1年=365日

って事は、まぁいいとして・・・


なぜ!

2月だけ!!

28日までなのか?な?

30-28=2

31日までの「月」を2つ減らして、30日の「月」を2つ増やせば・・・ねぇ?



・軌道?とか、自転?とかの話なのでしょうか?・



追加/

月日の数え方って世界共通?ですよね?基本的には。


・現代の月日の数え方は、いつの時代から用いられ出したものなのでしょうか?・




お時間のある物知りな方、回答を頂けたら・・・

シッポ振って喜びます。

よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

単なる思い付きですね。


世界統一はどうやってやるのですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ですね。


世界統一ですか?

まず、大学ノート1冊と、ペン1本 を・・・
あ、と黒インクの「マッキー」を1~2・・・いや、1本でいっか。1本で。
それと~ 修正ペン。あの白いヤツ。な。

これらを準備します。

ノートの表紙を表裏まんべんなくマッキーで塗りつぶしてくさい。
マッキー色に染まった表紙の目立つ所に、修正ペンで「DEATH+NOTE」・・・と。よしっ!


これで、キミも「新世界の神」だっっ!!!!

お礼日時:2011/04/28 01:58

大昔は31、31、31、31、31、31、30、30、…ってなってたみたいなんですが、


月の名前って、偉い人の名前からとってるんです。

例えば7月=Julyだったら、ジュリアス・シーザー、8月=Augustはアウグストゥスみたいな。
んで、このシーザーさんが「俺が一番偉いのに俺の月が30ってねぇだろ」みたいなことを言って、
30と31を交互になったんです。
そしたら8月のアウグストゥスさんはシーザーのライバルなんで、
7月が31なのに、8月は30っていうのが気に入らないと言いだして、
8月から31、30、31…になって、
この人の月を31にするとこの人もみたいな不具合がでてきちゃったんです。

これが全てうまくいくには日数が足らないんで、
一番立場が弱い2月さん(名前は忘れました)が28日になっちゃったみたいです。

うろ覚えですので、細かいところは間違ってるかもしれませんが、
大体、こんな話だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほほぉ 人の名前だったんですね~

・・・と、いう事は!

イギリスの人ですかね?この人達。
世界標準時刻もロンドンですし。ふんふん。


しかし、ホントに「偉い人」達のやりとりなのか疑わしいですな~ これは。小学生かっ!

・・・もしや!!

実は、「偉そうな人」達だったのでは。



ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/28 01:11

昔は、1年の始まりが、3月が年初で、2月が年末だった事に起因します。



まず、ユリウスという人が、天文学などから、1年=365日と決めました。

(ユリウス暦=紀元前46年に古代ローマで採用。)

それを12ヶ月で割ると、どうしても余りが出るので、偶数月=30日、奇数月=31日に定めます。

でも、これでは366日になってしまいます。

ですから、1年の最後の2月を29日まで、ただし4年に一度は閏年として30日までとしたのです。

その後、ユリウスは1年の始まりは1月とし、12月で終わりと改めましたが、閏年については
改めなかったので、閏年は2月に行っていました。

その後、アウグストゥスが皇帝になった時、自分の生まれた月である8月が30日までしかないのが納得出来ず、8月=31日までとし、

その後は9月=30日、10月=31日、11月=30日、12月=31日と変えてしまいます。

すると、また1年が366日になってしまいます。

そこで、元々1日少ない2月から、更にもう1日引いてしまったのです。

結論としては、

「2月に閏日がある理由は、昔は2月が最終月だったから。そして、2月が異様に短いのは、皇帝がワガママだったから」です。

ただ、このユリウス暦は、1000年以上に渡って使われた為、時代が進むにつれて、次第に暦と季節がずれてきました。

そこで、1582年にローマ教皇グレゴリウス13世がグレゴリオ暦を制定しました。

グレゴリオ暦は、その後数百年かけて各国で採用され、現在に至っています。

グレゴリオ暦では、次の規則に従って400年に97回の閏年が設けられます。

「西暦年が4で割り切れる年は閏年」

(ただし、西暦年が100で割り切れる年は平年、西暦年が400で割り切れる年は閏年)

この規則によって閏年を設けると、97/400=0.2425ですから、1暦年は平均365.2425日
(365日と5時間49分12秒)となり、暦と季節とのずれは約3320年で1日となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おぉ!分かりやすい回答!

