http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20 …

3月11日の東日本大震災当日、出張先から東京に戻るため航空自衛隊の輸送機で離陸後、防衛相判断でUターンさせられていた

有事に自衛隊は大臣の命令が無ければ、飛行機一機も飛ばせないのか。
裁量権はあるだろう。

本社に戻れなかった社長の判断を狂わせてしまったかもしれない。

北沢防衛大臣は罷免すべきだと思いますがどうでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

清水社長がもう少し早く帰京できて、ベントの開始を早めれたら、爆発はなかったとは言い切れないものの、


地震発生、津波急襲、電源が止まり、バッテリーもたしか夕方の5時くらいには尽きていたのではないですか?
そういう状態にあると言うことを、北沢さんは知らなかった?知っていても、急を告げていると思わなかった?

私は清水社長が関西にて、会長は中国にいて、その日のうちに東京に戻れなかったと、聞いた当時は、どうして自衛隊に頼んで運んでもらわなかったのかなと思いましたよ。
最近、この話が出て、呆れてますよ。

そして、嫌なことを連想します。
総理が福島視察にこだわった、ベントも含めて、その場で指示を出すかもしれないと、広報を連れて出かけた、、、
片や、東電社長を足止め。
結局、ベントは東電が出したのですよね? ベント=汚染の責任を取るのは誰か?
現場は早くからベントの必要を出してますよね? 誰が決めるかで綱引きや思惑があったと見てしまいますよ。

原子力委員長の斑尾とかいう人の、原発は大丈夫を信じた、菅さんのパーフォマンスの前後を見ると、いろんなことが想像されます。

この回答への補足

http://www.kantei.go.jp/jp/kan/actions/201010/21 …

訓練をしていたが、事故マニュアルは知らず使わなかったと国会で追及。

補足日時:2011/04/29 08:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

東電のヘリが夜の七時以降は飛べない法律。
総理 大臣 事務次官 局長 課長 と指示して
情報は課長 局長 事務次官 大臣 総理が今までの日本の標準
世界の常識  
それを政務官を置いて政治主導だから、最前線の状況も知らないのに口を出す恐怖。僅か20分で着陸できたのに、一日遅れ。

ベントは総理に権限がありました。質問者
国会で事故マニュアルはーー
原発事故では貴方はヒットラーと同じ大権が与えられているが
何故使用しなかったのか。知らなかったような態度

国に届けるとは 国家にゆだね 国家は引き受けると言うことですから
総理が大臣 そして事務次官 保安院

福島の事務所を50kmに逃げる では無く 留まり 保安院 東電 大臣
が行って行動するべきだった。

お礼日時:2011/04/30 09:40

何かの原因でベントが遅れたと思っている人が多いですがベントは全く遅れていません。

寧ろ早すぎたくらいです。
ベントがどうのというのはナンセンスなんです。一番の問題は何故東電はもっと早期に海水を注入しなかったのかということです。そんな指示は電話一本で簡単にできたはずです。
東電の社長は東京に戻って何をしようとしていたのでしょう。東電の利益の損失を最小にする作戦を立てようとしていたと思われます。そういう算段の為に自衛隊機を使うのは国費の無駄遣いです。自衛隊機は引き返して正解でした。
    • good
    • 0

自衛隊は残念ながら命令がないと何もできません


軍隊は「してはいけないこと以外なにをしてもいい」組織ですが、我らが自衛隊は「していいこと以外何もしてはいけない」組織なので、裁量権に関しては無いに等しいです

昔、ソ連の戦闘機が亡命してきた際、基地司令が命令して、隊員が銃を持って戦闘機を取り囲んだそうです。他国、それも冷戦中のソ連機が勝手に着陸したのだから、国防組織として当然の対処をとったように思うでしょう? 結果的に基地指令は勝手に銃を持ち出させたとして処分されました
もうひとつ
日航機が墜落した事故をご存知かと思います。たった一人残った生存者を救出した部隊は第一空てい団という精鋭部隊ですが、空挺団の団長は命令が出る前に独断で救出に向かったとして処分されました

そういう組織なんです
今はだいぶ変わったようですが、これは大臣の責任ではなく、自衛隊を縛った法律を野放しにした我々国民の責任であるとも思います
今の自衛隊に自由はありません。なんてったって駐屯地を守っているのはアルソックですから
飛行機一機どころか、隊員を展開することさえできません

