オフィスXPを利用しています。ワード2000からバージョンアップして、いろいろと使いやすく便利になった点はたくさんあるのですが、一つとてもわずらわしく思うことがあるのです。それは、オートシェイプなどで、線や図形を描こうとすると、すぐに「ここに描画します」という余計な枠が自動的に出てくることなのです。たった1本の線を追加するだけなのに、大きな枠が出てくるために、作成した文章が分断されたり、レイアウトが崩れたりと、いいことがないのです。ワード2000でも画像を挿入すれば、崩れますが、レイアウトの書式を変え、サイズを調整することで問題なく作業できました。あの画像エリアの便利な点てあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「描画キャンバス」のことですね。



利点はやはり、図形を画像と同じようにレイアウトできることです。複数のオートシェイプを一つの描画キャンバスに入れて、それらを一つの画像として扱うなどといった感じです。
つまり、画像と図形の違いをなくそうというのが狙いです。
もちろん、描画キャンバスにはオートシェイプ以外のものも入れられます。

ただし、実際に描画キャンバスを使いこなしている人は少ないような気がします。

蛇足ですが、自動的に描画キャンバスを作成しないようにするには、メニューバーの「ツール」>「オプション」>「全般」>「オートシェイプの挿入時……」をオフにします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

描画キャンパスを使わなくても、従来通りの使い方で十分だと思うんです。設定変更したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/03 23:18

ツール→オプション→全般→描画ウィンドウを表示するのチェックを外せばよかったと思います。



今手元にXPが無いのですこしあいまいな記憶ですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。設定変更してみます。回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/03 23:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング