本日、とある貸借銘柄の情報欄に、日歩日数が4日と表示されていました。
この4日とは、どの期間を指すのでしょうか?
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

品貸日数は、空売りした日(約定日)の4営業日後に株を株を借りることになります。


通常は翌日が返済期日なので1日となります。

ただ連休(証券取引所の休み)が入ると、売買(約定)ができません。その分何日も借
りることになります。

4/26(火)に空売りすると、5/2(月)に株を借ります。3(火)~5(金)が3連休で
6(金)が返済期日になり、品貸日数は4日になります。

土日や連休が絡まない場合は1日になります。

4/18(月)に空売りすると、4/21(木)に株を借ります。4/22(金)が返済期日になり、
品貸日数は1日になります。

ちょっと説明がわかりずらいかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/28 21:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日証金の逆日歩速報を迅速に知るには

 日証金が毎日発表する逆日歩情報は、ホームページにはだいたい13時~16時頃掲載されていますが、これをより早く、確定から速やかに知りたいのですが、良い方法はないでしょうか?

 なお言うまでもないでしょうが、ソースはネットかそれに類するもの限定で、コスト(金も時間も)あまりかからないものに限ります。 日証金に行くとか電話で聞くとかはナシでお願いします。

Aベストアンサー

QUICKの見れるネット証券でしょう.
私も逆日歩を観るために,kabu.comの口座(維持費無料)を使用しておりました.

Qティックとは何ですか?

チャートで分足、日足、週足とありますが、
その中でティックとはどういう事ですか?
分足よりも短い秒単位でチャートが変わっていく事ですか?

あと、スプレッドチャートの事で質問なんですが、
ローソク足チャートが分かりづらいので、スプレッドチャートは1上がればそのままチャートになりますね、初心者ならスプレッドチャートの方が簡単で見やすいのではないかなと思うのですが、この考えは間違えでしょうか?

Aベストアンサー

ティックは1さんの回答の通りです。
1000円が1010円になったら1ティック。1000円のネクストプライスが1020円でも1ティック。1回値動きする(価格成立する)たびに刻んでゆくチャートです。
10秒値動きがなければ10秒動かないし3分値動きが無ければ3分動かない。1秒に3回値動きがあれば1秒に3回刻む。
時間軸が関係無いチャートです。

スプレッドチャートって
http://nikkei.hi-ho.ne.jp/rakuten-sec/ms05.html
これですか?
異銘柄の価格差のチャートですよ。基本的には鞘取り(スプレッド取引・アービトラージ取引)に使うやつです。信用売りしない人には意味が無いと思う。
「1上がればそのままチャートになる」という意味が
よくわかりません。
もしかすると違う物のことを言ってるかもしれない。

初心者はまずローソク足に慣れた方がいいと思います。

Qザラバ引けって何ですか?

用語集を見ると、

ザラバ(寄付と引けの間)に値段がついた取引を最後にして、引けに値がつかずに引けた状態。
執行条件で「引け」を選択したご注文は約定しません。

とあります。

これを読んでも、いまいち意味がわかりません。

引けに値がつかないというのは、
どうして起こるのでしょうか?

今日、後場の引けで売り注文を出そうとしているのですが、
約定しなかったら困りますね。。。

Aベストアンサー

ザラ場引けは、おおよそ下記の場合に起こります。
 1. その銘柄に対して引け成り注文が無く、
   引けに値がつかなかった場合
 2. 引け間際または引け時に大量の買い注文(売り注文)が入り、
   特別買い気配(特別売り気配)となって
   そのまま値が決まらずに引けを迎えた場合

1は出来高の少ない銘柄ではわりと頻繁に起こる現象ですが、
成り行き注文を出しておけば確実に約定できますし、
低めの売り指値や高めの買い指値でも、
売買相手さえいれば約定できます。


2はあまり頻繁には起こりませんが、引け時に大口の注文が入った場合は、
通常のザラ場時と同様に特別気配のような状態になり、
そのままの状態で引けを迎えてしまう場合があります。
この場合、場中に値段が決まらず特別気配のまま終了したことになり、
引け注文が成行か指値かにかかわらず、注文は約定せず引けてしまいます。
しかし、これはあまり頻繁に起こるものではありませんし、
ほとんど“運”のようなものですから、(^^;
あまり気にしなくても大丈夫だと思いますよ。

