国家の成長過程とGDPとがどう関係しているのかを調べています。

たとえば、1人当たりのGDPが500ドルを超えると、食料などの衣食住問題を基本的に解決しているレベル等というような、各GDPレベルでの一般的な消費動向やそれと関連する国家の成長過程について情報が提供されているサイト等を知っている方はいらっしゃいませんでしょうか?

知っている方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。

A 回答 (1件)

GDPだけでは なんだかちがうよね


http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1620.html
一人当たりGDPが高くても寿命が短いと、なんだしぃ

というので GDPも含めた 指標化がされている
http://www.undp.or.jp/hdr/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E9%96%93% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答のほど、誠に有難うございます。

お礼日時:2011/04/28 09:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q時事ドットコムの図解・世界のGDP比較に紹介されている、国際通貨基金の

時事ドットコムの図解・世界のGDP比較に紹介されている、国際通貨基金の統計グラフの元データを見たいのですが、教えていただけますか?

http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_eco_gdp-japan-china091224j-07-360

IMFのホームページのどこを見れば、データが掲載されているかアドレスを教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

World Economic Outlook Database April 2010
http://www.imf.org/external/pubs/ft/weo/2010/01/weodata/index.aspx


参考URLみたいなデータが得られるはず

参考URL:http://www.imf.org/external/pubs/ft/weo/2010/01/weodata/weorept.aspx?sy=2000&ey=2015&scsm=1&ssd=1&sort=country&ds=.&br=1

Q実質GDPの成長率の計算法をわかりやすく説明してください! 「X国の名目GDP(国内総生産)は去年1

実質GDPの成長率の計算法をわかりやすく説明してください!



「X国の名目GDP(国内総生産)は去年1兆ドルであったが、
今年は2兆ドルに増加した。
また、X国の物価水準は去年から今年にかけて25%上昇した。
X国の今年の実質GDPの成長率はなん%だろう。」

Aベストアンサー

回答2ですが、もっと一般的に示してみましょうか。いま、Y(t)=今年の名目GDP、P(t)=今年の物価水準、y(t)=今年の実質GDPとすると、Y(t)=P(t)y(t)、つまり、y(t) = Y(t)/P(t)となる。同様に、去年(t-1)の同じ変数の間にも、
y(t-1)=Y(t-1)/P(t-1)という関係が成り立つ。よって、

y(t)/y(t-1) = (Y(t)/P(t))/(Y(t-1)/P(t-1)) = (Y(t)/Y(t-1))/(P(t)/P(t-1))

いま、Y(t)=2兆ドル、Y(t-1)=1兆ドル、P(t)/P(t-1)=(P(t)-P(t-1))/P(t-1) + 1 = 0.25+1 = 1.25だから、これらの数字を上の式に代入すると

y(t)/y(t-1) = (2/1)/1.25 = 1.60

すなわち、

y(t)/y(t-1) = (y(t)-y(t-1))/y(t-1) + 1 = 1.60

(y(t)-y(t-1))/y(t-1) = 0.60

この左辺は実質GDPの成長率を示し、よって実質成長率は60%となる。

回答2ですが、もっと一般的に示してみましょうか。いま、Y(t)=今年の名目GDP、P(t)=今年の物価水準、y(t)=今年の実質GDPとすると、Y(t)=P(t)y(t)、つまり、y(t) = Y(t)/P(t)となる。同様に、去年(t-1)の同じ変数の間にも、
y(t-1)=Y(t-1)/P(t-1)という関係が成り立つ。よって、

y(t)/y(t-1) = (Y(t)/P(t))/(Y(t-1)/P(t-1)) = (Y(t)/Y(t-1))/(P(t)/P(t-1))

いま、Y(t)=2兆ドル、Y(t-1)=1兆ドル、P(t)/P(t-1)=(P(t)-P(t-1))/P(t-1) + 1 = 0.25+1 = 1.25だから、これらの数字を上の式に代入すると

y(t)/y(t-1...続きを読む

Q日英米の実質GDPのグラフを見つけて頂けませんか?

