父方の親戚とは縁を切っている状態にあります
父とは普通に一緒に住んでます
新年会などでは母方のコミュニティに参加しております
名字は父方のものを名乗っております
家紋は母方のものを使えばいいと言われています
母の旧姓に変えて、それで母方の家紋を使うならともかく、これってどうなんでしょうか?
ちゃんとした場でこういう名乗り方をして笑われたりしないでしょうか?
お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

家紋についての考え方は地域により人によっても違うと思います。


以前、貸衣装屋さんと話しをする機会があり、家紋に付いて尋ねると、
「たいがい5・3の桐で間に合わせている。特に要望があればその上に貼付ける。」
とのことでした。
江戸時代、御大家では、裏紋なるのもがいくつもあって使い分けていたとの事です。  
有名なのが尾張徳川家の○に八の字です。これは名古屋市の市章になっています。
個人的に色々な紋を使う人も居て、徳川吉宗は紀州徳川家の葵紋ではなく、思う所があって蔦紋を使っていた時期があるそうです。
特定の紋を使う事に差し障りがあるのなら、ご自分の信条などをおりこんだ別の紋を使われるか、全く新しい紋を作られてはいかがでしょう。
家紋なんてもともと、持ち物の所有者識別マークぐらいの意味で始まったものですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
そうですね、母方の家紋を名乗らない、というのも手ですよね
少し気が楽になりました
祖母に悪いですが、それもありかもしれません

お礼日時:2011/04/28 17:33

こんにちはbagii_001さん



女紋の場合は母方の紋を代々継承するという風習があるのは事実ですが
これはかなり地方によって違うようです
私も母方の紋を継承して嫁ぎ先に着物を持ってきました
まぁ母方の紋を継承できるのはありがたいことです
家紋のついた実母の着物ももらえ、着れるのですから

でもそのような風習がない地域はいつまでも母方の紋を使用してと
嫌がられる場合もあるでしょう

しかし周りが母方の紋でいいと言うのなら問題ありませんよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これがただの家紋ならまだ良かったのですが…母が継げばいいと言ってるかもんが琉球王家の由緒正しい家紋なんです
地方、とか、周りの、とかを考えれば、どう考えても同じ家紋を持つ人に奇異の目で見られると思います…
ということは、やはり問題なんですよね…
ありがとうございました
もう少し他の回答も待ってみます
詳しい方いらっしゃいましたらどうかお願いします

お礼日時:2011/04/27 23:26

ご懸念の段重々お気持ち察するところ余りある次第に候。


現代社会においては家紋はおろか代々の家柄とて軽んじられる今日この頃、
由緒正しき武家公家の家柄に於いては今回のような懸念は茶飯事かと覚え候。

武家であるならば正式の場において正式の家紋を身につけるは至極当然、
母方の姓を名乗るなど言語道断、母方には母方の正式な世継ぎが居て然るべき、
ご貴公は正統な姓を名乗り正統な紋を身につけるべきであろうと拙者考えまする。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね…
母は「旧姓を名乗りたいなら名乗ればいいよ」と言っているのですが、自分が性を戻すつもりは全く無いみたいなんです
父と母が父方の姓で自分だけ母方の姓って…???
夫婦別姓みたいなのを肯定する人の様なので、これからも価値観の違いに苦しむことになりそうです…
ありがとうございました

お礼日時:2011/04/27 23:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家紋のつけ方について

先日身内に不幸がありまして、お墓を作る事になったのですが、
故あって家紋がどうしてもわかりません。
お店の方に聞くと、
「特にこだわりがなければ、お好きに付けて下さっても構いませんよ。」
と仰られ、家紋の一覧を渡されました。
ですが、どうしてもその中の家紋が好きになれず調べてみた所、
かなりたくさんの家紋がある事を知りました。

久留守/祇園守/輪宝/宝珠/羯磨紋/連翹 など、
どうせ付けるなら凝った紋様がいいなと思うのですが、
でもこういった家紋を使うのって、
何か制約みたいな「使ってはいけない」物だったりするのでしょうか?
お店の方に渡された、よく使われる家紋を選んだ方が良いのでしょうか?
どなたか詳しい方お教え下さい。宜しくお願いします!m(_ _)m