ザラ場引けは、おおよそ下記の場合に起こります。
 1. その銘柄に対して引け成り注文が無く、
   引けに値がつかなかった場合
 2. 引け間際または引け時に大量の買い注文(売り注文)が入り、
   特別買い気配(特別売り気配)となって
   そのまま値が決まらずに引けを迎えた場合

1は出来高の少ない銘柄ではわりと頻繁に起こる現象ですが、
成り行き注文を出しておけば確実に約定できますし、
低めの売り指値や高めの買い指値でも、
売買相手さえいれば約定できます。


2はあまり...続きを読む

Q信用買いの逆日歩はその日からもらえる?

信用買いの逆日歩はその日からもらえますか?

例えば、月曜日の13時に購入したとして、何曜日から逆日歩は貰えますか?
信用口座をまだ持ってないので教えて下さい。

Aベストアンサー

月曜に買って木曜に売り、その間ずっと逆日歩がついていれば5日分の逆日歩になりますね。

松井証券の預株というものを初めて知りましたのでよくわかりませんが…
信用買いした逆日歩は、オーバーナイトした日数分(火曜は3日分)だけまるまる貰えると考えてほぼ正しいと思います。
厳密には、信用買い約定日(月曜)から起算して4営業日目(木曜)から
売り埋め約定日(木曜)から起算して4営業日(火曜)までで
木金土日月の逆日歩と考えるようです。

Q日経平均株価と日経先物の価格差について

2013年2月14日の日経平均株価は11000円くらいで、日経先物はその夜11300円くらいまで上がりました。このまま円安が続くと、どんどん値差が開いて行ってしまうと思うのですが、どのようにお互いの値差を縮めるのでしょうか。2/18(月)に先物が買われたら、その金で現物株式を買うのでしょうか?つまり先物は値段を下げるように動いて、日経平均株価を上げるような、作業をするのでしょうか?

Aベストアンサー

大変失礼ながら、なぜかビックリするほどの的外れな回答が続いているので、ビックリしてます。

まず、日経平均株価(以下、日経平均とします)と日経先物はほぼ完全に連動しています。
なぜなら、日経先物はSQでは日経平均に採用されている225銘柄から算出される指数(まさに日経平均)と一致する先物(デリバティブ)だからです。

。。。だからです、と言われても良く分からないと思いますので、すこし細かく説明します。
SQで「完全に一致する」ことが決まっているので、SQに至る途中で例えば、日経平均が日経先物よりも高くなったら日経平均の採用銘柄を(全て対象として日経平均への寄与度に応じて←少しやっかいなので括弧書き^^;)売って、日経先物を買えば、SQで「確実に」利益になります。日経平均が日経先物よりも安くなった場合はその逆です。このような取引を裁定取引といい、繰り返しますが、「絶対に」利益になるのです。

「絶対に」利益になることが分かっているのですから、やらない手はありません。事実、大手の証券会社ではコンピューターを使って常に日経平均と日経先物の乖離を観測し、少しでも有意な差が生じたら裁定取引を実行します。ここで大手の証券会社と書いたのは、日経平均の採用銘柄は225もあるので、それを一度にそして瞬時に売買するのは個人等では無理だからです。

そして、絶対に利益になるのですから、皆がその瞬間を虎視眈々と狙っているわけです。結果、有意な差が開くか開かないかのすれすれのところで裁定取引が実行されてしまうので、日経平均と日経先物は差が解消されてしまいます。よく日経先物に引っ張られて日経平均が動くと言われますが、日経先物はそれ自体が一つのデリバティブなので、日経平均を動かすより簡単に操作できるので、意図的に日経先物を動かして裁定取引を狙うような手法が成立するために、日経平均が日経先物に引っ張られるような動きが生じることがあるのです。(これとは別に、例えば、相場や株価全体を動かすような経済要因(テロとか)が発生した場合にまず日経先物が強烈に売買される、ということもあります)