日英米が表示されている実質GDP推移のグラフを探しています。

IMF World Economics Outlook Databases というところにあるみたいなのですが、英語が読めなくて見つけることができません。

英語の得意な方、経済に詳しい方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まずWEOの使い方・解説は日本語でも解説されている。これをよく見て自分で格闘することをおすすめします。
http://www.imf.org/external/oap/pdf/weodata.pdf

ちなみに実質GDPというのはDatabaseでは英語でGross domestic product, constant pricesと表記されていることが上のPDFでわかるはず。

私がG7の実質GDP調べたらこんな感じになりました
http://p.tl/DCgp

これでわかりずらいというなら、ほかの方が紹介してるような日本語で情報を集める方法をおすすめします。


なお世界銀行のデータ調べてみたけどドル建てのcurrent priceのGDPデータしかなかったような…まあ私の探し方が悪いんでしょうがね(苦笑
http://data.worldbank.org/indicator/NY.GDP.MKTP.CD/countries

Q【GDP】新しいGDP新基準で再計算すると19兆8000億円増加。 新しくなったGDP基準って何が

【GDP】新しいGDP新基準で再計算すると19兆8000億円増加。

新しくなったGDP基準って何が変わったんですか?

Aベストアンサー

民間企業の研究開発費。
今までは経費(費用)扱いだったが、新基準では設備投資に算入する事が出来る。あくまでGDP計算上。

結局、いままでと何も変わらない。
単に、計算方法が変っただけだから、得をする人も損をする人もいない。

勘定科目は費用(販売費及び一般管理費)、と今まで通り。

Q日本のGDPの推移のグラフが載ったサイトを教えてください。

日本のGDPの推移のグラフが載ったサイトを教えてください。

名目・実質の両方が載っていたらうれしいです。

その他にも何かおすすめの面白い経済関係の資料があれば教えてください。

Aベストアンサー

グラフは乗ってない気がしますが
いろいろのってます
中身見て探してみてください

参考URL:http://www.amy.hi-ho.ne.jp/umemura/konna/gdp.htm

Q経済学の課題で、三面等価の原則やGDPとの関係について分からなくて困っています。

「三面等価の原則」を説明し、GDPとの関係の説明と、
経済成長とは具体的に何を意味するのか、GDPの概念を使いながらの説明と、
経済政策と金融政策によってGDPの何が変わるのかという説明
をしなければならないのですが、難しくてよく理解できず、困っています。教えてください(>_<)

Aベストアンサー

何かの課題なので皆さん回答しないのだと思います。
まずは参考URLを見ていただいて理解してください。
分配面からの話が抜けていますので分配面から見た国民総生産は
国内総生産 = 雇用者報酬 + 営業余剰 + (間接税 - 補助金) + 固定資本減耗
になります。
これで生産面、支出面、分配面で捉える事ができます。この3つが等価なわけです。

生産面
GDP = 国内産出額 - 中間財投入

支出面
GDP = 民間最終消費支出 + 政府最終消費支出 + 総固定資本形成 + 在庫品増加 + (輸出 - 輸入)

分配面
GDP = 雇用者報酬 + 営業余剰 + (間接税 - 補助金) + 固定資本減耗

支出面と分配面の2つの式を眺めていると民間と政府の黒字超過の合計は貿易黒字と等価だから、政府がお金を使うと貿易黒字が減るとかわかります。他にも上の3つの式から経済政策、金融政策でどうなるか考えてみればいいと思います。

参考URL:http://www.campuspark.net/blog/economics/index.php?ID=44

何かの課題なので皆さん回答しないのだと思います。
まずは参考URLを見ていただいて理解してください。
分配面からの話が抜けていますので分配面から見た国民総生産は
国内総生産 = 雇用者報酬 + 営業余剰 + (間接税 - 補助金) + 固定資本減耗
になります。
これで生産面、支出面、分配面で捉える事ができます。この3つが等価なわけです。

生産面
GDP = 国内産出額 - 中間財投入

支出面
GDP = 民間最終消費支出 + 政府最終消費支出 + 総固定資本形成 + 在庫品増加 + (輸出 - 輸入)

分配面
GDP = ...続きを読む

Q世界の1人当たりのGDPとは???