(あくまで飛行機のことに関しては)北沢防衛大臣には責任はありません。状況把握ができていない状況で自衛隊を動かせば色々な人たちが五月蠅く言ってきます

この回答への補足

なんてったって駐屯地を守っているのはアルソックですから

冗談ですよね。ほんとですか。

補足日時:2011/04/30 09:44
    • good
    • 0

No.6ですが


副社長も、代表取締役です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

副社長が社長に命令できるとは知りませんでした。

知識不足で申し訳ありません

お礼日時:2011/04/29 07:05

東電と大手新聞社はお仲間ですので、清水社長に有利なことを色々書くのでしょうね。


「東電は地球にとてもやさしい企業です」産経新聞と、ググルってみてください。

清水社長しかベントを行わせる権限がなかった様ですが、なぜ、早々そういう措置を取らせなかったのでしょう。 別にご本人が本社に向かわなくっても方法はあったと思われます。 

防衛大臣の判断は間違っていないと思います。
昔、石原新太郎(当時環境庁長官)が石原裕次郎の為に海上自衛隊飛行艇を飛ばして社会問題になったことがありましたよ。

この回答への補足

昔、石原新太郎(当時環境庁長官)が石原裕次郎の為に海上自衛隊飛行艇を飛ばして社会問題になったことがありましたよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
問題になったのであって 問題にしたのではありません。

今回の行動を問題にしておかなければならないからです。

国会質疑で12月の原発事故訓練に出席しましたか。
原発事故マニュアルで総理はヒットラーのように絶対権限があるのに
使わなかった、知らなかったからですか。

国に届けたときから全ての権限は、総理にありました。
東電には無かったのです。

東電の罪はアメリカからの指摘でバックアップ電源喪失回避の為に
バージョンアップを指示されました。
役人と共にそれをしなかった 超重大の罪で そのときの経営者も
現役の経営者も 刑務所に入れることです。

補足日時:2011/04/29 14:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

防衛大臣の判断は間違っていないと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
C130は何機も持っていますが、Uターンまでするには、
着陸から一時間以内に飛び立っていきましたか。

仙台空港 松島基地もやられて 使えなかったはずです。

お礼日時:2011/04/29 15:26

なんでC130なんて言う大きな輸送機で移動しようとしたのか疑問。

それに軍用ヘリコプターだって何だって、他にも乗れる物がいくらでもあるだろうに、翌日に延ばしたのが誰の判断だったのか。不自然ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ヘリコプターは遅いし、戦闘機はGスーツを着ないとまずいし、10人乗りぐらいの飛行機は持っていないし、

官僚同士で決定したものを 大臣がつぶす。

これで自衛隊が有事に役に立つのか。

お礼日時:2011/04/28 16:59

責められるべきは、防衛大臣ではなくて、経済産業省じゃないの?


結果論だが、社長がいたからって事態が今より良くなっていたかは疑問。
そもそも大事な時期に入院してしまうような使えない社長だし。
北沢大臣は失言が多くて嫌いだが、今回の判断は妥当だと思う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スタートは経済産業省の局長あたりが防衛省の局長あたりに電話して
始まったことです。

それが大臣の一言で終わり。 これが政治主導 メルトも知らん政治でやれ。
そして入院。

もしも、最初からだめだったら、小牧に向かわずにタクシで東海道を走れば
当日に着いていたことは間違いない。

官僚の判断を大臣が壊して、原発事故を起こした

管が政治主導と言葉遊びをして 乗っかった大臣 政務官

お礼日時:2011/04/28 10:09

副社長が6人もいるなら


意見が一致するまで数週間
はかかるでしょうね。

電話で社長と連絡しても
3日はかかるでしょう。
重要な案件というのは長期

の検討が行われるので社長が
留守でも書類は進みますが
原子炉事故のような緊急事態

では書類は止まります。
代表権や決定権を軽く考えて
いるから社長を戻らせたという事。

事故対応が遅れるのは当然です。
上京をじゃまする必然は無い。
ゴルフ帰りじゃないんだから。

大臣が無能身勝手という事。
    • good
    • 0

社長が本社に戻れなかったら、判断が狂う。


副社長は6人もいるのですが、判断できないのでしょうか。
何のための副社長ですか?

社長が本社へ戻ることが、有事なのですか?
東電の社長は、防衛大臣の許可を必要としない
総理大臣なみなのでしょうか?