そして、今は日経先物は夜間でも売買できるようになりました。ダウなどの動きにより日経先物が大きく動くことは当たり前に生じます。(2月14日夜間もそうだったんですね)
で、次の朝、東京市場が開いて日経平均が決定されるわけですが、先物が大きく動いた場合などは中々日経平均の値が決定されません。なぜなら、225個の個別株では買い気配(や売り気配)が続いてしまうので、225銘柄の全ての株に値段が付くまでに時間がかかることが多いからです。そうして、結果的に決まった日経平均は日経先物と限りなく同じものとなります(これを鞘寄せといいます)。そうでないと裁定取引が成立してしまうからです。
ご質問者が指摘されるような「2/18(月)に先物が買われたら、その金で現物株式を買うのでしょうか?つまり先物は値段を下げるように動いて、日経平均株価を上げるような、作業をするのでしょうか?」というような作用は一切なく、日本時間でも日経平均が上がると予想されれば、日経先物は9時からドンドンと上昇することもありますし、そんな時は日経平均はいつまでも決まらないこともあります。

少し長くなりましたが、日経平均と日経先物の大まかな関係は以上のようなものです。

さて、最後にSQまでの日経平均と日経先物が完全に一緒か?というとそうでもないことにはお気付きでしょう。その差は主に金利などに由来するのですが、ここから先は理解を深めるため、ご自身で勉強されることをお勧めします。

大変失礼ながら、なぜかビックリするほどの的外れな回答が続いているので、ビックリしてます。

まず、日経平均株価(以下、日経平均とします)と日経先物はほぼ完全に連動しています。
なぜなら、日経先物はSQでは日経平均に採用されている225銘柄から算出される指数(まさに日経平均)と一致する先物(デリバティブ)だからです。

。。。だからです、と言われても良く分からないと思いますので、すこし細かく説明します。
SQで「完全に一致する」ことが決まっているので、SQに至る途中で例えば、日経平均が...続きを読む

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q投資判断で、「オーバーウェイト」の意味が分かりません。

たまたま、中国株の情報を見ておりました。

http://stock.searchina.ne.jp/news/disp.cgi?y=2005&d=1208&f=stockname_1208_050.shtml&type=news

を見ると、”投資判断は「オーバーウェイト」”とありますが、どういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

オーバーウェイトとは、その投資先へのウェイトを相対的に大きくするということです。簡単に言えば「買い」ということになります。

http://www.toushin.com/guide/faq/faq65.htm

Q貸し株注意喚起銘柄に指定されると・・・

素人の質問で恐縮です。仕手筋が逃げて売り込まれた銘柄を信用買いしましたが、買った日に「貸し株注意喚起銘柄」に指定されました。
週明けの動きが気になって仕方がありません。

「貸し株注意喚起銘柄」に指定されると、その銘柄は、
(1)その後どのような動きをするのが一般的でしょうか?(買い方、売り方どっちに有利?それとも関係無しでしょうか?)
(2)その理由は?

諸先輩の、ご教示をお願いします。

Aベストアンサー

6378は投資対象としては株価が割高にありますよね。業績は徐々に回復して復配もするようですが(掲示板信用したらあぶないかも?)いつも不安があるような感じです。

「貸し株注意喚起銘柄」に指定されたのは一日の出来高が通常に比べ異常だったからだと思います。
しかも篠原氏が360万株を信用で所有しているようで現引きした場合すぐにも逆日歩になると考えたのでしょう。
今後株価が上下に大きく動く可能性があり一般投資家に損害を与える恐れがあると判断されたのだと思います。

取り組みで動いている株ですから急落も予想の範囲内で週足で見る限り不思議ではありません。
普通なら600~630程度は返すとおもいますが?

今回の急伸は篠原氏の大量報告書が原因でしょう、思惑買いが入ったと思います。しかも300万株の大部分現物買いですね。信用売りも12万株くらい増えています。

篠原氏の買いが3/7~6/13なら(信用できませんが)あなたの買値がまだ安いことになります。

篠原氏の現引きと逆日歩にかけてみる価値はありますかね????