ありがとうございますっ!


ボクにとっては生まれた時から、これが当たり前なワケですが

やっぱり、「こうだ!」と決めた人がいたんですね~ 当たり前ですが。



・ユリウス賢者=偉い人

・アグトゥス皇帝=多い方が偉い人


忘れません。




分かりやすく面白い回答内容でした。ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/28 00:55

http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyo …

調べてみたら過去は年度末が2月だったみたいです
詳しいことは私もわかりませんので上記を読んでみてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

了解です!ありがとうございます!

お礼日時:2011/04/28 00:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVBA_カレンダーコントロールの和暦表示

現在、フォーム上にカレンダーコントロールを作成して
クリックされた日付をテキストボックスに返すものを作成しているのですが
カレンダーコントロールの年の表示は西暦になっています。
この部分を和暦にしたいのですが、いじくるところがまったく見当たりません。
何か方法はあるのでしょうか?
ご教授お願いいたします<(_ _)>

Aベストアンサー

VBAというからにはエクセルVBAなどでしょう。
(1)フォームやシート状のテキストボックスなどの上
(2)シートのセルの上
などなら、(1)はFormat関数
(2)はセルの表示形式の設定で済むことでは。
(1)(2)で済むことなのか質問にはっきりさせること。
既存カレンダーコントロールの体裁や仕様はいじくれないことになっているはず。
その点どうしても不満なら(趣味の世界と思うが)、拡張機能のコントロールをWEB上で探すとか、カレンダーコントロールなら自作も可能ではと思う。

Q単純に一年の長さは365日6時間のようですが、4年に一度閏年があります

単純に一年の長さは365日6時間のようですが、4年に一度閏年がありますが、日は朝に上り、夕に沈む、6時間のズレを感じたことがありません。残りの6時間はどこに行ってるんでしょうか。

Aベストアンサー

 分かり易く言うと、確かに1年は365日と5時間48分46秒なのですが、新年が始まる時刻が年によって異なってしまうと、(人間は1日を一区切りにして生活をしているため)分かり難くて面倒なのです。
 そこで、実際に天文学上の1年が始まるのは1月1日の午前5時48分46秒からなのですが、区切りの良い午前0時丁度という、早めの時刻から、新年が始まったものとして、生活で使用する暦上の1年を始めているのです。
 ですから別に、1年から365日を差し引いて余った時間を、1日毎に割り当てて、調整しているわけではありません。(時計が午後11時59分を表示している時間がやけに短かったり、午後11時59分の次に午後12時0分を1分間近くも表示する事はありません)
 但し、それでは年月の経つうちに、日付と季節がずれて来ます。
 星座の位地がずれても、あまり困る事はありませんが、季節がずれると、農業でいつ種まきや田植えをすれば良いのか判らなくなりますし、漁業で魚の群れが現れる時期を知る事も出来なくなります。
 又、梅雨や冬の寒さ、台風の多い時期、等に備える事も出来ません。
 そこで、4年毎に修正して、季節にずれがないようにしているのです。

 それから、人間の生活は太陽の動きを元にして決められています。
 ですから1日の長さは、地球が1回転だけ自転する時間ではなく、太陽が真南にくる周期を元にしています。
 ところで、地球は太陽の周りを回っている上に、その回る向きも自転の方向とほぼ同じです。(実際には約23.4°傾いている)
 これにより、1日が経つ間に地球は太陽の周りを、1回転の365.2422分の1だけ移動するため、太陽が真南に見えてから、次に真南に見えるまでにかかる時間は、地球が1自転するのにかかる時間ではなく、1回転と365.2422分の1だけ自転するのにかかる時間となります。
 地球の自転する周期は、86164.091秒(23時間56分4.091秒)ですから、1日は
 86164.091[秒]×(1+1÷365.2422)=86400[秒](=24時間)
となり、1分近くにもなるずれなどはありません。

