構文編35の問題です

As scientist keep insisting, there is neither good nor bad in any scientific discovery; it is the use to which it is put which makes it benefical or dangerous.

訳 科学者がつねに主張しているように、いかなる科学的発見もそれ自体は善でも悪でもない。それを有益なものにするか危険なものにするかは、それがいかに利用されるかにかかっている。

説明には後のwhich は強調構文のwhichである。 
the use to which it is put の部分ではput ~to use(~を利用する)が受動態で用いられているとなっています。

use to which it is put のもとの形がわかりません。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

問題 英文」に関するQ&A: 英文標準問題精講

A 回答 (2件)

何度か回答したことのあるパターンです。


検索すると出てきたのが
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1486944.html

該当箇所を引用すると,

the uses to which it is put の部分は
the uses という先行詞を to which it is put という関係代名詞節が修飾しています。

it is put to the uses という関係が成り立つことになりますが,これは put it to the uses の受動表現です。
put ... to use で,「...を使用する←...を使用に当てる」ですので,
it is put to the uses は「それが(具体的に)使用に当てられる」という意味になります。

the uses to which it is put では,「それが具体的に当てられている使用法」で,「それがどのように使われているか」のような意味になります。
以上引用終わり

すなわち,the use to which it is put のような前置詞つきの場合,
which を先行詞である the use に置き換え,
to which → to the use とし,前に出てきたはずのこの部分をもとに戻す。

the use +
It is put to use
これを能動態にすると,
the use +
we put it to (the) use となり,「人がそれを使用する」
という関係が成り立ちます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。このパターンは頻出のようですね。もう一度整理しなおしてみます。さっと読んでも理解できません・・・

お礼日時:2011/04/27 23:00

the use to which it is put の it は


(scientific) discovery を受けています。

it (= the discovery) is put to use ---[1]

「発見が利用される」

この use の部分が、先行詞の the use と重なるので、which に置き換わります、そして、前置詞 to を伴って先行詞の the use
の直後に置かれています。 [1]を能動態にすると、

(we) put it (= the discovery) to use

強調構文は、it...that の形で習うことが多いですから、

it is the use to which it is put that makes it (= the discovery) beneficial or dangerous.

と変えると多少見やすいかもしれません。強調を外せば、

the use to which it is put makes it beneficial or dangerous

それ(発見)の利用(のされ方)が、その発見を有益にも危険にもする。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。もう一度読みながら考えてみます。形が変わったらできるかどうか・・・

お礼日時:2011/04/27 22:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q構造の解説をお願いします

It is the uses to which it is put that determine its value to society.

「社会への価値を決めるのは使い方次第」ということを言おうとしているのは分かるんですが、
構造がつかめないです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

It is ... that で強調構文になっています。
もとの言い方にすれば
The uses to which it is put determine its value to society. で,the uses to which it is put までが主語で,determine という動詞,its value to society が目的語です。
 the uses to which it is put の部分は
the uses という先行詞を to which it is put という関係代名詞節が修飾しています。
 it is put to the uses という関係が成り立つことになりますが,これは put it to the uses の受動表現です。put ... to use で,「...を使用する←...を使用に当てる」ですので,it is put to the uses は「それが(具体的に)使用に当てられる」という意味になります。
 the uses to which it is put では,「それが具体的に当てられている使用法」で,「それがどのように使われているか」のような意味になります。
 determine its value to society は,「それの社会に対する価値を決定する」という意味です。
 全体では,「それがどのように使われているかが,その社会に対する価値を決定する」を強調構文として訳して「それの社会に対する価値を決定するのは,それがどのように使われているかである」というのが直訳です。

It is ... that で強調構文になっています。
もとの言い方にすれば
The uses to which it is put determine its value to society. で,the uses to which it is put までが主語で,determine という動詞,its value to society が目的語です。
 the uses to which it is put の部分は
the uses という先行詞を to which it is put という関係代名詞節が修飾しています。
 it is put to the uses という関係が成り立つことになりますが,これは put it to the uses の受動表現です。put ... to use で,「....続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報