>週明けの動きが気になって仕方がありません。
仕手株で勝負と決めて買われたのでしょうけど心配でしたら株数を落とされたらいかがですか。

このての株は十分すぎるくらい調査してなお「買わない」くらいの用心が必要と思います。
短期で急落の可能性は低いと思いますから株数の調整か手元に現金ですね。

頑張って下さいね。 あくまで自己責任でお願いします。

6378は投資対象としては株価が割高にありますよね。業績は徐々に回復して復配もするようですが(掲示板信用したらあぶないかも?)いつも不安があるような感じです。

「貸し株注意喚起銘柄」に指定されたのは一日の出来高が通常に比べ異常だったからだと思います。
しかも篠原氏が360万株を信用で所有しているようで現引きした場合すぐにも逆日歩になると考えたのでしょう。
今後株価が上下に大きく動く可能性があり一般投資家に損害を与える恐れがあると判断されたのだと思います。

取り組みで動...続きを読む

Q信用売りをすると、配当金を支払わなければならないのか。

1) 信用売りをしたまま、配当権利最終日を持ち越したら、配当金を支払わなければならないのでしょうか。

2)それって、何気なく信用売りをして、何ヶ月も持っていて、配当権利最終日を持ち越したら、大損するっていうことなのですか。

3)であれば、現物を持っていて、空売りでヘッジしたくても、配当金はあきらめないといけないということなのですか。

4)配当金をあきらめずにヘッジする方法はないのでしょうか。

5)これは、制度信用売りの場合のみなのですか。証券会社が各自やっている一般信用で、無期限空売りをした場合でも、やはり、配当金支払いの義務は生じるのでしょうか。

Aベストアンサー

1) 信用売りをしたまま、配当権利最終日を持ち越したら、配当金を支払わなければならないのでしょうか。

  配当金相当額を払います

2)それって、何気なく信用売りをして、何ヶ月も持っていて、配当権利最終日を持ち越したら、大損するっていうことなのですか。


 理論的には損は無いです

 理論株価は
 配当落ち日には配当分だけ株価の値段が下がります


 したがって
 
 
 株価=前日の株価ー配当分
 に成りますので配当金相当額を払っても損しません
 理論的には・・ですけどね
 
 3)であれば、現物を持っていて、空売りでヘッジしたくても、配当金はあきらめないといけないということなのですか。

 空売りでヘッジすると・プラスマイナス0になります

4)配当金をあきらめずにヘッジする方法はないのでしょうか。

 あります

 他の方法でヘッジする

 例をだすと
 日経平均先物の売りでヘッジする

5)これは、制度信用売りの場合のみなのですか。証券会社が各自やっている一般信用で、無期限空売りをした場合でも、やはり、配当金支払いの義務は生じるのでしょうか。

 同じです
 




 
 

 

1) 信用売りをしたまま、配当権利最終日を持ち越したら、配当金を支払わなければならないのでしょうか。

  配当金相当額を払います

2)それって、何気なく信用売りをして、何ヶ月も持っていて、配当権利最終日を持ち越したら、大損するっていうことなのですか。


 理論的には損は無いです

 理論株価は
 配当落ち日には配当分だけ株価の値段が下がります


 したがって
 
 
 株価=前日の株価ー配当分
 に成りますので配当金相当額を払っても損しません
 理論的には・・です...続きを読む

Q品貸料率・逆日歩の見方について教えてください

日証金のHPで逆日歩を確認したいのですが見方が良く分かりません。
例えば、2461(ファンコミ)を例にとると、逆日歩は550円でしょうか?それとも1500円でしょうか?

また、「品貸日数」とは空売りで保有している期間ということでしょうか?
「申込日」とは「空売りの注文が約定した日」という理解でいいでしょうか?

