なんなんでしょうか、あの匂いは?口臭もあるし体臭もあるし、服の匂いもあるし。
本人たちは気付いてないのでしょうか?
複数人います。見た目や性格は普通です。
30代~50代前半です。
上司の男性が臭いと言っているのですが、彼女たちもたいがい臭いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

・加齢臭


女性にも加齢臭はある。
女性ホルモンによって目立たなくなるが、
女性ホルモンは17-25歳くらいがピークで、以降減って行き、
32-33歳くらいでホルモンバランスが乱れはじめるので臭う。
対策としては、マメな入浴と恋愛をし続ける(女性ホルモンの活発化)しかない。
香水は混ざって臭くなるので基本的に付けないのが望ましい。

・口臭
全年代に歯周病はみられるが、
とくに30歳前後から女性でも軽い歯槽膿漏が増え始める。
元奥さんは29か30歳くらいから臭くなった。
当時、僕が1つ年下だったこともあり、「老化」を感じた。
対策としては、食後の歯磨きとデンタルリンス。
ダイエットや偏食をしないこと。

・服の臭い
湿った雑菌など。
これに、最近CMで見る芳香系の柔軟剤や洗剤が混ざると変な臭いになる。
対策としては、太陽で乾かす、殺菌・除菌するなど。

さて、問題はどうやってその女性たちに気が付かせるかだけど、
もう「気にするな」としか言い様がない。
気付いても元に戻るし、いちいち気にして発言してしまうと職場が険悪になると思う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素敵なアドバイスありがとうございました。
たいへんよくわかりました。
それにしてもよく研究されてますね。

お礼日時:2011/04/28 00:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q職場で臭いと言われています。

職場で臭いと言われています。
元々腋臭で学生時代はいじめられていました。

現在は職場で毎日臭いと言われています。
送迎バスや休憩室などで「クサッ」とわざと私に聞こえるように言われます。
バスの中では延々「クサッ」とつぶやき続けています。

一度上司に相談し、辞めたいと申し出ました。
上司は仕事に対してやる気があるならそういう人は辞めさせたくないと言われ、とりあえず辞めないことになりました。

たとえ会社を辞めても、貯金も無く家計が苦しい為すぐにでも新しい仕事かバイトを見つけなくてはいけません。今までも臭いのことが原因で転々としてきました。
今は勤務日数を減らしてもらうか、勤務時間を短縮してもらうか、辞めるか、で悩んでいます。

今までも臭いのことで陰口を言われたりしていましたが、ここまで子供っぽいのは学生のころ以来です。
どうしたらいいのか分かりません。

私の両親や母の友人は私を臭いとは思わないようです。また、高校の頃からの友人も臭いを感じないそうです。
保険証を取得したらすぐにでも皮膚科へ行こうと思っています。
食事は野菜中心で肉や乳製品は摂っていません。夜は半身浴をして朝はシャワーを浴びています。
オドレミンとアメリカ製のダブのデオドラントを使用しています。
夜の入浴の際にはシーブリーズの「シャンプー前の毛穴すっきりクレンジング」で脇を洗っています。
洋服も毎日洗濯しています。
仕事中は2度シャツを着替えて、その度に上半身をウェットティッシュで拭きダブのデオドラントを塗り直しています。

それでも臭いと言われるのはやはりよっぽど臭いということですよね。
自分では鼻が利かない為か自分の臭いがよく分かりません。夏は自分でも臭いを感じましたが、最近はほとんど汗をかかないので臭っているのか分かりません。

毎日臭いと囁かれて、どんどん自信が無くなっていきますし仕事にも身が入りません。
どうすることが一番良い道でしょうか。
アドバイスをお願いします。

職場で臭いと言われています。
元々腋臭で学生時代はいじめられていました。

現在は職場で毎日臭いと言われています。
送迎バスや休憩室などで「クサッ」とわざと私に聞こえるように言われます。
バスの中では延々「クサッ」とつぶやき続けています。

一度上司に相談し、辞めたいと申し出ました。
上司は仕事に対してやる気があるならそういう人は辞めさせたくないと言われ、とりあえず辞めないことになりました。

たとえ会社を辞めても、貯金も無く家計が苦しい為すぐにでも新しい仕事かバイトを見つけなくて...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。
あなた、勘違いしてますよ。
自分が加害者だと思うことで、人生の被害者になっている。
自覚はあるでしょう?
そのほうがあなたにとって自虐的に生きていくに、気持がらくだから。
どうせ、自分なんか・・・と。

【加害者だという意識はしっかりあります。
生きていて申し訳ないと思いながら、子供のころから生きてきました。
やはり上司に相談し一刻も早く会社を辞めなくては
被害者が増える一方ですよね。】

コレ、・・・デすよね?
やめることでそれが解決になりますか?
会社にとってはそうでしょう。
しかし、あなたにとっては解決になるか?