それだったら、東電の社長は本社のある
東京から離れてはいけません。

防衛大臣の判断は正しい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

代表取締役の印鑑は社長のみです。

お礼日時:2011/04/27 20:26

ANo.4です。


高速が止まっていたらごめんなさい。
民主党政権が判断力なし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

緊急の移動が発生したら、鉄道 空路などいろいろと考えて選択します。
その選択を実行しているときにターンとはーーー理由はなし

お礼日時:2011/04/27 20:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【北朝鮮が生物化学兵器を日本に投下する場合は自衛隊は九州側に戦力の主体を置くべきか北海道側に主戦力を

【北朝鮮が生物化学兵器を日本に投下する場合は自衛隊は九州側に戦力の主体を置くべきか北海道側に主戦力を配置すべきでしょうか?】

Aベストアンサー

九州に自衛隊の主力を展開できるだけの広さはありません。
海上自衛隊の主要任務はシーレーン防衛であって、守るべき海上交通路は太平洋側です。したがって海上自衛隊の主戦力は北朝鮮で何かあったとしても太平洋側に配置されるでしょう。
展開させるとしたら迎撃のための高射部隊で、他は災害対策と似たような対応になるでしょう。
生物化学兵器が使われた後、自衛隊は対応を支援するでしょうが、主体となるのは地元の一般の医療機関と保健機関になります。
あなたが想像するような対応はされません。

Q東電の計画停電の疑問

計画停電が実行されていますが、疑問があります。お分かりになる方(意見でも結構)、教えてください。
(1)まず、当事者である東電が率先して自社を停電にすべきであると思うが、なぜしないのか?できない理由は何か?24時間停電ができないなら、半日でもできないのか?  単純な質問ですが、お分かりになる方がいれば、お願いします。
(2)管内を5つに区分して実施すると言うが、実施されない地方がある。例えば東京区部。そこを実施しない理由の説明がないが、なぜ理由を説明しないのか? 不公平感を感じるので、説明しない理由を教えてください。管内全体で支える必要があると思うので。

Aベストアンサー

元発電屋&阪神復興に関係したものとして。

Q1に対して。
24時間体制で復旧対応している現状では、自社を停電させたくても
させられないんですね。
停電させると受給予想に使うホストコンピューターとか、現地との連絡を
確実に維持している自社回線とか、その他諸々の機能が止まりますから。
(ほんの短時間なら耐えられると思いますが。)
ただ、不急の部分の消灯等はしていると思いますよ。

Q2に対して
千代田区なんて、復旧対応の中心である官庁やTVがあるので
停電させられないのでしょうね。
説明していないわけではなく、私はTVでそういう理由を聞きました。
(Liveの会見中継で政府だったか東電が話してたのですが)
23区でも足立区とか荒川区(だったかな?)とかは停電対象ですよ。


今日は少しは落ち着いてきましたが、昨日までは報道さんが相当
エキサイトしていたんです。
停電対象の集団も、最初は「グループ」と言わず「ゾーン」と東電&経産
省は呼んでいて、そういう資料を作って記者に配布して会見を始めた
んですが、内容全部を聞く前に某記者さんが「なんでゾーンって呼び名
なんだよ、なめんじゃねぇよ(意訳)」なんて、まるでやくざみたいな口調で
本質(停電の理由とか)から離れた暴言を吐いて会見をひっかきまわして
ました。
それが報道の役目だとか、自分が偉いとか、誤解してるんでしょうね。
それの修正だけでも(再配布資料を配らなきゃいけないわけだし)、幾分か
対応が遅れたり、対応すべき人々の余裕を奪っていると思いますよ。

報道を見たら解りますが、記者側は交代しているけど、対応側は
ず~っと同じ人が出てますよね。
不眠不休なんだろうけど、もうそろそろ(3日連続?)倒れる人が出て
来るんじゃないですかね?

原発での送水ポンプ燃料切れなんてのも、交代要員が居ない&被ばく
線量が年間許容量を超えた関係で作業員が続々脱落するなか、最低限
以下の人数でやりくりしているから起こったんじゃないかな?と予想して
います。

23区の一部が計画停電対象外っていう情報は、そういう「発表側も
理由が伝わりきってないと想像する余裕がない。」「報道のピントがずれて
居る。」って中で埋もれちゃったんじゃないですか?

