すると、すぐ錆びて引きが重くなる。

ステンレス製よりメンテナンスの回数は多めにした方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様、色々とコメントをいただきありがとうございました。
失礼ながらこちらでまとめて御礼申し上げます。

結局、OH頻度が高ければ安い方でも問題なさそうですね。
何事も普段のメンテナンスが大切ですね。

非常に勉強になりました。
この度は誠にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/28 11:33

 安物を使っていたら、ボルトで留めた箇所が、数本千切れて、ほつれてきました。

    • good
    • 0

滑りの良さによるシフトの感覚の軽さ、伸びの少なさ、耐久性。


と違いますが、実際には分からないでしょう。
一番の違いは(アウターにDURAと書いてあれば)見た目かと。
DURAを使っているという満足度?もありますし。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシフト、ブレーキワイヤーの違い

最近、シフト操作が重くなってきたのでアウターごとケーブルを交換しました。
そこで疑問に思ったのですが、ブレーキワイヤーとシフトケーブルの違いって何なのでしょうか?
太さやアウターの形状が違う(ブレーキ用のアウターは螺旋状でシフト用のは唯、線が同円周上にならんでいる…)のは理解してますが、この理由は何なのでしょうか?
また、ブレーキ用のインナーにシフト用のアウターまたはその逆というのは可能でしょうか?
更にケーブルにおけるシマノ製品のグレードによる違いというのはどの程度あるのでしょうか?

質問事項が複数に渡り申し訳ありませんが、宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

インナーケーブルはブレーキ用とシフト用で太さが違います。ブレーキの方が太いです。太さが異なるのと、シフト、ブレーキそれぞれで、末端のタイコ(レバーに引っかける金属部分)の形状が異なるため、シフトワイヤーをブレーキ用に使用することはできません。その逆もできません。

シフト用アウターケーブルの内部に直線的に埋め込まれているワイヤーですが、シフトの操作によってアウターケーブルには両端から中央に向けての力(アウターケーブルを縮めようとする力)がかかります。直線的に円周上に埋め込む事で、伸び縮みに耐えられる構造になっています。仮にアウターが縮んで短くなってしまうと、インナーケーブルが相対的に長くなりインナーワイヤーのテンションが変化し、変速操作がうまくいかなくなります。長期的にはアウターは縮み、インナーは伸びますから、ワイヤーのテンションの調整が必要になりますがこれが発生しにくいようにしているわけです。

ブレーキに関しては螺旋状にワイヤーが埋め込まれています。これはブレーキをかけたときに適度にアウターが伸び縮みできるようにするためです。これがないと急激なカックンブレーキになってホイールがロックしやすく、全体的にコントロールしにくくなってしまいます。いわば車のABSのようなものでしょうか。あと、らせん状にした方が柔軟性が出て、ハンドルを切った際の取り回しがしやすいというメリットもあります。ブレーキであれば、インナーワイヤーのテンションが多少変化しても、ブレーキの引きしろに影響するだけですからシフトのようにすぐにトラブルになるという状況にはなりません。

ワイヤーのグレードは、価格の安いものはスチール製、高いものはステンレスです。スチールは錆が発生しやすく、ステンレスは対候性が高いのが特徴です。またさらに上級のグレードにはステンレスワイヤーにテフロン加工を施して、アウターケーブル内での滑りを良くしたものも存在します。
また重量の軽減と柔軟性の向上、長期使用による伸びを抑えるために、繊維で作られたインナーワイヤーも存在します。こちらは1本で数千円もします。

インナーケーブルはブレーキ用とシフト用で太さが違います。ブレーキの方が太いです。太さが異なるのと、シフト、ブレーキそれぞれで、末端のタイコ(レバーに引っかける金属部分)の形状が異なるため、シフトワイヤーをブレーキ用に使用することはできません。その逆もできません。

シフト用アウターケーブルの内部に直線的に埋め込まれているワイヤーですが、シフトの操作によってアウターケーブルには両端から中央に向けての力(アウターケーブルを縮めようとする力)がかかります。直線的に円周上に埋め込...続きを読む

Qヒルクライムに適したロードバイクについて

こんにちは。
ロードバイク歴丁度一年の学生です。

先日、交通事故に遭い自転車のフレームを交換することになりそうなのですが、どういったフレームにするか悩んでいます。
以前はカーボンバッグ&カーボンフォークのアルミフレームに乗っていました。
普段はサイクリングと峠のTTを楽しんでおります。
気が向いたらヒルクライムイベントにも参加したいと考えております。

そこで質問なんですが、登坂に向いているフレーム素材はなんでしょうか??よく耳にするのはカーボンですが、どうなんでしょうか??
正直、乗りこなせるかが不安なのと取り扱いに気をつけなければいけないことを考えると自分にはまだ早いのではと思ってしまいます。

