ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

近所の高齢の方から、プロバイダー解約をお願いされました。
(今までネット利用していた、息子さんが急に亡くなりネットを解約したいそうです。)

先日、情報収集の為、環境を少々拝見してきました。

プロバイダーがOCN 回線はひかり ひかり電話 でした。

プロバイダーや電話の契約名義は、息子さんの親(私に解約依頼してきた人)です。


まだプロバイダーからの契約関係の情報を探していないので、なんらかの書類があれば良いのですが
息子さんが亡くなられて時間が経っていないのと
息子さんとは生前は顔をあわせると挨拶する程度だったので、
お部屋の中をガサガサと探す事がはばかれました。

プロバイダーに関しては、契約本人はご存命で解約を希望しているので
いざとなったら口頭(代理)で解約しようと思っているのですが・・・

分からないのが、ひかり電話についていです。

1)プロバイダー解約と同時にひかり電話も解約した方が良いですか?

2)今後、ネット環境を戻す事はなく、電話のみの使用になります。
フレッツ関係(?)一切をなくし電話回線一本にした方が節約等、メリットはどうでしょうか?
↑なんと質問したら良いか分からなかったので、分かりにくかったら申し訳ありません。
うーん、シンプルな電話回線1つにした方がメリット(またはデメリット)がありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ひかりのラインとOCNという二つの契約が成立して


インターネットができています
ついでにひかり電話もあると考えて下さい

ネットを解約し OCNも解約し 電話はもとの電話に戻す
この方法が今後のコストを考えるといいと思います

解約はネットと電話はNTT 116番
OCNは0120-506-506
どちらにせよ本人確認が必要で
代理では難しいかもしれませんが
正直に経緯を話せばなんとかなると思います
当然電話する時は契約者がそばにいる事が必要です

契約内容によっては期間的な違約金が発生する場合もありますし
元に戻す工事代金も必要かと思いますが
今後の事を考えると費用を払っても
電話のみにしたほうがいいと思います

違約金 工事代金も聞いておいて下さい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

理路整然としたご回答ありがとうございました。

>今後のコストを考えるといいと思います

家庭用固定電話の使用料など不明だったので、ひかり電話=安いのイメージがあり
(でも通話の音はよくありませんよね・・・)
あえて固定電話にする必要があるのか?その辺も悩みました。


NO.2さんからのアドバイスである「休止状態であるかどうか」も気になり
potiさんのアドバイスも考えると、一度、おじいさんと一緒にNTTへ問い合わせしてみようと思います。

>違約金 工事代金も聞いておいて下さい

はい、ありがとうございます。
結構、こういう事を聞きそびれてしまうんですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/28 00:15

>>ひかり電話のご利用には、「フレッツ光」のご契約が必要です(契約料、工事費、月額利用料がかかります)。


※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」と「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。

プロバイダーは、この際あまり関係ないです。光回線を維持しなければ電話は使えない、つまり電話だけばらすごく高くつきます。
要するに、光回線を止めて、(おそらく)以前あった固定電話に変えるか・・・です。もちろん月々の支払いはかなり違ってきます。固定電話の契約がどのようになってるのか調べてください。休止になってればいいのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>光回線を維持しなければ電話は使えない、

なんとなく見えてきました。
うちも今回頼まれているお家と似たような環境なので、プロバイダーを解約したとしても回線がいきているとなると?
と、頭に「???」が出てきたんです。


>固定電話の契約がどのようになってるのか調べてください。休止になってればいいのですが。

具体的なアドバイスありがとうございます。
固定電話の契約がどのようになっているかとは、NTTで聞けば分かるのでしょうか?
もちろんそういった手続きの際は、契約者本人同席の元、手続きを進めるつもりです。

少々事情がありまして、解約まで半月は時間があるので、
今できる事を準備しておきたいとは思っています。

お礼日時:2011/04/27 23:54

推測の域をでませんが、お許し下さい。


恐らく、契約先は、NTT東日本または、西日本がメインとなっている契約だろうと思われますが、フレッツ光やOCNだと言われましても、契約パターンが10種類近くありますので、一概に回答やアドバイスすることは出来ません。
◎契約されている内容によっては、ひかり電話だけの契約に出来ないことも多々ありえることですし、一度、完全に解約された上で、ひかり電話に限らず、NTTが取扱っている電話サービスだけに再加入される方が、確実に毎月の支払額も少なくなると思います。
◎それに、契約者本人が他界されておる以上、名義変更は最低でも必須事項です。また、他人がいかなる手続きも、できるものではありません。
いかなる手続きをされるにおいても、契約されていた方と同居されている方に限定されると思われます。
※まず、仮の代理人として、契約されていた方のお住まいによって異なりますが、NTT東日本または、西日本のフリッツ問合せセンタへ電話にて問合せされることが必要ですし、その場合には、同居されている方も電話口におられることが条件です。その場で、確認されることが幾つかありますし、即時に回答できなければ、後日、文書にて問合せ書類が届くと思います。
◎下記のアドレスが、フレッツ公式NTT東日本のひかり電話の問合せに関するページです。

