40歳ですが、昔から冬は足が冷えたり、夏は汗でお腹が冷えたりして、よく下痢するので、

体質を変えたくて、漢方を試してみようと病院にいくと補中益気湯を処方されたのですが、

この時期は下痢をあまりしないので効果があるのかどうか良く分かりません。

夏に向けて今のうちに良くなればと思ったのですが、

こういった漢方は効果があったとしても服用をやめれば元の弱い腸に戻るのでしょうか?

処方を受けた病院は漢方専門ではないので、他の方の意見を聞きたいと思っています。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。



補中益気湯は冷え向けの製剤ほどの効果は望めませんが、冷えはとりあえず置いておいて下痢対策としてという事で良いのでしょうか?

概ね漢方全般に言える事ですが、臭いものには蓋をする的な対症療法では無いので、気をつけられる点を気をつけていてもまだ偏ってしまう程の虚弱体質でなければ生活習慣も同時に改善していけば服用を止めてもまた戻るという事はありません。

漢方には、日本漢方、中医薬の2種類があります。
中国医学の薬学=中医薬
鎖国後に中医薬が日本で独自に発展したもの=日本漢方
です。

中医薬には非常に詳細な診断がありますが、日本漢方にはありません。
中医学は、西洋医学と同じ生命体を診ているとは思えない程観念的、概念的、治療的な違いがありますので、たとえ権威と言われているベテランの西洋医でも、漢方に関してはそこらへんのドラッグストアの店員並みという事が珍しくはありません。
bg28417さんの下痢は「脾(陽)虚」の様ですが、そうだとすると補中益気湯は当たらずとも遠からずといった処方です。
完全な間違いではない処方なので飲んでかまわないと思いますが、できれば弁証論治というちゃんとした診断をしてくれる中医薬薬局(法律上「漢方」と名乗らなければならないので薬局名に中医薬とはなっていない筈)を探された方が良いと思います。


○冷たいもの、生ものをできるだけ口にしない。
○くよくよと物事を考えない。取り越し苦労、持ち越し苦労をしない。
○適度な運動をする。
○ストレスをためない。
○肝臓を労る。
などを行いつつ、補中益気湯を飲み続けていれば体質は変わると思いますよ。

お大事に^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

下痢対策です。
大変親切丁寧な説明でよく理解できました。
特に最後の注意事項に気をつけてもう少し飲み続けたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/28 22:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢方に詳しい方お願いします!十全大補湯と補中益気湯について。

十全大補湯の方が、補中益気湯より
「補う力」が強いというのは本当ですか?
でも成分を見ると、「人参」や「黄耆」は補中益気湯の方が多いので
なんだか補中益気湯の方が強そうに思えてしまうのですが・・・。

十全大補湯の方が、体がだるい・食欲不振により効果があるのですか?

Aベストアンサー

十全大補湯は少陰病・中風(虚証)の薬ですが、

薬味は、自然治癒力を湧かす(補気)四君子湯+血液を元気にして力を付ける(補血)四物湯 と 太い血管の血行を促進する桂枝+表皮付近の血行を促進させる黄耆の10個の薬味で成り立ちます。

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)は
金時代の「弁惑論」という古典書で紹介されている処方です。
適応証(体質)は、虚証(虚弱)、気虚(心身疲労)となります。

「補中」とは中を補う、すなわち胃腸を丈夫にする。また、
「益気」は気を益す、元気をだすということです。


以上より
十全大補湯:気血双補
補中益気湯: 気虚が主 つまり
前者が補血(四物湯)が多いからでしょう!
適応は添付文書PDFを参照してください!

尚、漢方は、患者の状態 即ち 証 によって診断しますので、また漢方は
同病異治 なので、敢えて 最後の文章は、答えませんので、PDFにてお調べください!生薬一つ一つみるだけでなく、全体を見てください!

Q補中益気湯は妊娠しても飲める漢方薬ですか?

食欲不振、胃の調子が悪いということで、補中益気湯という漢方薬を医師に処方してもらいました。
この漢方薬は妊娠中に続けても大丈夫なのでしょうか?
婦人科では薬は一切ダメとのことでしたが、内科では漢方なので妊娠してても心配はないと言います。
どちらが正しいですか?

