パワーMOSFETの内部容量
Ciss、Coss、Crss
について勉強しています。小さければスイッチング速度が速く出来ことはおおまかに理解できるのですが、もうすこし詳しく3つの値の持つ意味やにこの値を調べることにどのような意味があるか教えて頂けないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

MOSFETでは、ソース・ドレイン間のチャネルのポテンシャルをゲート電圧で上下させることにより、チャネル電流を制御します。


ゲート電圧をいきなり変化させてもゲートポテンシャルがすぐに変化するわけではなく、またチャネル電流もすぐに追従するわけでもなく、必ず時間遅れが生じます。

この間に何が起こっているかを、時間を超高分解能で観測すると、先ずゲートから電荷が注入され(電流が流れ)てポテンシャルを変化させ、一定のポテンシャルに達した時点でゲート電流は0になります。

電流が流れて一定時間後に0になる、これは即ち、ゲート端子に容量が存在することを意味します。
Ciss(入力容量)は、入力端子側から見た素子全体の容量を意味します。
アナログ回路の場合は、入力の一部が無駄になるので、ドライブ損失の指標となります。

逆にCoss(出力容量)は、出力端子側から見た素子の容量となります。
容量が大きいと、ゲートをオフにしてもいつまでたっても電流が流れ続ける、つまりキレの悪いスイッチとなります。

FETの3つの端子(gate,saurce,drain)の間にはそれぞれ容量があるので、
 Ciss=Cgs+Cgd
 Coss=Cds+Cdg
の関係にあります。

Crss(逆伝達容量)は、純粋にゲート・ドレイン間の容量Cgdとなります。
その意味するところは、ゲート電圧にドレイン電流がどの程度追従するかであり、容量が大きいと、スイッチング回路ではゲートをオンにしてもなかなか電流が立ち上がらず、オフにしてもキレが悪いこととなります。

参考URL:http://documentation.renesas.com/jpn/products/tr …
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qclass.upload.phpの戻り値(返り値)の画像サイズ容量情報について

class.upload.phpである大きさ以上の画像は
リサイズを掛けて縮小する設定にしていますが
戻り値(返り値)のサイズ(容量)情報はリサイズする前の容量なので
リサイズ後のサイズ(容量)情報を知るにはどうすればよいでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

例えば、縮小された画像のサイズを「$reduced_size」とすると、「set_reduced_size()」とか「get_reduced_size()」を用意して、値をセットしたりゲットしたりという話です。
メソッド名とかプロパティ名は、継承元のクラスに合わせて自分で考えてください。

QパワーMOSFET と MOSFET の違い

「パワーMOSFET」 と言う言葉はよく耳にしますが、頭にパワーのついていない 「MOSFET」 と言うものは存在するのでしょうか?
存在するとしたら、両者の違いは何でしょうか?
また、記号も異なるのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

MOSFETは、いっぱいあります。
パワーMOSFETは、MOSFETの内、大電流に対応できる様に設計されたものをいいます。
その他のMOSFETは、例えば信号のスイッチングなどにも使われますから、あなたが使っているコンピュータのCPUや周辺チップの中に山ほど使われています。

構造自体は、同じ原理に基づいていますから、パワーMOSFETだろうとMOSFETだろうと、記号は同じです。

Q画像サイズを変えないで容量縮小する方法

お世話になります。
JEPGの画像のサイズを変えないで
画像ピクセル容量を縮小する方法を教えて下さい。

例:
サイズ480X336の画像の容量が60KBある場合、
サイズ480X336のサイズはそのまま変えないで、
容量を約半分の30KB以下にする方法のことです。

なおダウンロードの必要のあるフリーソフト
(JTrim、Photoshop Vectorなど)を使わず、
ペイント機能、Windowsのシステム内でできる方法を教えて下さい。