除外理由なんて、一番最初の会見で言う物で、それ以後繰り返し言う
物でもないですしね。

元発電屋&阪神復興に関係したものとして。

Q1に対して。
24時間体制で復旧対応している現状では、自社を停電させたくても
させられないんですね。
停電させると受給予想に使うホストコンピューターとか、現地との連絡を
確実に維持している自社回線とか、その他諸々の機能が止まりますから。
(ほんの短時間なら耐えられると思いますが。)
ただ、不急の部分の消灯等はしていると思いますよ。

Q2に対して
千代田区なんて、復旧対応の中心である官庁やTVがあるので
停電させられないのでしょうね。
説明してい...続きを読む

Q自衛隊の戦力

自衛隊の戦力って世界的に見てどこの国と同程度の強さなんでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

○予算
日本は国防予算で世界第二位

○装備
兵器の質と量。
自衛隊の装備は、英軍よりも1.5倍くらいは大きな「軍隊」である。

○兵力(兵士の数)
日本の兵力は、アジアで、中国、インド、北朝鮮、韓国、パキスタン、ベトナム、インドネシア、台湾、タイ、ミャンマーに次いで第11位である。米国とロシアを加えたとしても第13位になり、アジア地域30カ国の中では、決して小さい規模ではない。

兵力はそれほど大きくないが、装備含めた軍隊としての規模は英軍よりも上であるようです。

但し、実践経験が全く無いことのネックはあるようです。例えば戦車は車両数は多いが、所有の70%は74式という旧式戦車。高機動多目的装輪車がFRP製で、戦闘時の防弾製が非常に劣っていて、戦闘時の運用に適さない等です。

Q日本の防衛力は大丈夫ですか

現在の日本の防衛力は、昨今、北朝鮮に於ける拉致問題や核疑惑で日本に対する挑戦的行動が多くなってきています、そこで日本対して攻撃された場合、日本側が応戦する(ミサイルなどを打ち落とす)事ができるのでしょうか。

Aベストアンサー

1.弾道ミサイルの撃破は、ナチスドイツのV2登場以来ほぼ不可能です。
 *湾岸戦争で、アメリカがペトリオットでスカッドを撃破とニュースでありましたが、
  実態は有効撃破はほとんどなく、当時は戦果を政治的に利用しただけです。
 *現在のMDでも、実験なので時々の成功例が公表されていますが、実戦での成功は
  かなり困難と思われます。
 
 よって、日本には弾道ミサイル(ノドン)の撃破能力は一切有りません。

2.仮想敵国(例えば北朝鮮)が正規軍(1個大隊程度)での日本への着上陸作戦遂行は、
  渡海用の船舶・航空機の質と量からして能力は持っておらず、ほとんど困難と考えられます。
   また、あった場合でも日本は邀撃が可能な海軍と空軍および陸軍を有しているでしょう。
  (防衛白書を読む限り・・・世界の常識では「自衛隊は軍隊です」)
  但し陸軍活用の法整備は進んでいませんね。

  ただ、非正規軍の「わずかな人員の特殊部隊」での侵入作戦には対応が100%出来るかは、
  困難が予想されます。(工作船での非合法活動はこれに相当します)

3.アメリカの例をみても、国家が戦争を遂行するためには
  相当な意思と能力(戦力・技術力・経済力)が必要です。

   北朝鮮の指導者の「死生観」がよく解りませんが、
  彼とその取り巻きが「国家を私物化」しているのであれば、
  開戦という名の物理的対応を決意するかもしれませんが、
  戦争論をまともに理解している国家指導者であることを期待しています。
 (ただ、大東亜戦争を戦争論の理解と見通し無しに開戦した、
  歴史的事実は東洋人にはあるので・・・・心配です。) 

1.弾道ミサイルの撃破は、ナチスドイツのV2登場以来ほぼ不可能です。
 *湾岸戦争で、アメリカがペトリオットでスカッドを撃破とニュースでありましたが、
  実態は有効撃破はほとんどなく、当時は戦果を政治的に利用しただけです。
 *現在のMDでも、実験なので時々の成功例が公表されていますが、実戦での成功は
  かなり困難と思われます。
 
 よって、日本には弾道ミサイル(ノドン)の撃破能力は一切有りません。

2.仮想敵国(例えば北朝鮮)が正規軍(1個大隊程度)での日本への...続きを読む

Q実戦経験なしの自衛隊の戦力

自衛隊は世界最高レベルの戦力を保有していますが、実戦経験がないという弱点があります。軍事組織にとって実戦経験とはどれぐらい重要な地位を占めているのでしょうか?