Aベストアンサー

薬剤師です。
結論から言うと、「飲んでも害はないです。」
漢方薬だからといって副作用がないというのはあり得ませんが、漢方薬は妊娠中でも使いやすい薬であることは確実です。つわりの薬以外にも、たとえば切迫流産に当帰芍薬散とか、妊娠中の貧血に十全大補湯とか、こむらがえりに芍薬甘草湯とかよく使います。漢方薬による催奇形性は今のところ報告されていないそうです。胎盤を通過して胎児に移行するので、問題は胎児毒性ですが、まとまった資料は見つかりませんでした。一応、妊娠中の漢方薬についての全般的な注意事項のページを下に載せておきます。

補中益気湯は、名前のとおり「おなか(消化機能)を補い、気(活力、免疫力)の利益になる」という方剤なので、胃の不調に使うのもありでしょう。しかし、どちらかというと腎虚(いわゆる虚弱体質とか、不妊も)で脾胃を養う(消化吸収機能を助け、代謝を活発にする)場合に使うことが多いので、ちょっと意外な感じはします。#2の方があげておられる六君子湯は、わりと証を選ばずに使えてよく効く方剤です。いろいろなメーカーから一般用にも市販されています。

なお、心配事が多くくよくよしたり、ストレスでいらいらしたりすると脾胃の機能を損なうので、ご相談の方の場合は脾胃を養うだけでなく、漢方でいう心(しん)の調整も必要なように思います。

漢方薬は作用が穏やかなものが多いとは言っても、よく知らずに使うのは危険です。ウェブ上には漢方相談を受けつけている専門サイトが数多くありますから、詳しい相談を一度なさってみてはいかがでしょう。

参考URL:http://www.tsumura.co.jp/password/m_square/qa/qa/007.htm

薬剤師です。
結論から言うと、「飲んでも害はないです。」
漢方薬だからといって副作用がないというのはあり得ませんが、漢方薬は妊娠中でも使いやすい薬であることは確実です。つわりの薬以外にも、たとえば切迫流産に当帰芍薬散とか、妊娠中の貧血に十全大補湯とか、こむらがえりに芍薬甘草湯とかよく使います。漢方薬による催奇形性は今のところ報告されていないそうです。胎盤を通過して胎児に移行するので、問題は胎児毒性ですが、まとまった資料は見つかりませんでした。一応、妊娠中の漢方薬についての...続きを読む

Q十全大補湯と補中益気湯は併用してもいけますか?

十全大補湯と補中益気湯は併用してもいけますか?

Aベストアンサー

一般的には十全大補湯が飲める体質であれば補中益気湯も飲んで大丈夫です。

【十全大補湯について】
十全大補湯と補中益気湯は非常に良くにた処方です。
十全大補湯は気と血の両方をバランスよく補う作用があります。
これに対して補中益気湯は気を補う作用が強く、血を補う作用はあまり強くありません。
また補中益気湯は昇提作用といって気を持ち上げる働きがあります。
・参考URL:
http://www.anzu-mura.com/sodan9/messages/402.html


【十全大補湯と補中益気湯の違い】
・十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)は人参・黄耆・白朮(または蒼朮)・茯苓・当帰・芍薬・川きゅう・地黄・桂皮という10種類の生薬の組み合わせから構成されます。

・一方、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)は、人参・黄耆・白朮(または蒼朮)・当帰・柴胡・升麻・大棗・陳皮・生姜・甘草の10種類の生薬の組み合わせから構成されます。

・このうち、人参・黄耆・白朮(または蒼朮)・甘草・当帰の5種類の生薬は2つの漢方薬に共通しています。

・参考URL:
http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/c64efab2b5847fa6fffe8966d10a5f57

一般的には十全大補湯が飲める体質であれば補中益気湯も飲んで大丈夫です。

【十全大補湯について】
十全大補湯と補中益気湯は非常に良くにた処方です。
十全大補湯は気と血の両方をバランスよく補う作用があります。
これに対して補中益気湯は気を補う作用が強く、血を補う作用はあまり強くありません。
また補中益気湯は昇提作用といって気を持ち上げる働きがあります。
・参考URL:
http://www.anzu-mura.com/sodan9/messages/402.html