Aベストアンサー

 お墓の水鉢に家紋を入れる場合が多いですね。先月建立したうちの墓も水鉢のところに家紋を入れました。
 うちは本家ではないので,本家と同じ家紋にしなければならないということもなく,本家の家紋(丸に違い鷹の羽)を少し変えたような紋にしてもよかったのですが,袱紗や広蓋などに本家と同じ家紋を入れているものですから,お墓にも本家と同じ紋を入れました。
 必ずしも先祖代々の家紋を入れなければならないと言う制約はありません。戦国武将でさえ,何度も家紋を変えている方もおられますし,徳川将軍家の三つ葉葵でさえ,代を重ねる毎に少しずつ紋様が変わっております。忠臣蔵で有名な浅野内匠頭の家紋と,本家である芸州浅野家の家紋も違います。
 
 紋は2000種類ぐらいあるようでして,こだわりがないのであれば,お気に召した紋を家紋となさって宜しいかと存じます。使ってはいけない紋というのはないのですが,さすがに天皇家の「十六弁菊」は避けた方が良いと思います。

Q小母方さん

マスコミは、小母方さんを叩きすぎだと思いませんか?ある程度のコピペなんて、誰でもするでしょうに。掌を返すってほんと、このこと。

Aベストアンサー

私は結構多数の論文を書いてきた人間ですが、まるで政治家を叩くのと同じレベルで(とくにマスコミが)学者を叩くのはいかがなものかと感じます。サギまがいの事例とは少し違うわけで、論文の書き方を (マスコミが) 細部にわたって批評するなどもっての他です。研究所の偉い人の発言も(文部省の顔色でも見ているみたいで)いささか政治的ですね。

論文の内容はその道の専門家しか議論してはいけないことだと思います。湯川博士が中間子理論の論文を出したいと言った時にその道の権威に軽蔑されて引っ込めさせられそうになった事例を思い出します。新しい内容の研究ほど真偽はきわどいわけで、その位に論文の評価は難しいのだと思います。

論文というものは二人の審査をパスして公開された後は、あとから修正したければその道の専門家なら誰でも追加の論文やノートを(これも二人の審査を経て)公表出来るのであって、仮に理論や実験が間違いを含んでも「取り下げ」はしないのが原則です。ダメ論文はそのまま無視すればよいのです。実際ダメ論文なんて山のようにあるのですから。

論文を引っ込めさせたあとで実は間違っていなかったなどとわかったら誰がどう責任を取りますか? 人の人生をかき回した後で、あのときはやむを得なかったなどの言い訳は通りません。

私は結構多数の論文を書いてきた人間ですが、まるで政治家を叩くのと同じレベルで(とくにマスコミが)学者を叩くのはいかがなものかと感じます。サギまがいの事例とは少し違うわけで、論文の書き方を (マスコミが) 細部にわたって批評するなどもっての他です。研究所の偉い人の発言も(文部省の顔色でも見ているみたいで)いささか政治的ですね。

論文の内容はその道の専門家しか議論してはいけないことだと思います。湯川博士が中間子理論の論文を出したいと言った時にその道の権威に軽蔑されて引っ込めさせ...続きを読む

Q【日本史・家紋の謎】江戸時代に300藩があって300藩主にはそれぞれの家紋があったわけだが、300藩

【日本史・家紋の謎】江戸時代に300藩があって300藩主にはそれぞれの家紋があったわけだが、300藩に同じ家紋の藩があるのはなぜですか?

しかも遠い地域の藩に同じ家紋がある理由を教えてください。

隣りの藩が同じ家紋はあり得るがなぜ遠い他の地に同じ家紋が点在しているのか。藩名も共通点がなく全然違う。

それと現在の各家庭には冠婚葬祭時に着る和服にそれぞれの家紋を持っている。

この現在の家紋は江戸時代の藩の家紋が引き継がれているのでしょうか?

今の家庭の家紋を見れば、江戸時代にどこの藩に仕えていたか分かる?