Aベストアンサー

日本の防衛は、まず海や空で行われます。
こうした作戦の場合、どの程度の国が実戦経験があるのでしょうか?むしろ、海軍や空軍にはろくな訓練を施していない国の方が多いと思います。
確かに陸上戦は貧弱なゲリラ戦を含めれば、あちこちでやっています。兵士を鍛えるだけなら、簡単でしょう。しかし、航空戦はアメリカ軍やロシア軍ぐらいしか、十分な経験がありません。海での戦いとなると、アメリカの独壇場でしょう。(イギリスとアルゼンチンも1980年代にドンパチやりましたが、両国がアメリカに勝るとは思えませんし、)
また、海や空の戦いは、科学技術力の要素が大きいですよね。レーダーやセンサーで索敵して、ミサイルを敵に命中させるのです。訓練による経験でも、相当役に立つはずです。

訓練の頻度やレベルでは、自衛隊は中国や北朝鮮よりも密度が濃いはずです。燃料代もかかるし、艦船や航空機はある程度稼働させると整備点検や補修が必要です。自動車の車検と違い、軍事装備の点検整備には時間がかかり、そうライフサイクルにおける稼働時間の比率は意外に低いんです。そうなうと、装備の信頼性や耐久性が、実動戦力に響きます。

それに、海上自衛隊は実は旧日本海軍の伝統を受け継いでいます。それは技術面においてもです。たとえば、掃海のノウハウ、艦船のダメージコントロール(敵の大砲を食らっても、被害を最小限にとどめて、戦闘を継続したり、帰港して修理を受ける技術)、またダメージコントロールを最大限に引き出せる艦船の設計思想などです。

航空自衛隊はF-X問題が長引いて心配ですが、しかしパイロットの訓練時間の長さは十分ですし、戦闘機の稼働率も世界トップクラスです。また、レーダーの性能やミサイルは、すでに述べたように勝敗を分ける重要な要素ですが、電子産業が得意な日本はこうしたアビオニクス(航空電子)でも高い技術を持ち、独自の装置やミサイルも開発しています。

さらに、自衛隊はリムパックやレッドフラッグなど米軍やその同盟国による共同訓練、在日米軍との連携も図っています。陸上自衛隊も、アメリカに行って火器の性能試験や訓練を行うことがあります。その中で、米軍から現代の戦闘におけるノウハウも吸収しているはずです。

油断は禁物ですが、そう心配することもないと思いますよ。
ただ、ゲリラ戦やテロは、自衛隊だけではなく、警察や地方行政、社会の対応能力も問われるので、こちらはやや不安ですね。東京は、石原都知事がその辺の心配をしていて、自衛隊を街中に出させて、訓練を実施しているみたいですが。。。。

日本の防衛は、まず海や空で行われます。
こうした作戦の場合、どの程度の国が実戦経験があるのでしょうか?むしろ、海軍や空軍にはろくな訓練を施していない国の方が多いと思います。
確かに陸上戦は貧弱なゲリラ戦を含めれば、あちこちでやっています。兵士を鍛えるだけなら、簡単でしょう。しかし、航空戦はアメリカ軍やロシア軍ぐらいしか、十分な経験がありません。海での戦いとなると、アメリカの独壇場でしょう。(イギリスとアルゼンチンも1980年代にドンパチやりましたが、両国がアメリカに勝るとは思...続きを読む

Q【東電】冷静に考えて免責では?

震災後の閣議決定で東電に賠償責任があるということになってしましましたが、
原子力損害賠償法の法文を普通に読めば今回の大震災は「異常に巨大な天災地変」にあたるため免責となるはずです。
もし東電が免責を求め国を相手取って訴訟を起こせば間違いなく勝つことでしょう。
逆に言えば、東電は免責であるにもかかわらず賠償に真摯に応じようとしているのです。すばらしい会社だと思いませんか。そんな素敵な東電を叩くのはやめて頂きたいと思います。

と私は思いますが
みなさんはそんな素敵な東電についてどう思いますか?

Aベストアンサー

被災された方の気持ちを思えば、
責任とってよう!と思います。

ですがどちらかと言えば免責にも一票です。
なぜならば・・・。

想定できる範囲の災害に対し、
東電の対策が悪くて事故が悪化したのなら
何かしらの責任を追及しても文句はありません。

ですが国の想定を覆すような大災害ですよね・・・。

国でさえも考えられていなかった規模の災害を発端として起こった事故を
国が一つの企業に対し罪を背負わせているようにも感じます。
東電からいえば天災にあった、
そしてその二次災害的な影響が出たと言っても間違ってはいないはずです。
皆さんと同じく被災者です。
それに社員として、命を懸けて努力してくれています。


原発周辺の方は迷惑を被った。
これは理解できます。
ただ、原発の地元の方は、税収の面からは
少なからず原発の恩恵は受けているはずです。
これはないはずがありません。