ちなみに、Windowsに搭載の画像処理機能で「圧縮」しても
上記の効果は得られず、逆に容量は3KBほど増えました。

また、ペイント機能で画像にペイントすると
上記の効果が出ましたが、デジカメを画質がいいのに変えてから
効果が出る画像と出ない(容量がさらに増える)画像があり
ムラがあり困っている次第です。

ご回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>なおダウンロードの必要のあるフリーソフト
>(JTrim、Photoshop Vectorなど)を使わず、
>ペイント機能、Windowsのシステム内でできる方法を教えて下さい。
私もシステム内でできる方法は存じ上げませんが、

ダウンロードの必要のないツールなら知っています。

例えば
http://pixlr.com/editor/?loc=jp
のような「オンラインツール」を利用すれば、ダウンロードは必要ありません。

pixlrの場合ですと、ご希望の画像を開いた後、保存時にクオリティを下げるとご希望のことができます。

QMOSFETをトランジスタに置き換えたら・・・・

添付画像にあります2つの回路見ていただけますか。
下の回路中のIRFI510GがFETになります。この回路図中の入力と出力点それぞれのにおける電圧波形を測定すると両者はほぼ重なってきれいな正弦波を描きました。
しかし上の回路のようにIRFI510Gの部分がトランジスタである2N930に置き換わると、同じ入力と出力点それぞれにおける電圧波形を測定すると、出力波形の方だけ正弦波の頭がカットされたような形を描いたのです。
なぜFETを使用すると頭のカットが起こらないのでしょうか(トランジスタでは発生してしまう理由はきちんと理解しています。)いろいろと本を探して読みましたが、これに関する記述が見つけられずモヤモヤしているので質問させていただきました。

Aベストアンサー

トランジスタの出力波形の頭がカットされた状態になるのは、Q1のVceの飽和電圧の問題は質問者様はご承知だと思いますが、他にR1を流れる電流とVbeでの電圧降下が影響しています。
R2が6ΩでQ1のhfeが150程度であったら、IbでR1の1KΩで電圧降下が加算されるのです。
(トランジスタは電流増幅素子であるので、電圧降下が発生する。)

一方MOS-FETの場合はゲート電流が殆んど流れず、Vdsのオン抵抗が低いのでほぼ+V2の電源電圧近くまで最大振幅を振らすことが可能です。
1)R1の1KΩでの電圧降下は発生しない。(電圧増幅素子である)
2)Q2のVdsのオン抵抗が低い。
などが主な理由です。
 

QJPGファイル画像をMSフォトエディターでサイズ減らしたらピクセル数減ったが容量増えた

1)スキャナーでスナップ写真を取り込みJPGにして、
2)マイクロソフトフォトエディターで必要な部分を切り取り
3)ペイントに貼り、名前を付けてJPG保存したら891x1226になり230KBになった
4)再度マイクロソフトフォトエディターでイメージ-サイズ変更で90%に縮小にした。
5)するとサイズは802x1103にさがったが、容量は318KBに増えた。こ最終的に520x715くらいにしたらようやく150KBになりましたが、これでは小さすぎます。
サイズ減って容量増えるって一体どういうことでしょう。うまく容量を減らしたいですが上記の処理がまずかったですか。

Aベストアンサー

他の方も言われるとおり、圧縮率の問題としか思えないでしょう。

ソフトの使い方は個人の好みもあるでしょうけど、質問の作業でしたらすべてペイントで可能なはずです。

ペイントは圧縮率の設定はできないのですが、デジカメの画像で、500KB程度のものをペイントで開き、そのまま上書き保存すると150~300KB程度になります。
PC上での見た目の画質は変りませんし、当然サイズもそのままです。

切り取るという作業はありませんが、全体を選択して左上に移動、キャンパスのサイズを小さくするということで、同じことになります。

当然、縮小機能もあります。

QMOSFETとMOSトランジスタの違い

MOSFETとMOSトランジスタの違いってなんですか?


単に名前が違うだけで、同じ意味なのですか?