けど江戸時代の300藩の家紋に存在しない家紋を使っている家庭もある。

江戸時代に存在しなかった家紋が江戸時代以降に作られて自分の家族の家紋として使っているのも不思議です。

藩制はなくなり藩はないのに存在しない藩の家紋をわざわざ作って今も疑いなく使っている家庭は何者なのでしょう?

Aベストアンサー

まず江戸時代300藩とは言いますが、分家や一族も別々に数えて300藩ですから、同じ家紋を持つ藩が有っても当然です。
また、功績を立てた部下には主君から何かしらの家紋を下賜された武将もあり、また他家と差別化を図るために家紋をゴージャスにするなど色々とあったようです。

江戸時代では士農工商の身分制度で、武士以外は苗字を名乗るのは公式には禁じられていましたが、
家紋は特に規制されていなかったようですね。遊女・芸人でも使用したと言いますね。
もちろん葵の御紋は禁止だと思いますが…。

Q家紋からルーツを知りたいのですが…

実家の家紋は「組み合せ角の中に一の字」です。組み合せ角というのは元々ユダヤ系民族→朝廷系→源氏の人たちだと聞いたことがあります。姓は、宮城の市名や札幌の区名にあります。ルーツを知りたいのですが、分かっている事項がばらばらでどこから手をつけていいのか分かりません。
家紋から、何とか先祖を知りたいのですが、何か参考になる本やウェブサイトなどありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

ちょっと気になったもので調べてみたのですが、
多分、回答にはなっていませんが、
「組合せ角」は、正方形2つを90度に編み合わせたような形ですね。
「一の字」は一という漢字ですね。

これは、「組合せ角に一文字(いちもんじ)」と言うのだと思います。
「組合せ角」をはじめ角紋は、それだけで用いられることは少なく、
なかの紋の装飾に用いられるようです。

ですから、中の一文字が最初のルーツではないでしょうか、
一文字紋は、数字の始めで縁起が良いとともに、
武士の間では、「かつ」と読まれ、=「勝つ」に通じ、
用いられるようになったのは、南北朝あたりからだといわれているようです。

1989年発行・日本姓氏紋章総覧・新人物往来社で調べました。
図書館には、家紋や姓氏関係の本が必ずあると思いますので、
一度調べられたらいかがでしょうか、
URLは他の回答者が書かれているものが適当かと思います。

ご参考になれば

Q家紋について

私達夫婦はお墓を建てることになり、家紋について色々と調べた結果新たに自分達の家の家紋を作ることにしました。
主人の話では、主人の実家には家紋がないとのことでした。
また私の実家では母が生家の家紋入りの喪服を着ていて、母の話では父の家紋がわからないとのことでした。

家紋を選ぶのはかなり大変なことで、どんな選び方をしたら良いかわかりません。
私たち夫婦の苗字は稲の意味を持つ漢字が使われているので、単純に稲穂のデザインのものがあるか知りたく、探しています。
家紋の選び方と稲穂の絵柄の家紋について何か参考になりますご意見をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

稲の家紋はここを見てください。
http://www.otomiya.com/kamon/plant/ine.htm

選び方なのですが、稲の家紋は他の家紋に比べて複雑です。
墓石に掘るときや着物に紋入れをするときに、業者にできるか否かを確認してください。
料金が高くなる程度なら良いのですが、紋を間違えたり、勝手に簡略化されたりします。

あまり複雑な家紋を選ばれたりしない方が良いと思います。

Q「九曜(くよう)」という家紋をご存知の方

「九曜(くよう)」という家紋をご存知の方へ、

それぞれの星の名と配置を教えてください。
どれがどれか分かりません。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

一生懸命下のURLのサイトを読んだのですが意味がわかりませんでした^^;
ごめんなさいm(__)m

参考になるのかなぁ~・・・(^_^;)
    

参考URL:http://www1.neweb.ne.jp/wa/acky/kamon/kaisetsu/bunrui/tenmon/yousei.html

Q【蕎麦屋の家紋】そば屋が同じ家紋の理由を教えてください。そばぼうろも同じ家紋です

【蕎麦屋の家紋】そば屋が同じ家紋の理由を教えてください。

そばぼうろも同じ家紋です

Aベストアンサー

いやいや、なにか勘違いしていませんか?
そもそも蕎麦ぼうろといってもメーカーが違うし、家紋???
蕎麦屋だって藪と更科で違うし、ほかもバラバラ。

たまたま貴方のご覧になった所がのれんわけか何かで家紋も譲られたと言うだけかもしれないです。
家紋って代々受け継ぐわけではなく、けっこうやり取りしたり造ったりしていますからね。
我が家の家紋も叔母から授けられたものです(叔母は私の家系の本来の家紋だと言っていましたが)

Q家紋に著作権のようなモノはありますか?