憎むべきは地震です。
被災者の気持ちを考えると、とても口には出せないですが
東電も同じく被災したのだと思います。
だからぶつけどころのない怒りを、悪の元凶のように東電にぶつけるのは
少し筋がズレてしまっている気もします。

被災された方の気持ちを思えば、
責任とってよう!と思います。

ですがどちらかと言えば免責にも一票です。
なぜならば・・・。

想定できる範囲の災害に対し、
東電の対策が悪くて事故が悪化したのなら
何かしらの責任を追及しても文句はありません。

ですが国の想定を覆すような大災害ですよね・・・。

国でさえも考えられていなかった規模の災害を発端として起こった事故を
国が一つの企業に対し罪を背負わせているようにも感じます。
東電からいえば天災にあった、
そしてその二次災害的な影響が出たと言っ...続きを読む

Q航空自衛隊の戦力について

現在の航空自衛隊の戦力は十分足りているのでしょうか?足りない装備とかありますか?あと人員も足りているのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。

物理的な存在(装備)ではないけど・・・

旧帝国軍以来の伝統芸で、国家レベルの「戦略」がありませんね。
あと、Rules of Engagement(ROE、交戦規定)の不存在も国家の軍事組織としては大問題。
ROE不在ということは、組織的な軍の体を為していない=ただ重武装の愚連隊と言っていいレベルなんですけどねぇ。

Q政府、東電に原発事故の収束は無理と思いますが?

米国よりロボットを2台無償提供してもらい、東電が原子炉建屋の調査をしていますが、
今頃になって調査はないのじゃないと言いたくなります。
またRCヘリで詳細な原子炉建屋のビデオも入手できるようになりましたが、
今やっている調査は4週間前にやるべきだったのじゃないの。

高濃度の放射能汚染水も、今後注水、放水でまた増えてくると思われます。
現存する放射能汚染水の処理で頭がいっぱいで、その後の対処をどうするかなどの、
対応策はないのではないかと疑問が湧きます。

政府、東電の原発事故に対する危機感も全然伝わってきません。
このままダラダラと時を稼いで、うやむやにしたいのではという疑念さえ浮かびます。
本当に政府、東電に事故収束を任せていて大丈夫なのか?
どう思いますか。

Aベストアンサー

http://www.iam-t.jp/HIRAI/
上のURL「廃炉も解体も出来ない原発」と、「閉鎖」して、監視・管理
をお読みになってみてください。

>今やっている調査は4週間前にやるべきだったのじゃないの。

机の上では、何でもできますが、実際には人の手でやらなければならないのですから、とんでもない被曝を伴うわけです。ですから、放射能がゼロにならないと、何にもできないのです。放射能がある限り廃炉、解体は不可能なのです。人間にできなければロボットでという人もいます。でも、研究はしていますが、ロボットが放射能で狂ってしまって使えないのです。 (上のURLより引用)

>高濃度の放射能汚染水も、今後注水、放水でまた増えてくると思われます。
>現存する放射能汚染水の処理で頭がいっぱいで、その後の対処をどうするかなどの、
>対応策はないのではないかと疑問が湧きます。

先進各国で、閉鎖した原発は数多くあります。廃炉、解体ができないので、みんな「閉鎖」なんです。閉鎖とは発電を止めて、核燃料を取り出しておくことですが、ここからが大変です。

 放射能まみれになってしまった原発は、発電している時と同じように、水を入れて動かし続けなければなりません。水の圧力で配管が薄くなったり、部品の具合が悪くなったりしますから、定検もしてそういう所の補修をし、放射能が外に漏れださないようにしなければなりません。放射能が無くなるまで、発電しているときと同じように監視し、管理をし続けなければならないのです。  (上のURLからの引用)

と、言ったことが書いてあります。

写真の下の19赤の矢印方向をクリックしてみてください。
http://www.spiegel.de/fotostrecke/fotostrecke-66998-2.html

>本当に政府、東電に事故収束を任せていて大丈夫なのか?
結論としては、誰がやっても、原発はそのようにしか対処できないのだと思います。 
原発は今の英知を持っても人の手には負えない物だから、恐ろしいのですよね。

原発事故は普通国家機密の様なものですから、国のためにならない数値などは改ざんされる恐れがありますので、国民の立場を取れる専門家やメディアが付き添わないといけないのではないかと思います。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/
上のURL「廃炉も解体も出来ない原発」と、「閉鎖」して、監視・管理
をお読みになってみてください。