逃げることを繰り返してどうなる?
本当の意味で闘うのは、自分を相手そのまま認めさせることではなく、
これは、臭いとか、能力とかいろいろありますが、そのままを相手に受け入れさせることではなく、
受け入れられやすくなるように、自分も変わることを意味します。
自己変革を要求されている。
歩けなければ、車椅子。
ワタシの言う解決策はこれ・車椅子ですが。
自分で出来るだけ動く。

デオドラント製品を利用することを皆さんすすめるが、実際問題としては
難しいことがある。
それが、有効であったとしてもです。

あなたは自分が自分でにおわないから、実際に、臭いということをきちんと理解してない。

臭覚を感じるセンサーはそれを感じる受容体をもたない人には感じられない。
最初から、「何もない」としているあなたが「それがなくなった」とどうやって判断する?

だから、実際問題として、あなたは自分のことを痛くもないのに、自己変革(ワキが手術を受ける)を
しなければならない、周囲からのいじめだと思うことで自分を納得させたほうが楽なんです。

痛ければ、手術するに躊躇はしない。
放置していると、死ぬかもしれないと余命宣告されるような病なら、今はなんともなくても切り取るかもしれない。
「悪くなるかもしれないから、今のうちにとっておきましょう」となにがしかの【検査】で
判明した「病」をあなたは【取る】でしょうか?


医療機器が見つけた「病」
あなたの五感はではわからない。

しかし、他の人の臭覚ではその受容体があるから、においとして感知される。
なにがしかの不都合が人間集団としてあるからこその不快なにおいとして感じる。
本来、五感とはそういうものです。

がんを見つける犬というのをTVで一時騒ぎましたが、「体質」としての臭いというのはあります。
それが、不快として感知されるのは、感知する側にとってはやはり害となるからです。
本能的に排除する。
これはどうしようもないことです。
本来の五感設計が危機排除が元だから。
腐ったものをタベナイ、危険な動植物には近づかない、危険なガスを発生しているところには行かない・・・etc.

これを利用して、相手を寄せ付けないという、あなた自身を集団から排除される、あなたはそれでいいの?
人生の戦略として、受け入れられることを自己変革をしなくていいの?

会社を辞めろということを言っているのではない。
それでは、行く先が最後にはなくなる・・・そうでしょう?

#3です。
あなた、勘違いしてますよ。
自分が加害者だと思うことで、人生の被害者になっている。
自覚はあるでしょう?
そのほうがあなたにとって自虐的に生きていくに、気持がらくだから。
どうせ、自分なんか・・・と。

【加害者だという意識はしっかりあります。
生きていて申し訳ないと思いながら、子供のころから生きてきました。
やはり上司に相談し一刻も早く会社を辞めなくては
被害者が増える一方ですよね。】

コレ、・・・デすよね?
やめることでそれが解決になりますか?
会社にとってはそうでしょう。...続きを読む

Q女友達が38歳から急に物凄い体臭持ちになりました

女友達が38歳から急に物凄い体臭持ちになりました。それ以前は数年に1回くらい「おや?」と臭うことはありましたが、身の回りも清潔にしてるし小奇麗な感じの女性でした。
匂いはワキガ臭?で、何か腐った匂いがします。
ちなみに未婚でお子さんもいません。今は40歳を過ぎていますが体臭は一年中です。朝一で会っても匂います。
彼女は鼻炎がひどいらしく、仲間内で彼女の鼻声を真似したりして遊ぶくらいです。普段は通っていますが、時々鼻声になります。
自分の匂いには少し気づいているようです(頻繁にトイレに行く)が、10匂いを発してるとすると本人は2位にしか思ってないと思います。
出産経験無いと更年期が早く来ると聞きました。
これって更年期でしょうか?こんな事ってあるんですか?
彼女の胸元から悪臭がしても平気な顔してるのであまり気づいてないようです。

Aベストアンサー

その人、肥満か肥満気味ではないでしょうか。
体臭を消す効果のあるハーブをサラダに混ぜて摂取したり、
ハーブティーにして飲んだり、あるいは、
(パワーヨガの元となった)アシュタンガヨガを
勧めてみませんか。ヨガの呼吸法だけでも
ダイエット効果を含めた多様な効果があります。