家紋を他の用途に印刷したり利用したいんですが、著作権などあるんでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

#2 補足です。
家紋の形自体には著作権はありません。
ただし、家紋の写真、印刷物、家紋のフォントの場合には著作権が主張されています。
つまり、自分で描いて写真に取ったり印刷すれば自分の著作権が主張できると思います。

Q家紋

私は歴史が大好きで、今家紋には待っています。しかし母は自分の家紋知らず、アメリカに住んでいるため探しようがありません。父はアメリカ人なので家紋はありません。この場合、好きな家紋を勝手に使っちゃっていいのですか?両親は家紋に興味を持たず、好きにしろって感じの態度です。家紋があっても使うことは絶対無いことでしょう。この場合、自分のでデザインの紋を作っていいのですか?家紋というよりも自分専用の紋として。
ちなみに自分の紋を作るとしたら鶴か桜の紋にしたいと思っています。

Aベストアンサー

皆さんおっしゃるように、どんな家紋を使っても自由ですよ。

ただ、やはり#2さんのおっしゃるように、できればお母さんの家紋を、御親戚の方にトコトン聞いて、調べてからのほうが良いと個人的には思います。

あと、ご存じかも知れませんが、「桐」が、日本国の家紋(国章)です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%90%E7%B4%8B

なので、日本人の血が流れているのなら、あなたも「桐紋」のお仲間の一人ですから、まったく何も関連が無い紋を使うよりは、なんとなく、気持ち的に「自分の紋」って感じがするかも知れませんね。
まぁ、デザインが気に入れば…の話ですが

貸衣装の紋つきが「桐紋」なのも、それが日本の家紋だからなのかも(←これは勝手な想像です)

Qなぜ、天皇陛下が武田家の家紋を使っているのですか?

天皇誕生日の一般参賀の際に、お姿の背後の布に『四つ割菱』の紋がありました。

え??  天皇家の家紋とは違うんじゃ・・・・ と思いました。

ネットで調べたところ、この『四つ割菱』は、武田家専用の紋だと載っていました。
http://www.www2.harimaya.com/sengoku/bukemon/bk_ogasa.html
(ここの中段)

この疑問は、他の方も抱いているようです。
http://kunkemonogatari.blog73.fc2.com/blog-category-8.html

え??
まさか!!?

来年の大河ドラマの宣伝のために、陛下のお姿の後ろに『武田菱』を入れて、サブリミナル効果で視聴率を上げる作戦なのですか???

とりあえず、私はサブリミナルにかかっちゃったので、来年の大河ドラマは見ますが、陛下の背景に『四つ割菱』が飾られいてた真相について、教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>>つまり、もともと天皇の家紋として使用していたということですね
 いえ、ここでいうところの菱模様は家紋ではなく、広く一般的に使われるひとつのデザインです。折柄や調度品などにも用いますね。
 質問者さんは模様=家紋と誤解されていますが、一度家紋という概念を切り離して考えてください。
 順序だてて整理しなおすと・・・

1.菱模様はそのデザインの美しさから、古くから広く折柄や調度品などに用いられていた。

2.天皇家や宮家でも菱模様を用いた。

3.武田氏の祖がその菱模様を「家紋」として用いた。

 現代人でもそうでしょう。きれいなデザインのものを身の回りに置きたいのは。当時も同様です。伝統的な模様も同じです。
 家紋というものも始めから家紋として生まれたのではなく、普遍的に存在する模様から、気に入ったものを「家の紋」「一族の紋」として打ち立てたものです。

 ですから、ここで使われている菱模様は家紋ではなく、伝統的かつ普遍的な模様です。そのデザインの美しさから今でも使われている。あまり他意は存在しないでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報