>今やっている調査は4週間前にやるべきだったのじゃないの。

机の上では、何でもできますが、実際には人の手でやらなければならないのですから、とんでもない被曝を伴うわけです。ですから、放射能がゼロにならないと、何にもできないのです。放射能がある限り廃炉、解体は不可能なのです。人間にできなければロボットでという人もいます。でも、研究はしていますが、ロボットが...続きを読む

Q日本は、戦争放棄をしましたが、自衛隊がいるので、戦力はすごいということを聞きました。 実際、今、戦争

日本は、戦争放棄をしましたが、自衛隊がいるので、戦力はすごいということを聞きました。
実際、今、戦争(?)をするかもしれない、北朝鮮や、いろんなことで関わってくる、中国と韓国。
領土のことで問題がある、ロシア。
無いとは思いますが、アメリカ。

整理すると、北朝鮮と、中国、韓国、ロシア、アメリカ。
上記の国と戦争する場合、勝てるのでしょうか?


また、今一番戦争が起こりそうな国を教えて下さい。


質問が多くてすいません。

Aベストアンサー

アメリカは武力の使用を躊躇しない国で、他の国よりも豊富な実戦経験やそれに基づいた武力の運用実績があります。
兵器の質に関しても全てにおいてトップクラス、本格的な空母機動部隊を世界でただ一つ運用している国です。
通常兵器で戦う場合、ある1国対アメリカなら、他の国は敵わないでしょう。

ロシアは兵器の質についてはまあまあです。ただ訓練その他で兵の質が劣るという噂がありますね。
ロシア極東軍では空自機1機に対してロシア側は3機で当たれといわれていることもあるようです。
ロシア海軍もその活動は往時に比べると活発とは言えず練度も不確かさがありますね。

中国はよく判りませんね、最新兵器らしきものがあるもののカタログスペックは良いけれど、本当の実力は故障が多いなど問題を抱えているようです。
日清戦争時と同様に今でも軍閥があると言われて中央政府の指示が徹底されるか、またそれがどの程度なのかわかりません。

韓国は、兵器の質は表面的には良い米国製を揃えてはいるものの、消耗部品の十分な補給が無く共食い整備が主流となっていると言われています。
また、少子化の為、部隊の指揮官は兵の親に気を使わなければならいという、武力の運用上、ヘンテコな負担を強いられているようですね。
一応、米日と同じイージス艦を保有していますが、積んでいるシステムが旧式で、弾道弾に対応していません。
また、国自体がかなり北に侵食されていて、情報が北にダダ漏れという話も聞きますね。

北は、通常装備その他はWW2時代の骨董品が多いですね。ただ、航空機やミサイルではある程度脅し用に効果があるものがあります。

他のどの国に対してもそうなのですが、日本は海上自衛隊と航空自衛隊とが対処して優位になければならず、
陸自が登場する本土決戦になると形勢は不利な状況となってしまうので避けないとならないです。

海自の潜水艦は通常動力としては世界最高性能なので、露中韓北レベルでは大きな戦力になると言われています。
海自の水上艦艇も他国との共同訓練などで高い評価を受けているので、私見ですが空母のない米と同等と見ていいと考えます。
また、30年程昔の空自は訓練時間が少なく米軍には敵わないと言われていましたが、今は米も手こずるパイロットが多いとされています。

日本の近海で戦う様に海自・空自とも想定しているので、相手の国で…という戦力の作り方にはなっていないですが、
今の想定の状況なら米以外とは優位に戦えると考えます。

アメリカは武力の使用を躊躇しない国で、他の国よりも豊富な実戦経験やそれに基づいた武力の運用実績があります。
兵器の質に関しても全てにおいてトップクラス、本格的な空母機動部隊を世界でただ一つ運用している国です。
通常兵器で戦う場合、ある1国対アメリカなら、他の国は敵わないでしょう。

ロシアは兵器の質についてはまあまあです。ただ訓練その他で兵の質が劣るという噂がありますね。
ロシア極東軍では空自機1機に対してロシア側は3機で当たれといわれていることもあるようです。
ロシア海軍もその活...続きを読む

Q原子力発電は憲法違反では?