参考URL:http://flets.com/faq/service/050100.html#tgl050100
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>契約パターンが10種類近くありますので、一概に回答やアドバイスすることは出来ません。

事細かに書けなくて申し訳ありませんでした。

質問欄にも少し事情は書かせていただきましたが、

解約を頼んできた方は息子さんを亡くされ日が浅く
(解約自体は、もう少し先であることもあり)
その時は部屋の中から書類等を探し回る事ができませんでした。


もう少し事情を書き足すと、解約を依頼してきた方は一人息子さんを亡くされ
突然一人暮らしとなった高齢の方です。
親戚の方とは絶縁状態であるようなので、近所で仲良くしていた私の親に「どうしたものか」と相談してきたようです。

高齢者の一人暮らしのお家なので、いろいろな意味で気を使うので
解約できる段階になったらお部屋の中から書類を探したいとはお話ししてきてあります。


>ひかり電話だけの契約に出来ないことも多々ありえることですし

ひかり電話にはこだわりがなく、どちらかというと、普通の固定電話1本を希望しており
その質問をしたつもりでしたが、分かりにくかったようで申し訳ありませんでした。
(ひかり電話は停電等に弱く、高齢の方には複雑であると思ったからです)

>契約者本人が他界されておる以上、名義変更は最低でも必須事項です。

質問欄にも書かせていただきましたが、契約者は息子さんではなく
解約依頼をしてきた方ですので、ご存命中です。

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/27 23:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロバイダだけ解約することはできますか?

ネットで検索してみると「プロバイダの乗り換え」というのはたくさんあったのですが、プロバイダだけ完全に解約(乗り換えない)というのが見当たりませんでした。
当方、フレッツ光を申し込んだときに一緒にOCNも契約したのですが、メールもOCNのサイトも全く使っておりません。
(いつもGoogle検索のみです)
こういった場合、プロバイダだけを解約しても差し支えないのでしょうか?

Aベストアンサー

> 当方、フレッツ光を申し込んだときに一緒にOCNも契約したのですが、メールもOCNのサイトも全く使っておりません。

OCNのメールを使わなくても、OCNのサイトを使わなくても、一般のユーザは「必ず」インタネットへ接続するにはプロバイダ契約が必要です。

インタネット回線会社がNTT東日本・西日本のフレッツの場合は、NTT東日本・西日本にはプロバイダが有りません。
別途、ユーザの責任においてプロバイダの契約が「必ず」必要です。
NTT東(西)では、プロバイタの契約内容(新規・変更・解約)については、責任を取りません。

インタネット回線会社がNTT東日本・西日本のフレッツの場合は、回線機器関係はNTT東(西)で取り付けて、メンテナンスもします(フレッツの場合は、回線関係の聞きには、NTTマークがあり、そのNTTマークの機器までNTT東(西)がメンテナンスをする)


NTT東(西)のフレッッ以外のインタネット回線会社の場合、回線会社とプロバイダが別々の場合もあり、同一の場合もあります。
だから、フレッツ以外では、プロバイダも回線会社も同じ場合は、インタネット回線会社とか、プロバイダとかを意識しないことが多いです。

フレッッ以外のインタネット回線の大手の会社(プロバイダと同一もあり、プロバイダが別々もある)
・ 電力会社系の光回線(東京電力のテプコ光は、KDDIに譲渡)
・ KDDI系(東京電力系のテプコ光は「光one」の変更も含む。CATV系にもKDDI系列がある)
・ ヤフーADSL(ヤフー光回線はフレッツ対応)
・ CATV系(有線テレビ/ケーブルテレビ。中にはKDDIの系列もある)



> こういった場合、プロバイダだけを解約しても差し支えないのでしょうか?

NTT東(西)のフレッツなので、一般ユーザがプバイダを解約すると、インタネットが繋がらなくなります。

フレッツ以外なら、インタネット回線とプロバイダが別々なら、一ハーンユーザの場合フレッツと同じくインタネットが繋がらなくなります。
フレッツ以外で、インタネット回線会社とプロバイダが同一なら、プロバイダ契約と回線契約が同じなので、プロバイダを解約は回線解約となります。  

-------------------------

上の回答は、一般ユーザの場合ですが、自分でプロバイダを開設する方法もあります。

つまり、「プロバイダ事業者」となるのです。
その場合は、設備投資や、バックボーン回線の開設・接続や、開業PR等で、何千万~何億円と資金が必要でしょう。
プロバイダ事業を自分で開設出来ないなら、素直に、既設のプロバイダと契約するしかありません。

> 当方、フレッツ光を申し込んだときに一緒にOCNも契約したのですが、メールもOCNのサイトも全く使っておりません。

OCNのメールを使わなくても、OCNのサイトを使わなくても、一般のユーザは「必ず」インタネットへ接続するにはプロバイダ契約が必要です。

インタネット回線会社がNTT東日本・西日本のフレッツの場合は、NTT東日本・西日本にはプロバイダが有りません。
別途、ユーザの責任においてプロバイダの契約が「必ず」必要です。
NTT東(西)では、プロバイタの契約内容(新規・変...続きを読む


人気Q&Aランキング