 分かり易く言うと、確かに1年は365日と5時間48分46秒なのですが、新年が始まる時刻が年によって異なってしまうと、(人間は1日を一区切りにして生活をしているため)分かり難くて面倒なのです。
 そこで、実際に天文学上の1年が始まるのは1月1日の午前5時48分46秒からなのですが、区切りの良い午前0時丁度という、早めの時刻から、新年が始まったものとして、生活で使用する暦上の1年を始めているのです。
 ですから別に、1年から365日を差し引いて余った時間を、1日毎に割り当てて、調整しているわ...続きを読む

Qカレンダーの西暦と和暦の表示について

以下のエクセルのカレンダーで西暦を和暦に変更する手順を教えて頂きたいです。

http://www.excelist.net/download/02.html

西暦で入力するようになっていますが、私は和暦で入力したいです。関数が利用できるとエクセルの勉強になるのでご教示よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!

>関数が利用できるとエクセルの勉強になるので・・・
というコトですので、一例です。

↓の画像のように
A1セルに 元号(明治~平成)
B1セルに 年
D1セルに表示したい 月
をそれぞれ入力するとします。

まず、G1セル(セルの表示形式はユーザー定義から mmm としています)に
=DATE(B1+INDEX({1867,1911,1925,1988},MATCH(A1,{"明治","大正","昭和","平成"},0)),D1,1)

という数式を入れておきます。
(表示したい月の 1日 のシリアル値をG1セルに表示しています)

そしてA4セル(セルの表示形式はユーザー定義から d としておく)に
=IF(MONTH($G$1-WEEKDAY($G$1)+COLUMN(A1)+7*(ROW(A1)-1))=$D$1,$G$1-WEEKDAY($G$1)+COLUMN(A1)+7*(ROW(A1)-1),"")

という数式を入れ、フィルハンドルで列・行方向にコピーすると
画像のような感じになります。

※ おそらく「平成」だけで大丈夫なのでしょうが、
余計なお世話で明治(明治33年以降)・大正・昭和
にも対応できるようにしてみました。m(_ _)m

こんばんは!

>関数が利用できるとエクセルの勉強になるので・・・
というコトですので、一例です。

↓の画像のように
A1セルに 元号(明治~平成)
B1セルに 年
D1セルに表示したい 月
をそれぞれ入力するとします。

まず、G1セル(セルの表示形式はユーザー定義から mmm としています)に
=DATE(B1+INDEX({1867,1911,1925,1988},MATCH(A1,{"明治","大正","昭和","平成"},0)),D1,1)

という数式を入れておきます。
(表示したい月の 1日 のシリアル値をG1セルに表示しています)

そしてA4セル(セルの...続きを読む

Q地球滅亡か!太陽と月と地球が一直線に並ぶキングタイドが地球を襲う!その日はなんと今年!! 6月23日

地球滅亡か!太陽と月と地球が一直線に並ぶキングタイドが地球を襲う!その日はなんと今年!!

6月23日と7月21日にハワイが太陽と月と一直線に並ぶキングタイドというスーパー満潮現象、超満潮現象が起こってハワイの下水道管のマンホールが映画のようにポンポン飛んで行くこの世の世紀末みたいな事が起こると言われています。

日本が太陽と月と一直線に並ぶキングタイドはいつですか?

Aベストアンサー

>太陽と月と地球が一直線に並ぶ
この現象が起こると日食や月食が該当地域で観ることができます。

天文年鑑2017年版を確認してみましたが、6月24日と7月23日は共に新月(時差の関係でハワイと日本時間とでは違いますが)ですが、
新月に起こる現象で、太陽-月-地球が一直線に並ぶ日食は、天文年鑑では確認できませんでした。
ハワイが直線上に並ぶなら、ハワイで皆既日食や金環食が観られるはずです。
8月22日に米国本土で皆既日食が観られますが、大陸中央付近が大潮の時間帯は大陸中央付近のようですね。