世界の一人当たりのGDP(world per capita GDP)のデータを探しています。

そもそもこれは、世界の平均的な1人当たりのGDPと考えて合っていますでしょうか。
そして、国別にデータを表示してあるものはたくさん見つけられたのですが、世界の1人当たりのGDPが見つけられません。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%9B%BD%E5%86%85%E7%B7%8F%E7%94%9F%E7%94%A3%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88_(%E4%B8%80%E4%BA%BA%E5%BD%93%E3%82%8A%E7%82%BA%E6%9B%BF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88)


いや 普通に 世界 というのがあるが

QGDPの成長率と貸出金利について(長文)

経済学については素人ですので誤解している箇所等ありましたらご指摘いただければ幸いです。

GDPの定義を以下のように理解しています。
GDP=民間(の国内)消費+民間(の国内)投資+政府(の国内)支出+(輸出-輸入)

時々期待成長率という言葉を聞きます。(潜在的成長率とも呼ばれているようです。)ここではそれを「外的攪乱の存在の如何に関わらず10年程度で達成されることが見込まれるGDPの成長率。」と規定します。要するにGDPが10年後2割増し程度になっていれば期待成長率2%(だった)って事です。(10年が妥当かどうかは不明です)

さて収入と支出のつじつまが合っていないと気持ち悪いので、GDPにふさわしい収入の方も10年後2割り増しになるとします。(つまり金額としては増加しても消費傾向は国内外で不変)

ここで疑問があります。
1)収入の増加は何によってもたらされますか?
輸出による増加は分かりますが、内需分の増加に対して支配的なものは何ですか?
2)当該期間における金融機関の信用創造による価値の期待される増加分(V)と貸し倒れによる損失分(L)によるV-Lは期待成長率と関係ありますか?
3)もしあるとすればどのような関係でしょうか?
4)相関関係がある場合、Vを規定するパラメータの一つである貸出金利に最適値はありますか?もしあるとすればそれを(事後からでも)割り出すことは可能ですか?

経済学については素人ですので誤解している箇所等ありましたらご指摘いただければ幸いです。

GDPの定義を以下のように理解しています。
GDP=民間(の国内)消費+民間(の国内)投資+政府(の国内)支出+(輸出-輸入)

時々期待成長率という言葉を聞きます。(潜在的成長率とも呼ばれているようです。)ここではそれを「外的攪乱の存在の如何に関わらず10年程度で達成されることが見込まれるGDPの成長率。」と規定します。要するにGDPが10年後2割増し程度になっていれば期待成長率2%(だった)って...続きを読む

Aベストアンサー

> 収入と支出のつじつまが合っていないと気持ち悪い

多分、ごく単純な事実を見落としていると思います。
ある人が受け取った額と同じ分だけ、別の人が支払っています。
したがって、収入と支出は常に一致しています。

1)収入の増加は何によってもたらされますか?

ひとつは技術の深化です。
例えば、良く使われるパン屋の例をとれば、新しい製法により1kgの小麦粉から2割多くパンを作ることができたり、2割高く売れるパンができれば、GDPはその分だけ増加することになります。

もう一つは生産設備の拡充です。
例えば、新しい機械を据え付けたところ、今までよりも一日に焼けるパンの数が2割増えたとすれば、その分だけGDPは増加することになります。


2)当該期間における金融機関の信用創造による価値の期待される増加分(V)と貸し倒れによる損失分(L)によるV-Lは期待成長率と関係ありますか?

おそらく関係はほとんどありません。
例えば、既存の企業が潰れていき、新興の企業にとって代わられる、という状況(欧米などはこの好例)を考えれば、経済の成長と企業の存立は別物だということが理解できるはずです。


4)相関関係がある場合、Vを規定するパラメータの一つである貸出金利に最適値はありますか?もしあるとすればそれを(事後からでも)割り出すことは可能ですか?

貸出金利の最適値は、一応は存在します。パレートの意味で最適、などといった基準を示すことになりますが、どのようなものを最適と呼ぶかは議論が分かれるでしょう。

一旦××を最適値とすると定義づけることができれば、最適値を事後的に推計することは可能でしょう。しかし、それにどの程度の意味があるのかはわかりません。

> 収入と支出のつじつまが合っていないと気持ち悪い

多分、ごく単純な事実を見落としていると思います。
ある人が受け取った額と同じ分だけ、別の人が支払っています。
したがって、収入と支出は常に一致しています。

1)収入の増加は何によってもたらされますか?