Aベストアンサー

同じものですMOSとはメタル・オキサイド・セミコンダクターの略でFETとはフィールド・エフェクト・トランジスタの略です。

MOSFETとは金属酸化膜(MO)によりゲートを絶縁構造とした電界効果トランジスタ(FET)のことですから、全く同じものを指しています。ちなみに上の説明でSが抜けていますがセミコンダクター(半導体)のことです。FETにはチャンネルがたとMOS型がありますが、小信号用では圧倒的にMOS型のほうが多いですね。大電流を扱う場合などはチャネル型の接合面をも持たない単一の半導体内を入出力電流が通過する構造が有利になる場合もありますが、扱う電流が小さい場合は圧倒的にMOSのほうが製造面などを含め有利ですからね。

ちなみにトランジスタと言う言葉もTRANS REGISTORと言うことばから作られた造語で、抵抗変換素子と言うような意味で、制御電極によって他の電極間の抵抗値を変化させることが出来るところから名づけられたものです。

FETは一般のトランジスタではホールと電子の両方を用いるのと異なり電流の制御にホールまたは電子のどちらか片方だけを利用することが異なるので、一般のトランジスタをバイポーラ(双極性トランジスタ)と呼ぶのに対してモノポーラまたはユニポーラトランジスタ(モノもユニも単一のと言う意味)と呼ぶこともあります。最近ではIGBT(インシュレートゲート型バイポーラトランジスタ)と言うFETとバイポーラトランジスを合成したものも使われています。これは扱う電圧が高くなると発熱量が増えてしまうMOSと高電圧ではスイッチング速度が遅くなるバイポーラトランジスタの欠点を補うために作られた素子で、バイポーラトランジスタのベースにあたる部分にFETを作りこんだ構造になっています。コントロールはFETと同じ電圧制御で、自己消弧がたの素子ですので、サイリスタよりも取り扱いが簡単で高速動作も可能なのでインバーターなどの電力制御では主流になりつつあります。数KVの電圧を扱えるものもあるので電車のインバーター制御誘導モーターの制御などにも使われています。


まぁ、MOSと書かれていればMOS型のFETのことです。

同じものですMOSとはメタル・オキサイド・セミコンダクターの略でFETとはフィールド・エフェクト・トランジスタの略です。

MOSFETとは金属酸化膜(MO)によりゲートを絶縁構造とした電界効果トランジスタ(FET)のことですから、全く同じものを指しています。ちなみに上の説明でSが抜けていますがセミコンダクター(半導体)のことです。FETにはチャンネルがたとMOS型がありますが、小信号用では圧倒的にMOS型のほうが多いですね。大電流を扱う場合などはチャネル型の接合面をも持た...続きを読む

Qサイズと容量表示できるマクロはどうすればできますか?

サイズと容量表示できるマクロはどうすればできますか?

Excel2003です。
写真を取扱うExcelの資料をいくつも作成中で、ふと気が付いたのです。
ファイルサイズが極端に大きいファイルがいくつもあることに。。。
調べてみるとどうもランダムに集めた写真のファイルサイズが
極端に大きいものもあり、バラバラなことがわかりました。
使う写真は、約4cm×5.6cm位が主なので適正なファイルサイズに
変えたいと思っています。
簡単に判断できるようにマクロを使って対象画像のサイズ/容量を表示
できるようにしたいと考えています。

識者の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ひょっとして、既にExcelに挿入した画像のサイズを調べようとされてますか?
その場合、VBAレベルでは、一旦100%にサイズを戻してあげないといけないです。
以下、ActiveWorkbookのシートをLoopして調べ、
最後に新規シートにシート名、TopLeftCellアドレス、名前、
WidthとHeightを書き出すサンプルです。

Option Explicit

Sub try()
  Dim p As Picture
  Dim ws As Worksheet
  Dim i As Long
  Dim v(1 To 10000, 1 To 5) '適当に。MAX10,000枚。
  Dim ret

  Application.ScreenUpdating = False
  With ActiveWorkbook
    For Each ws In .Worksheets
      For Each p In ws.Pictures
        i = i + 1
        v(i, 1) = ws.Name
        v(i, 2) = p.TopLeftCell.Address(0, 0)
        v(i, 3) = p.Name
        ret = fGetPicSize(p)
        If IsArray(ret) Then
          v(i, 4) = ret(0)
          v(i, 5) = ret(1)
        Else
          v(i, 4) = "error"
        End If
      Next
    Next
    .Worksheets.Add.Cells(1).Resize(i, 5).Value = v
  End With
  Application.ScreenUpdating = True
End Sub
'-----------------------------------------------------------
Function fGetPicSize(ByRef pic As Picture)
  Dim x As Single
  Dim y As Single
  Dim T As Single
  Dim L As Single
  Dim W As Single
  Dim H As Single
  Dim LC As Long

  On Error GoTo errExit
  With pic.ShapeRange
    T = .Top
    L = .Left
    W = .Width
    H = .Height
    LC = .LockAspectRatio
    '画像位置によっては元サイズに戻しきれない場合の対策
    .Top = 0
    .Left = 0
    .LockAspectRatio = msoFalse
    .ScaleWidth 1, msoTrue, msoScaleFromTopLeft
    .ScaleHeight 1, msoTrue, msoScaleFromTopLeft
    'Ver2003以前のみトリミング値を考慮する
    If CLng(Application.Version) < 12 Then
      With .PictureFormat
        x = .CropLeft + .CropRight
        y = .CropTop + .CropBottom
      End With
    End If
    x = .Width
    y = .Height
    .Top = T
    .Left = L
    .Width = W
    .Height = H
    .LockAspectRatio = LC
  End With
  fGetPicSize = Array(x, y)
errExit:
End Function

ひょっとして、既にExcelに挿入した画像のサイズを調べようとされてますか?
その場合、VBAレベルでは、一旦100%にサイズを戻してあげないといけないです。
以下、ActiveWorkbookのシートをLoopして調べ、
最後に新規シートにシート名、TopLeftCellアドレス、名前、
WidthとHeightを書き出すサンプルです。

Option Explicit

Sub try()
  Dim p As Picture
  Dim ws As Worksheet
  Dim i As Long
  Dim v(1 To 10000, 1 To 5) '適当に。MAX10,000枚。
  Dim ret

  Application.ScreenUpdating =...続きを読む

QパワーMOSFETのゲートドライブ電流について

こんにちは
最近電子回路を始めたばかりの初心者です。

今回インバータ回路を作り、PWM制御で正弦波(100Hz)を作っていろんな回路に使用しようかと思いました。
作ろうと思う回路図は、このPDFファイルのp134の図1.6.2の50AクラスのものをパワーMOSFETに置き換えてHブリッジにしようかと考えています。
http://www.semicon.toshiba.co.jp/docs/catalog/ja/14362D1AG-08-2_catalog.pdf

とてもきれいな正弦波を作りたいので、100Hzの半周期の5000[μs]を100点に分割したものが正弦波の最大値時のパルス幅(50[μs])と考えて、正弦波の最大値時のパルス幅を50で割ったものを最小値時のパルス幅(1[μs])にして正弦波を作ろうかと考えています。

そのためにスイッチングのターンオン時間などを短くしないといけないと思い、次のパワーMOSFET(TK10A50D)を使おうかと思ったんですが、http://www.semicon.toshiba.co.jp/docs/datasheet/ja/Transistor/TK10A50D_ja_datasheet_100603.pdf
ゲート電流が分からないので、いろんなところを探して回って見つけた式1/tr*Ciss*Vgを使ってゲート電流を計算すると、(tr=25[ns]、Ciss=1050[pF]、Vg=+15-(-15)=30[V])
Ig=1.26[A]と出てきました。一瞬とはいえかなりの大電流が流れるのでとても驚きました。フォトカプラの二次側の電源として使おうと思っていたものはDC-DCコンバーター(出力0.05[A])なので、電流が全然足りません。
ゲート抵抗を増やせば、電流を減らせるということなのですが、ターンオン時間もあまり伸ばしたくないと思っていまして・・・