ただし、6月23日と7月21日頃は月の視半径が大きい(月が地球に近い)ので大潮がより大きくなる可能性があるようですが、
天文学的な月の引力の影響では潮位は10cm程度くらいしか上昇しないと言われています。

それよりも気候変動やその時の気候の影響の方がより大きく、キングタイドという現象を引き起こすようですね。
起こりやすい時期は、地域によって気候や地形が違うので変わるようです。
それとキングタイドは正式な学術用語ではないです。
台風シーズンに大潮と重なり高潮の被害発生することが、キングタイドと言えるでしょう。

なので、日本で起こるかと言われても、大潮の日時は気象庁等の官庁から出しているので判りますが、
天候の影響を推定するのはできませんのでいつ起こるのかは判らないです。

>太陽と月と地球が一直線に並ぶ
この現象が起こると日食や月食が該当地域で観ることができます。

天文年鑑2017年版を確認してみましたが、6月24日と7月23日は共に新月(時差の関係でハワイと日本時間とでは違いますが)ですが、
新月に起こる現象で、太陽-月-地球が一直線に並ぶ日食は、天文年鑑では確認できませんでした。
ハワイが直線上に並ぶなら、ハワイで皆既日食や金環食が観られるはずです。
8月22日に米国本土で皆既日食が観られますが、大陸中央付近が大潮の時間帯は大陸中央付近のようですね。

ただし...続きを読む

Q私暦なみのカレンダー制作ソフト

私暦のように2か月分とか6ヶ月分とか自分の好きな月数分のカレンダーを作れるソフト、フリーソフトでないもんでしょうか?ベクターとか窓の杜とか探したんですが、見つかりません。どなたかしりませんか?皆さんどんなカレンダーソフトつかってますか?

Aベストアンサー

いくつかあるようですが。

どうしても狙い通りのものが出来ないのなら、1ヶ月ずつ作成して、それを画像としてキャプチャーし、貼り付けて2ヶ月や6ヶ月のものを作ってはどうでしょうか。

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/personal/se232596.html

Q2012年2月1日に謎の星を見ました

今年の2月1日、場所は関西で時間は18時10分から20分の間ぐらいだと思います。
自転車に乗っており、ふと空をみると月と明るい星だけ数個確認できました。
すると、月と少し離れたとこに星(仮にA星)とその星から少し離れたところに星(B星)がありました。
そのB星を見た瞬間、なぜそう思ったのかわからないのですが
「あんな星あったかなー?」
星は数個しかなく星座が確認できる知識もなかったのですが、田舎にすんでいたので小さい頃から星は結構見てきたので、飛行機か星かとか、星は普通の人より見たほうだと思うので見間違いとかはないです。
自転車に乗っていたので星をちらちらみていると、A星からB星が離れて行っているように見えました。
私は自転車に乗っていたので目の錯覚かな?と思いましたが、ちらちら見てるとやっぱり離れていっています。
するとすーっとその星は消えてしまいました。だんだんと暗くなるように。

私が見たのはなんだったのでしょうか?
私は、UFOも幽霊も自分で見ないと信じないほうなのですが、今回はとても胸が躍りました。

経過は 発見→A星がB星と離れていく(発見したときには動いてかも?)→消える
発見から消えるまで2分くらいの短い時間でした。
私は消える星なんて見たことないです。
それからずっと消えた場所やそのほかの場所も見ましたがB星は現れることはありませんでした。

回答お待ちしております。

今年の2月1日、場所は関西で時間は18時10分から20分の間ぐらいだと思います。
自転車に乗っており、ふと空をみると月と明るい星だけ数個確認できました。
すると、月と少し離れたとこに星(仮にA星)とその星から少し離れたところに星(B星)がありました。
そのB星を見た瞬間、なぜそう思ったのかわからないのですが
「あんな星あったかなー?」
星は数個しかなく星座が確認できる知識もなかったのですが、田舎にすんでいたので小さい頃から星は結構見てきたので、飛行機か星かとか、星は普通の人より見たほうだ...続きを読む