ひとつは技術の深化です。
例えば、良く使われるパン屋の例をとれば、新しい製法により1kgの小麦粉から2割多くパンを作ることができたり、2割高く売れるパンができれば、GDPはその分だけ増加することになります。

もう一つは生産設備...続きを読む

Q以下のGDPグラフからすると、自民党よりも、民主党の方が良いのでは?

以下のGDPグラフからすると、自民党よりも、民主党の方が良いのでは?
何故に、日本の老人達は、自民党に投票しまくってんの?自殺願望でもあるのかな(苦笑)

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4593.html

*GDPグラフ
安倍首相達は何度も「民主党政権では経済が衰退した」と言っていますが、実は民主党政権時代に日本の経済は大幅に成長していました。民主党政権の3年3ヶ月で日本のGDPは5%強も成長したのに対して、安倍政権の2年間で成長したGDPの値は僅かに1.5%だけとなっています。
また、実質賃金に関しても民主党政権はリーマンショック時のマイナス5%から1年でプラス3%に回復させました。これは東日本大震災の影響も合わせた値で、未だに実質賃金がマイナス状態の自民党政権とは雲泥の差があると言えるでしょう。


しかも、2012年の時に安倍自民党は「円安で貿易を復活させる」とか勇ましい事を言っていたのに、自民党政権になってから28ヶ月連続で貿易赤字を更新しました。自民党は「アベノミクス」をメインに経済政策をあれだけ宣伝していたのに、実際の数字はこのような状況です。

2014年4月には経済を締め付ける消費税増税をしているわけで、誰がどう考えても経済成長なんて無理だと分かります。民主党の行っていた円高政策は物価を過度に上昇させない効果があった上に、その影響で国内経済も安定して成長していました。その逆に進んだ自民党の結果を見れば、失敗は明らかです。
来月には総選挙が始まりますが、GDP衰退や超増税、実質賃金低下、物価高騰等がお望みの方は自民党に入れると良いかと私は思います(苦笑)。

以下のGDPグラフからすると、自民党よりも、民主党の方が良いのでは?
何故に、日本の老人達は、自民党に投票しまくってんの?自殺願望でもあるのかな(苦笑)

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4593.html

*GDPグラフ
安倍首相達は何度も「民主党政権では経済が衰退した」と言っていますが、実は民主党政権時代に日本の経済は大幅に成長していました。民主党政権の3年3ヶ月で日本のGDPは5%強も成長したのに対して、安倍政権の2年間で成長したGDPの値は僅かに1.5%だけとなっています。
また、実質...続きを読む

Aベストアンサー

そう思えば民主党に投票しなさい。
何をやるのか、やらないのか、決められない政党には期待できません。

Q【マクロ経済/英文有り】失業率と潜在GDPの問題です。計算の過程を教えて下さい。

英文で経済の問題を解いているのですが、
計算の過程が分かりません。


In 1995, country X had an actual unemployment rate of 8%. The natural unemployment rate that year was calculated at 6%. If country X had a potential GDP of $250 billion in 1995, then it sacrificed _________ worth of real output by not being at its potential GDP (according to Okun's Law)

答えは$10 Billionらしいのですが、
計算式では(8-6)*$0.02*$250Billionとなっていて、
どうして$0.02という数字が出てくるのか分かりません。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

マクロの教科書にあるオークンの法則を参照してみてください。
経済学者のオークンは60年台にアメリカのマクロ経済のヒストリカルデータを用いて失業率とGDPの関係を実証的に明らかにしました。
いわく、自然失業率が5%を超える場合は自然失業率と失業率との乖離1%につき潜在GDPの2%に当たるGDPギャップが発生するということになっています。
本問の例では、実際の失業率が自然失業率より2%高いためGDPギャップは4%、従って250 * 0.04 = 10です。

「どうして$0.02という数字が出てくるのか」というのはとても難しい問題で私にはお答えできません。
オークンの法則は失業率とGDPとの因果関係を厳密に識別したものではなく、あくまでざっくりとした傾向と考えるべきだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報