悩んでもなかなか解決できないので、分かる方いらっしゃいましたらよろしくお願い致します。

こんにちは
最近電子回路を始めたばかりの初心者です。

今回インバータ回路を作り、PWM制御で正弦波(100Hz)を作っていろんな回路に使用しようかと思いました。
作ろうと思う回路図は、このPDFファイルのp134の図1.6.2の50AクラスのものをパワーMOSFETに置き換えてHブリッジにしようかと考えています。
http://www.semicon.toshiba.co.jp/docs/catalog/ja/14362D1AG-08-2_catalog.pdf

とてもきれいな正弦波を作りたいので、100Hzの半周期の5000[μs]を100点に分割したものが正弦波の最大値時のパルス幅(50[μs]...続きを読む

Aベストアンサー

「スキルアップWeb講座 PWM方式D級パワー・アンプの設計」のリンクを忘れてますね。
ここの中右下です。
http://toragi.cqpub.co.jp/

パワーMOSFETのゲートドライブについては、先日買ったこの雑誌にも詳しく載ってました。
「トランジスタ技術SPECIAL No.117 最新・高効率パワー・デバイス活用法」
http://www.cqpub.co.jp/trs/index.htm

負荷がモータ以外の正弦波インバータについては、D級パワー・アンプが必要なことは理解したことと思います。
D級パワー・アンプについては、この本が入門書として最適です。
「D級/ディジタル・アンプの設計と製作」
http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/30/30391.htm

荒木先生の「スキルアップWeb講座 PWM方式D級パワー・アンプの設計」は、その上を狙ってますから、初心者には理解できないかも?

QソニーDVDカムで使えるシングルCDサイズのDVDの容量

 ソニーのDVDカムを使っています。
今持っているDVD-RやDVD-RWは、シングルCDサイズで、
容量は1.4GBです。
これより容量の大きいDVDはないのでしょうか?

Aベストアンサー

片面一層だと、DVDの8cmディスクの容量は1.4GBしかありません。
片面二層ディスクは、その倍の2.8GB(細かい数値は誤差があると思いますが)になりますが、これはDVDカムが対応していなければ、使えません。
また、値段もちょっと高いですよ。
あと、両面一層ディスクというのもあり、片面の容量は1.4GBですが、裏返してもまた、1.4GBのディスクとして使えます(合計2.8GBです)。
1.4GBの制限は、DVDの規格なので、仕方ないです。

QDCモータのONーOFFをパワーMOSFETで

現在エアコンプレッサー(AC100vのモーター)を使用しています。
タンクの圧力スイッチからリレーでモーターがONーOFFされています

これをDC12Vのモーターに変えようと思っています。定格電流が40Aで、ONーOFFはネットで調べるとパワーMOSFETを使用することは判ったのですが実際がよくわかりません。
ゲートには圧力スイッチからくる12vを抵抗で分圧していいのかと思っています。ただ、どんな規格の抵抗を使えばいいのか判りません。

回路図と実際に使用するパワーMOSFET、抵抗などの商品名を教えてください。
又、他によい方法があれば指摘いただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

注意点を追加します。
DCモーターの定格40Aとの事ですが、モーター起動時にスピードアップするまでの間、大きな起動電流が流れます。
その値はモーターの抵抗(損失)が5%-10%程度だとすると、定格電流の20倍ー10倍程度にもなります。

従って単なるソリッドステートリレーでは、この突入電流に対応する為に一秒程度の短時間許容電流値が800A-400A以上?等を選択する必要があり、実用的では無いと思われます。

また、切断時にはDCモーターに流れている電流がコイル分のため流れ続ける為の保護回路:ダイオードがトランジスタと並列に逆向きに接続されている必要があります。

以上の点等を考えると電磁接触器:コンタクターを使われる方が安全だと考えられます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報