Aベストアンサー

>18時10分から20分
>「あんな星あったかなー?」
>発見→A星がB星と離れていく(発見したときには動いてかも?)→消える
>発見から消えるまで2分くらい

どれも典型的な人工衛星の見え方なので,人工衛星に間違いないと思います。知っていると結構気づきますよ。私も最初は一体何だろうと思いましたが…。

Q旧暦(太陰暦)のカレンダー探してます

タイトルの通りなんですが、なかなか見あたりません。
1月29日が「睦月の1月1日」スタートになっていて、
ひと月が1枚に表示されていて、
曜日が六曜順になっているものを探しています。
太陰暦カレンダーと言えば早いかと思います。

年の瀬も押し迫り(^_^; 早く欲しいのですが
近所にも売ってないのでネット通販希望です。
ぜひ良いものを教えて下さい。

Aベストアンサー

こちらのサイトはいかがでしょうか?

参考URL:http://www.koyomi.com/index.htm

Q9月1日10時35分 お月様の左に輝く星は?

9月1日10時35分 お月様の左に明るく輝く星があります。
なんと言う星でしょうか?誰か教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

木星だと思います。
黄色っぽい明るい星ですよね?
今日の星空の様子を下記でどうぞ。
http://contents.kids.yahoo.co.jp/hoshizora/

Q韓国暦のカレンダー

来年から韓国で生活するので
韓国のカレンダーをみたいのですが

どこのサイトでみれるかご存知でしょうか??

祝日がわかれば日本の手帳でもつかえるかなぁとおもったんですけど大丈夫かな・・?

Aベストアンサー

韓国在住者です。
来年からお仲間ですね。

他の方がソウルナビのカレンダーを参考に出されていたので、
私はコネストのカレンダーをご提案します。

http://www.konest.com/data/calendar.html?year=2008

なお、私の場合ですが、私は毎年日本の手帳を買って、そこに韓国の祝日を記載しています。
韓国の方が日本よりも祝日が少ない(悲しいですが)ため日本の手帳に書き写すのが手間でないことと、また仕事の都合で日本のカレンダーが必要なこともありますが、やはり日本とつながっていたい気持ちがどこかにあるからかもしれません。^^;
(それと韓国の手帳は日本に比べるとまだまだデザインバリエーションが少ない)

Q金星の1日と1年

金星は公転周期よりも自転周期のほうが長く、1日は1年より長いといわれています。確かに恒星を基準にした場合はそうだと思います。しかし、もし金星に立つことができたら、その1日はやはり太陽を基準にしたものを考える必要があると思います。太陽の南中から次の南中を1日とする場合ですが、次のように考えてみました。正しいですか?

まず、公転:自転=1:2(1回公転する間に2回自転する惑星、以下も同じ)の場合は1年=1日。公転:自転=1:1の場合(地球に対する月のように)は1日は永遠に続き、次の日は来ない。この前者2つの間、例えば公転:自転=1:1.5になると1日が1年より長くなります。
次に自転していない場合、公転:自転=1:0の場合は、1年=1日。ただし地表から見た太陽の運行は西から東。さらに自転の逆行、公転:自転=1:-1の場合は、1年=2日。これも太陽の運行は逆行します。

つまり、金星のように自転が逆行している惑星に立った場合で、太陽の運行を基準にした場合は、1日が1年を超えることはないと思います。どうでしょうか?

Aベストアンサー

ひたすら図を描いて求めました。
その結果、
 惑星のある地点で観測される太陽の南中回数をYとおき、公転と自転の比を1:Xとすると、

  Y=X-1

の関係がありました。
つまり、惑星が1公転の間にX回自転すつとき、太陽はX-1回頭の上を通りすぎます。
もちろん、Yの値がマイナスのときは日は西から昇り、東へ沈みます。
ただし、この結果は、
 X=4,3,2,1,0.5,-0.5,-1,-2,-3,-4
のときの結果からもたらされたものですので、Xの値が大きいときは当てはまらないかも知れません。

まぁ、普通はkeronyanさんの書かれた通り、自転を一日、公転を一年として扱われているようです。


人気Q&Aランキング