森永製菓のラムネ ブルーベリー味を探してみたんですけど、みつかりません。

どこにいけば売っているのですか?ちなみに私は愛知県に住んでます。

ブルーベリー味はどこかの地域限定品なんでしょうか?

それとももう発売中止になっているの?

A 回答 (1件)

直接的な答えではありませんが、


メーカーHPには、ノーマルなラムネとオレンジしかありませんでした。
お客様相談室もあるようなのでそちらで確認されれば間違いないと
思います。

参考URL:http://www.morinaga.co.jp/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q森永製菓のラムネについて

森永製菓のラムネでミカン味、パイナップル味、ラムネ味以外の味はあるんでしょうか?

Aベストアンサー

メロン味・りんご味のほかに
「ブルーベリー味」がありますよ。

容器は藤色かかったラムネ型容器。
プラスチックのフタを開けると着色料!という
ブルーベリーの香りが漂います。
ほのかにお菓子も色づいて奇麗な藤色。
味はブルーベリーを意識した味だが、う~ん。
(参考URLで森永ラムネに関するお話が見れます)

店頭ではメロン味とみかん味が主流でしたが、
売れ行きがイマイチのようで(メロンまずかった!)、
ある100円均一SHOPでは「2個100円」で販売されてます。

参考URL:http://www.aurora.dti.ne.jp/~yu-ta/day/cs/cs5.html

Q【ブルーベリー】生のブルーベリーを買って冷凍したら無味でした。なぜ市販の冷凍ブルーベリーは味があ

【ブルーベリー】生のブルーベリーを買って冷凍したら無味でした。

なぜ市販の冷凍ブルーベリーは味があるのですか?

Aベストアンサー

生食用として売られてるものは完熟してないからです。

Q森永製菓Marieよりおいしいビスケット

わたしの中ではビスケットといえば森永製菓のMarieです。
Marieよりおいしいビスケットはあるのかと思い、以下のビスケットを試しました。

(1)イトウ製菓(ミスターイトウ)の『かーさんけっと』
(2)ブルボン『オーロラ』

結果、以下の感想を持ちました。
(1)Marieよりも堅く、ぱさつきが気になる
(2)香りが強く、またぱさつきがきになりビスケットというよりはクラッカーのような感覚

というわけで、いまのところわたしのいちばんはMarieです。

自宅近くのスーパーで購入できたものは以上三点だけでしたので、
他製品でイチオシのビスケットがあれば教えてください。
Marieと食べ比べしたものを教えていただけると、さらに有り難いです。

好みもあると思いますが、ビスケット好きの方、宜しくお願いいたします。

↓全国ビスケット協会のHPです。
http://www.biscuit.or.jp/top.html

Aベストアンサー

私が子供のころから好きで食べていたビスケットなのですが、
マリービスケットのようで、ちょっと違うビスケットです。
値段もマリーより安かったように思います。
味は、マリーよりもっと素朴な味で、後を引く感じ。
全国で売られていると思うので探してみてください。
下記のURLがその会社のHPです。

参考URL:http://www.horico-web.com/seika/index.html

Qラムネ(お菓子)とラムネ(飲料)はどちらが先?

タイトルどおりなのですが、ひさしぶりにラムネ(お菓子)を食べていてふと疑問に思いました。
ラムネ菓子とラムネ飲料はどちらが先にあって、どちらが「その味のする類似品」としてつくられたのでしょうか?
ラムネ菓子の容器がラムネ飲料のびんの形をしているところを見るとラムネ飲料が先なのかなとは思いましたが・・・
気になります。知っている方がいたら是非教えてください!

Aベストアンサー

ラムネのお菓子は最近のものです。日本のラムネ飲料は100年以上の歴史があります。

元々、日本語のラムネという言葉は英語のレモネードからきています。でも、実際はレモネードとは違い、炭酸レモネードというべき飲み物です。ですから、ラムネは英語では、lemon soda, lemon pop などと言うべき物です。

ラムネ瓶は約150年前にイギリスで考案されたようですよ。

http://mediazone.tcp-net.ad.jp/dagaya/topics/00_06jun/index1.htm

参考URL:http://mediazone.tcp-net.ad.jp/dagaya/topics/00_06jun/index1.htm

Q【ブルーベリーのわかさ生活の謎】わかさ生活のCMで1粒にブルーベリー360個に相当するアントシアニン

【ブルーベリーのわかさ生活の謎】わかさ生活のCMで1粒にブルーベリー360個に相当するアントシアニンが入っていると言っていました。

わかさ生活はブルーベリーでないアントシアニンを使っているということですか?

ブルーベリーのわかさ生活なのに、相当ってどういうことですか?

それで本当にブルーベリーのアントシアニンが1粒にブルーベリー360個も入っていたら、普通にスーパーに冷凍ブルーベリーとして卸した方が儲かるのでは?と思ってしまいます。

なぜ生のブルーベリーで売った方が儲かるのにわざわざ加工して安くタブレットで売るのでしょう。

加工せずにそのまま360個のブルーベリーを冷凍してパックにすれば1粒にするより儲かるでしょう。

なぜわざわざ加工してるんですか?

Aベストアンサー

スーパーブルーベリーアイの商品紹介には、「ナノ(超微細化)ビルベリー100%」とあります。
更に、ビルベリーは「ブルーベリーの約5倍のアントシアニン」が含まれていて、「ナノ化すること
によって体内への吸収量が2倍になる」とも謳っています。
つまり、生のブルーベリー360個分相当のアントシアニンは、ビルベリー36個をナノ化すれば
良いという計算なのではないでしょうか。
・・・「ウォーズマン理論」という言葉がふと頭に浮かびましたが。

あと、わざわざ加工する理由は「保存・輸送コストを下げるため」だと思います。
成分のほとんどが水分で傷みやすい生の果物を1トン冷蔵・運搬するのと、そこから主成分のみを
抽出した軽くて保存しやすい加工品を扱うのとでは、どちらがラクかという話ですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報