教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そうでごわすね、逆日歩の復習もかねて、具体例で・・・
いま、証券会社のある1日を追っかけてみます、日が西に傾き、大引けを向えました、証券会社はルーティン・ワークで、その日の各銘柄の信用取引の売買の値洗い・担保計算・残高の増減プログラムを走らせます。
その日、S銘柄の制度信用残高を見ると(一応、前日は信用売り・買い残高、ともにゼロと仮定します)、信用売り残高5,000株、信用買い残高7,000株となっておりやした。そこで、5000株分は、信用売りと同買いとで相殺(業界用語「食い合い」と言います、信用買い方の株券を同売り方への貸付に、信用売り方の売却代金を同買い方への融資にあてがう)、2,000株の買い超となっていました。そこで、E証券会社は、この2,000株分の買い付け代金を、自己融資するか、日証金に融資を申し込むかを考えます。今回、E証券は、日証金に融資を申込みました。
さて、夕方、日証金には、全国の各証券会社から、上記のように融資又は貸株の新規申込み・返済申込みが殺到しやす。
日証金は日証金で、当日、実は、同じ作業をします、即ち、申込み(融資新規・返済、貸株新規・返済)を受付け、融資残高と貸株残高を集計し、日証金残高速報として夕方遅く発表します。
※ご質問:「申込日」とは「空売りの注文が約定した日」という理解でいいでしょうか?
正確には、違います、日証金の残高(融資新規・返済・残高、貸株新規・返済・残高)は、証券会社と日証金の間における、融資・貸株の動き、金融取引を示しています。ここの投資家の信用買い・空売り約定とダイレクトに結びついている訳ではありません。
個々の投資家が制度信用取引を利用して買い又は売り約定しても、上記のように証券会社が、自己資金で融資又は自己で株券を調達して対応する場合もあれば、日証金に申込む場合もある。また、昨日までは、自己資金で融資していたが、証券会社の資金繰り的な理由で、自己融資を取り止め、日証金へ融資を申込んだり、株券についても同じことが言えます、従って、極端でごわすが、ある日ある銘柄の売買がゼロであても、日証金の残高が動くことがあります。

さて、日証金残高、ここで、融資残高<貸株残高となった銘柄を、貸株超過銘柄と言います。
日証金は、翌朝、各証券会社に前日分の追加申込み・訂正申込みの確認を行った後、前場引け後に日証金残高確報を発表します。
また、同時に、追加・訂正申込み受付終了後、貸株超過銘柄については処理を迫られます。この場合、自己の持株で対応すれば、逆日歩=零銭、自己の持株で対応できない場合、機関投資家等に連絡し、貸株の募集(貸株のオークション)を行います。ここで、逆日歩が決まります。

さて、逆日歩の少し具体的なイメージが出来たところで、
※ご質問:、「品貸日数」とは空売りで保有している期間ということでしょうか?
この答えは、↓ここにあります、ゆっくり読んで見て下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3379553.html

最後に、
※ご質問:例えば、2461(ファンコミ)を例にとると、逆日歩は550円でしょうか?それとも1500円でしょうか?
日証金は、10/26(金)に10/25(木)現在の日証金残高確報と逆日歩(品貸料)一覧表を発表しています。
逆日歩のオークションは、10/26(金)午前中に行われています。
10/25(木)現在、935株の貸株超過(融資残高<貸株残高)、日証金が決めた逆日歩の最高料率は1,500円、当日(10/25)逆日歩(品貸料)は500円(1株について)、当日品貸日数1日。
※当日品貸日数1日、すなわち、10/25(木)売買の受渡しは10/30(火)、逆日歩は日歩でごわす、従って、10/30(火)に株券を借りて10/31(水)に株券を返す、そのオーバーナイトの貸借料が、1株について500円だと言っているのでごわす。

では、では、がんばって下さい。

そうでごわすね、逆日歩の復習もかねて、具体例で・・・
いま、証券会社のある1日を追っかけてみます、日が西に傾き、大引けを向えました、証券会社はルーティン・ワークで、その日の各銘柄の信用取引の売買の値洗い・担保計算・残高の増減プログラムを走らせます。
その日、S銘柄の制度信用残高を見ると(一応、前日は信用売り・買い残高、ともにゼロと仮定します)、信用売り残高5,000株、信用買い残高7,000株となっておりやした。そこで、5000株分は、信用売りと同買いとで相殺(業界用語「食い合い」と言...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報