【十全大補湯と補中益気湯の違い】
・十全大補湯(じゅうぜんたいほと...続きを読む

Q痩せてる私です、お腹の調子が悪く下痢です市販の下痢止め薬を食後にのんでます、中々調子が戻りそうに無い

痩せてる私です、お腹の調子が悪く下痢です市販の下痢止め薬を食後にのんでます、中々調子が戻りそうに無いです、病院に行けば済む事ですが、病院に行かず治る方法教えて下さい。

Aベストアンサー

下痢する理由が何か知る必要があります。
穏やかなself medication として、乳酸菌製剤であるビオフェルミンや整腸剤のミヤリサンなどお勧めです。薬局で買えます。
又、生薬ではゲンノショウコを煎じて飲むのも一方法です。

Q補中益気湯以外で体力を付ける漢方を教えてください。

ツムラの様な保険が効いて、体力を補う漢方を探しているのですが、

何かありますでしょうか?

十全大補湯は胃腸が弱いせいかあまり効きませんでした。

今は補中益気湯を飲んでいるのですが、それと服用出来る体力を補える漢方を教えてください。

又、補中益気湯と一緒に飲めば、十全大補湯も効くのでしょうか?

Aベストアンサー

十全大補湯も補中益気湯も免疫力を強化する働きで効果を現しています。
同時に服用すればより効果的などは余りないのではと思われます。

それと複数の漢方薬を服用すると、甘草成分等が多すぎて問題が発生する事が言われています。
複数の漢方薬を服用する場合には、全体の量をチェックして多すぎないようにして下さい。
十全大補湯は多少胃にもたれる等がありますが、食後に服用する、量を少し減らす等を試して下さい。

薬に頼るよりもバランス良い食事や軽い運動や散歩等をされる方が良いかと思われます。
長芋を輪切りにして味噌汁に入れて食べる、牡蠣や貝類小魚類昆布類、野菜や果物を取り入れられたら如何でしょうか。
養命酒などが良いとされる方もおられるようです。

Q漢方薬の猪苓湯で下痢

泌尿器科で漢方薬の猪苓湯を処方してもらいました。

偶然かどうか分かりませんが猪苓湯を飲んでからひどい下痢が続いています。
でも、効果に、尿道炎、腎臓炎、腎石症、淋炎、排尿痛、血尿、腰以下の浮腫、残尿感、下痢と書いてました。

下痢に効果があるのに下痢するって別の原因でしょうか?
飲まないでいるし下痢から柔便にかわり、飲むと下痢します。

偶然で何か別の病気でしょうか?
腹痛はありません。

Aベストアンサー

私の経験からですが時として症状が悪化する時があります。その時期を過ぎると快方に向かいます。処方が多少ヅレていたのかもしれませんので、経過と症状をお話になって貴方に最適な処方をして貰っては如何でしょうか。基本的な薬のバランスや量を微調整してくれます。お大事に

Q補中益気湯と六君子湯について

補中益気湯と六君子湯について

長期間食欲が無く、全くごはんが食べれません。
体力も無くなり、寝たきりのようになり、とても困っています。

病院の検査も心療内科も異常無しです。

今、補中益気湯を飲んでいますが、六君子湯を併用しても大丈夫でしょうか?

また、他に食欲が出る漢方薬など何かあれば教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

そこまで消耗していらっしゃると、あまりお勧めはできません。
補中益気湯は良い薬ですが、そこまで消耗している方ですと併発している可能性の高い他の症状を悪化させます。
もしかしたら既に補中益気湯を飲む時期では無くなっている可能性さえありますから、一度お近くの中医学を取り入れている病院/薬局/鍼灸院などで診て(弁証論治)もらう(普通の病院などですと、医師や薬剤師でも漢方を満足に扱える人はあまり居ません。自信満々に処方されても実はどういう薬なのか解っていないで出している場合も珍しくないのです。)と良いと思います。
※日本漢方と中医学はかなり違います。


両薬は配合生薬が似ています(メーカーによって配合生薬が異なるかもしれない)。
私の先生達の多くは「日本の漢方薬は薄過ぎて効かなくても不思議ではない」と言います。

日本のメーカー製の薬は有効成分量がマチマチですが、中国の医薬大学の教科書に載っている有効成分量は
補中益気湯
黄蓍15~30g、炙甘草6g、人参9g、当帰9g、陳皮6g、升麻3g、柴胡3g、白朮9g
六君子湯
人参6g、白朮9g、茯苓9g、半夏9g、陳皮6g、炙甘草3g、生姜6g、大棗2g
です。
今お飲みの薬と比べると配合生薬の量が結構違うのではないでしょうか。
臨床では量や配合生薬を調整するのが普通ですが、一般的にはこの量という意味です。
※補中益気湯は薬効が優れている分、場合によっては副作用も強いので不用意に2倍量を摂るなどはしないでください。