ちなみにインターマックスのエックスライトとかが気になっています。

稚拙な文章で申し訳ありませんでした。
是非ご回答よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

既に回答も出ていますが、ヒルクライムとなると軽いバイクが有利です。カーボンフレームはアルミやクロモリなどの金属系のフレームよりも軽量な事が多いです。しかしながらカーボンフレームにも本当に様々なものがあり、カーボンだから軽いという事は一概に言えません。

一般的にフレーム単体で千グラムを切る重量は軽量フレームになります。個人的な経験からの印象ですが、バイク全体の重量で7キロ以下の重量になると、一気に身軽になり、はっきりとした軽量性を実感できますが、7キロを超えてしまうと、7.5キロでも8キロでもあまり変わりません。ヒルクライムで機材の優位性を求めるのなら7キロ以下を目指しましょう。
エックスライトも公称960グラムですから最軽量ではありませんが軽量な部類には入ります。
インターマックスは評判も上々で、20万円以下で手に入る1キロ以下のフレームというのはそんなにありません。その意味ではコストパフォーマンスに優れた賢い選択だと思います。

しかしながら、自転車の全体の重量はフレームもさることながら、パーツによってもかなり変わります。むしろ重量だけで言えばパーツの依存度の方が高いです。カーボンフレームであれば、多くの場合フレーム単体で1300グラム以下くらいの重量で収まります。エックスライトとは300gの重量差があるわけですが、この重量差はパーツ選択で簡単に挽回できる重量です。軽量なエックスライトでも、重量のあるパーツで組めば軽量なメリットは生きてきません。フレームはもちろん要なのですが、パーツもできるだけ軽量なもので選ばないとエックスライトを選んだ意味がなくなってしまいますので注意が必要です。

ポジション的には大きめのフレームというのもわかるのですが、重量から考えれば適正範囲内で小さめのフレームサイズの方が当然有利です。場合によってはフレームサイズの違いによって100g以上も差がある事があり、数十グラム単位で軽量化を行うヒルクライムバイクとしては致命的です。ヒルクライマーは自分の周りでも小さめなフレームを選ぶ人が多いですね。エックスライトの960グラムという重量もフレームサイズの記載はありませんので参考重量程度に考えた方が良さそうです。

コンポはともかくとして、以外に重量がかさむのがステムやサドル、シートポストです。この辺のパーツは比較的安価ながらも軽量なモデルが発売されているので、是非とも重量に注意して選びたいところです。
パーツ、フレームともにカタログに出ているメーカー公称重量は、多くの場合実測重量よりも軽く記載されており、あまりあてにしない方がいいでしょう。

以下のサイトで各パーツの実測重量の一覧が参照できます。
http://weightweenies.starbike.com/listings.php
http://www21.atwiki.jp/partsweight/

2台目のロードで、使用目的、方向性も絞れているので、軽量カーボンという事で間違いないと思います。1年も乗っていれば乗りこなせないという事も絶対ありませんし、早いという事もありませn。逆に今後のレベルアップを考えて少し無理をしても良いものを選ぶべきだと思います。

既に回答も出ていますが、ヒルクライムとなると軽いバイクが有利です。カーボンフレームはアルミやクロモリなどの金属系のフレームよりも軽量な事が多いです。しかしながらカーボンフレームにも本当に様々なものがあり、カーボンだから軽いという事は一概に言えません。

一般的にフレーム単体で千グラムを切る重量は軽量フレームになります。個人的な経験からの印象ですが、バイク全体の重量で7キロ以下の重量になると、一気に身軽になり、はっきりとした軽量性を実感できますが、7キロを超えてしまうと、7.5キ...続きを読む

Q歯飛びがどんどんひどくなってしまいました

4,5年前に購入した外装7段の自転車(シティーサイクル?)に乗っています。
通勤(数分)にも休日コンビニ等行くのにも使用しているので使用頻度は、ほぼ毎日です。

さて、1月程前からペダルを踏み込む際、「ガクッ」となってきたので、
(最初は特定のギヤだけだったが、そのうちどのギヤでも起きる様になった。)
この「教えて!goo」の過去のQ&Aやその参照先などを見て、
「歯飛び」に違いないという結論に至りました。
(私は自転車については全く素人です。)

解決策として
1.後輪を後ろに下げる。(チェーンを張る。)
2.油をさす。
であることが解り、まず1.を実施しましたが殆ど効果なし。(症状変わらず。)

日曜日の朝、2.を実施しましたが、かえって「ガクッ」の頻度が増えてしまいました。

「これは、素人じゃだめだ」と判断し、
購入した店(ホームセンターの自転車売り場)に持っていくと、
CURE5-56をスプロケットに吹付けながら、ペダル(と後輪)を回し、
「油を十分させば、直りますよ。」と一言。
(少し離れたところで別の自転車を修理していた店員も「それは油だね、油。」)

そんなに自分の油のさし方が足らなかったか、思いながら
帰宅後、今度は入念に(ギトギトになるくらい)油をさしたのですが、
さらに症状は悪化。(「ガクッ」が「ガガガッ」「ガガガガッ」に)

ここまでやってきて、更に別の解決策ありますでしょうか?
あるいは、何か間違っていたでしょうか?