この時節、脇を冷やすことで脇の汗を抑えるだけでも
臭気を減衰させることができるでしょう。

以上のことを、それとなく教えてあげてください。
質問者さまのセンスの見せどころです。

香りの強い香を焚いたり、
香りの強い花を活けたり、あるいは、その人が
通り過ぎた際には、タイムラグをとったり、
話をする際に、距離をとることで臭気の圏外に
いられますので、そうした工夫もしてみましょう。

Q体臭がきつい部下(女性)への注意の仕方

私は社内では管理する立場になります。
私の担当する職場で働く部下の女性の体臭がきつく、同僚の女性から数件の苦情がでています。
この場合私から本人に体臭を指摘し、改善するように注意しても良いのでしょうか?
的確な言葉が見当たりません。
今後も働くうえで、後に残らないように対応したいのですが。

Aベストアンサー

職場を管理する者の責任として言うべきでしょう。

男性から若い女性の体質での注意をするのは言いにくいでしょうね。ただ、職場の快適性を管理するのも重要な職務です。

あなただけの意見ではなく周囲から複数苦情が出ている現状を伝えた上で改善するよう努力を申し出てもいいかと思います。

かくいう私はワキガ体質です。学生時代から自覚はあり、消臭スプレーやデオドラント商品を使い周囲へ迷惑を掛けないよう注意をしてきました。体臭のする人はそれなりに周囲へ気配りをしなくてはいけません。それができていないのは社会人として不適です。体臭の注意だけではなく他人への気配りが欠けているのではないでしょうか?
仕事が真面目であっても周囲との和を保てないのは会社には迷惑なはずです。
あなたが注意をするのはその人が”臭い”、ということより”周囲への気配り”だと思います。

どうか頑張って忠告をしてあげて下さい。

Q50代女性です。更年期障害からくる加齢臭が気になります。

50代女性です。更年期障害からくる加齢臭が気になります。

50代の女性なのですが、最近、更年期障害で悩まされています。
その中でも特に、加齢臭が気になりはじめました。

更年期というと、だるい、やる気がでないなどだけが症状だと思っていたのですが、、、。
どうも体から変な臭いがするみたいなのです。

私は気が付かないのですが、主人から



「ちょっと臭いがきつくなってきた。加齢臭じゃないか??」



と指摘を受け始めたのですが、、、。

50代ぐらいになると、加齢臭が気になり始めるものなのでしょうか。

もし、加齢臭になった経験があって、そして、もし加齢臭を解決した体験のある50代ぐらいの女性がいましたら、、、。

是非アドバイスをいただけると嬉しいです。自分では臭いに気が付けないため、かなり焦っています。

Aベストアンサー

私も50代を超えたあたりから加齢臭に悩まされ始めました。
私のおばあちゃんが少し臭いがあったので、小さいながらに、、


「この臭いは嫌だな~~(;′Д`)」


と思っていたことがあります。
ただ、これは、私が更年期を迎えてわかったことですが、、、。

女性であっても更年期になると加齢臭が出始めてしまうのは仕方のないことらしいのです。

その臭いの原因は、


●皮脂の汚れ

●バクテリアの繁殖

●ノネナールという40代を超えると誰もに分泌される臭いの物質


が原因と考えられています。

簡単にいえば、



「体に臭いのもととなる物質をまとっているから加齢臭がするわけです」



なので、これらの臭いの元となるバイキンを洗い流し、殺菌消毒をすれば加齢臭はしなくなります。

一番いいのは、毎日きちんと石鹸で体を綺麗にすることなのですが、、、。

通常のせっけんでは、落としきれない臭いの物質もあります。

なので、このような場合は、加齢臭を抑える専門の薬用の石鹸を使うことをおすすめします。



↓例えばこちらの石鹸などは加齢臭で悩んでいる方にお勧めですね。
http://satouichirou.com/cs2/kareishuu/




こちらの石鹸を使うようになって私も加齢臭がなくなりました。

ただ、また臭いがでないようにするため、食事なども気をつけるようになりました。

普段の食生活+体を清潔に保つ、、このことを徹底すれば、加齢臭は治るかな、、とおもいます。

私も50代を超えたあたりから加齢臭に悩まされ始めました。
私のおばあちゃんが少し臭いがあったので、小さいながらに、、


「この臭いは嫌だな~~(;′Д`)」


と思っていたことがあります。
ただ、これは、私が更年期を迎えてわかったことですが、、、。

女性であっても更年期になると加齢臭が出始めてしまうのは仕方のないことらしいのです。

その臭いの原因は、


●皮脂の汚れ

●バクテリアの繁殖

●ノネナールという40代を超えると誰もに分泌される臭いの物質


が原因と考えられています。

簡単にいえば...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報