脾虚
胃陰虚
この二つのキーワードで検索して見て下さい。何かの参考になると思います。

こんにちは。

そこまで消耗していらっしゃると、あまりお勧めはできません。
補中益気湯は良い薬ですが、そこまで消耗している方ですと併発している可能性の高い他の症状を悪化させます。
もしかしたら既に補中益気湯を飲む時期では無くなっている可能性さえありますから、一度お近くの中医学を取り入れている病院/薬局/鍼灸院などで診て(弁証論治)もらう(普通の病院などですと、医師や薬剤師でも漢方を満足に扱える人はあまり居ません。自信満々に処方されても実はどういう薬なのか解っていないで出している場...続きを読む

Q漢方薬を2種類(柴苓湯と加味帰脾湯)いっしょに服用して問題ありますか?

漢方薬を2種類(柴苓湯と加味帰脾湯)いっしょに服用して問題ありますか?

Aベストアンサー

あくまでも一般論です。

漢方薬は、最も優れた効果を発揮する配合となっています。
他のものが加わるとせっかくのバランスが崩れます。
一般的には、2種類までの併用は大丈夫と言われていますが、
組み合わせの可否については素人では判断できません。
漢方薬は飲む人によって合う・合わないもあり効果の出方も異なります。
複数の漢方薬を摂取する場合は、自己判断ではなく
漢方医か漢方薬剤師の指導が望まれます。

柴苓湯と加味帰脾湯は、いずれもカンゾウ含有の漢方薬です。
カンゾウは、1日摂取量の上限があります。
一緒に服用した場合、上限を超えてしまわないかどうかも
漢方医か漢方薬剤師に確認したほうがよろしいかと思います。

Q漢方薬 補中益気湯について。

漢方薬 補中益気湯について。

市販のツムラ 補中益気湯を飲んだら体調が良くなってきたのですが、値段が高いので病院で処方してもらった方が安く済むと聞きました。
医療用の方が濃度も高いのでよく効くとも聞きました。
1ヶ月いくらぐらいかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

病院で処方される補中益気湯ですが、幾つものメーカーから販売されており、メーカーにより薬価が異なります(1包2.5gです)。それにより随分(倍位)値段も変わります。また、用法が1日2回か3回か、質問者様の保険が何割負担かでも異なります。

薬価が一番高くなるケースで考えてみます。
一番高価で処方量の多いツムラを例に計算しますと1日3包(7.5g)で81.9円/日、質問者様の保険が3割負担としますと81.9×0.3=24.57円/日です(但し2009年の薬価です)。

市販の補中益気湯1箱をおおよそ何日で服用するか計算し、1日量を算出して比較してみて下さい。
ただ、病院で処方される薬を薬局で貰う場合は、これに調剤基本料や医薬品情報提供料がかかるのでもう少し高くなります。
反対に、市販薬は1日の服用量が処方薬より低く設定されている場合もありますので、1錠あるいは1包辺りの容量または1日服用量が処方薬と同じかどうか確認し、少ないのであればその辺りも考慮(換算)して比較なさった方が良いかと思います。

病院で処方される際、より安く済ませたいのであれば、医師に後発品への変更が可能かどうかを確認し、可能であればその旨を処方箋へ記載してもらい、調剤薬局で安価なものをお願いするのも1つの手です。
ただ、後発品はデーターが少ない場合などもありますので、気になるようであれば薬剤師に確認を行って下さい。

病院で処方される補中益気湯ですが、幾つものメーカーから販売されており、メーカーにより薬価が異なります(1包2.5gです)。それにより随分(倍位)値段も変わります。また、用法が1日2回か3回か、質問者様の保険が何割負担かでも異なります。

薬価が一番高くなるケースで考えてみます。
一番高価で処方量の多いツムラを例に計算しますと1日3包(7.5g)で81.9円/日、質問者様の保険が3割負担としますと81.9×0.3=24.57円/日です(但し2009年の薬価です)。

市販の補中益気湯1箱をおおよそ何日で服用するか計算...続きを読む

Q下剤服用後や、下痢後の胃痛はなぜ起こりますか?