4,5年前に購入した外装7段の自転車(シティーサイクル?)に乗っています。
通勤(数分)にも休日コンビニ等行くのにも使用しているので使用頻度は、ほぼ毎日です。

さて、1月程前からペダルを踏み込む際、「ガクッ」となってきたので、
(最初は特定のギヤだけだったが、そのうちどのギヤでも起きる様になった。)
この「教えて!goo」の過去のQ&Aやその参照先などを見て、
「歯飛び」に違いないという結論に至りました。
(私は自転車については全く素人です。)

解決策として
1.後輪...続きを読む

Aベストアンサー

外装式の変速機の場合、
ディレーラーのテンションの調整というのはありますが、
チェーンを張るという調整はありません。
理論上全く無いわけではありませんが、
自転車チェーンでそこまで伸びきっているというのはほぼあり得ません。
(1コマ分伸びたとしたらその前に切れたりしているはず。)
シティーサイクルとのことですので恐らくクイックレリーズではないでしょうから無駄な調整だったというだけですが、
もし万が一クイックレリーズ車なのに無理にハブ軸を後方にずらしたのであれば危険ですのですぐに元に戻してください。

で原因ですが、
実際に見ないとわかりません。

クリックのあるシフトレバーを使っているのであればワイヤーやディレーラー調整が狂っているだけの場合もあります。

ただ歯飛びは大体は駆動系の寿命です。
対処法は、
駆動系の部品であるフロントギヤ板、チェーン、リヤスプロケットの同時交換です。
この3点はセットでメンテナンスするもので、
ケチってどれかの交換を怠ると改善しないだけならまだましですが、
一時的に良くなって直ったと思っていても、
交換した部品が本来の寿命よりも数倍の速さで駄目になって結局お金の無駄遣いになります。

駆動系の磨耗による寿命の場合、
(注油が適切という前提で)後輪を持ち上げて手でペダルを回しても普通だが、
乗車して漕ぐと歯飛びするというのが初期症状です。
もっと磨耗が進むと手でペダルを回しているときでもスプロケットの歯をチェーンが乗り越えていくのが確認できるようになります。

慣れていない人だと判らない可能性はありますが、
上記が原因の場合、
スプロケットの歯を良く見ると回転方向に磨耗しているのがわかります。
また、タイヤを固定して軽くペダルを正転方向で力をかけているようにしてチェーンを張った状態で、
スプロケットにかかっているチェーンを上から押してみると(わずかにですが)沈み込むようであれば駆動系が磨耗した状態です。
その沈み込みがペダルに力をかけているときに歯を乗り越えて歯飛びを起こします。

外装式の変速機の場合、
ディレーラーのテンションの調整というのはありますが、
チェーンを張るという調整はありません。
理論上全く無いわけではありませんが、
自転車チェーンでそこまで伸びきっているというのはほぼあり得ません。
(1コマ分伸びたとしたらその前に切れたりしているはず。)
シティーサイクルとのことですので恐らくクイックレリーズではないでしょうから無駄な調整だったというだけですが、
もし万が一クイックレリーズ車なのに無理にハブ軸を後方にずらしたのであれば危険ですのです...続きを読む

Qハンドルバーカットを検討中ですが、何センチが適正ですか?

ハンドルバーカットを検討中ですが、何センチが適正ですか?
片道17Kの通勤専用に、1ヶ月半前にエスケープR3を購入。
中年太り解消のダイエットの目的もありましたが、体重も6キロ減。
まずは順調に経過。メカ的には、不満の点も少し有りますので、
あれこれいじる事も検討しましたが、いくらいじってもクロスが、
ロードになる訳でもないし、ロードにかなうわけが有りません。
費用的にも色々交換する位なら、ドロハンのロードを2台目として
購入した方が良いと言う結論になりました。よって、R3は通勤専用の為、
取り敢えずメカ的には、ドノーマルのまま乗る事にしました。
ですがメカ的以外にアクセサリーなどで、R3をカッコ良くしたいんです。
今付けているアクセサリーは、LEDライト・サイコン・ボトルグリップ
携帯ポンプ・着脱式ワイヤーロック・サドルバック・テールライト
バックミラー(SPYミラー)・フロントバック・バルブキャップ等です。
今回バーエンドを購入しました。取り付けてみると何だかハンドルの幅が、
広く感じて不細工に見えるんです。実際には、取り付けの為、グリップ・
シフト・ブレーキレバーを内側に移動したので、従来よりは通常運転時の
グリップの位置は約4センチ内側になり実質的には有効幅が、狭くなってます。
ちなみにR3のハンドル長はノーマルで、54センチなので、未だカットは、
してませんんのでエンドバーからエンドバーまでの幅が54センチ、
グリップからグリップまでの幅が50センチです。ネットで、ハンドルバー
カットのレビューを色々検索しましたが、50・52・54センチと色々で、
中にはドロハンの長さ位まで、大丈夫と言うような極端な意見も有ります。
良く言われる肩幅プラス〇センチと言う数値はどうもピンと来ません。
通勤専用ですので、実際の運転は、グリップを握っての運転が主体ですが、
途中に3ヶ所あるアップダウンだけはエンドバーを握っての運転です。
安全を重視すれば見た目を考えずに今のままで良いと、重々承知してます。 
非常に答えにくい質問だと思いますが、安全とカッコ良さを考えた場合
何センチが適正だと思われますか?出来れば私は何センチにして、
成功だった、失敗だったと言う経験談がお聞きしたいです。
ちなみに私の身長は168センチ体型はガッチリタイプです。

ハンドルバーカットを検討中ですが、何センチが適正ですか?
片道17Kの通勤専用に、1ヶ月半前にエスケープR3を購入。
中年太り解消のダイエットの目的もありましたが、体重も6キロ減。
まずは順調に経過。メカ的には、不満の点も少し有りますので、
あれこれいじる事も検討しましたが、いくらいじってもクロスが、
ロードになる訳でもないし、ロードにかなうわけが有りません。
費用的にも色々交換する位なら、ドロハンのロードを2台目として
購入した方が良いと言う結論になりました。よって、R3は通勤...続きを読む

Aベストアンサー

一応基準幅の肩幅+10cmの意味を説明します。ハンドルは肩幅で持つのが基本です。ですからドロップの基本は肩幅です。しかし、フラツトバーは手を捻って持ちますから中指が肩幅ならば中指から小指までの幅が加算されます。およそ中指から小指までが5cmとしますとハンドル幅は肩幅+10cmになります。これはあくまでもグリップエンドからグリップエンドまでの幅です。

次に、バーエンドを付けた場合には、グリップをメインに考えるかバーエンドをメインに考えるかで変わります。バーエンドの適正幅は肩幅ですし、グリップ部の適正幅は肩幅+10cmになりますから10cm以上の違いになります。ですから一概にどの幅が適正ですとは言えません。例えばドロップに乗り慣れている人は上ハンドルでは30cm程度のハンドル幅で使用しています。ですからバーエンドを肩幅近くに合わせようとします。方やグリップが中心でバーエンドは風が強いときやスピードを出す場合のみに使用するならばずっと幅が広くなります。

ご質問者さんよりも少し体格が上ですが、R3を街乗り用に使用していますが、グリップエンドからグリップエンドまでが52cm強にカットしてあります。子供がバーエンドを付けるかも知れないといった親心で少し長めにカットしたのですがいらないと言われまして両側1cm程度私には長くシフト部を持って乗っています。ご質問者さんの場合にも現在の長さでグリップ部の違和感なくどこまで内側を持てるかでカット幅を決めたら如何かと思います。

一応基準幅の肩幅+10cmの意味を説明します。ハンドルは肩幅で持つのが基本です。ですからドロップの基本は肩幅です。しかし、フラツトバーは手を捻って持ちますから中指が肩幅ならば中指から小指までの幅が加算されます。およそ中指から小指までが5cmとしますとハンドル幅は肩幅+10cmになります。これはあくまでもグリップエンドからグリップエンドまでの幅です。

次に、バーエンドを付けた場合には、グリップをメインに考えるかバーエンドをメインに考えるかで変わります。バーエンドの適正幅は肩幅ですし、グ...続きを読む

Qアウター、インナーケーブルに使うグリス・オイル

ブレーキとシフトのアウターにオイルを、インナーにグリスを、それぞれ組む前に注油したいのですが
ホームセンターに置いてるようなもので利用出来そうなものはどんなのがあるでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シマノからワイヤ用のグリスが出ていますので、本来はそちらをお薦めします。
と書くと終わっちゃいますので、あくまでも「とりあえず」って感じで見てもらえばいいかな?



まず、潤滑スプレーで有名な「KURE CRC556」ですが、こちらは使わないように。
アウター内のプラスチック成分を侵すので禁止です。

おなじ呉でも「シリコーンスプレー」は使えます。


あとは、個人的に「EVERS」がお薦め。こちらだとちょっと大きめなホームセンターでも
取り扱いしてます。 なければ「WD-40」でもまぁOKかな?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報