今回の地震で、福島原発の放射能漏れが問題となっています。

発電所の分布を見ると一目瞭然なのですが、原子力発電は電力需要が多いはずの都心部には建設されず、地方に多く建設されています。

この理由について
「安全性の問題があるため、被害が拡大化するであろう人口の多い都心部には建設できない」
と習いました。

この理由が真だとしても偽だとしても、極端な話、同じような生活を享受するのに、地方の人は生命を脅かされるリスクを冒し、恐怖に怯えながら生活しなければなりませんが、都心の人はその必要がないと解釈できますよね。


これは憲法の「個人の尊重」に反するのではないでしょうか。

住んでいる地域によって背負うリスクが大きく違います。それもちょっとやそっとのリスクではなく、生命のリスクであります。

人口が多いところの人は安全だが、人口が少ないところは犠牲になってもらう、と解釈できてしまうのではないかと思います。

たとえ原子力発電が二酸化炭素を排出しないクリーンな発電方法だとしても、そもそも生命のリスクを冒さなければならない人が出てくるのはおかしいと思います。

生を値踏みしているような印象を受け、原子力発電は生命の尊厳を根底から覆すに等しいものと感じます。

日本は、個人を尊重する国、憲法でそれを保障している国です。

多くの人々が集まって何かをするとき、犠牲は付き物かもしれません。最低限の犠牲、妥協はやむを得ないかも知れません。

しかし、その最低限の犠牲が「生命」ということは認められるでしょうか。
しかもそのリスクを冒す人、冒さない人がいる。

人の生命に値札を貼っているようで、憤りを覚えます。


そもそも”原子力”発電は生活に不可欠なものでしょうか。そんなことはないはずです。
他の電力供給の仕方だってあるはずです。

温暖化対策や、発電効率を考えることも大事ですが、人の命について、平等に考えてみると、原子力
発電という結論は間違っているのではないでしょう。

もう一度、原点に立ち返って、ゼロベースで考えてみてるべきだと思います。

高校生の拙い意見ですが、みなさんの意見を求めます。

今回の地震で、福島原発の放射能漏れが問題となっています。

発電所の分布を見ると一目瞭然なのですが、原子力発電は電力需要が多いはずの都心部には建設されず、地方に多く建設されています。

この理由について
「安全性の問題があるため、被害が拡大化するであろう人口の多い都心部には建設できない」
と習いました。

この理由が真だとしても偽だとしても、極端な話、同じような生活を享受するのに、地方の人は生命を脅かされるリスクを冒し、恐怖に怯えながら生活しなければなりませんが、都心の人はその必...続きを読む

Aベストアンサー

日本国憲法第25条
『すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。』
日本国憲法第13条
『すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。』

>発電所の分布を見ると一目瞭然なのですが、原子力発電は電力需要が多いはずの都心部には建設されず、地方に多く建設されています。

原発の立地条件は、海水が利用できる場所であることと過疎であること。

>人口が多いところの人は安全だが、人口が少ないところは犠牲になってもらう、と解釈できてしまうのではないかと思います。

福島原発は、40年以上前に福島県が誘致しました。
石炭などのエネルギー産業が斜陽になってきたからです。
そのころは地震や津波の危険性をあまり考えておらず、
現在からみれば「甘い」設計になっていました。

>生を値踏みしているような印象を受け、原子力発電は生命の尊厳を根底から覆すに等しいものと感じます。

世界一危険と言われる浜岡原発。
住民らが、人格権に基づいて運転差止め訴訟を起こしました。
「将来発生する地震によって浜岡原子炉施設の重大事故が発生する蓋然性があり、生命・身体に対する重大な被害を及ぼす放射線被曝を受ける極度の危険にさらされ、また、事故や被害発生の不安がない安全かつ平穏な環境を享受する権利を侵害されている」
結果は敗訴。


>たとえ原子力発電が二酸化炭素を排出しないクリーンな発電方法だとしても

ウラン採掘周辺で大変な汚染があり、輸送や建設でCO2を発生させます。
また冷却水として排水する大量の海水の温度を上げ、微量ながら放射能で汚染します。
原発はトイレのないマンションであり、高レベル使用済燃料を捨てる場所がありません。
廃炉にするには1000億円から2000億円の費用がかかり、トータルすると安い電力ではありません。

>そもそも”原子力”発電は生活に不可欠なものでしょうか。そんなことはないはずです。
他の電力供給の仕方だってあるはずです。

ドイツでは脱原発政策で、再生可能エネルギーの割合を2030年までに50%にする計画です。

日本国憲法第25条
『すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。』
日本国憲法第13条
『すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。』

>発電所の分布を見ると一目瞭然なのですが、原子力発電は電力需要が多いはずの都心部には建設されず、地方に多く建設されています。

原発の立地条件は、海水が利用できる場所であることと過疎であること。

>人口が多いと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報