腹痛(主に胃の痛み)について質問です。
5年前にピロリ菌の除菌をし、胃悪性リンパ腫の細胞もあったため以後年一回の胃内視鏡で定期検査をしています。
リンパ腫はもう完治(除菌のみで)していますが、内視鏡ではときどき粘膜が赤く荒れていたり、うっすら出血していることもありましたが、所見としては問題なしということで、特に内服治療もなにもしていません。

ただ、ピロリが発覚する前、10代後半くらいから、胃は時々(年2~3回?)激痛を起こし何もできない状態になることがあり、仕事を休むこともありました。1~2日で軽快してしまうので調べたこともなかったのですが、検診でピロリが見つかり、除菌後しばらくは胃の激痛もなくなりほっとしていました。

が、一昨年から急にコーヒーに弱くなったり(それまでは大のコーヒー党)、初めて胃腸炎を経験したり、とにかく消化器の不調が増えてきました。
そんな中でも、年1回の内視鏡では特に変化はみられません。
年齢ももうすぐ45歳ですし、年齢的なこともあるでしょうし、もう持病だなと思うようになっています。

今回は、下剤服用後の消化器の痛みについて、医学的知識のある方や、同じような経験をお持ちの方に教えていただければと思い投稿しました。

基本便秘傾向なもので、市販の漢方下剤を調子に合わせて服用し、なるべく無理なくお通じがあるように日々調節しています。
でも、体調も変わるため、時々思わず下痢したり、あるいは便秘が頑固すぎて効かなくなり、座薬などで強制的に出したりすると腸に負荷がかかりすぎるようで、その後腸全体の痛みに苦しみます。
そしてそのうち胃も痛くなり、腹部全体がズン、ズン、ズンと痛みが波のように繰り返したり、まるで腹部を何度か殴られたあとのような苦しみに襲われます。
ひどいとのたうち回りますし、死ぬってこういう苦しみかなあ…なんて変なことを考えることもあります。
毎回ではないので、消化器系が疲れていたり、体調がよくなかったりするとここまでひどくなるのかな?と勝手に思っています。
でも、高頻度で苦しむのに原因もわからないのも…
こうなると家族にも迷惑がかかりますし…
かといって受診しても、内視鏡するとかでしょうし、しても異常はないでしょうし。
胃薬とか出て終わりでしょう。

下剤や、自然の下痢などのあとに起こる腹部、特につらい胃の痛みがどのようなメカニズムで起こるものなのか。そして、もし刺激により胃酸が出すぎて痛むのであれば制酸剤を飲むなど、対処の方法もわかってくると思います。
今も昨夜からの痛みにこうして投稿するのもやっとです。主婦なのに家事どころではないんです…
あまり夫に心配もかけたくないし…

どなたかよきアドバイス、医学的知識からの見解をお願いいたします。

腹痛(主に胃の痛み)について質問です。
5年前にピロリ菌の除菌をし、胃悪性リンパ腫の細胞もあったため以後年一回の胃内視鏡で定期検査をしています。
リンパ腫はもう完治(除菌のみで)していますが、内視鏡ではときどき粘膜が赤く荒れていたり、うっすら出血していることもありましたが、所見としては問題なしということで、特に内服治療もなにもしていません。

ただ、ピロリが発覚する前、10代後半くらいから、胃は時々(年2~3回?)激痛を起こし何もできない状態になることがあり、仕事を休むこともあり...続きを読む

Aベストアンサー

腹痛は腸管の激しい運動による痛みだと思います。消化管は例えば腸が単独働いているわけではなく胃など他の消化管と繋がっています。下痢や下剤による下痢は消化管に溜まった内容物をいわば緊急事態として強制的に体外へ排泄しようとするのですから下痢の反応の強さによっては腸だけでなく連動して胃の収縮が起っても不思議ではりません。例え内容物がない空の胃でも起こります。腹痛も胃痛も内臓痛だと思います。
当然ですが頑固な便秘、下痢を繰り返さない体質にするしかないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報